義史のB型ワールド

2015年2月12日

以前、大阪にある超有名ラーメン店”カドヤ食堂”に行った時に買って来た”カドヤ食堂の中華そば”のインスタント麺を食べてみた!以前食べたカップ麺版より本物に近いかも?

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:15 PM
 
代理人記録
 
この話も早目に書いておかないと没入りしてしまいそうな気がするので簡単にご紹介。少し前に紹介した様に、昨年の11月の下旬頃に大阪に行った際、西長堀にある『中華そば カドヤ食堂』に久々に食べに行ったのだが、お土産用として”カドヤ食堂店主監修 中華そば”と言う乾麺タイプのインスタント棒ラーメンが売られていたので買って帰って、ご主人様や甥っ子らにお配りしたのだが、それから暫くして漸く私も食べたのでご紹介・・・。
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
こちらが11月の下旬頃に大阪西長堀にある超有名なラーメン屋カドヤ食堂』に行った時に買って来た”カドヤ食堂店主監修 中華そば”と言う乾麺タイプのインスタント棒ラーメンで、お値段は1人前160円也。『カドヤ食堂』の名が付いたインスタント麺と言えば、以前に”普通サイズのカップ麺”と”小さいサイズのカップ麺”を食べた事があるが、それぞれ298円と198円だったので、具が付いて無い事もあって、流石にそれらと比べると安い?様な、そうでも無い様な・・・。
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
ちなみに今回買って食べた”大阪カドヤ食堂店主監修 中華そば”の中身はこんな感じで、先にも書いた様に棒状の麺と液体スープの袋が入っているだけ。で、麺も乾麺と言う事もあって、以前買って食べた”カドヤ食堂カップ麺”の氷結乾燥麺とは全く異なる雰囲気。でも店主の話では、この麺は本物に近い・・・と言うよりTV番組の中では半分冗談だが店の麺より美味い・・・と宣伝していた。ちなみに『カドヤ食堂』と言えば、店内奥に製麺室があり店主自らが麺を作っているので、当たり前だがお店で食べる方が旨い!
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
それはさて置き、こちらが完成した”カドヤ食堂店主監修 中華そば”のインスタント麺で、チャーシューは折角なのでちょっと値段の高い物を別途用意したので、割とお店で食べる様な雰囲気がする見映えになったかな。で、一足先に食べたご主人様のお話では”そうめん”か”にゅうめん”を食べているみたいだった・・・とか聞いていたのだが、私の印象としては割としっかりした醤油スープで、以前に食べた”カップ麺”よりか、お店のスープの味に近い印象で、この手の鶏がらあっさり系は中々個性が出にくいのだが、あっさりながら中々美味しかったと思う・・・。
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
そしてこちらが”カドヤ食堂店主監修 中華そば”の最大の売り?である乾麺タイプの麺で、”カップ麺”とは違い実店舗で食べる自家製麺に限りなく近い印象で確かにウマい・・・。で、TV番組の中で紹介された時にこのインスタント麺は、姫路にある会社に作って貰ったとか言っていたので、何気無くパッケージの裏の住所を見ると、その会社があるのは姫路御国野との事・・・。ん?姫路御国野って、私が姫路方面へ行った際に時々通る場所じゃん!しかも地図で見ると、北花田方面へ行く時に偶に利用する播但自動車道の高架下の道から少し東へ行った処にその会社がある・・・。しかもそこでは直販もしている・・・と言う事で今年入って姫路へ行った時に、その会社に行ってみた。
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
こちらが今回行って来た”大阪カドヤ食堂店主監修 中華そば”の乾麺タイプのインスタントラーメンを製造販売している『東亜食品工業株式会社』のビルの1Fにあった『麺工房 こうべ家』と言うお店で、最初このお店を見た時は店内で軽く食事が出来るお店なのかな?と思って最初は中を覗かずにビルの2Fへ上がって行ったのだが、実際には此処が直売所だった。
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
ちなみに会社事務所になっているビルの正面のガラス窓には”直売特価で販売中!2階入口までお越し下さい”と書いてあったので、素直に階段を上がって行くと、2Fの事務所の中に若いネエチャンが何人か居てその中の一人が曰く、下の売店でお買い求めください・・・との事。なんじゃそりゃ、それならそうと書き直して置けよ!と思いつつ、1Fに降りてビルの外に出てあらためて先ほどのお店の中に入って行くと、お待たせしました・・・、と言って店の奥から現れたのは今さっき2Fの事務所で会った若いネエチャンだ・・・。まさか双子のもう一人のネエチャンが現れた訳ではあるまいし・・・、何かTVのドッキリ番組みたい・・・。
 
大阪カドヤ食堂店主監修中華そば乾麺
それはさて置きこちらが『東亜食品工業株式会社』の直売所『麺工房 こうべ家』で販売されていたインスタント麺の数々で、その中に”カドヤ食堂 中華そば”も置いてあった。他のインスタント麺が”しょうゆラーメン”とか”塩ラーメン”と漠然とした表記?と言うのか商品名なのに対して”カドヤ食堂 中華そば”だけ店名が入っているのが凄い!とは言え、姫路でこの”カドヤ食堂”の名前を見ても、余程のラーメン好きで無い限り誰も知らない様な気はするが・・・(てか、『博多一風堂/姫路店』の向かい側に”かどや食堂”と言う名の飯屋さんがあるから、あちらのお店と勘違いするのかも・・・。)。
 
ちなみに大阪西長堀にある中華そば専門店カドヤ食堂総本店』で販売されていた”カドヤ食堂店主監修 中華そば”は160円だったのだが、此処では120円で販売されていた・・・。態々、大阪まで行って高いお値段で、しかも重たい思いをして買って帰って来たのが馬鹿みたい・・・。それは兎も角として、今度何らかの集まりがあったら、このインスタント麺を手土産に持って行こうと思うのであった!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。