義史のB型ワールド

2015年2月11日

またまた行った加古川プラザホテルのレストランで”阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース”を食べた!イメージしていた1枚肉では無く薄切りカットされた物だった・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:45 PM
 
代理人記録
 
最近はちょっと飽きて来た事もあって訪問回数は少し減って来たのだが、相変わらず時々食べに行っている加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”なのだが、基本的にはメイン料理が肉料理の時でしか食べない。が、この日のメイン料理をチェックすると”阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース”との事。”阿波鳥”、あるいは”阿波尾鶏”と言えば何年か前に親戚一同で四国・淡路へ旅行へ行った際に、四国大橋を渡った処に当時あったレストランで食べて以来、あちらこちらのお店でメニューの中にあると思わず頼んでしまう個人的にお気に入りの鶏肉だ。で、このホテルでも昨年の春頃に来た時は特別メニューに”徳島産阿波鶏のロースト”とやらがあって食べてみたかったのだが、その時は普通に”日替りランチ”を食べたので、ぜひ一度このレストランでも食べてみたいと思っていたのだった。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、基本的にはこの日も何時もと同じ時間帯の訪問だったのだが、この日は週末のランチバイキングをやっている事もあってか、既に先客が何組か居てそこそこ賑わっている。とは言え、それらのお客さん全てがランチバイキングを頼んでいる訳では無く、私同様に”日替りランチ”を食べているお客さんも多かった様な・・・。
 
リヴィエール日替りランチのサラダとスープ
それはさて置き、先ず最初に運ばれて来たのは当ブログですっかりお馴染みの光景となった”日替りランチ”に付いているこちらの”サラダとスープ”で、サラダは何時もと変わらずで、日替りで内容が変わるスープの方の中身を見ると、この日は”かぼちゃのスープ”だった。ちなみにこのお店の通常メニューを見るとスープの種類は”オニオンスープ”、”コーンクリームスープ”、”かぼちゃクリームスープ”の他に”トマト風味のベジタブルスープ”ってのもあるのだが、”日替りランチ”で”トマト風味のベジタブルスープ”は登場した事は無い・・・。確かに通常価格を見ると”トマト風味のベジタブルスープ”だけ100円高いので、それで”日替りランチ”には使えない?のかも知れないが、それ以外のスープにちょっと飽きて来た事もあり、1度で良いから”トマト風味のベジタブルスープ”を飲んでみたい気はしているのだが・・・。
 
リヴィエール阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース
で、”かぼちゃのスープ”を飲み干して”サラダ”をつつきながら待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらのこの日の”日替りランチ”のメイン料理である”阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース”と、この日もパンを選ぼうかどうか悩みつつチョイスしたライスで、先に運ばれて来た”サラダとスープ”がセットになってお値段は税込価格1080円也。付け合せはこれまたちょっと飽きて来た気がしないでは無い”フライドポテト”と”ブロッコリー”だった・・・。
 
リヴィエール阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース
そしてこちらがメインの”阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース”で、実物を目の当たりにする前はこのレストランで偶に食べる”チキンのクリーム煮”とか”ローストチキン照焼きソース”の時の様に1枚物の鶏肉が出て来るのかと思いきや、”フィレ肉”だからなのか、あるいは”阿波鳥”が高価でボリュームを少なくする為か、ご覧の様に薄切りカットされた”阿波鳥のフィレ肉”が3枚で、その上から”チーズクリームソース”がたっぷりとかかっていて、味的には何と無く以前食べた”チキンのクリーム煮”に似ている様な印象・・・。
 
リヴィエール阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソースリヴィエール阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース
それはさて置き、肝心の”阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース”の味であるが、今回の肉はフィレと言う事で鶏の胸辺りの部位なのか、何と無くパサパサとした様な感じで期待した”阿波鳥”のウマさは余り感じ無い。とは言えたっぷりとかかった”チーズクリームソース”が、私好みのクリームシチューっぽい味で、このソースに絡めて食べるとまあまあウマい!ちょっと期待し過ぎた面もあって、鶏肉的には微妙だったけど、料理としては普通に美味しかったかな
 
てな事で、またまた行った加古川プザラホテルの1Fにあるレストランで、この日は”阿波鳥のフィレ肉のチーズクリームソース”とやらを食べたのだが今書いた様に”阿波鳥”としては何かちょっと物足りなかったかな。そんな事や、そもそもこのレストランの味にもちょっと飽きて来た様がして来たので、この後暫く食べに行かなかったのだが、遂最近ランチメニューにこのお店では未だ食べた事の無い”ローストビーフ”が登場したので、またまた食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

三宮に行った序に”本家かつめし亭”の三宮店を観に行ってみた。年末近かった事もあってか結構流行っていたけど、値段はちょっと高い様な・・・。

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 6:15 PM
 
代理人記録
 
年末に三宮へ行って”ステーキ&ローストビーフ丼”を食べた話が出た序でに紹介しようと思っていたら忘れていたので、あらためてご紹介!”ステーキ&ローストビーフ丼”を食べた日を含めて最近三宮へ行った時に、当ブログに度々登場している加古川尾上にある『本家かつめし亭』が11月29日の肉の日にオープンしたと言う『三宮店』の様子を見に行って来たのでご紹介・・・(お店を見に行っただけで、実際には食べて無いので悪しからず・・・)。
 
本家かつめし亭三宮センタープラザ店
こちらが今回お店の様子を見に行って来た『本家かつめし亭三宮センタープラザ店』で、お店がある場所は三宮センタープラザ西館の地下1階の、三宮界隈では一番有名なカツ丼のお店 『かつ丼 吉兵衛』のほぼ真向かいにある。で、このお店の様子は2度ぐらい見に行った事があって、1回目はランチタイムでもディナータイムでも無い中途半端な時間帯に見に行ったので、店内は閑散としていたが年末頃に見に行った時は満席に近いぐらいに賑わっていた。ま、その時はお店が誕生して未だ一カ月程しか経って無い頃だったので、それぐらいの客が入っていて当然だったのかも知れないが・・・。
 
本家かつめし亭三宮センタープラザ店本家かつめし亭三宮センタープラザ店
そしてこちらが『本家かつめし亭三宮センタープラザ店』のメニューで、この他にも以前チラッと紹介した様に1700円もする”神戸牛を使った極かつめし”と言うメニューもあるらしいのだが、お店の外を見た限りそのメニューは良く判らなかった・・・。それにしてもメニューの説明書きを読むと”全品 みそ汁・小鉢つき”とはなっているが、A4ランクの並盛で1000円はちょっと高い様な気がしないでは無い・・・。ま、私がこの『三宮店』で食べる時は”極かつめし”になるとは思うけど、ちょっと勇気が要るお値段だよなあ・・・。私が態々三宮まで行った時に1700円もする”かつめし”を食べる日が来るかどうか・・・定かでは無い・・・。
 
かつ丼 吉兵衛本店
ちなみにこちらが『本家かつめし亭三宮センタープラザ店』の真向かいにある昔から超有名な『かつ丼 吉兵衛/本店』で、こちらのお店は何時行っても行列の絶えない超人気店なのだが、この時は未だ営業時間内にも関わらず行列は全く無い・・・。お客さんもカウンター右手奥に一人か二人のお客さんが居た程度だった・・・。こんな客の入って無い『かつ丼 吉兵衛』の様子を見たのは初めての事かも・・・。ま、『かつ丼 吉兵衛』も今ではJR元町駅前に4店目も出しているので客が分散されたのかも知れないが・・・。個人的に最近カツ丼と言えば『かつや』でしか食べて無い気がするので、久々に食べてみたい気もしたのだが・・・。
 
天ぷら定食まきの三宮センタープラザ店
それともう一つ・・・、こちらも『本家かつめし亭三宮センタープラザ店』の直ぐ近くにある、1年位前に誕生した『天ぷら定食まきの三宮センタープラザ店』で、ご存じ『丸亀製麺』でお馴染みの『トリドール』がやっている揚げ立て天ぷらのお店で、個人的には5年位前まで明姫幹線沿いにあった『播磨町店』には良く食べに行っていたのだが、残念ながら閉店してしまったので、偶に明石大久保方面へ行った時にちょっと足を延ばして『西神戸店』に食べに行く事がある結構お気に入りのお店だ。で、この時は時間が中途半端な時だったので流石に行列は出来て無かったが、年末にお店の前を通った時はランチタイムど真ん中と言う事もあってか、店前には20~30人の行列が出来ていた・・・。そう言えば『播磨町店』が出来た頃も最初の間は行列が出来ていたのだが・・・。
 
てな事で、最近は余り三宮へ行く事も無くなったし、他にも行ってみたいお店が沢山あるので、私がこれらのお店に実際に食べに行く日が来るかどうかは定かでは無い・・・。特に『天ぷら定食まきの』は『西神戸店』に行けばそれで十分だもんな・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.