義史のB型ワールド

2015年2月4日

またまた行った”神戸ちぇりー亭”で、この日も期間限定の”北の塩らぁめん”を食べた!鶏ガラスープではあるが背脂たっぷりで、これが中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:38 PM
 
代理人記録
 
10月頃だったかに、無性に”ニンニクが入ったスープのラーメン”が食べたくなったので、久々に『神戸ちぇりー亭』に行ったら期間限定メニューで”カレーらぁめん”ってのが有ったので、思わずそちらを食べてしまったのだが、やっぱ”ニンニクたっぷりのラーメン”を食べないと気が収まらない!って事で、12月の上旬頃だったかにまたまた『神戸ちぇりー亭』に行って来た!
 
神戸ちぇりー亭/明石魚住店
こちらがまたまた行って来た『神戸ちぇりー亭/明石魚住店』で、この時は未だ正午前の時間帯だったのだが、既にお店の前には何台もの車が停まっていた。この分だと正午頃にはお店前の駐車場は一杯になっていたかも・・・。この場所は以前から再三に渡ってお店が入れ替わるちょっとしたラーメン屋さんには鬼門の場所だと思っていたのだが『神戸ちぇりー亭』は今の処、安泰の様だ。
 
神戸ちぇりー亭北の塩らぁめんメニュー神戸ちぇりー亭北の塩らぁめんメニュー
で、先にも書いた様にこの日こそは『神戸ちぇりー亭』定番の”ド根性の醤油らぁめん”を食べ様と思っていたのだが、これまた期間限定で”11月12月の裏メニュー”と言う”北の塩らぁめん”とやらを発見!メニューの説明書きを読むと”ちぇりー亭自慢の鶏ガラスープに特製塩ダレを入魂!!”との事。この説明書きだけでは美味しいのかどうか判断が付かなかったが、最近もあちらこちらで”鶏塩系スープのラーメン”を良く食べている事もあり、また私の弱い期間限定メニューって事で、こちらの”北の塩らぁめん”を食べる事に決定!!!
 
神戸ちぇりー亭北の塩らぁめん
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”北の塩らぁめん”で、お値段は780円也。ご覧の様に、他のラーメン屋さんで目にする”あっさりスープの塩ラーメン”とは少し異なる”背脂たっぷりの塩ラーメン”だ!こんな感じの”塩ラーメン”と言えば、10数年前に『希望軒』が播磨町の明姫幹線沿いに進出して来た頃には、未だ夜限定だった”背脂がたっぷり入った塩ラーメン”(後に民事再生法適用後に復活した『希望軒』でも”背脂が入った塩味ラーメン”ってのが販売されていたが・・・)を食べた時以来かも・・・(嫌?その後にも食べたっけ???)。で、そのお味であるが、確かにベースの”鶏ガラスープ”はあっさりしているが、そこに私の大好きな背脂の甘味が加わって中々ウマい!本当言うと、もっと美味しいスープを期待していたのだが、流石にそこまでのウマさは無い物の、偶に食べる分としては中々良く出来た”塩ラーメン”だった気はする・・・。
 
神戸ちぇりー亭北の塩らぁめん
ちなみに”北の塩らぁめん”のラーメン鉢は何時ものとは全然違う、ちょっと歪な形?をしたラーメン鉢だった。この手のラーメン鉢は他のラーメン屋さんで見かける事があるので、然程珍しいとも思わなかったのだが、まさか『神戸ちぇりー亭』でこんなラーメン鉢を使っていると言う事が、ちょっと意外だったかな?
 
神戸ちぇりー亭北の塩らぁめん
そしてこちらは”北の塩らぁめん”にトッピングされていたチャーシュー・・・と言うのかこのお店定番の”味付けされた豚バラスライス”で、枚数的には2~3枚しか入って無かったので、ボリューム的にはちょっと物足りない気はしたが、この豚肉を食べると『神戸ちぇりー亭』に来た・・・って事だけは実感出来た様な・・・
 
神戸ちぇりー亭北の塩らぁめん
ちなみに”北の塩らぁめん”の麺はこんな感じで、これまた『神戸ちぇりー亭』の何時もの極太麺とは全く異なる細麺だ!個人的にこのお店にはそれ程多くの回数を訪れた訳では無いので、もしかすると何時もこの様な細麺が用意されているのかどうかは定かでは無いが、個人的にはこのお店で細麺を食べたのは今回が初めてだ。とは言え、私は太麺の方が好きなので何時もの麺で良かった気がしないでは無いが・・・。
 
てな事で、久々に”ド根性の醤油らぁめん”を食べようとまたまた『神戸ちぇりー亭』に行ったら、ちょっと珍しい背脂がたっぷり入った塩スープの”北の塩らぁめん”があったので、そちらを食べてしまったのだが、上で紹介した様に確かに美味しかったけど、ある意味食べたかった”ド根性の醤油らぁめん”とは真逆の内容だった様な気もする・・・。それにしての”鶏ガラ塩スープ”に背脂を入れるとは・・・と思ったけど、前回食べた”カレーらぁめん”にもたっぷりと背脂が入っていたので、このお店では背脂だけは欠かせ無い?って事なのかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。