義史のB型ワールド

2015年2月3日

今日は節分の日で恵方巻を食べる!って事で、イオンで販売していた2000円の”たらばがにの開運太巻”を丸かじりしてやった!蟹は美味しかったが、メチャ食べ難い!

Filed under: — 代理人 @ 11:15 PM
 
代理人記録
 
その昔、我が母の一番の得意料理が巻寿司だった事もあり、正月や祭りやお盆の日は当り前の如く、節分の日にも巻寿司を作っていた。今はそんな事も無くなったのだが此処数年はスーパーやコンビニ等で売っている恵方巻を買って食べる事が増えたのだが、何と無く最近はマンネリ感がしないでも無い・・・と思っていたら、イオンのチラシに何やら旨そうだが、ちょっと値段の高い恵方巻が売られていたので買ってみた。
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
こちらが今年の節分の日に合せて発売されたイオンの恵方巻の告知画像で、当然の如くお手頃価格の恵方巻も売られていたのだが、私の目を惹いたのが、こちらの”大間のまぐろの開運太巻”と”たらばがにの開運太巻”!イオンの恵方巻と言えば何年か前に『カレーハウスCoCo壱番屋』とコラボした”カレーコロッケ太巻”等を食べた事はあるが、今回は中々王道?の恵方巻だ。
 
イオンの恵方巻大間のまぐろの開運太巻イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
で、その下の説明と見ると”大間のまぐろの開運太巻”は当然の如く”大間産の本まぐろ”を使っていた”たらばがにの開運太巻”の方は”ロシア産のたらばがに”を使っているらしい・・・。そう言った意味からすると”大間産の本まぐろ”の方を食べてみたかったのだが、実物のイメージ写真を見ると寿司の中身が”まぐろの身”しか巻いて無いみたい・・・。これが”大間産の本まぐろの大とろ”ならば、そちらを選んだかも知れないが、どう見ても赤身にしか見えない・・・。具が全部”まぐろの赤身”って・・・巨大な”鉄火巻”としか思えなかったし、それに対して”たらばがにの開運太巻”は上に載っている”たらばがにの脚身”意外に寿司飯の中に沢山の具が入っている様だったのでそちらを買ってみる事にした。
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
こちらが実際に買って来たイオンの恵方巻の”たらばがにの開運太巻”で、お値段は税込価格2160円也!買う時から思っていたが、値段はちょっと高い気はしていたのだが、ご覧の様に恵方巻と言うより何年か前の北海道物産展の会場で買った”2007年度日本ハム優勝記念セール”で買った”たらば蟹三昧”と言う寿司に何と無く似ていてメチャクチャ旨そう!でも恵方巻と言う割には・・・全体を”たらばかに”で巻いてる風にも見えないが・・・。
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
それはさて置き、折角なので2160円分の”たらばがにの開運太巻”を紹介させていただくと、先ずは一番美味そうだったのがこちらの”たらばがに”の脚の棒肉で、全体的な値段から考えるとこの棒肉ひとつで大体500円ぐらい?なのだが、この手の作り置きされた寿司のネタとしては瑞々しさ満載でメチャウマい!この一切れを食べれただけで、この”たらばがにの開運太巻”を食べた甲斐があった様な気がする。
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
そしてこちらは”たらばがにの開運太巻”の真ん中にあった”たらばがに”の棒肉で、こちらもメチャウマい!実は今年の元旦の日私のお気に入りの魚屋さんで”たらばがに”の刺身?と言うのか脚身を買って食べたのだが、期待した程の味では無かったのだが、今回の”たらばがに”はどれを食べてもメチャウマい!
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
ちなみにこちらは”たらばがにの開運太巻”の3切れ目の棒肉で先に紹介した棒肉に比べると、若干細目な気はしたが、こちらも中々美味しい棒肉ではあった!
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
それはさて置きこの日食べた”たらばがにの開運太巻”の中には”たらばがにのほぐし身”を始めとして、”えび・いくら・カラフトししゃも卵・きゅうり・大葉・玉子”等が入っていてボリュームも満点!だが、最大の欠点はご飯を海苔で巻いている訳では無く、またおにぎり程強く握っている訳でも無く、食べ様と思って手で掴むとボロボロと崩れて行ってしまいそう・・・恵方巻なので丸かじりをしなければ価値が無い?と思いながら何とか食べたのだが、美味しさとは裏腹に食べ難さも突出していたかな・・・。
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
で、本来ではれば”たらばがにの開運太巻”の断面を紹介したかったのだが上で書いた様に手で持つと折れてしまうと言うのか途中で崩れてしまいそうだったので、断面の写真は諦めた・・・。ま、真ん中当りで包丁でカットしても良かったのだが、そこまでする必要も無いかと思い止めたのだが、その代わりにイオンの公式サイトに載っていた綺麗な写真をご覧あれ・・・。
 
イオンの恵方巻たらばがにの開運太巻
ちなみに今年も恵方巻を食べる時にはスマホアプリの”恵方マピオン”が大活躍しましたとさ
 
てな事で、最近も毎年食べている恵方巻であるが、今年はちょっと奮発して2160円もする”たらばがにの開運太巻”を食べたのだが、偶に北海道物産展とかに行った時に買って食べる”かに弁当”よりも美味しかったかも・・・。この内容ならば節分の日以外に売られていたら買ってしまいそうな気がする・・・

スーパーへ行くと以前に琵琶湖湖畔に行った時に食べた”博多うどん”のカップ麺が売られていたので買ってみた!カップ麺と言えども意外と豪華な具で出汁も中々ウマい!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 9:03 PM
 
代理人記録
 
写真まで撮って下書きの準備までしていたので、折角なのでB級グルメ小ネタ集として簡単に紹介するシリーズ・・・。
 
もう一昨年の事であるが約一週間程の間、滋賀県の琵琶湖湖岸で逃亡生活を送っていたのだが、その時に滞在していた宿の直ぐ近くに何故か”博多うどん”のお店があったので、試しに食べてみたのだが中々美味しかった!そんな”博多うどん”をイメージ?と言うのか再現したカップ版の”博多うどん”が、近くのスーパーで叩き売りされていたので買ってみた。
 
サンポー食品肉ごぼう天博多うどん
こちらが今回買って来た佐賀県にある『サンポー食品』とか言う会社から販売されていた”博多うどん”のカップ麺で、某所に載っていた商品紹介文に寄ると”2014年大河ドラマ「黒田官兵衛」全視聴者層をターゲットに、戦国武将名由来による「ふくおか官兵衛くん」のロゴ採用した企画商品。博多うどん独特の「ごぼう天」「肉」のダブルカヤク、「ふと麺」、採用。全国うどんブームに、「博多」うどん発祥一般説も喚起します”との事らしい・・・。以前にも書いたが「ふくおか官兵衛」って「姫路のかんべえくん」に似ているよなあ・・・。
 
それは兎も角として、今年になってからこのカップ麺が在庫処分で叩き売られるのなら何と無く理解は出来るが、実際に買ったのはまだまだ黒田官兵衛の人気真っ盛りの時だったし、そもそも何で近くのスーパーで売られていたのかいな?と思ったら、この『サンポー食品』と言う会社は大阪にも営業所があるから?の様だ。でも今まで『サンポー食品』の商品を買った事は無い気もするが・・・。
 
サンポー食品肉ごぼう天博多うどんサンポー食品肉ごぼう天博多うどん

ちなみにこちらが今回買って食べた『サンポー食品』から発売されていた”博多うどん”の中身で、パッケージの蓋に書いてあった商品説明を読むと”肉とねぎ、ごぼう天が入った博多ならではのうどん”との事。確かに私が以前に琵琶湖湖畔で食べた本物?の”博多うどん”に似ている様な・・・、そうでも無い様な・・・。
 
サンポー食品肉ごぼう天博多うどん
そしてこちらが完成した”博多うどん”のカップ麺で、公式サイトの商品案内に寄ると”焼アゴと昆布を使用した九州風の出汁、ごぼうのかき揚げ、肉、ネギ入り”との事。確かにこの手のカップうどんとしては具沢山だし、出汁も九州風とは書いてあるが、関西人に好まれそうな甘目のスープで全体的に中々ウマい!
 
サンポー食品肉ごぼう天博多うどん
ちなみにこのカップうどんの麺はこんな感じの、何と無く”きしめん”に近いぐらいの太くて平べったい麺で、個人的にも太麺が大好きなので、中々美味しい麺だった。で、ふとこれと似た様なカップ麺を食べた様な気がしたので、過去記事を検索すると”博多のうどんウエスト監修 ごぼう天うどん”ってのを以前に食べていた様だ。作っている会社は全然違うが、何と無く麺は似ていた様な・・・。
 
てな事で、NHKの大河ドラマ”官兵衛”が終わってしまった今となっては、この”博多うどん”のカップ麺は売って無いかも知れないが、『サンポー食品』は他にも沢山のインスタント麺を売っている様なので、”どん兵衛”や”赤いきつね”に食べ飽きた方は、偶には『サンポー食品』のカップ麺をお試しあれ!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.