義史のB型ワールド

2015年2月1日

久々に行った和食としゃぶしゃぶのお店”かごの屋”で”博多水炊き定食”を食べた!流石に以前食べた”博多華味鳥の水たき”とは雲泥の差があったが、鶏肉は普通に美味しかったかな。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
姫路や明石へ行った時に偶に利用する事がある『和食・しゃぶしゃぶ かごの屋』なのだが、少し前にお店の前を通ると何やら”来んしゃい福岡 うまか博多。”とか言うフェアを開催していて、そのメニューの中に1年ぐらい前に大阪に行った時に食べたらメチャウマかった博多華味鳥の水たき”をイメージしたかの様な”博多水炊き定食”とやらがあったので食べてみた。
 
和食・しゃぶしゃぶ かごの屋/姫路市民会館前店
こちらが今回、久々に行って来た『和食・しゃぶしゃぶ かごの屋/姫路市民会館前店』で、お店がある場所は店名を見れば判る通り姫路市民会館の通りを挟んで西側にあり、大手前公園の南側にあるイーグレ姫路の南東辺りにある。で、このお店は偶に以前からも利用した事があるのだが、意外と?このお店は結構流行っていて、私はちょっと早目の時間帯の入店だったので待たされる事無く席に案内されたが、帰る頃にはお店入口で空席待ちそしている何組かのグループがあったぐらい・・・。確か以前に一度来た時も満席だったので、入らずに引き返した事もあった様な・・・。
 
かごの屋博多水炊き定食メニューかごの屋博多水炊き定食メニュー
それはさて置き、こちらがこの時に『かごの屋』で開催されていた”来んしゃい福岡 うまか博多。”と言うフェアの中に載っていた”博多水炊き”と”博多水炊き定食”のメニューで、ご覧の様に以前に大阪へ行った時に食べた”博多華味鳥の水たき”に似た感じの鍋料理だ。で、通常は鍋のコース料理として提供されているっぽいのだが、お手軽に”博多水炊き定食”として食べれる様だったのでそちらの定食の方を食べて見る事に決定!!!
 
かごの屋博多水炊き定食メニュー
ちなみにこちらは”博多水炊き”のメニューに載っていた食べ方の説明書きで、何と言ってもその最大のポイントは1番最初に鍋が運ばれて来た時に、鶏肉や野菜を食べるよりも先にスープを1口飲む処にある。てか、料理を頼む前にスープを先に1口だけも飲ませてくれれば、この”博多水炊き”を食べるかどうかの決め手になるのだが・・・。
 
かごの屋博多水炊き定食
それはさて置き、先にも書いた様にこの時は店内は結構混んでいたのと、ランチタイムに”博多水炊き定食”を食べる客が少ない事もあってか、調理に時間が掛かる様で後から入って来た客の日替りランチが先に運ばれて行く中、漸くして運ばれて来たのがこちらの”博多水炊き定食”で、お値段は税込価格1814円也。細かい話を書くとメニューの中には単品の”博多水炊き小鍋”ってのがあって、それに”博多ご飯セット”をプラスすると同じ値段になるのだが、本来は”博多ご飯セット”に付いて来るはずである汁物が付いて無い・・・。ま、鍋を食べるので汁物は無くても構わないのだが、気持ち的にちょっと損した気分がしないでは無い・・・。
 
かごの屋博多水炊き定食
ちなみに”博多水炊き”の鍋はこんな感じで、今シーズンもあちらこちらで食べた”牛すき鍋”と同じく、固形燃料を使ったコンロの上に載っている。で、鍋が煮えたら適当に火を消してね、と燃料の上に蓋をして消す為の用具も付いていたのだが、私がのんびりと食べていた事や、野菜が生だった事、追加の出汁も最初から用意されていた事もあってか、途中で燃料が終わってしまったので後で燃料は追加してもらったのだが・・・。
 
かごの屋博多水炊き定食かごの屋博多水炊き定食
そしてこちらがメインの”博多水炊き”で、鍋の中には”鶏肉や鶏のつくね”等が既に煮立っている。で、先に紹介した博多水炊き”の食べ方に従って先ずはスープだけを飲んでみると・・・、うーむ、何と無く1年前に大阪で食べた”博多華味鳥の水たき”と比べるとやっぱり全く味が異なる・・・。悪くは無いが何か一味足りないと言うのか、期待した程の味にはほど遠かったかな。
 
かごの屋博多水炊き定食かごの屋博多水炊き定食
で、こちらは”博多水炊き”に入っていた”鶏肉と鶏のつくね”で、これまた流石に”博多華味鳥の水たき”に入っていた様な”骨付きもも肉のブツ切り”は入っていなかったのが、ちょっと残念だが、鶏肉自体は皮付きの部位を始めとして何個か入っていて、それぞれしっかりした食感の鶏肉で普通にウマい!”鶏のつくね”も、この手のお店で出て来る物としては割と手造り感が満載で、こちらも中々ウマい!スープの味がもうちょっと美味しければ・・・と言う気はしないでは無いが、全体的にはそこそこ納得のいく”博多水炊き”だった。
 
かごの屋博多水炊き定食かごの屋博多水炊き定食
ちなみにこちらは”博多水炊き”の野菜で、最初に書いた様に運ばれて来た時はご覧の様に生の状態だったので、一口スープを味わい”鶏肉”等を食べた後に鍋の中に入れて煮込んでから食べたのだが、先にも書いた様に野菜を煮込んでいる途中で固形燃料が無くなり火が消えてしまったので、燃料を追加して食べたのだった。何れにしても野菜は野菜・・・と言う印象だったけど・・・。
 
かごの屋博多水炊き定食
最後に・・・、どうでも良いがこちらがこの日食べた”博多水炊き定食”に付いていた”水炊き専用のポン酢”と”白菜の漬物”と”明太子”と”薬味のネギと柚子胡椒”等々・・・。個人的には”明太子”は余り好きでは無いので、無くても良かった様な気がしたが・・・。
 
てな事で、久々に『和食・しゃぶしゃぶ かごの屋』に行ったら、1年ぐらい前に大阪へ行った時に食べた”博多華味鳥の水たき”を模倣した?かの様な”博多水炊き”があったので食べて見たのだが、案の定本物の”博多華味鳥の水たき”と比べるまでも無い味だった・・・。ま、これが『かごの屋』の味と言ってしまえばそれまでなのだが、その割りにこのお店が何時も満席なぐらい流行っているのもちょっと不思議だ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.