義史のB型ワールド

2015年1月25日

明石サービスエリアに寄ると私の大好きな”讃岐名物の骨付鶏”の冷凍版が売られていたので買って見た!骨付鶏自体はウマいのだが、調理方法の問題もあって鶏油が無くて思った程の味では無かったかな。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:35 PM
 
代理人記録
 
写真まで撮って下書きの準備までしていたので、折角なのでB級グルメ小ネタ集として簡単に紹介するシリーズ・・・。
 
12月の初め頃だったかに第二神明道路明石サービスエリアに寄るとお土産物コーナーに私の大好きな”讃岐丸亀名物の骨付鶏”の冷凍版が売られていた。思わず買って帰ろうかと思ったのだが、売店では冷凍食品を持って帰る為の氷とかドライアイスは用意して無いとの事。その時はその後別の用事があったので、冷凍食品を買って持ち歩く訳にはいかなかったので購入しなかったのだが、もしもその冷凍版の”骨付鶏”が美味しかったら新年会の日に手土産で持って行っても良いかな?と思い後日買いに行ってみた。
 
さぬき鳥本舗さぬき骨付鶏さぬき鳥本舗さぬき骨付鶏
こちらが第二神明道路明石サービスエリア上り側のお土産コーナーにあった『さぬき鳥本舗』とか言う会社から販売されている”さぬき骨付鶏”で、実はこの商品を見つけた後にネットで調べてみると、別売でチキンオイルとかも販売されていて、この”さぬき骨付鶏”を調理する際にチキンオイル使うと更に美味しくなる!との事だったのだが、残念ながらこのお土産コーナーにはチキンオイルは売られて無かった。仕方が無いので、取り敢えず味見の為にこの”さぬき骨付鶏”を2パックだけ購入!
 
さぬき鳥本舗さぬき骨付鶏
ちなみにこちらは『さぬき鳥本舗』の公式サイトに載っていた”さぬき骨付鶏”の特徴で、何やら『真空調理』とか言う独自の技術で料理してあるので、本場の”讃岐丸亀名物の骨付鶏”の味が再現出来るらしい・・・。
 
さぬき鳥本舗さぬき骨付鶏
そしてこちらは”さぬき骨付鶏”の商品パックの裏面に書かれていた食し方の説明で、冷凍パックのままお湯で湯せんした後、更にフライパンにチキンオイルを入れて両面を少し焼く事に寄って、本格的な”讃岐丸亀名物の骨付鶏”の味になるらしい・・・。が、先にも書いた様にチキンオイルは売って無かったので、今回は普通に家庭用サラダオイルを使用・・・。
 
さぬき鳥本舗さぬき骨付鶏
ちなみにこちらは『さぬき鳥本舗』の公式サイトに載っていた”さぬき骨付鶏”の”調味料へのこだわり”で、ご覧の様に様々な調味料を使った本格的な”骨付鶏”の様だ。ま、冷凍版の”骨付鶏”ではそこまでの細かいこだわりは判らない様な気がしないでは無いが・・・。
 
さぬき鳥本舗さぬき骨付鶏
そしてこちらが完成した”さぬき骨付鶏”で、ご覧の様に見た目は中々本格的な”骨付鶏”なのだが、フライパンで焼く時に使ったサラダオイルの量が少なかったからなのか、全然脂分が残って無い・・・。あるいはそもそもサラダオイルを使って調理した場合と、別売で売られているチキンオイルを使って調理した場合とで味に違いがあるのか、何か今一つ美味しいとも思えない・・・。あの偽ふなっしーで大騒ぎした”高砂ご当地博”の会場で食べた”ふじむらの丸亀骨付鶏”とは雲泥の差だ!やっぱ鶏肉自体の味よりも、タレの味と言うのかチキンオイルの存在が美味しさを左右する・・・とつくづくと思い知った瞬間でもあった!
 
てな事で、もしもこの日食べた印象が良ければ新年会の際にドカーッとかって持って行こうかと思っていたのだが、残念ながらこの味ではみなさんの舌を満足させる事は出来ないと思い、買って行く事はしなかったのだった。こうなったら”高砂ご当地博”の会場で食べた”ふじむらの丸亀骨付鶏”でもお取り寄せして食べてみようか?と言う気がして来たのだが・・・。

毎度お馴染み?姫路山陽百貨店で開催されていたイベント会場で”岡山赤磐名物たこぺい焼き”ってのを食べて見た!見た目通りの味ではあったが粉もん好きの関西人って事もあってか中々ウマかった!

Filed under: 麺類と粉もん,正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:07 PM
 
代理人記録
 
写真まで撮って下書きの準備までしていたので、折角なのでB級グルメ小ネタ集として簡単に紹介するシリーズ・・・。
 
姫路へ行って『食菜家うさぎ』と言うお店でランチを食べた後だったと思うが、折角姫路まで来たのだからと、またまた山陽百貨店の催し会場に行ってみると”うまいもん大会”とか言うイベントをやっていた。残念ながら今回はラーメンの特設茶屋は出店して無かったのだが、その中に何やらちょっと気になる”岡山赤磐名物たこぺい焼き”なる物が販売されていたので買ってみた。
 
赤磐名物たこぺい焼き
こちらが姫路山陽百貨店の6Fのイベント会場の一角にあった”岡山赤磐名物たこぺい焼き”の販売ブースで、この”たこぺい焼き”と言う響きが、何と無く私の大好きな”とんぺい焼き”や”たこ焼き”に似ていたので、これは一度は食べてみないと思って買ってしまったのだった。
 
赤磐名物たこぺい焼き
ちなみにこちらはお店の前に貼ってあった”岡山赤磐名物たこぺい焼き”の紹介文で、それに寄ると”赤磐市特産の「朝日米」の米粉をふんだんに使った、新しいおやつ。特製の型に流し込んで焼き上げたたこぺい焼きの中には大きなタコにねぎやこんにゃくが入っている”との事。とは言え、見るからに”タコ入りのお好み焼”っぽかったので、何と無く味の想像が付くので、気持ち的には1個食べれれば十分な気がしたのだが、残念ながら2個セットでしか販売して無い・・・。ランチを食べて来たばかりなので、お腹も一杯だしと思案していたら、売り子の兄ちゃんが2枚ぐらいあっと言う間に食べれるで・・・と言う事で早速購入!
 
赤磐名物たこぺい焼き
こちらが実際に買って食べた”赤磐名物たこぺい焼き”で2個入りで、お値段は税込価格300円也。ご覧の通り大体想像していた通りの粉もんで、以前に似た様なイベントで買って食べた”どさん子焼き”の中身を少し変えただけ?の様な粉もんに見えなくは無い。実際に食べても米粉っぽさは余り感じられ無かったのだが、ソースやマヨネーズや鰹節がたっぷりとトッピングされていて、粉もん好きの関西人って事もあってか、確かにウマい
 
赤磐名物たこぺい焼き
ちなみに”赤磐名物たこぺい焼き”の中を見ると、当たり前?だが、この様なタコがたっぷりと入っていて雰囲気的にはちょっと馬鹿でかい”たこ焼き”を食べているかの様だったかな。取り敢えず”赤磐名物たこぺい焼き”と言う名前だけは頭の中に叩き込んでおこう・・・

スーパーへ行くとキンレイから販売されている”お水がいらない”シリーズで”ラーメン横綱”が売られていたので買ってみた。本物の味は忘れてしまったけど、普通にウマい!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 5:46 PM
 
代理人記録
 
写真まで撮って下書きの準備までしていたので、折角なのでB級グルメ小ネタ集として簡単に紹介するシリーズ・・・。
 
今から約20数年前、私が京都に住んでいた頃に名神高速京都南ICの直ぐそばに『ラーメン横綱』の京都南IC店が出来た。そんな事もあり、偶にこちらへ帰って来る際に食べに寄ったり、あるいは店内で販売されていたお土産用のラーメンを買って管理人さん宅へ持って行って食べたりしていた個人的には結構お気に入りのお店だった。そんな事もあって偶にスーパーやコンビニで売られている”生麺タイプ”や”カップ麺”や”袋入り麺”、それに”冷凍麺の『ラーメン横綱』のインスタント麺を買って食べたりしているのだが、最近スーパーの冷凍食品売場へ行くと”お水がいらない ラーメン横綱”と言う商品が売られているので買ってみた。
 
キンレイお水がいらないラーメン横綱
こちらが今回買って来た冷凍食品のキンレイから販売されている”お水がいらない ラーメン横綱”と言う袋入り冷凍麺で、発売元のキンレイの商品説明に寄ると”京都発祥の人気店『ラーメン横綱』監修の豚骨醤油ラーメン。 豚骨、鶏ガラから炊き出した濃厚なコクのあるストレートスープにリニューアルし、よりお店に近い味を再現。直火で焼き上げたチャーシューを2枚盛り付けました”との事。こんな感じの冷凍麺は以前からも販売されていたが、今回の商品の最大の特徴はスープを水で薄める必要の無いそのまま鍋で煮込むだけで完成するタイプの冷凍麺と言う点だ。
 
キンレイお水がいらないラーメン横綱
ちなみにお鍋で煮込む前の”お水がいらない ラーメン横綱”はこんな感じで、基本的には以前に当ブログで紹介した事がある”アルミ鍋を使ったラーメン横綱の冷凍麺”の中身だけを袋に入れただけ?と言う様に見える。ま、アルミ鍋だけでもコストは結構かかるので、家庭向けに中身の冷凍麺だけを販売するのは正しい判断かも知れない。
 
キンレイお水がいらないラーメン横綱
で、完成した”お水がいらない ラーメン横綱”はこんな感じで、別途玉子を投入したのでビジュアルがイマイチ美味しそうに見えないのが、ちょっと残念な気がするのだが、味的には先に書いた”アルミ鍋を使ったラーメン横綱の冷凍麺”と全く同じ様な感じで、本物の『ラーメン横綱』のラーメンは3年ぐらい前に、しかも大阪で食べたのが最後なので、どれだけ本物に近い味か判断が付かなかったが、冷凍ラーメンの中では中々美味しい方だと思う。
 
てな事で、個人的には昔懐かしい『ラーメン横綱』の冷凍麺がスーパーで売られていたので買って食べたのだが、先ほども書いた様に結構好きな味のラーメンなので、普段からも偶に冷凍麺カップ麺を買って食べたりしているのだった。ちなみにカップ麺はキンレイでは無くエースコックから販売されている。とは言え、冷凍麺カップ麺には『ラーメン横綱』には欠かせ無い通称”ニントン”が付いて無いのが、ちょっと残念な気がするのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.