義史のB型ワールド

2015年1月23日

スシローで”かに祭りフェア”をやっていたので食べてみた。普段は好んで食べない”紅ずわい蟹”の寿司が一番美味しかった様な・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:36 PM
 
代理人記録
 
最近は寿司を食べに行くと言うよりか、定期的に登場する新商品の”海鮮丼”とか”鰻丼”、それに”ラーメン”等に釣られて偶に食べに行っている回転寿司チェーンなのだが、『スシロー』で”かに祭”フェアが開催されていたので、食べに寄ってみた。
 
スシロー高砂店
こちらが久々に行って来た回転寿司チェーンの『スシロー/高砂店』で、この日も少し早目の時間に行ったので待ち時間ゼロで席に案内されたのだが、正午が近づくに連れてどんどんとお客さんが入って来て、相変わらずの大盛況1皿100円とは言え、何皿も食べると決して安くは無いと思うのだが、何故か子連れのファミリー客が多いのよね。
 
スシロー大興奮かに祭りフェアメニュー
そしてこちらがこの時に開催されていた”大興奮かに祭フェア”のメニューで、定番のネタである”生本ずわい蟹”やら”ボイル本ずわい蟹”の他に”紅ずわい蟹てんこ盛り”なる物もある。気持ち的には焼き蟹が食べてみたかったのだが、流石に回転寿司屋さんにそんなメニューは無さそうだったので、取り敢えずこのフェアメニューに載っている中から”本ずわい蟹の味噌汁”以外の商品を一通り食べる事に決定!!!
 
スシローかに祭り本ずわい蟹の茶碗蒸しスシローかに祭り本ずわい蟹の茶碗蒸し
先ず最初に運ばれて来たのが”かに祭”フェアのメニューの中にあったこちらの”本ずわい蟹の茶碗蒸し”で、お値段は税抜価格240円也。『スシロー』の商品説明に寄ると”冬だけのお楽しみアツアツのかに茶碗蒸。生でも食べられる本ずわいを贅沢につかっています”との事。100円の寿司と比べると、240円と2.4倍もするお値段な事もあって、まあまあ大き目の蟹の爪が入っていたり、あるいは蟹の身の他に鶏肉等も入っていて、当然の如く熱々だったので味的には普通に美味しかったかな
 
スシローかに祭りかにみそ
続いて運ばれて来たのが、特に”かに祭”フェア開催中で無くても普段からレーン上で廻っている様な気がするこちらの”かにみそ”で、お値段は税抜価格100円也。偶に話題になるが”雲丹”同様に”かにみそ”も鮮度に寄って全然味が異なる・・・。当然の如く回転寿司チェーンの100円の”かにみそ”如きに、日本海で食べる蟹に入っている様な”かにみそ”の味があるわけも無く・・・、大体想像していた通りの味であった!
 
スシローかに祭り紅ずわい蟹てんこ盛りスシローかに祭り紅ずわい蟹てんこ盛り
そしてその次に運ばれて来たのが、ある意味今回の”かに祭”フェアのメインとも言えそうな”紅ずわい蟹てんこ盛り”で、お値段は吟味ネタ価格でちょっとお高目の税抜価格180円也。これまた値段が高い分、確かにたっぷりの”紅ずわい蟹”の身が載っていて、更にその上に”かにみそ”も少量ながらトッピングされているのでお得感は高い!ちなみに商品説明を読むと”ボイルした紅ずわい蟹をドドンとてんこ盛り!蟹好きにはたまらない、ド迫力の食べごたえです!”との事。
 
一昔前なら”紅ずわい蟹”もひっくるめて”ずわい蟹”とか”松葉ガニ”とか呼ばれていた(と言うより意図的に混ぜていた?)様な気がするのだが、最近は食材偽装の問題もあって蟹の種類も正確に書く様になったので、”紅ずわい蟹”も一般的にはなって来たのだが、以前であれば好き好んで”紅ずわい蟹を食べる事は少なかったのだが・・・。それはさて置き、折角なのでこのまま一気に口の中に頬張って食べてみると、質より量が勝るのか蟹の風味と味わいがあってメチャウマい!”紅ずわい蟹”と侮ってはいたが、何の何の、これで180円だったのである意味、この日食べた寿司の中で1番価値があった様な気がする・・・。
 
スシローかに祭り生本ずわい蟹
そしてこちらは”かに祭”フェアに関係無く、偶に販売されている事もある気がする”生本ずわい蟹”で、お値段はこちらも吟味ネタ価格で税抜価格180円也。またまた『スシロー』の商品説明に寄ると”甘みがつよいずわい蟹の中でも、大型のものだけを厳選しました。生ならではの、つるんとした食感をお楽しみください”との事。確かに”生の蟹の身”で普通に美味しいのだが、1年ぐらい前に”くら寿司で食べた105円の生ずわいがに”の方が、もっと身がプリプリとしていた様に思ったのだが、何かの記憶違いかな?
 
スシローかに祭りボイル本ずわい蟹
そして”かに祭”の最後に食べたのがこちらの”ボイル本ずわい蟹”で、お値段はこちらは通常通り税抜価格100円也。またまた公式サイトの商品説明に寄ると身入りのよい鮮度抜群の本ずわい蟹をつかっています。ボイルすることによって凝縮されたかにの旨味をお楽しみください”との事。毎度の事ながら商品説明を読むと中々ウマそうに聞こえるのだが、こちらは普段から販売されている?様な気がする定番の”ボイル本ずわい蟹”で、流石に”紅ずわい蟹てんこ盛り”や”生本ずわい蟹”を食べた後ではその差は歴然・・・。この時はちょっとしたアクシデントがあって、この”ボイル本ずわい蟹”は最後に食べる事になったのだが、出来る事であれば1番最初に食べたかったかも・・・
 
スシローかに祭り塩〆中とろスシローかに祭り塩〆中とろ
で、一通り”かに祭”フェアのメニューを堪能したので、気持ち的にはスッキリしたのだが、お腹の方が未だ食べ足りない様子・・・。で、メニューの中をあれこれ見ていたら、普段は好んで食べる事の無い”中とろ”を使った、その名も”塩〆中とろ”ってのがあったので頼んでみた。ちなみにこちらも吟味ネタ価格で1貫のお値段が税抜価格180円也。『スシロー』が一時期盛大に宣伝していた”中とろを使った倍とろ”の倍近いお値段だ!またまた公式サイトの商品説明に寄ると”天然みなみまぐろの中とろを店内で塩〆にしたネタ。しょうゆはつけずに、すだちをしぼって味わう”との事。気持ち的には醤油を垂らして食べたい気がしたのだが、説明に”すだち”のみで食べよと書いてあったので、そうして食べたのだが、”すだち”とか醤油とか言う以前に”中とろ”と言うよりも赤身に近い味だった様な気がする・・・。
 
スシローかに祭り国産黒毛和牛ローストビーフスシローかに祭り国産黒毛和牛ローストビーフ
そんなこんなで、大体食べてみたいお寿司は一通り食べたのでそろそろ帰ろうかと思いつつメニューを見ていると、最近あちらこちらの回転寿司屋に来ると必ず食べている”ローストビーフ”なのだが、以前に『スシロー』でも食べた事はあったのだが、メニューの写真を見ると何と無く以前食べたのとビジュアルが違っていたので思わず頼んでしまったのが、こちらの”国産黒毛和牛ローストビーフ”で、お値段はこれまた吟味ネタ価格の税別価格180円也。公式サイトの商品説明に寄ると”噛めば噛むほどに、国産黒毛和牛の上質な旨みが広がる贅沢な一貫にぎりです!”との事。確かに以前食べた物とは違うのだが、”ローストビーフ”的には似た様な味の様な・・・。でも今回のは上にトッピングされていた揚げたフライドオニオン?の珍しさもあって、前回と違う味わいでこれはこれで楽しかったかな。
 
てな事で、『スシロー』で”かに祭”フェアってのが開催されていたので思わず食べに寄ってみたのだが、この日は寿司を6皿の他に茶碗蒸しを食べただけなのだが、吟味ネタの寿司を多く食べた事もあり量は多く無い割りに総額で1252円になってしまった。確かに好きなネタだけを選んで食べたので、文句は言えないのだが、やっぱ安くは無いよねえ・・・。と思いつつ、遂最近も『はま寿司』に行って”かにラーメン”を食べる事になるのだが、その話はまた後日・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。