義史のB型ワールド

2015年1月19日

今シーズンも姫路食博2014と全国ご当地おんでんサミットが開催されていたので行ってみた。でも今回は特に食べたい物に出会えなかったので、適当に食べて帰って来た・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:40 PM
 
代理人記録
 
今年・・・と言うよりか既に昨年(2014年)の秋の話であるが今回で7回目?ぐらいになる”姫路食博2014”とやらが開催された。この手のイベントと言えば、数年前まで毎年開催されていた”ザ・祭り屋台 in 姫路城”の日に、直ぐ目の前の姫路大手前公園で開催されていた”播磨食のイベント”みたいな物の延長線上にある様な気がするのだが、個人的には何故か毎年行っている事もあり、今年(てか既に昨年)も、その”姫路食博2014”に行ってみた。
 
姫路食博2014チラシ
ちなみにこちらは”姫路食博2014”のチラシで、ご覧の様に今年も”全国ご当地おでん・地酒サミット”が同時開催されるらしい・・・。そう言えば”姫路食博2012”の時は”姫路おでん横丁”だったのだが、昨年からは”全国ご当地おでんサミット”として毎年開催される様になる?って事なのかな?
 
姫路食博2014会場
それはさて置き、こちらが今年(既に昨年)も行って来た”姫路食博2014”会場で、ゲートくぐって直ぐの処には昨年に続いて今年も開催された”第2回全国ご当地おでん地酒サミット”のコーナーが待ち構えていて、既に各全国各地のおでんのブースには沢山の行列が出来て居た・・・。
 
姫路食博2014会場
ちなみに”姫路食博2014”の会場を上から見るとこんな感じで、左側が”姫路食博”と”全国ご当地おでん・地酒サミット”の会場で、手前側も”姫路食博”の会場の一部。真ん中は盆栽市か、何かそんな感じのイベントで、他にもケーキかお菓子のイベントみたいなのもやっていた様な・・・。とは言え、大手前公園が広すぎる事もあってか、上から見ると何かちょっと規模が小さく見える様な・・・
 
姫路食博2014会場
そしてこちらは新しく生まれ変わった、偉い色が白いやんけ!と話題の姫路城で、個人的には何度も姫路に訪れているので既に何度も目にしていたのだが、当ブログではB級グルメの話が大半だったので、今まで紹介した事が無かったので折角なのでご紹介・・・。願わくば、姫路城も綺麗になった処で、また以前の様に”ザ・祭り屋台 in 姫路城”を開催して欲しい気がする・・・。姫路市内に、もう参加した事の無い祭り町が残って無いのであれば、高砂からでも繰り出す・・・って事は市の管轄が違うから有り得ないか・・・
 
姫路食博2014会場
それはさて置き、再び”姫路食博2014”の会場の話に戻ると、ステージの上ではこの様なキャラクターショーも開催されていた。この場には余り長い時間は居なかったので、他にどんなショーがあったのか良く知らないのだが、多分ご当地ゆるキャラが登場する時もあったのでは無いかな?
 
姫路食博2014会場
そしてこちらが”姫路食博2014”に出店していた兵庫のご当地グルメの会場案内マップなのだが、沢山のお店が並んでいる割には例年と大差無い様な感じ・・・。雰囲気的には数年前に毎年開催されていた”ザ・祭り屋台 in 姫路城”の時に同じくこの姫路大手前公園で開催されていた”播磨の食・名産品とか言うイベントの時からあんまり変わって無いのでは?と言う気がしないでは無い・・・。そんな事もあってか、遥々とやっては来たが何か今一つテンションが上がらない・・・
 
姫路食博2014青森生姜味噌おでん
とは言え折角なので”全国ご当地おでんサミット”の中から比較的行列が短くて直ぐに買えて、しかも私の苦手な魚の練物が入って無さそうな”青森生姜味噌おでん”ってのを食べてみる事にした。
 
姫路食博2014青森生姜味噌おでん
こちらが実際に買って食べた”青森生姜味噌おでん”で、お値段は5個入りで500円也(だったと思う)。その最大の特徴は”生姜をすりおろした味噌だれ”を浸けて食べる事らしい・・・。何と無く”姫路おでんの生姜醤油”のライバルになりそうな”生姜味噌おでん”だ・・・。で、”味噌だれ”はちょっと甘目ながら確かに生姜風味もあって、それ以上のインパクトは無かったが、中々美味しいおでん”だ。
 
姫路食博2014青森生姜味噌おでん
ちなみに”青森生姜味噌おでん”は5品入っていて、その内容はと言うと、玉子、平天?、ちくわ、大根、コンニャクとこれまたオーソドックスな内容・・・。この”全国ご当地おでん”ブースには”沖縄おでん”とか”韓国おでん”等、ちょっと珍しい具のおでんを売っているお店も沢山あったのだが、この”青森生姜味噌おでん”はご覧の通りにメチャオーソドックスなネタの”おでん”だったかな?
 
姫路食博2014相生カキボール
で、取り敢えず”青森生姜味噌おでん”を食べた後、他に何か無いかと会場内を散策していると、3年ぐらい前に行った”グルメサーカス in 三木”と同時開催されていた”相生産かきまつり”の会場で見た事がある”相生カキボール”とやらが販売されていたので買ってみる事に・・・。ちなみに”グルメサーカス in 三木”へ行った時の紹介記事を見ると、お店の作り自体は丸々一緒の様だ・・・。このお店も姫路や三木のイベントには必ず顔を出しているのね・・・
 
姫路食博2014相生カキボール
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”相生カキボール”で、お値段は6個入りで500円也。ご覧の通りパッと見た感じは大体想像していた様に、大粒の”たこ焼き”っぽい感じの物だ。そう言えば20年ぐらい前だったか、私が大阪に住んでいた頃の一時期、中身にタコ以外の具を入れた”たこ焼き”モドキが流行った事があって、私も何か変わった具が入った”たこ焼き”モドキを食べた事があるが、流石に牡蠣が入った”たこ焼き”モドキは食べた事は無い様な気が・・・。
 
姫路食博2014相生カキボール
そしてこちらが実際に食べた”相生カキボール”の中身で、ご覧の様に中に割りと大き目の牡蠣の粒が入ったこれまたイメージ通りの粉もんで、味的には少し前の”高砂しあわせ映画祭”の会場で食べた”牡蠣入りお好焼き”に近い様な味わいだが、ソースは控え目で牡蠣の味がしっかりと楽しめて中々ウマい!もしかすると”たこ焼き”風では無く”明石焼き”風にして食べても美味しいのかも知れない・・・。
 
で、”青森生姜味噌おでん”と”相生カキボール”を食べた事もあり、お腹はそこそこ満たされたのだが、私がこう言った会場に来てラーメン系を食べないのはちょっと寂しい・・・。が、”姫路食博2012”で食べた”牛テールスープらーめん”は今回は見当たらず、この会場にあったラーメンと言えば、この手のイベントに必ず出店している”播州赤穂塩らーめん”ぐらいしか無い・・・。最初はそれでもエエかなと思ったりもしたのだが、そう言えば”韓国おでん”のブースに何やら麺料理があったのを思い出したので、またまた”おでん”コーナーに行ってみる事に・・・。
 
姫路食博2014おでんクックス
こちらが”第2回全国ご当地おでん・地酒サミット”のコーナーの中にあった”韓国おでん”のブースで、此処では”トッポッキ”とか”韓国おでん”の他に、”おでん”の出汁に麺を入れたと言う”おでんクックス”なる麺料理が売られていたので、ラーメン変わりに試しに食べてみる事に・・・
 
姫路食博2014おでんクックス
こちらが実際に買って食べた”おでんクックス”で、お値段は400円也。ご覧の様に”おでん”の出汁と言う割には限りなく透明に近いあっさりスープに、素麺に近い感じの麺を入れ、その上にキムチと韓国のり、他にネギとゴマをトッピングした様なビジュアルで、お店の看板に写っていた写真とは少し異なる様な気がしたが、このスープが割と和風に近い?と言うのか、あっさり系で中々ウマい!ラーメンと言うよりは完全に”そう麺”か”にゅう麺”に近い気がしたが、結構美味しかったかな。
 
姫路食博2014おでんクックス
そしてこちらが”おでんクックス”にトッピングされていたキムチで、お店の方の話に寄ると本場韓国で作った本格的なキムチで、偶にラーメン屋さんで食べ放題で出て来るちょっと甘目なキムチとは違い、確かに本格的な辛さのキムチだ!で、本場韓国のキムチと言うと、魚や烏賊等の風味もあったりするのだが、このキムチは野菜中心?の様で辛いけれど中々美味しい食べ易いキムチだった。
 
姫路食博2014おでんクックス
ちなみにこちらは”おでんクックス”の麺で、これまたお店の人に話を聞いた処、韓国冷麺の様なゴムの様な固い食感の麺では無く、どちらかと言うと日本の素麺に近い麺・・・との事で、実際先に書いた通り何も思わずに食べると日本の素麺を食べているかの様だった。
 
で、この後クイズラリーとかで、護国神社に行ったり姫路総社に行ったり、あるいはイーグレ姫路の中で休憩したりしながら時間を過ごした後、これ以上はもう何も食べれ無いと思い、いよいよ会場を離れる事に・・・。
 
姫路食博2014ひまりん焼き
が、大手前公園の南西の会場の一番端っこ辺りを通ると、この様な市川町”ひまりん焼”とやらを販売しているブースを発見!そう言えば少し前にステージ前で休憩していると、市川町を通る”銀の馬車道”の宣伝をしていて、その中でこの”ひまりん焼”の事も紹介されていたので、この後もクイズラリーで姫路駅前をあちらこちらうろつく予定もあったので、その道すがら歩きながら食べ様と思い買ってみる事にした。
 
姫路食博2014ひまりん焼き
ちなみに”ひまりん焼”とは”生地に市川町産の米粉とひまわりの種を混ぜこんでおり、外はパリッと!中はもちもちした食感。中のあんは、ひまりんの黄色をイメージして芋あん。隠し味のひまわりの種が入っている事で香ばしさを出した”と言う”たい焼き”風の物らしい。個人的には”ひまわりの種”よりも”焼芋あん”ってのに、ちょっと興味が注がれたのだが・・・。
 
姫路食博2014ひまりん焼き姫路食博2014ひまりん焼き
そしてこちらが実際に買って食べた”ひまりん焼”で、お値段は1個150円也。ご覧の通り”市川町のマスコットキャラクター「ひまりん」”をかたどった”たい焼き”風のお菓子で当然の如く焼き立てだったので超熱々だ!で、そのお味であるが確かに皮は何と無くもちもちとしていて”たい焼き”とは全然違う食感だ。で、中身の”焼芋あん”が、説明書きにあった様に甘さ控え目で、個人的には甘過ぎる物は苦手なのだが、そんな私にも丁度良い甘さで中々ウマい
 
姫路食博2014ひまりん焼き姫路食博2014ひまりん焼き
ちなみにこちらが”ひまりん焼”の中身の”焼芋あん”で、確かに何と無くであるが”焼芋”を磨り潰した様な芋感とか食感が残っていて、これがメチャ美味しいのだ!で、この日の2週間後に開催された”兵庫ご当地グルメフェスティバル in 加古川2014”の会場でも、この”ひまりん焼”が販売されていたので、その時に偶々御一緒した、ご主人様&甥っ子にもオススメして味わって貰ったのだが、二人にも大好評の様だったので、ぜひみなさんも一度はお試しあれ!
 
てな事で、今シーズンも”姫路食博2014”が開催されていたので例年の如く行ってみたのだが、出店しているブースが基本的に姫路周辺と言う事もあって、普段から偶に開催されているイベントと余り変わり映えのしない内容だった様に思う・・・。やっぱ以前の”B-1 グランプリ in 姫路”か、あるいはせめてその前哨戦の”近畿・中国・四国 B-1グランプリ in 姫路”の様にもうちょっと参加エリアを広げてくれないと面白味に欠ける様な気がする・・・。とは言え、この”姫路食博2014”を更に縮小したかの様な”兵庫ご当地グルメフェスティバル in 加古川2014”と言うイベントにも行ってしまのうだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.