義史のB型ワールド

2015年1月5日

一度も冷凍された事の無い鮪の身は、繊維が壊れて無い?とかで塊のまま振るとプリンの様にプルプルするらしい・・・と言う売り文句に釣られて大とろ買ってしまった!気持ち的な効果もあって中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:31 PM
 
代理人記録
 
以前であればマグロの解体ショーと言えばホテルのバイキングや、観光地の海産物店の名物コーナーだったのだが、最近はちょっと高目の回転寿司屋さんとか、あるいはイトーヨーカドーの魚売場等でも偶に開催されていて、そう珍しい物では無くなった。で、もう大分前の話ではあるのだが、例に寄ってヤマトヤシキ加古川店の地下の食料品売場を散策しているとマグロの解体ショーをやっていた。今書いた様に、最近はそれ程に珍しい事では無くなったので、最初はチラッと覗いただけで直ぐにその場を立ち去ろうと思ったのだが、何やら話に寄ると、この日の鮪は水揚げされてから1度も冷凍された事の無い、正真正銘の生の黒鮪との事。これまた最近では『スシロー』ででも、”国産生本鮪づくし”とやらを販売していて私も食べたのだが、そう言われるとちょっと気になったので、少しの間見てみる事にした。
 
高知県産黒鮪大とろ
こちらがその時のマグロの解体ショーの様子で、この鮪は残念ながら天然物では無く養殖の鮪らしいのだが、この日の朝に水揚げした物を1度も冷凍せずに運んで来た高知県産本まぐろ(黒鮪)”との事。で、当然ながらこんなに大きな鮪をヤマトヤシキの地下にある魚屋さん如き?では解体出来ないので、マグロの解体専門の職人さんも何処からか呼んで来たらしい・・・。で、これまた最初は解体ショーだけを観ればそれだけで十分だったので、直ぐに帰ろうと思っていたのだが、店員さんの説明に寄ると”1度も冷凍された事の無い鮪の身は、繊維が壊れて無いので塊のまま振るとプリンの様にプルプルする・・・”と言って見せてくれた・・・。更にこんな鮪を食べる機会は滅多に無いで・・・と言う店員さんの誘い文句に釣られて、今解体されたばかりの”大とろ”を買ってみる事に決定!!!
 
高知県産黒鮪大とろ
こちらが実際に買って来た1度も冷凍された事の無い高知県産本まぐろ(黒鮪)の大とろ”で、お値段は100gで1498円だったのだが実際は110gあったので1779円也。中々エエお値段だが、店員さんの説明に寄るとこれでも2割から3割は安いらしい・・・
 
高知県産黒鮪大とろ
そしてこちらがパックの中から取り出した”高知県産本まぐろ(黒鮪)の大とろ”で、実はこの後、プリンの様にプルプルする様子をみなさんにも紹介しようと、動画で撮影したのだが当然の如く?ブレブレで見れた物では無いので残念ながら紹介出来ない・・・。ま、”生本まぐろ”に出会った時にでも、自分でプルプルして見て頂戴!ちなみに、マグロは解体した直後では無く1日置いて熟成?させた方が美味しいとの話だったので、当日と翌日の2回に別けて食べてみたのだが、私には違いは良く判らんかった・・・。
 
最後に・・・、以前は新年会の際にイオン明石にある魚屋さんまで上等な”大とろ”を買い求めに行っていたのだが、ヤマトヤシキ加古川で、これぐらいの上物の”大とろ”が手に入るのであれば、これで十分かも・・・。新年会へ行く前にヤマトヤシキの魚売場に行ってみたら良かったかな・・・(何年か前までは、実際にヤマトヤシキに行ってみたのだが、私が欲する様な”大とろ”は売って無かったと記憶しているのだが、時代も変わったしもしかしたら今なら売ってるかも・・・。ま、来年の新年会のお楽しみでんな)。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。