義史のB型ワールド

2015年1月5日

パチンコガイアの中にあるラーメン屋さんで500円の唐揚げセットを食べた!値段は安いが内容もそれなりだった?かな?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
半分どうでもエエ話の様な気もするが、もしかすると後から何かの参考になるかも知れないので、簡単にご紹介・・・。昨年の10月の初め頃に、東加古川にあるパチンコ&スロットのお店『ミクちゃんガイア21平岡店』の中に出来た『ラーメン辰味』でありが、雰囲気的にはラーメン専門店と言うよりは、以前の定食のお店そのまんまな感じの店だった。が、その時の案内に”3と9が付く日”にはお得なサービスメニューがあると書いてあったので、偶々9が付く日に近くへ行ったのでその際に寄ってみた。
 
ラーメン辰味
こちらがまたまた行って来た『ラーメン辰味』で、先にも書いた様に『ミクちゃんガイア21平岡店』の一角にある、誰がどう見てもパチンコをしに来たお客さんを目当てにしたお店で、一応はラーメン屋さんに変わったらしいのだが、壁に掲げてある看板は”お食事処”になったままだ。で、この時は日曜日の正午頃だったので、店内は賑わっているのかと思いきや意外と閑散としていた・・・。パチンコマルハンの中にある飯屋さんだと、日曜日の昼間は大賑わいしているのだが、このパチンコ屋の近くにはお店も沢山あるので敢えて此処で食事をするお客さんは少ないのかも知れない・・・。
 
ラーメン辰味ミクちゃん日替ラーメンとセットのメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあった”3と9が付く日”限定の”ミクちゃん日替ラーメンと日替セット”と書かれたメニューのボードで、この時の日替ラーメンは”ネギラーメン”で、更に小ライスもセットになってお値段は390円、日替りセットはこの日は”唐揚げセット”で、こちらのお値段は500円との事。お得感で言うと”ネギラーメン”の方が高い気はしたのだが、前回の初訪問時に普通の”ラーメン”を食べたので、何と無く味の想像が付く・・・って事で今回は”唐揚げセット”を食べる事に決定!!!
 
ラーメン辰味日替セット唐揚げセット
で、間も無くして目の前に出て来たのがこちらの”日替セット”の”唐揚げセット”で、メインの”鶏の唐揚げ”の他に小鉢に入った”揚げ餃子”やスープとライスと高菜が付いて、お値段は500円ぽっきり!これが通常メニューの中にある700円の”唐揚げセット”と同じ内容かどうかは定かでは無いが、500円で食べれる定食としては十分な内容な気はする。
 
ラーメン辰味日替セット唐揚げセット
そしてこちらが”唐揚げセット”のメインである”鶏の唐揚げ”で、当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉もそこそこジューシーで普通にウマい!数量的にも割と大き目な物から小さ目な物が合計5個と、他のお店で食べる”から揚げ定食”と比べても見劣りはしない!これを通常価格の700円を払って食べたいか?と聞かれると、それならば”らーめん八角の唐揚げ定食”の方を選びそうな気はするが、500円ならばまた食べてみたい気もする・・・・
 
ラーメン辰味日替セット唐揚げセット
ちなみにこちらは”日替セット”に付いていた”揚げ餃子”で、こちらも”鶏の唐揚げ”と一緒に揚げた様で熱々ではあったが、”餃子”としては如何にも業務用みたいな感じの物で、可も無く不可も無くな味だったかな。
 
ラーメン辰味日替セット唐揚げセットラーメン辰味日替セット唐揚げセット
で、”唐揚げセット”にはその他にもこの様なスープと漬物が付いていて、スープを飲んだ印象としては前回このお店に来た時に食べた”ラーメン”と同じスープだと思ったのだが、この日飲んだ感じではちょっと醤油辛いと言うのか濃い味で、ちょっと残念な気がしたのだが・・・
 
てな事で、10月の初旬頃に東加古川にある『ミクちゃんガイア21平岡店』の中に出来た『ラーメン辰味』の”3と9の付く日”のお得なサービスとやらが、どんな内容なのかちょっと気になったので食べに行ってみたのだが、確かに値段と内容を考えるとお得ではあるが、それ以上の物でも無い感じ・・・。また機会があれば様子を見に行ってみようかと思うけど、全体的にはパチンコマルハンの中にある飯屋さんの方が上かも知れない・・・。

一度も冷凍された事の無い鮪の身は、繊維が壊れて無い?とかで塊のまま振るとプリンの様にプルプルするらしい・・・と言う売り文句に釣られて大とろ買ってしまった!気持ち的な効果もあって中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:31 PM
 
代理人記録
 
以前であればマグロの解体ショーと言えばホテルのバイキングや、観光地の海産物店の名物コーナーだったのだが、最近はちょっと高目の回転寿司屋さんとか、あるいはイトーヨーカドーの魚売場等でも偶に開催されていて、そう珍しい物では無くなった。で、もう大分前の話ではあるのだが、例に寄ってヤマトヤシキ加古川店の地下の食料品売場を散策しているとマグロの解体ショーをやっていた。今書いた様に、最近はそれ程に珍しい事では無くなったので、最初はチラッと覗いただけで直ぐにその場を立ち去ろうと思ったのだが、何やら話に寄ると、この日の鮪は水揚げされてから1度も冷凍された事の無い、正真正銘の生の黒鮪との事。これまた最近では『スシロー』ででも、”国産生本鮪づくし”とやらを販売していて私も食べたのだが、そう言われるとちょっと気になったので、少しの間見てみる事にした。
 
高知県産黒鮪大とろ
こちらがその時のマグロの解体ショーの様子で、この鮪は残念ながら天然物では無く養殖の鮪らしいのだが、この日の朝に水揚げした物を1度も冷凍せずに運んで来た高知県産本まぐろ(黒鮪)”との事。で、当然ながらこんなに大きな鮪をヤマトヤシキの地下にある魚屋さん如き?では解体出来ないので、マグロの解体専門の職人さんも何処からか呼んで来たらしい・・・。で、これまた最初は解体ショーだけを観ればそれだけで十分だったので、直ぐに帰ろうと思っていたのだが、店員さんの説明に寄ると”1度も冷凍された事の無い鮪の身は、繊維が壊れて無いので塊のまま振るとプリンの様にプルプルする・・・”と言って見せてくれた・・・。更にこんな鮪を食べる機会は滅多に無いで・・・と言う店員さんの誘い文句に釣られて、今解体されたばかりの”大とろ”を買ってみる事に決定!!!
 
高知県産黒鮪大とろ
こちらが実際に買って来た1度も冷凍された事の無い高知県産本まぐろ(黒鮪)の大とろ”で、お値段は100gで1498円だったのだが実際は110gあったので1779円也。中々エエお値段だが、店員さんの説明に寄るとこれでも2割から3割は安いらしい・・・
 
高知県産黒鮪大とろ
そしてこちらがパックの中から取り出した”高知県産本まぐろ(黒鮪)の大とろ”で、実はこの後、プリンの様にプルプルする様子をみなさんにも紹介しようと、動画で撮影したのだが当然の如く?ブレブレで見れた物では無いので残念ながら紹介出来ない・・・。ま、”生本まぐろ”に出会った時にでも、自分でプルプルして見て頂戴!ちなみに、マグロは解体した直後では無く1日置いて熟成?させた方が美味しいとの話だったので、当日と翌日の2回に別けて食べてみたのだが、私には違いは良く判らんかった・・・。
 
最後に・・・、以前は新年会の際にイオン明石にある魚屋さんまで上等な”大とろ”を買い求めに行っていたのだが、ヤマトヤシキ加古川で、これぐらいの上物の”大とろ”が手に入るのであれば、これで十分かも・・・。新年会へ行く前にヤマトヤシキの魚売場に行ってみたら良かったかな・・・(何年か前までは、実際にヤマトヤシキに行ってみたのだが、私が欲する様な”大とろ”は売って無かったと記憶しているのだが、時代も変わったしもしかしたら今なら売ってるかも・・・。ま、来年の新年会のお楽しみでんな)。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.