義史のB型ワールド

2014年12月31日

またまたJR姫路駅の向かい側のビルの中に今年の7月に誕生した”無尽蔵”で”生姜醤油焼豚麺”を食べた!姫路を意識したのかと思いきや、新潟県長岡市で人気の”生姜醤油らーめん”だそうな・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:41 PM
 
代理人記録
 
いよいよ今日は大晦日・・・。と言っても特にそれっぽい話のネタは無いし、未だ11月&12月の話題が沢山残ったまま・・・。でもやっぱり最後はラーメンの話で1年を締めくくろうと思うのだが、数年前まで『新在家ラーメンもんど』が限定裏ラーメンをやっていた頃は大晦日には『もんど』に行ってラーメンを食べるのが恒例となっていたので、今年も昨日久々に食べに行って来たのだが、未だ写真の整理が出来て無いので、その代わりに少し前に早目にお知らせして置いた方が良い話題のあるJR姫路駅前にある『越後秘蔵麺 無尽蔵』のお話・・・。
 
越後秘蔵麺 無尽蔵/姫路フェスタ店越後秘蔵麺 無尽蔵/姫路フェスタ店
こちらが久々に行って来たJR姫路駅の対面にある姫路フェスタビルの2Fに、今年の7月末頃にオープンしたばかりのラーメン屋『越後秘蔵麺 無尽蔵/姫路フェスタ店』で、当ブログでもこの『姫路店』とか昨年食べに行った『無尽蔵みなとKOBE家』で紹介した通り、このお店は”日本初!!特許取得の柿ポリフェノール入り麺”を使ったラーメンがご自慢のチェーン店だ。で、この日は日曜日だったのだが、ちょっと早目の午前11時半過ぎの訪問と言う事で、店内は閑散としていたが正午半頃にお店の前を通った時は流石にそこそこお客さんは入っていた・・・。でも日曜日のランチタイムの客の入りとしては余り多く無い様な気はしたが・・・。
 
越後秘蔵麺 無尽蔵 生姜醤油焼豚麺メニュー
で、今回このお店に食べに入ろうと思ったのはお店のガラス窓に貼ってあったこちらの”生姜醤油焼豚麺”と言うラーメンが食べてみたかったから。その内容はと言うとご覧の通り”生姜醤油”を使ったラーメンらしく、最初このメニューを見た時は『らーめん八角』を中心とした姫路にあるラーメン屋が何店か集まって売り出している”姫路らーめん”を意識した『姫路店』限定のラーメンなのかと思いきや、そうでは無く”新潟県長岡市で人気の生姜醤油らーめん”をイメージした物らしい・・・。でも折角なので”八角の姫路らーめん”と味比べをする為にちょっと食べて見たかったので、早速この”生姜醤油焼豚麺”を注文!!!
 
越後秘蔵麺 無尽蔵 冬のスペシャル企画
ちなみに何時から始めたのかは定かでは無いが来年1月31日までの期間限定でこの様な”冬のスペシャル企画”なる物を開催していて、それに寄ると”鶏がら醤油、豚骨醤油、鶏がら塩、豚骨塩”の4種類のラーメンが、税込み価格500円ぽっきりで食べられるらしい(但し、海苔とタマゴは入って無いらしいが・・・)。私は昨年の春頃に神戸umieにあるお店で”豚骨醤油”を、今年の夏頃に姫路店に来た時には”鶏がら醤油”を食べたのだが、未だ塩系の”鶏がら塩”や”豚骨塩”は食べた事が無いで、この500円で食べれる期間中に塩系のラーメンを食べに来たいと思っている・・・。今日、このお話を紹介する事を選んだ理由はこの”冬のスペシャル企画”をみなさんにお知らせしたかったからなのであった!何か『無尽蔵』の宣伝っぽくなってしまったが・・・。
 
越後秘蔵麺 無尽蔵 セットメニュー
更にその他にもこれまた何時から始まったのか定かでは無いが、以前に来た時には無かったこの様な”セットメニュー”なる物が追加されていた。その内容はと言うと、他のラーメン屋さんにも良くある様なラーメンに餃子や焼飯や唐揚げ等がセットになったメニューなのだが、個人的には更にお得な”ランチメニュー”があれば、この日も食べても良いかな?とは思ったのだが・・・
 
無尽蔵 生姜醤油焼豚麺
それはさて置き間も無くして運ばれて来たのがこちらの”生姜醤油焼豚麺”で、お値段は税込価格820円也。目の前に運ばれて来た時から、辺りには生姜の香が漂う中々本格的な”生姜醤油ラーメン”だ。先ほど紹介したメニューの説明書きに寄ると”キレのある生姜の香りと、深みのある醤油の旨みが食欲をそそる、あっさりらーめん”との事。その名の如く生姜風味たっぷりの、中々しっかりした醤油味のスープで『らーめん八角』の”姫路らーめん”と比べると甘さは控え目な気はしたが、まあまあ普通に美味しい・・・。同じビルの1Fにある『ガンガングビグビ本舗』にもこれと似た”生姜醤油風味のスープの姫路中華そば”なる物が販売されているが、雰囲気はあちらの方が好きなんだけど、醤油味の濃さの点ではこちらの方が食べ易いかも・・・。
 
無尽蔵 生姜醤油焼豚麺
そしてこちらは”生姜醤油焼豚麺”にトッピングされていた”チャーシュー”で、雰囲気的にはこのお店の普通のラーメンで使われている物と同じく小さ目の”チャーシュー”だが、”焼豚麺”の如くラーメン鉢の表面を覆い尽くすぐらいの沢山の枚数の”チャーシュー”が入っていた。味的には至って普通っぽかったけど、ちょっと濃い目の生姜醤油スープと一緒に食べても負けない位のしっかりとした味わいがあって中々美味しかったかな
 
無尽蔵 生姜醤油焼豚麺
ちなみに”生姜醤油焼豚麺”には他にもラーメンの具としてはちょっと珍しい”ほうれん草”もトッピングされていた。そう言えば少し前に『幸楽苑』で食べた”鶏白湯らーめん”にも”ほうれん草”が入っていたなあ・・・。関西では余り入れないと思うが東北とか東日本のラーメンチェーンでは”ほうれん草”はポピュラーな具なのかな?
 
無尽蔵 生姜醤油焼豚麺
そしてこちらがこのお店の最大の自慢?と言うのか特徴でもある”柿ポリフェノール入り麺”で、流石に昨年神戸で食べた時程の感度は薄れてしまったが、それでもツルツル&シコシコした食感の楽しめる麺で、個人的には結構好きな麺だ。ぜひみなさんも一度はお試しあれ・・・
 
てな事で、今年の夏頃にJR姫路駅前に誕生した『越後秘蔵麺 無尽蔵』に行ってこの日は”生姜醤油焼豚麺”を食べたのだが、ある意味そのまんまの味な気はしたが、中々美味しいラーメンだったかな。それは兎も角として、今年1年を振り返っても数々のラーメン屋さんが閉店し、それと入れ替わってこれまた沢山のラーメン屋さんが誕生した・・・。流行り廃りの影響はあるにせよ、ラーメン業界も中々厳しい様だ・・・。個人的には毎年新しいラーメンが食べれて楽しい気はするが、それよりも何度も食べに行きたくなるラーメン屋さんが出来て欲しい気がする・・・。果たして来年はどんなお店が出来る事やら・・・。それを楽しみにしつつ、1年を締めくくろう・・・。

WordPress.com Blog.