義史のB型ワールド

2014年12月28日

朝一から映画を観に行ったので、その後久々に”和食のがんこ”に寄ってステーキ定食と松茸土瓶蒸しを食べてみた。ステーキは兎も角、松茸の土瓶蒸しは中々良かったかも・・・。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 11:10 PM
 
代理人記録
 
最近は余り映画の話は書いて無いが、時々書いている様に相変わらず最低でも月に1回以上はイオンシネマ加古川に映画を観に行っている。で、その度に近くのお店でランチかディナーを食べるのだが、以前であれば映画の半券を見せると”生ビールが1杯無料”になるサービスがあった焼肉としゃぶしゃぶのお店『但馬屋』で”しゃぶしゃぶランチ”とか”すき焼きランチ”等を食べるのが多かったのだが、残念ながら2~3年前に閉店してしまった。それ以来、食べに行くお店を探すのに困っているのだが、この日はふと以前からちょっと気になっていたイオン加古川の真向かいにある和食のお店『がんこ』の昼のメニューにある”ステーキ定食”を食べに行ってみる事にした。
 
がんこ加古川店
こちらが久々に行って来た和食のお店『がんこ/加古川店』で、『がんこ』と言えば若かりし頃に大阪で連日の様に飲みに行った”がんこ炉端”とか、忘年会や新年会等の宴会で利用した”がんこ寿司”等が有名?なのだが(当ブログの記録には”とんかつのがんこ”も載っているが・・・)、この加古川店は寿司屋に近い、和食のお店だ。で、この界隈に目ぼしいお店が少ない事もあってか、何時来ても意外と結構賑わっていて、この日も私が案内されたお店の中央のテーブル席も私が席に着いた後間も無くして全て埋まってしまった・・・。外から見ただけでは判らないが、意外と流行っている様だ・・・。
 
がんこ加古川店昼のお食事メニューがんこ加古川店松茸土瓶蒸しメニュー
で、先にも書いた様にこのお店は和食がメインのお店なのだが、昼のお食事メニューの中に私好みの”ステーキ定食”があり、以前から一度食べて見ようと思っていた事もありこの日はその”ステーキ定食”を食べる事に・・・。そう思いつつ、ふとテーブルの上に置いてあったポップを見ると”+500円で御膳・定食の「汁物」が「松茸土瓶蒸し」に替わる”と書いてあるのが目に留まった。詳しく見ると通常価格980円で販売されている”松茸土瓶蒸し”が、定食を頼むと500円で食べれる(替わりにに”赤だし”は無くなる)と思うとちょっと安い気がしたので、ちょっと豪勢に”松茸土瓶蒸し”も併せて注文!!!。
 
がんこ加古川店ステーキ定食と松茸土瓶蒸し
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ定食”と+500円で”赤だし”からチェンジした”松茸土瓶蒸し”で、お値段はそれぞれ税別価格が780円と500円なので合計金額は税込で1382円也。で、ご覧の通りメインは”ステーキ松茸土瓶蒸し”なので、本来は豪華な食事?と言えるのだが、パッと見た感じ豪華なのかショボイのか微妙な気がしないでは無い・・・。それはきっと御膳の上に空間が多いからなのかな・・・。
 
がんこ加古川店ステーキ定食
それはさて置きこちらが”ステーキ定食”のメインである”牛肉のステーキ”で、熱々の鉄板の上にフライドポテトとブロッコリーが添えられているのだが、この様な組合せと言えば私が良く食べに行っている”加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの日替りランチ”と似た様な感じもするが、流石に値段的にこちらの方が少し安い事もあってか、メインの”ステーキ”は兎も角として付け合せのフライドポテトとブロッコリーは、ちょっとショボイ様な気がする・・・。
 
がんこ加古川店ステーキ定食
そしてこちらがメインの”ステーキ”で、流石に通常税抜価格で780円と言う事もあってか、パッと見た感じ100gあるか無いかぐらいの大きさだ。何と無くであるが以前に『100円パンのヤキタテイ』で食べた”ビーフステーキ”よりも量が少ない気はする。とは言えそこそこお肉は柔らかくて、某サラダとスープ等が食べ放題のステーキ屋さんよりはマシな気もする・・・。ま、量が欲しければ”チキン南蛮”が付いて方の”ステーキ定食”を食べれと言う事なのかも知れない・・・。
 
がんこ加古川店松茸土瓶蒸しがんこ加古川店松茸土瓶蒸し
そしてこちらがある意味こっちの方がメインかも?と言う気がしないでも無い”松茸土瓶蒸し”で、卓上に置いてあったポップに寄ると通常税抜価格980円の処、今回は定食の汁物からの変更価格で500円也!土瓶の蓋を開けると”松茸”の香りは・・・ちょっと微妙だったが、お出汁の香りはして中々エエ感じ。これに少しスダチ?を絞った後、お猪口によそって一口飲んでみると中々ウマい!想像通り、”ステーキ”との相性はちょっと微妙な気がしたので、他の定食と組合せた方が良い気はしたが・・・
 
がんこ加古川店松茸土瓶蒸し
で、蓋を取って見ただけでは中身の具にどんな物が入っているのか良く判らなかったので、一旦”松茸土瓶蒸し”の中に入っていた主な具をお猪口の上に取り出してみるとこんな感じ。それぞれの具はたいして大きくは無いが、メインの”松茸”はそこそこしっかりとした感じの物が数本入っていて、値段を考えるとこれでも結構入っていた方かも・・・
 
がんこ加古川店松茸土瓶蒸しがんこ加古川店松茸土瓶蒸し
がんこ加古川店松茸土瓶蒸しがんこ加古川店松茸土瓶蒸し
ちなみに後々の参考までに”松茸土瓶蒸し”に入っていた具材を一品ずつ並べて撮ったのがこちら・・・。写真として残して無いのがメチャ残念だが、10数年前に淡路にある超有名な鮨屋『林屋』で食べた”松茸土瓶蒸し”は、これでもか!と言う位の具沢山(主に魚だったが・・・)だった(但し、若花田似の板前さんが居なかった時に食べた”土瓶蒸し”は逆に酷かったけど・・・)のと比べると、内容的にはそれ程多くは無いが、他のお店と比べると”土瓶蒸し定番の具は一通り入っていて内容的には満足出来たかな
 
がんこ加古川店ステーキ定食
最後にもう一つ・・・、この日食べた”ステーキ定食”にはこの様な”白菜の漬物”も付いていて、これまた”ステーキ”との相性はちょっと微妙な気はしたが、反対に白いご飯との相性は抜群で中々美味しい”白菜の漬物”だったかな。
 
てな事で、この日は久々に和食のお店『がんこ』に行って”ステーキ定食”と汁物を”松茸土瓶蒸し”にチェンジして食べたのだが、”ステーキ”は極々普通だったが”松茸土瓶蒸し”はそこそこ美味しかった。お店に行く前からこの日は”ステーキ定食”を食べ様と決めていたので迷う事無く注文してしまったのだが、汁物を”松茸土瓶蒸し”にチェンジするのであれば”カキフライ定食”とか”お造り定食”を食べた方が良かったかも・・・。そう思ったので、後日”カキフライ定食”と”松茸土瓶蒸し”を食べに行こうと言う気になっていたのだが、結局今シーズンは行かず仕舞いのまま時が過ぎてしまった・・・

大阪ラーメン対決!続いてはカドヤ食堂総本店で”吟選焼干し醤油そば”を食べた!王道の中華そばで、揚げた背脂?も入っていてこちらも中々ウマかった!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 3:02 PM
 
代理人記録
 
先にも書いた様に11月に久々に大阪に行く事になったので、偶々TV番組でラーメン対決をしていた『金久右衛門 本店』の”C.O~かけがいのない地球~”を食べに行ってみたのだが、これがメチャ楽しい内容のラーメンだった。そんな事もあってかラーメンを1杯食べたはずなのだが、満腹になったと言う気がしない。更にその対戦相手のお店『カドヤ食堂』は、私がこれから行く予定の訪問先の作業場所から歩いて行ける距離にあるし、もしもの事を考えて時間的に余裕を持って行っていた事もあり、訪問予定時間まで未だたっぷりとあったので、これも何かのご縁?と言う事で、今度は『カドヤ食堂』に行ってその期間限定のラーメンを食べてみる事にした。
 
中華そばカドヤ食堂総本店
こちらが久々に行って来た大阪にある超有名ラーメン屋『中華そば カドヤ食堂 総本店』で、昨年もこの近くの作業に来たのだが、その時は大阪福島にある”うどん屋さんで天中華”を食べたので、この『カドヤ食堂』には来なかった事もあり約2年ぶりの訪問だ。ちなみに上の写真は帰り際に撮ったのでお客さんの姿は写って無いが、私がお店に到着した正午過ぎには店内は当然の如く満席で、お店の外に2人程の待ち客が居た。でも以前にチラッとお店を覗きに来た時は、TVで紹介された直後で何十人もの行列が出来ていたのだが、流石に今は落ち着いたのか、偶々この日だけがそうだったのか、ランチタイムど真ん中にしては思った程の客の入りでは無かったかな・・・
 
中華そばカドヤ食堂総本店
ちなみに『中華そば カドヤ食堂 総本店』の店内はこんな感じで、一番奥に製麺所があって、その中ではTVでお馴染みの『カドヤ食堂』の店主がそこで何か作業をしていた。先に紹介した『金久右衛門 本店』もそうであったが、巨大ラーメンチェーン店に行くと社長や店主の顔を見る事は先ず無いのだが、やはりお店に店主が居るとその人が作ってくれた訳では無いにしても、安心感がある・・・。で、今回のラーメン対決を企画したTV番組の中で、この店主が加古川出身と言う事もあり、昔良く食べていたと言う『翁介』に行ってラーメンを食べている姿も紹介されていた・・・。以前見たTV番組の中でこの『カドヤ食堂』の店主の夢は加古川にお店を出す事・・・と言っていた様な・・・。そんな事が実現すれば嬉しいのだけど・・・。
 
中華そばカドヤ食堂総本店メニュー中華そばカドヤ食堂総本店メニュー
それはさて置き、ほど無くして外は寒いから店内で待ってて頂戴と案内されたので、店内に入ると目の前にはこの様なメニューを貼ったボードが置いてある。で、流石の私も最近はほとんど大阪に来ないし、そもそも『カドヤ食堂』が西長堀の方に移転して来たのも2年ぐらい前の事なので、このお店には未だ一度しか来た事が無いので”中華そば”しか食べた事が無いのだが、ご覧の様に結構豊富な種類のメニューがある。何時か”中華そば以外のメニューも食べてみたい気はするのだが、年に一回来るぐらいしか無いので、このペースで行くとちょっと無理かも知れない・・・。
 
カドヤ食堂総本店吟選焼干し醤油そばメニュー
で、その数多くあるメニューの中で、私のこの日のお目当てはこちらの期間限定商品の”吟選 焼干し醤油そば”で、このメニューの中には特に何の但し書きも無かったのだが、TV番組の案内では期間限定でかつ1日限定20食のメニューのはず・・・。で、このメニューの中に大きく描かれている”醤油の一升瓶”の絵の意味は、この”吟選 焼干し醤油そば”には今年お亡くなりになったラーメンの鬼と呼ばれていた佐野実が使っていた”和歌山の野尻醤油の生醤油”を使っているかららしい・・・。ちなみに私も10年ぐらい前に東京へ出張した際に、横浜ラーメン博物館の中にあった佐野実のお店『支那そばや』に行って食べたもんなあ・・・。何かちょっと懐かしい・・・。
 
カドヤ食堂総本店吟選焼干し醤油そば
それはさて置き一番奥の席に案内された後、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”吟選 焼干し醤油そば”で、お値段は980円也。先に『金久右衛門 本店』に行って食べた”C.O~かけがいのない地球~”とは違ってメチャクチャオーソドックスな”中華そば”だ。先に紹介したメニューの説明に寄ると”青森の2種の鰯焼干し(青森県産セグロイワシ焼干し、青森県産ヒラコイワシ焼干し)と山形の特級焼きアゴを使用し和歌山の野尻醤油の生醤油で仕上げた”スープとの事。で、そのお味であるが私には複雑な出汁の味は良く判らないが、見た目通りのあっさり系の何処と無く懐かしさを感じるスープで、播州ラーメン程の甘さは無い物のどちらかと言うと少し甘味があって中々ウマい!とは言え、少し前にもラーメンを1杯食べて来たばかりだし、繊細な味は私には判らなかったので流石に格別ウマい!と唸る程の味では無かった気もするが・・・。
 
カドヤ食堂総本店吟選焼干し醤油そば
そしてこちらは”吟選 焼干し醤油そば”にトッピングされていた”チャーシュー”で、ご覧の通り1枚はオーソドックスなタイプ、もう1枚はちょっと脂身たっぷりな感じで、何と無く播州ラーメンの有名店”滝野大橋ラーメンの2種類のチャーシュー”かの様な気もしたがどちらもしっかりとした旨味のある”チャーシュー”で中々ウマい!後から2年前に『カドヤ食堂』を訪れた時に食べた”中華そば”にトッピングされていた”チャーシュー”と比べると少し違うタイプだったので、もしかするとこのラーメン専用に用意された・・・、あるいは偶々だったのかも知れないが、中々美味しい”チャーシュー”だった。
 
カドヤ食堂総本店吟選焼干し醤油そば
ちなみにこちらは”吟選 焼干し醤油そば”にトッピングされていた”メンマ”で、個人的には”メンマ”よりも”モヤシ”がトッピングされている方が好きなのだが、個人的にこのお店のファンと言う事もあってか、この”メンマ”も中々美味しかった気がする・・・。
 
カドヤ食堂総本店吟選焼干し醤油そば
そしてこちらが”吟選 焼干し醤油そば”の麺で、一見するとこれまた2年前に食べた”中華そば”の麺と同じ様な気がしたのだが、TV番組の紹介では”佐野実も使っていたと言う、パスタにも使うデュラム粉を加えた麺”らしい・・・。流石に私の舌ではその繊細な味の違いは理解出来なかったが、こう言ったオリジナルの麺が味わえると言うのも店内に製麺所を備えたお店ならではの事かも知れない・・・。
 
カドヤ食堂総本店吟選焼干し醤油そば背油
そんなこんなで期間限定の”吟選 焼干し醤油そば”を食べていると他にもこの様な”背油”の塊の様な物が入っている。が、食べてみると脂分と言うより少し固めの食感があり、噛みしめて行くとジワジワと味が出て来る様な感じ。これがどうやらTVで言っていた”鹿児島県産黒豚の背脂”を揚げ焼きした物の様だ・・・。先に書いた様に一足先に食べて来た”C.O~かけがいのない地球~”と比べるとこちらの”吟選 焼干し醤油そば”はメチャオーソドックスな”中華そば”と言う様な感じだったけど、この”背油”が唯一のオリジナリティを醸し出していた様な気がする・・・。
 
中華そばカドヤ食堂おみやげ用棒ラーメン
ちなみにこちらもTV番組の中で紹介されていたが、『カドヤ食堂』ではこの夏頃から”おみやげ用棒ラーメン”を販売する様になったらしい・・・。個人的にはコンビニとかで売られていた”カドヤ食堂のカップ麺”は何度か食べた事があったのだが、その製造元であった”とかち麺工房”は会社が無くなったのでもう”カドヤ食堂のカップ麺”は食べれ無い?と思い、この”棒ラーメン”を買って帰る事にした。とは言え、店内にある製麺所で作ったインスタント麺では無く、姫路にある素麺を製造している会社に委託して作った乾麺のインスタントラーメンだった。実際に食べた時の様子は、また後日改めて・・・。
 
てな事で、この日は久々に大阪へ行く事になったので、何処のラーメン屋さんに食べに行こうかと思案していたら、偶々TV番組の”魔法のレストラン”の中で”大阪ラーメン対決!”と題された企画が紹介されていたので、その時に登場した期間限定のラーメンを『金久右衛門 本店』と『カドヤ食堂 総本店』に行って食べてみたのだが、やはりインパクトが大きかったのは最初に食べに行った金久右衛門 本店』の”C.O~かけがいのない地球~”だったかな。何れにしてもどちらも中々楽しいラーメンだったので、また来年の11月にもこの近辺に来る事になると思うのでその時にも今回の様な限定ラーメンを作って欲しいもんだ

WordPress.com Blog.