義史のB型ワールド

2014年12月27日

大阪ラーメン対決!先ずは金久右衛門本店で”C.O~かけがいのない地球~”を食べた!ラーメンと言うより創作麺料理っぽいが、あっさりしたスープがメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:10 PM
 
代理人記録
 
10年ぐらい前は連日の様に大阪まで出稼ぎに行っていた頃もあるのだが、最近はほとんど行く事が無くなり年に一回だけ定期作業で西大橋と言うのか西長堀近くに行くだけとなった。で、今年もその日が近づいて来たのだが、相変わらず大阪へ行くと私の大好きなラーメン屋さん巡りが待っているのだが、大阪にも相変わらず新しいお店がどんどんと出来て居るので食べに行きたいお店が山の如くある・・・。一体どうした物かと思案していたら、時々見ている”魔法のレストラン”と言うTV番組で”大阪ラーメン対決!”とやらをやっていた。対決するのは数年前に同じMBS毎日放送の特番”大阪ラーメン覇王決定戦”の決勝戦で戦った『カドヤ食堂 本店』と『金久右衛門 本店』の二人の店主!そしてその中で登場したメニューが期間限定で食べれると言う事だったので、これも何か神様か仏様の思召しかと思い、訪問先とは別方向にあったのだが同じ地下鉄の路線で行ける場所にある『金久右衛門 本店』に行って、その期間限定のラーメンを食べてみる事にした。
 
金久右衛門本店金久右衛門本店
こちらが今回行って来た『金久右衛門/本店』で、お店がある場所は地下鉄深江橋の駅から東へ5分程歩いて行った場所にあるのだが、この前は中央大通りと言う広い道があり、その上には阪神高速13号東大阪線が通っている様な場所で、周りに繁華街らしき物も無いので、こんな場所でラーメンをやって流行るのかいな?と思う様な気がする・・・。
 
で、『金久右衛門』と言えば当ブログで何度も紹介したが”食べログで3年連続大阪第1位”となった”大阪ブラック”で有名なお店で、個人的にも一時期良く行っていたJR大阪天満駅の直ぐ近くに『大阪天満店』が出来た時に食べに行ったし、それ以降は大阪まで行かずとも”グルメサーカス in 三木”とか”姫路山陽百貨店うまいもの大会”等で”大阪ブラック”や”なにわゴールド”を食べて来たのだが、まさか『本店』まで食べに来る事になろうとは夢にも思った事は無かった・・・。
 
それはさて置き、遥々と『本店』までやって来た最大の目的は”魔法のレストラン”で紹介されていた期間限定のラーメンを食べる事だったので、もしも売切れとかで食べれ無いとなったら別メニューのある『道頓堀店』に向かう計画だったので、店先で限定のラーメンが食べれるかどうか確認すると、未だオーケーとの事だったので早速入店!すると店内のカウンターの中にはTVで何度も見た事がある『金久右衛門』の店主の御姿が・・・。何か『本店』に来たんだなあ・・・と言う気がしてちょっと嬉しい・・・。
 
金久右衛門本店メニュー
そしてこちらが『金久右衛門/本店』のメニューで、お店の看板メニューである”大阪ブラック”や私も食べた事の無い”金醤油ラーメン”等の他に、本店限定?っぽい”深江橋ブラウン”等のラーメンもあって中々楽しげ・・・。ちなみに姫路山陽百貨店のイベント会場で食べた”なにわゴールド”は本店のメニューの中には無かった・・・。個人的には”大阪ブラック”よりも”なにわゴールド”の方が好きなんだけどなあ・・・、不思議だ・・・
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~メニュー
が、しかしこの日の私の最大の目的は先にも書いた様にこちらの”C.O~かけがいのない地球~”!で、お店に入る前に食べれるのかどうか確認してから入店したので、特に言わなくても”限定で良いですか?”と言う流れで注文が通った・・・。ちなみにメニューに書いてある様にこのラーメンは本店限定で、かつ期間限定だったのでワザワザこの『本店』まで足を運んで来たのであった!
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~メニュー金久右衛門C.O~かけがいのない地球~メニュー
で、”C.O~かけがいのない地球~”とやらを注文すると、盛付とかに少し時間がかかるので、それまではこちらを読んでおいて下さい・・・、と言って手渡されたのがこの様な説明書きの紙で、ご覧の通り裏表両面にこのラーメンの特徴やこだわり、それに食べ方等がぎっしりと書かれている・・・。ラーメン屋さんに来てこれだけ詳しい説明書きを、またそれを見ながら食べる?のは何か生まれて初めての様な気がする・・・(ま、一時期兵庫県のラーメン好きが挙って食べに行った出石但東町にあったラーメン壱学』はラーメンを食べている間、ずっと店主からの説明を聞きながら食べた・・・って事はあったけど・・・)。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~金久右衛門C.O~かけがいのない地球~メニュー
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”C.O~かけがいのない地球~”で、お値段は1000円也。ご覧の通り、ラーメンと言うよりはTVで『カドヤ食堂』の店主も言っていた様に完全な創作麺料理の様だ。このビジュアルはレストラン「HAJIME」の米田肇が作る料理からヒントを得たらしく、先ほど紹介したメニューの説明書に寄ると”赤い器は地球の内部「マントル」、そして地球上にある「大地」・「海」・そこに生きる「生命」を表現した”らしい・・・。
 
で、そのお味であるが”大地を取り巻く海(鯨と鰯から取った香味オイルで仕上げ)”をイメージしたと言うスープは”金久右衛門特製うす口しょうゆ、クジラ香味油、鶏ガラ・トンコツ”をベースに作られていて、最後に”月のしずく”(和歌山県橋本市にある「ゆの里」のミネラルウォーターらしい)を降らせ、”生命体を躍動させる→水は記憶する(この雫を受け取り、本来の姿が呼び戻される)”・・・とか言うスープは、今年の夏頃に姫路山陽百貨店のイベント会場で食べた”なにわゴールド”のスープを更にあっさりとした様な味わいであるが、それでもしっかりとした芳醇な味わいがあって中々ウマい!”6種類の雑穀を練り込んだ”と言う麺が”素麺”に近い太さの極細麺だった事もあって、ラーメンを食べていると言うよりか和食の”にゅーめん”を食べているかの様な印象があったが、確かに店主の技が光る一杯だった事には違い無い!
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
ちなみに”C.O~かけがいのない地球~”を横から見るとこんな感じで、パッと見た感じでは最近牛丼チェーンに行くと良く食べている”牛すき鍋”で使われている様なコンロに載っている様にも見えたが、そうでは無く底の深い金属?っぽい感じの器で、お店の方の話では、器と土台部分は熱くなっているから気を付けてね・・・との事だった。何れにしても普通のラーメン鉢とは全く異なる器って事も、何かラーメンを食べている気にさせない理由の一つだったかも知れない・・・。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
そしてこちらは”C.O~かけがいのない地球~”にトッピングされていた”チャーシュー”で、これまた先ほどのメニューの説明書きに寄ると”生命を開花させる動物(備長炭によるオリジナル焼豚と煮豚)”との事。実はこの時は食べる事に集中していたので、メニューの説明書きをすっかり忘れていたので、2種類の”チャーシュー”だった事は全く気付かずに食べたのだが、どちらも柔らかくて中々美味しいチャーシュー”だった様に思う。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
で、今回食べた”C.O~かけがいのない地球~”とやらにはこの様な野菜が器の廻りの何ヵ所かに盛り付けられていて、パッと見た感じは飾り付けだけの為なのかな?と思いきや、先ほど紹介したメニューに寄るとそれぞれの野菜にも意味があるらしい・・・。で、こちらは器の対面にあった”野菜A…蕪と青梗菜”で、先ほどのメニューの説明に寄ると”同じアブラナ科で蕪と青梗菜の共生”を表しているとの事・・・。中々意味深くて私には良く判らん世界な気はしたが・・・。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
そしてこちらがこれまたメニューの説明書きに寄ると”陰陽論に基づき調理した数種類の野菜”の一つで、それぞれが”発酵食の基礎である「醤(ひしお)」でアレンジ”しているらしい。で、こちらはメニューに”野菜B①・・・そのまま”と書いてあったので説明通りにそのまま食べると、ラーメンの具と言うよりは何と無く和食の付け合せを食べている様な印象・・・。何かこうなって来ると食べて味を感じると言うよりは、精神論の様な気もして来た・・・。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
続いてこちらはメニューの解説には”野菜B②重ね煮、醤(ひしお)乗せ”と書かれてあった野菜で、パッと見た感じは先ほどの野菜と同じなのだが、上には確かに「醤(ひしお)」?が載っている・・・。こちらもウマいかどうか言われると摩訶不思議な味わい・・・としか言いようが無い様な・・・。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
そして野菜の最後はこちらの”野菜B③重ね煮、醤(ひしお)オイルあえ”で、これまたパッと見ただけでは先に食べた野菜と何がどう違うのか良く判らないが、要は”醤(ひしお)オイルあえ”になっているらしい・・・。ちなみに”おすすめの召し上がり方”を読むとこれらの野菜は”前菜的”に食べる・・・と書いてあったが私の場合、先にスープを飲んでからこの野菜類を食べた様な・・・。ま、どうでもエエか・・・。
 
金久右衛門C.O~かけがいのない地球~金久右衛門C.O~かけがいのない地球~
そしてこちらは見た目にもインパクトがある緑色したペーストで、確か何年か前のTV番組”大阪ラーメン覇王決定戦”でもこの様な緑色をしたスープで対決していた様な気がするが、こちらは”ほうれん草・しじみペースト”らしく、これをスープに溶かして食べるとスープの味が更に深まるらしい・・・。このペーストはもっと濃い味があるのかと試しにそのまま食べてみたが、意外とあっさりしていて見た目程の味のインパクトは無かった様な気がする・・・。
 
てな事で、最近は年に一回ぐらいしか大阪に行かなくなってしまったのだが、偶々大阪に出向く日の期間中に超有名ラーメン店の『金久右衛門』と『カドヤ食堂』で、それぞれ期間限定の特別メニューが販売されていたので先ずは『金久右衛門/本店』に行って”C.O~かけがいのない地球~”とやらを食べてみたのだが、ご覧の通りラーメンと言うよりはちょっとした創作麺料理っぽい感じの物ではあったが、全体的には中々美味しいラーメンだった。個人的に、不思議なもんで今年だけで『金久右衛門』の”大阪ブラック”と”なにわゴールド”、そしてこの”C.O~かけがいのない地球~”の3種類のラーメンを食べたのだがお店の人気メニューである”大阪ブラック”よりも”なにわゴールド”とか”C.O~かけがいのない地球~”の方が美味しい様な気がした・・・。
 
それはさて置き、何時もであればラーメン1杯だけ食べるとそれだけで満腹になってしまうのだが、このラーメンを食べた事に寄って食欲が増進されたのか、あるいはもう一つの『カドヤ食堂』のメニューも食べよ!と言う神様の思召しなのか、未だお腹に余裕があったし時間もあったので、この後、西長堀にある『カドヤ食堂』でも期間限定のラーメンを食べる事になるのだが、その話はまた後程・・・。
 
金久右衛門道頓堀ジュレブラックフェアメニュー
最後に・・・、この他にも『金久右衛門/道頓堀店』でも期間限定で、この様な”土瓶蒸し仕立ての 道頓堀ジュレブラック”と言うラーメン?つけ麺?が販売されていて、その内容を見ると私の大好きなブラック系のスープだし、何と言っても松茸が入ったラーメンなので食べてみたい気持ちはあったので、もしも『本店』へ行っても”C.O~かけがいのない地球~”が食べれ無い時はこちらの”土瓶蒸し仕立ての 道頓堀ジュレブラック”を食べに行こうかと思っていたのだが、結局こちらの”土瓶蒸し仕立ての 道頓堀ジュレブラック”は食べに行く事は無かった。ま、先ほど食べた”C.O~かけがいのない地球~”とは違い、こちらは弟子が作ったラーメンなので、そこまで食べてみたい!と言う気持ちも沸いて来なかったのだが、またチャンスがあれば食してみたい気はする・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。