義史のB型ワールド

2014年11月23日

吉野家で今年も発売された”ロース豚丼 十勝仕立て”を食べてみた!個人的には結構好きな”豚丼”だったのだが、今回食べた豚肉はちょっとショボい様な気が・・・。

Filed under: — 代理人 @ 7:44 PM
 
代理人記録
 
既に『吉野家』の話題と言えば復活販売された”牛すき鍋膳”に移っていて、私も一足先に食べていたので先日紹介した処なのだが、今日の話題は例に寄って”牛すき鍋膳”を食べるその一つ前に”ロース豚丼 十勝仕立て”を食べたお話・・・。最近は”吉牛”だけでは売上が延びない事もあって『吉野家』でも次々に新メニューが登場するのだが、毎年この時期に発売されるのが私の大好きな北海道帯広名物の豚丼”をイメージした様な”ロース豚丼 十勝仕立て”!丁度JAFから送られて来たチラシに”50円引券”が付いていた事もあり食べに行ってみた。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、この日はランチタイムど真ん中の午後12時半頃の訪問だったのだが、意外と店内は空いていた様な気が・・・。ま、私が食事をしている間にも、後からそこそこのお客さんは入って来ていたが、何時もの賑わいは無かった様だった・・・
 
吉野家丼・定食・カレー50円引券
ちなみにこちらがJAFから送られて来る会報誌に同梱されていたチラシに付いていた『吉野家』で使える”丼・定食・カレー50円引券”で、時々書いている様に偶にお店で食事をした後に、”サイドメニューにのみ利用出来るだけの様な50円引券”が貰える時があるのだが、この券は”吉牛”でも”定食”でも使えるのでメチャお得?な券なのだ!
 
吉野家ロース豚丼十勝仕立てフェアメニュー吉野家ロース豚丼十勝仕立てフェアメニュー
それはさて置きこちらがこの時の(と言うか今でも販売継続中・・・)期間限定のフェアメニューである”ロース豚丼 十勝仕立て”の宣伝ポスターで、夏場にはさっぱりとした塩ダレを使った”ねぎ塩ロース豚丼”が販売されているのだが、冬場になるとこってり味?の方が好まれるからなのか、こちらの”ロース豚丼 十勝仕立て”が販売されるのだった。ちなみに数年前に”焼味豚丼 十勝仕立てと言う名で販売されていた物と基本的には全く同じ?様な気はする・・・。
 
吉野家ロース豚丼十勝仕立て
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ロース豚丼 十勝仕立て”並盛で、お値段は通常税込価格450円の処、先にも書いた様に今回も”50円引券”利用で400円也。雰囲気的には昨年食べた”ロース豚丼 十勝仕立て”と同じなのだが、その時の写真と比べると何と無く迫力が無いと言うのか、豚肉がショボイ様な気がする・・・。ちなみに『吉野家』の公式サイトの商品説明に寄ると”食べやすい大きさで、食べごたえ十分の豚肉を使用。コクのある本醸造の北海道しょうゆと、すっきりした江戸前しょうゆをベースにした、後味のよい甘さのタレで、香ばしく焼き上げた商品”との事。その中に”食べやすい大きさ”と書いてある通り、豚肉のサイズを小さくしたのかな・・・。
 
吉野家ロース豚丼十勝仕立て
それは兎も角として、早速”ロース豚丼 十勝仕立て”を食べてみると、味付け自体は甘辛い毎度お馴染みの味で普通に美味しいのだが、やっぱ何と無く豚肉に何時ものダイナミックな食べ応えが無い?と言うのか、ちょっと物足りない味・・・。私がこの”ロース豚丼 十勝仕立て”を食べるのは約1年ぶりだし、その間に2回も物産展の会場で割りと本格的な”弟子屈 豚丼”を食べたからそのイメージと勘違いしているのかも知れないが、豚肉的にはちょっとイマイチっぽかったかな
 
てな事で、『吉野家』で今年も復活した”牛すき鍋膳”より一足先に復活販売された”ロース豚丼 十勝仕立て”を食べたのだが、偶々この時だけだったのか、今シーズンはこんな感じに変わってしまったのか定かでは無いが、ちょっと豚肉がイマイチだったなあ・・・。そう言えば少し前に”すき家で食べた炭火豚丼”とか”なか卯で食べた豚生姜丼”の豚肉もパッとしなかったので、もしかすると今は豚肉自体が不作?な時期なのかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。