義史のB型ワールド

2014年11月22日

またまた博多一風堂に行って今回も季節限定メニューで”秋薫る中華そば”を食べた!ちょっと珍しい”さんま節”を使ったスープらしいのだが、私の好みの味とはちょと違う・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:41 PM
 
代理人記録
 
昨今のラーメンブームの立役者の一人?で、良くテレビにも出ている河原成美さんが開いたラーメン店『博多一風堂』が、関西に進出して来たのは今から14~15年ぐらい前の事・・・。それ以降、大阪に行った時とか神戸に行った時に偶に食べに行っていたのだが、4年ぐらい前に『姫路店』が出来てからは『姫路店』しか行かなくなった・・・。とは言え相変わらず姫路まで行くと他にも食べに行ってみたいラーメン屋さんがちょこちょこ出来るので、年に数回程しか行く事は無く、また『博多一風堂』に行くとこれまた期間限定のラーメンを食べる事が多いのだが、祭りシーズンが近づいた某日、またまた期間限定のラーメンが登場した様だったので食べに行ってみた。
 
博多一風堂/姫路店
こちらがまたまた行って来た『博多一風堂/姫路店』で、この時はちょっと早目の開店直後の午前11時過ぎの訪問だったのだが、流石に日曜日の昼間と言う事もあってか既に店内は千客万来!何時も愛用している?お店入って直ぐの処のカウンター席には先客がおいでなすったので、久々にお店の真ん中辺りにあるカウンター席に鎮座・・・。平日のランチタイムでも何時も混んでいるが、流石に日曜日ともなると開店直後から賑わっているっぽい・・・
 
博多一風堂秋薫る中華そばメニュー
博多一風堂秋薫る中華そばメニュー
そしてこちらがこの時の期間限定のフェアメニューの”秋薫る中華そば”で、『博多一風堂』の商品説明に寄ると”さんま節をきかせた清湯スープ、香ばしく揚げた三種類のきのこ、ほど良い酸味をプラスするかぼす。秋の味覚をふんだんに取り入れた醤油ラーメンが完成しました”との事。個人的に”煮干しを使ったスープのラーメン”は良く食べているのだが、”さんま節を使ったスープのラーメン”は食べた記憶が無い・・・。って事で、物珍しさもあって今回もこの期間限定フェアメニューの”秋薫る中華そば”を食べる事に決定!!!
 
博多一風堂秋薫る中華そば
で、お店が混んでいた事もあってか何時もよりは長時間待たされて漸く運ばれて来たのがこちらの期間限定フェアメニューである”秋薫る中華そば”で、お値段は税込価格850円也。パッと見た感じは良くある感じの醤油ラーメンで、このお店定番の”豚骨スープ”では無くこのメニューだけの為に開発されたスープであるとか、あるいはトッピングの味玉を考慮してもラーメン1杯で850円はちょっと高い様な気が・・・。ま、”もんどの限定ラーメン”で散々、ちょっと高目のラーメンを食べて来て何を今更・・・と言う気はしないでも無いが、やっぱ見た目のインパクトが600円ぐらいのラーメンにしか見えなかったもんで・・・。
 
それはさて置き、先ずは出汁にはさんま節を使用し、秋らしい和風の清湯スープに仕上げた”と言うスープから飲んでみると、確かに魚介風味の和風な感じがするあっさりスープだが、甘さ控え目でどちらかと言うと私には醤油辛い様な・・・。更に”さんま節”を使っている言う事もあってか私の大好きな”煮干し系”とは少し違った癖?風味?があって、個人的には好みの味では無かったかな・・・。
 
博多一風堂秋薫る中華そば
そしてこちらは”秋薫る中華そば”にトッピングされていたチャーシューで、先ほどのメニューに寄ると”この中華そば専用に仕込んだ豚肩ロースチャーシュー。肉質のしっかりした、脂控えめのチャーシュー”との事。確かに『博多一風堂』定番の”とんこつラーメン”に使われている薄切りトロトロのチャーシューとは違ったタイプで、普通に美味しいのだが雰囲気的には他のお店でもある様な気もした。とは言え、このお店では期間限定フェアメニュー毎に毎回違ったタイプのチャーシューが登場するので、その点は結構楽しいかも・・・。
 
博多一風堂秋薫る中華そば
その他にも”秋薫る中華そば”には秋をイメージしてか、この様なキノコ類がトッピングされいた。これまた先ほどのメニューに寄ると”しめじ、舞茸、椎茸をカラッと揚げてトッピング。香ばしい風味が増す”との事。実際に食べた時に、何かちょっと変わった食感がしたのは揚げていたからの様だ・・・。ま、個人的にはあっても無くてもエエ様な気はしたが・・・。
 
博多一風堂秋薫る中華そば
ちなみにこちらは”秋薫る中華そば”の麺で、こちらも何時もの麺とは違いこの”秋薫る中華そば”の為に作られた麺で”醤油ラーメンらしく、もっちりとした中太の縮れ麺が、スープのうまみをしっかりすくう”との事。太麺大好きな私からすると、これで中太麺?と言う気はしたが、麺的には普通に美味しかったかな
 
てな事で、またまた『博多一風堂』に行ってこの日も期間限定メニューの”秋薫る中華そば”を食べてみたのだが、雰囲気は中々良かった物の甘さ控え目でどちらかと言うと醤油辛かった事もあり私の好みの味では無かった・・・。このお店の期間限定フェアで登場するラーメンは結構好きな味が多いのだが、今回は昨年の夏に食べた”博多冷やし肉そば”の時以来、久々に残念なメニューだった気がする・・・。とは言え、また期間限定メニューが登場したら食べに行ってしまうと思うが・・・(ちなみに最近”味噌赤丸”が発売になったみたいなのだが、何故か今年は『姫路店』では販売されないようだ・・・)。
広告

すき家監修の冷凍ポークカレーを買ったらミニサイズだった・・・、でもお店で食べるカレーよりは美味しかったかも・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:26 PM
 
代理人記録
 
偶には短い話を一つ・・・。もう1カ月か2ヵ月程前の事ではあるが、近くのスーパーへ行くと冷凍食品売場に”すき家監修コク旨ポークカレー”と冷凍袋入りのカレー言うのが売られていたので、思わず買って帰って冷蔵庫にしまってあったのだが、以前に書いた様に私は余り”すき家のカレー”の味が好きでは無いので(ならば何で買ったの?と言われそうだが・・・)、すっかり食べるのを忘れていたのだが、漸くこの前の日に食べたのでご紹介・・・。
 
すき家監修コク旨ポークカレー冷凍パック
こちらが今回買って来た”すき家監修コク旨ポークカレー”で、何年か前に買って食べた”すき家冷凍牛丼の具”と同じ様な感じの”100gのお茶碗サイズ”が3袋入った冷凍カレーだ。ちなみに『すき家』の商品説明に寄ると”ご家庭で美味しく召し上がれるよう、すき家が監修した冷凍食品用オリジナルレシピ。スパイスを程よく効かせ、野菜もたっぷり入れました。食べ方・アレンジも楽しめるお茶碗サイズ!お茶碗1杯分のサイズだから、ちょっと食べたい時や夜食に便利。牛丼の具との合いがけや、カレーうどんなども手軽に楽しめます”との事。どうやら”すき家のお店で出て来るカレー”とは違う様で一安心・・・。
 
すき家監修コク旨ポークカレー冷凍パック
ちなみに”すき家監修コク旨ポークカレー”はこんな感じの冷凍パックに入っていて、レンジでチンしても熱湯で湯せんしても出来る・・・。レンジの方が短時間で出来るのだが、量が少ない事もあって何と無くムラが出来る様な気がするので、毎度の如くこの時も湯せんして温めた
 
すき家監修コク旨ポークカレー冷凍パック
で、こちらが実際にお皿に盛り付けた”すき家監修コク旨ポークカレー”の様子で、ご飯はレンジでチンした200gのパックご飯なのだが、それでも半分のご飯にも満たないぐらいの量でしか無い・・・。この時はこのまま食べたのだが、後日残った袋は一度に2袋を温めて、同じ様に200gのパックご飯にかけて食べたら丁度良いぐらいのボリュームだったかな。それはさて置きこのカレーであるが、以前に”すき家で食べたサラサラのカレー”とは違い、お肉や野菜がそこそこ入っていて、また冷凍タイプと言う事もありレトルトパックの様な特有の臭いも無く、絶品と言わないまでも普通に美味しい・・・。カレーは人に寄って好みが大きく異なるし、また本格的なカレーと比べる程では無いが、少なくとも”すき家の実店舗に行って食べるカレー”よりは美味しかった様な気がする・・・。
 
てな事で、スーパーの冷凍食品売場で売っていた”すき家監修コク旨ポークカレー”を食べたのだが、味と値段を考えるとご当地カレーでは無く普段売っているレトルトカレーを買うよりは、この”すき家監修コク旨ポークカレー”方が味的にも価格的にもお得な気はする・・・。とは言え冷凍カレーと言えば、最近は食べて無いが長崎物産展で売られていた”長崎カリーの蜂の家の骨付きチキンカレー”の方が圧倒的にウマい(その分値段も高いのだが・・・)ので、今度見掛けたらまた買って食べてみようと思うのであった!(そう言えば、管理人さん邸に一度何処かの物産展で買った冷凍カレーを持って行って食べた記憶があるのだが、ブログに書いて無いと思い出せない・・・。)

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.