義史のB型ワールド

2014年11月17日

290円の中華そばでお馴染みの”幸楽苑”の前を通ると”鶏白湯らーめん”の幟が立っていたので食べてみた。確かにクリーミーでマイルドな味だったけど好みの味では無い様な・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:20 PM
 
代理人記録
 
10年ぐらい前に姫路や加古川に進出して来た290円(税別価格)で有名な『中華そば 幸楽苑』だが、当時世間で一世風靡した180円の格安ラーメンが売りだった『びっくりラーメン』が低価格では利益が出ずに結局破たんした様に『幸楽苑』も”290円の中華そば”はメニューに残ってはいるが、最近はちょっと値段の高い期間限定のメニューを販売する様になり、私もそれに釣られて偶に食べに行っているのだが、この日もお店の前を通ると”鶏白湯らーめん”の幟が立っていたのでまたまた食べに寄ってみた。
 
中華そば 幸楽苑/加古川店
こちらがまたまた行って来た『中華そば 幸楽苑/加古川店』で、ご覧の様に昨年か今年になってからこの様な黄色い看板になり、それまでは大きく書かれていた”中華そば290円”の文字は無くなってしまった・・・。それでも固定客がしっかりと根付いているのか、あるいはこの日が偶々”金券半額返還フェア”をやっている日だったからなのか、正午前から何時もの様に結構お客さんは入っていたが・・・
 
中華そば幸楽苑鶏白湯らーめんメニュー
そしてこちらがこの時の期間限定の”鶏白湯らーめん”のメニューで、どの様な内容かと言うと”鶏の旨みが凝縮されたクリーミーな白湯【パイタン】スープ。炙り鶏、半熟煮卵、あおさのりがスープと相性よく鶏の美味しさを充分に堪能できる1品”との事。判った様な判らん様な説明ではあるが、個人的に最近もあちらこちらのお店で”鶏白湯ラーメン”を食べてる事もあり、味比べの意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
中華そば幸楽苑鶏白湯らーめん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏白湯らーめん”で、お値段は税込価格637円也。ラーメンの単価を上げる為なのか、鶏肉味玉の他に、ほうれん草、アオサ海苔、ネギ、更にはゆずと、数多くのトッピングが乗っている。そして肝心のスープは名前の如く白湯スープで表面には鶏油みたいな脂分も浮いている。で、そのお味であるが確かにクリーミーなまったりとした味で、他のお店で食べた”鶏白湯ラーメン”とはまた違った味わいがある。再びお店の商品説明を読むと”鶏の甘みと旨みが凝縮されたクリーミーな白湯スープ。新鮮な鶏ガラを炊き上げて作ったスープには良質な鶏コラーゲンが含まれている”らしい・・・。とは言え好みで言うと直ぐ近くにある『鶏麺 ぺこり』の鶏白湯スープの方が好きかな・・・。
 
中華そば幸楽苑鶏白湯らーめん
そしてこちらが”鶏白湯らーめん”にトッピングされていた”鶏チャーシュー”?と言うのか見た感じは普通の”鶏肉”っぽいが、先ほど紹介したメニューに寄るとどうやら”炙り鶏”らしい・・・。そう言われると、ちょっと炙った様な香ばしい風味がした様なそうでも無い様な・・・。何れにしても味的には極々普通の”鶏肉”としか思わなかったが・・・。個人的には”鶏白湯らーめん”と名乗るからには『らぁ~めん京』の”鶏しおらぁ~めん”にトッピングされている”鶏ちゃあしゅう”みたいな工夫をして欲しい気がするのだが・・・。
 
中華そば幸楽苑鶏白湯らーめん
ちなみに”鶏白湯らーめん”の麺は当然の如く?このお店定番の”多加水熟成麺”で可も無く不可も無く・・・。麺の好みもどちらかと言うと直ぐ近くにある鶏麺 ぺこり』の方に軍配が上がるかも・・・。
 
中華そば幸楽苑鶏白湯らーめん
そしてこちらは”鶏白湯らーめん”にトッピングされていた”味玉”で、こちらも内容的には極々普通だが適度な半熟度で味的には美味しかった。でもこの”味玉”だけで単価が100円アップすると言う事を思うと、個人的には”味玉抜きで490円だったら値ごろ感はあったかも知れない・・・。
 
中華そば幸楽苑100円ご優待券
てな事で、またまた期間限定のメニューに釣られて『中華そば 幸楽苑』に行って来たのだが、この日も”金券半額返還フェア”をやっていたので”100円ご優待券”を3枚貰った!この券を使いに後日再び『幸楽苑』に行って、これまた最近恒例になっている?”肉中華そば”を食べる事になるのだが、その話はまた後日・・・。
広告

長崎ちゃんぽんの巨大チェーン店であるリンガーハットが加古川別府に出来たので、何を今更と思いつつも食べてみた。普通の店舗型のお店かと思いきや、店内はセルフ形式の店だった・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:25 PM
 
代理人記録
 
姫路山陽百貨店の九州大物産展で”長崎ちゃんぽん”を食べた話を紹介した序でにもう一つ”長崎ちゃんぽん”のお話をもう一つ・・・。
 
今や全国に500店舗以上を展開する長崎ちゃんぽんの専門店『リンガーハット』であるが、意外と加古川や高砂近辺にはお店が無い・・・。一番近いところでイオン明石のフードコートかイオン姫路大津のフードコートぐらいでしか無かったのだが、遂先日行った『つけ麺・らーめん春樹』があるイオン姫路リバーシティーの中のフードコートの中にもお店が出来たと思ったら、今度は加古川別府にあるイトーヨーカドー加古川店の敷地内の一角にもお店が出来た。個人的には『リンガーハット』は大阪へ行った時とか、イオン明石に行った時とか、あるいは最近では9月に小田和正のコンサートを観に神戸umieへ寄った時にも食べに行ったりしているので、何を今更・・・とは思ったのだが、数日前にイトーヨーカドー加古川店へ買物を行った序に取り敢えず様子見でお店に入ってみる事にした。
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店
こちらが今回行って来たイトーヨーカドー加古川店の敷地内の一角に1週間程前に誕生したばかりの『長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店』で、このお店の並びには”バウムクーヘンとビーフシチューが食べれるお店”があったのだが、昨年ごろだったかに『モスバーガー』に変ってしまった。で、このお店の前は確かカメラ屋さんか手芸のお店?みたいなのがあった様な気がするのだが、はっきりとは覚えて無い。何れにしても私が食べたいと思う様な食べ物屋さんでは無かった事だけは断言できる・・・。
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店
で、早速『長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店』の店内に入ってみると、店員さんが席まで注文を聞きに来てくれる所謂フルサービスの店舗では無く、セルフサービス形式のお店になっていて客席の方は、隣の『コスコクレープ』と言うクレープ屋さんと一緒になっていた。通常はセルフサービスのお店でも気にはならないのだが、スープに加えるタレとか酢がこの受付カウンターの処にしか置いて無いので、食べてる時に少し酢かタレを足したくなった時に態々このカウンターまで取りに来ないと行けないが面倒・・・。
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店メニュー
そしてこちらが『長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店』のメニューで、基本的にはイオン明石のフードコートの中にあるメニューと全く同じで、上でも書いた9月頃に小田和正コンサートを観に行く前に『神戸ハーバーランドumie店』で食べた”ふかひれ姿煮めん”はこのお店のメニューには無かった・・・。ま、ショッピングセンター併設の店舗で1200円もする”ふかひれ姿煮めん”が売れるとは思えないのでメニューに無いのは当然の事かな・・・。それはさて置き、今回は久々にお店の看板商品である””を食べる事にしたのだが、このお店では”麺増量無料”との事だったので、少し前に姫路に出来た『つけ麺・らーめん春樹』で食べた”超濃厚魚介とんこつ つけ麺”が麺350gの割りに全然大した事が無かったので、取り敢えず麺1.5倍の300gで食べてみる事に決定!!!
 
リンガーハット長崎ちゃんぽん麺1.5倍300g
で、先にも書いた様にこのお店はセルフサービスのお店で、しかもこの時はメチャ混みしていた事もあり、呼び出しブザーを手渡されて席に座って待っていると、間も無くしてブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”長崎ちゃんぽん”麺増量1.5倍300gで、お値段は税込価格583円也。で、『リンガーハット』の商品説明に寄ると”自慢はたっぷりの美味しい国産野菜と豊富な山海の具材から生まれるスープの深いコク、国産野菜一杯255g使用”との事。普通この手のチャンポンと言えば底の深いフライパン鍋にスープを入れてその中に野菜等の具材を入れ少し煮込んだりしてから麺の上にトッピングする場合が多い?のだが、ご覧の通り盛り付け方を見ると、野菜等の具は後から盛り付けられた様な感じだ
 
リンガーハット長崎ちゃんぽん麺1.5倍300g
そしてこちらがこお”長崎ちゃんぽん”の味の要となるトッピングの魚介類や野菜類で、”長崎ちゃんぽん”の特徴であるピンク色した”はんぺん”もしっかりと入っている。で、そのお味であるが基本的には何時もの”リンガーハットの長崎ちゃんぽん”の味なのだが、何かちょっと薄味に感じる・・・。麺を増量したのでスープが薄くなった訳は無く、あるいは野菜の量もノーマルなので野菜の水分で薄くなったとも考えられず・・・。で、ちょっとタレか酢を加えたくなったのだが、最初に書いた様にスープに加えるタレも酢もカウンター席まで取りに行かないといけない・・・。しかもその後も他のお客さんの事を考えて直ぐに返しに行かないといけない・・・。そう考えると面倒臭くなって、このちょっと水臭い感じのまま食べたのだが、やっぱタレや酢や薬味等は各テーブルの上に常設して欲しい気がする・・・。
 
リンガーハット長崎ちゃんぽん麺1.5倍300g
ちなにみ”長崎ちゃんぽん”の麺はこんな感じの中太麺で、今回は先にも書いた様に麺増量1.5倍の300gで食べたのだが、特に途中で苦しくなる程の事も無く普通に食べる事が出来た・・・ラーメンの並サイズの麺が大体150g~180gだと考えるともうちょっと食べ応えがあっても良さそうな気はしたが、CoCo壱のカレーのライスの量が300gだと思うとそう大した量では無いのかも知れない・・・。
 
てな事で、何時ぞやのテレビ番組で”おいしい麺メニューベスト15”の1位と3位にランキングした事もある全国的には結構知名度の高い長崎チャンポンのお店リンガーハット』が漸く加古川にも誕生した?と言う記念で食べに行ってみたのだが、やっぱ当ブログで再三書いている様に、個人的には大阪市民御用達の『中央軒』の”長崎ちゃんぽん”の方が遥かに美味しいよなあ・・・。それはさて置き、この『リンガーハット』はお店が誕生した時は”長崎ちゃんめん”と言う名前だったらしいのだが、10年ぐらい前に明石土山にあった・・・、あるいは今でも明石伊川谷にある『長崎ちゃんめん』のお店とは全く関係無い様だ・・・。ま、味は全然違っていたからそうだとは思っていたのだけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.