義史のB型ワールド

2014年11月14日

またまた回転すしの”はま寿司”に行って期間限定の”鶏塩白湯ラーメン”を食べた!白湯と言うよりも普通の鶏塩っぽい感じで味はまずまずかな?

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:26 PM
 
代理人記録
 
此処2日程、比較的最近の話を書いたが、今日からまたちょっと古い9月中旬頃のお話の続き…。
 
個人的に余り魚は好きでは無いので”大とろフェア”とか”かにフェア”をやっている時ぐらいでしか食べに行く事の無かった回転寿司チェーンなのだが、最近は寿司以外のメニューが登場する事が増えたのと、何より『くら寿司』でも『スシロー』でも常時ラーメンを提供する様になったので、結構な回数食べに行く様になった。特に最近この近辺でも店舗を拡大しつつある回転すしの『はま寿司』では定期的にスープの種類が異なるラーメンが登場するので、またまたメニューをチェックしたら”鶏塩白湯ラーメン”が食べれるとの事だったので食べに行ってみた。
 
はま寿司/明石魚住店
こちらがまたまた行って来た回転すしチェーンの『はま寿司/明石魚住店』で、お店がある場所は第二神明道路明石西ICを降りて南へ下がった清水交差点の直ぐ近くにある。で、交差点近くと言う事でこのお店の前は常時渋滞しているので西方面から行くと、ちょっと入り難いのが難点なお店だ。ちなみにこの『はま寿司』は牛丼チェーン『すき家』&『なか卯』を展開するゼンショーグループのお店らしい・・・。『すき家』が色々とトラぶっている?から早く新しい別の核と無く店舗を開拓しようとしている?のかな?
 
はま寿司特選産地祭りフェアメニュー
それはさて置き、この日の期間限定のフェアメニューを見ると”特選産地祭り”をやっているらしく、このフェアの最大の売りは”北海道産いくら”、”富山産ほたるいか”、”愛媛産ひらまさ”らしいのだが、個人的にはそちらには一切関心は無く目指すはサイドメニューにある鶏塩白湯ラーメン”のみ!って事で、早速その”鶏塩白湯ラーメン”を注文!!!
 
はま寿司鶏塩白湯ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏塩白湯ラーメン”で、お値段は税抜価格280円也。パッと見た感じ白湯スープと言うよりは、単に濁っただけの普通の塩スープの様に見える。で、トッピングはチャーシューでは無く鶏肉を裂いた様な感じの物で、その分単価が安く上がるのか半分サイズの味玉もトッピングされている。で、早速食べ様としたら携帯電話に着信・・・と言うか正確に言うと着信で電話に出ている間にこのラーメンが運ばれて来たので直ぐに食べる事が出来ない・・・。と言う訳で2~3分経ってから漸く食べる事が出来たのだが、そんな事や電話の内容が気になったりしたので、気もそぞろ?になって味の印象がほとんど残って無い・・・。ま、悪くは無かったとは思いつつ食べた気はするのだが・・・。
 
はま寿司鶏塩白湯ラーメン
ちなみにこちらは”鶏塩白湯ラーメン”にトッピングされていた鶏肉で、もしかしたら鶏チャーシュー?なのかも?と言う気もしたが、普通に鶏肉だったかな。ま、寿司屋で鶏肉が出て来る事自体が珍しいのでこれはこれで大きな特徴かも知れないが、こちらも味的には極々普通だったかな・・・。
 
はま寿司広島カキフライ軍艦
で、取り敢えず”鶏塩白湯ラーメン”を食べて満足したのだが、流石にそれだけでお店を出るのも何だし・・・、と思って先ず手始めに頼んだのがこちらの”広島カキフライ軍艦”で、お値段は平日税抜価格で90円也。ちょっとだけ期待をしていたのだが、残念ながら揚げ立てでは無い揚げ置きされて冷めた状態の”カキフライ”だ。味に関しても言わずもがな・・・、な感じだったかな。
 
はま寿司長崎県産とらふぐ
そしてその次に食べたのは、少し前にも『くら寿司』で”ふぐの握り”を食べたので、それと相比べをする為に頼んだこちらの”長崎県産とらふぐ”で、お値段は贅沢一貫価格とかで税抜価格150円也。個人的には”てっさ”は結構好きで、お正月に買って食べたりしているのだが、この”長崎県産とらふぐ”は”てっさ”の様な薄切りでは無く、結構しっかりとした身が載っている。とは言え滅多に”ふぐ”自体を食べない私なので、何か普通に白身魚の握り寿司と言う印象しか無かった様な・・・。
 
はま寿司蝦夷あわび
続いて運ばれて来たのは、以前来た時には既に売切れで食べる事が出来なかったのだが、この日はフェアメニューには載って無いが頼む事で出来る様だったので思わず頼んでしまった”蝦夷あわび”で、お値段はこちらも贅沢一貫価格とやらで税抜価格150円也。ちょっと写真では判り辛いのだが、結構薄くスライスされた”あわび”だ。個人的に滅多に食べる事の無い””であるが、意外と”生簀割烹のお店”とか”ステーキハウス”とか、あるいは旅行先の”ホテルのディナーの中華料理”(今迄食べた中では一番デカかったかな・・・)等でも食べたりしているが、これだけ小さい?一口サイズの”あわび”は珍しい・・・。味的にはコリコリをした食感で、好きな人は好きな味なんだろうけど、私にはやっぱりどうって事の無い味だったかな・・・。
 
はま寿司ローストビーフガーリックソース
そしてこちらは以前に『はま寿司』で食べたら意外と美味しかったと言う印象が残っていたので、思わず頼んでしまった”ローストビーフガーリックソース”で、お値段は平日税抜価格90円也。が、以前食べた時はお肉の真ん中部分っぽかったのだが、この日のは何かちょっと端っ子っぽい、普通のお店なら切り落とされて捨てられてしまいそうな部分で、見た目から想像していた様にちょっと肉が固い・・・。前回食べて美味しかった・・・と言う記憶が完全に置き換わってしまった・・・。次回からは廻っている物を目踏みしてから食べる事にしよう・・・。
 
はま寿司富山漬けほたるいか
で、ある程度食べたのでそこそこ満足したのだが、折角”特選産地祭り”とかをやっているので試しに食べてみようかと注文したのがこちらの”富山産ほたるいか”で、お値段は平日税抜価格90円也。ご覧の通り中々瑞々しい感じで旨そうに見えるのだが、何かちょとと魚臭さが残っている・・・。最近は”ほたるいか”は余り食べて無いが、以前に”某披露宴の時の食事”とか”ホテルのステーキハウス”、あるいはライバル店の”スシローでも食べた”事があるのだが、それらの味とは雲泥の差!はっきり言って1個食べた時点で食べるのを辞めてもう1個は残して帰ろうかと思ったのだが、そこは貧乏性の私なので取り敢えずは食べて帰ったのだが・・・。
 
てな事で、またまた期間限定で登場する風変わりなラーメンに釣られて回転すし『はま寿司』に行って、相変わらずちょっと変わったネタの寿司やラーメンばかりを食べたのだが、ラーメンは兎も角としてこの日食べた寿司はどれもイマイチだった気が・・・。ゼンショーグループ的には回転寿司分野に後から参入?して来たのだから、もうちょっと頑張ら無いと『くら寿司』や『スシロー』に肩を並べる事すら出来ないのでは無いかな。
広告

WordPress.com Blog.