義史のB型ワールド

2014年11月9日

スーパーに買物に行った序でにフードコートにある『すき家』で”炭火豚丼”を食べてみた。やはり私は”すき家の味”は好きでは無いかも知れない・・・。

Filed under: — 代理人 @ 6:47 PM
 
代理人記録
 
最近は余り行く事が無かったイトーヨーカドー加古川店に久々に行った。取り敢えず買物も済んだので帰ろうと思って駐車場に戻る途中、その一角にあるフードコートの前を通った時に、折角なのでちょっと早目の晩飯でも食べて帰ろうかな?と言う気になったので『すき家』のコーナーに寄ってみた。
 
すき家/グリーンプラザべふ店
こちらが久々に行って来た牛丼チェーンの『すき家/グリーンプラザべふ店』で、このお店はフードコートの中にあると言う事でセルフ形式のお店になっている。ちなみに同じこのフードコートの中には牛丼チェーンのライバル会社である『吉野家』グループの讃岐うどんチェーンの『はなまるうどん』もある。で、姫路には”吉野家&はなまるうどんのコラボ店”が、ありそこでは”吉野家の牛丼”と”はなまるうどん”を同時に食べる事が出来るのだが、このフードコートでは”すき家の牛丼”と”はなまるうどん”を同時に食べる事が出来る!ま、どうでもエエ話ではあるが・・・。
 
すき家炭火豚丼フェアメニュー
それはさて置き、相変わらず『すき家』に行くと期間限定のフェアメニューを食べる事が多いのだが、この時のフェアメニューを見ると”炭火豚丼”との事。雰囲気的には私の大好きな”北海道帯広十勝名物の豚丼”をイメージさせる内容だし、少し前に同じゼンショーグループの『なか卯』で食べた”豚生姜丼”とか、あるいは牛丼チェーンの中ではこの手の”豚丼”の本家本元とも言える”吉野家のロース豚丼”と味比べをする意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
すき家炭火豚丼
で、このお店はフードコートの中にあると言う事でセルフ形式になっていて、受付コーナーで暫しの間待っていると間も無くして手渡されたのがこちらの”炭火豚丼”で、お値段は税込価格561円也。パッと見た感じの第一印象はと言うと、何かちょっとみすぼらしい様な見た目で、”吉野家のロース豚丼”と比べても全然ショボイ様な気がする・・・。ちなみに『すき家』の商品説明に寄ると”炭火でじっくり焼き上げた豚肩ロースと、特製甘味だれをかけたごはんの相性は抜群!!白髪ねぎの食感と、山椒の風味が旨みを一層引き立てます”との事。
 
すき家炭火豚丼すき家炭火豚丼
それはさて置き、そのお味であるが先ずはトッピングの”豚肩ロース肉”からみて見ると、大き目カットの1枚物の豚肉は余り無く、何か下の方はバラ肉と言うのかクズ肉ばかりの様な内容・・・。それに”特製甘味だれ”で味付けされているのだが、豚肉自体がパサパサ?ボロボロした様な感じでその印象の悪さが伴って味も安っぽく感じる・・・。はっきり言ってこの内容で561円は高い!!!値段は少し高いが、少し前に百貨店の北海道物産展で食べた”780円の弟子屈 豚丼”の方がメチャお得な内容だったと実感せずには居られない・・・。
 
てな事で、今では牛丼チェーン業界では一位ではあるが、その半面何かと話題の多い『すき家』でこの日は”炭火豚丼”を食べてみたのだが、何か凄く安っぽく感じる内容と味の割りにはぼったくり価格の”豚丼”だったなあ・・・。ま、この辺りは好みの問題な気もするので、未だファンは多いのかも知れないが、個人的には何年か前の雑な盛付と煮詰まった様な味の”うな牛”を食べた時から『すき家』とは相性が悪い?気がする・・・。もう『すき家』に行くのは辞めようかなあ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。