義史のB型ワールド

2014年10月30日

ちょっとした食事会で少し前に行った時に食べた”フカヒレスープ”がメチャ美味しかった西二見の中華料理のお店に行ってみた!全体的には美味しかったが肝心の”フカヒレスープ”が・・・。

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 9:56 PM
 
代理人記録
 
この日はちょっとしたメンバーで食事に行く事になった。と言っても特に食べたい料理が有って出掛けて行った訳では無いので、行くあても無かったので、少し前に久々に行って”フカヒレスープ”を食べたらメチャウマかったので、ぜひその味を他の方々にも知っていただこうと思い、明石二見にある中華料理のお店海鮮中華厨房 張家』に行ってみる事にした。
 
海鮮中華厨房 張家/明石二見店
こちらがまたまた行って来た『海鮮中華厨房 張家/明石二見店』で、この時は日曜日の午前11時40分頃と言う事で、未だ店内は比較的空いていたのだが、以前に平日の昼間にご主人様とランチを食べに来た時は50分待ちと言われたので諦めて引き返した事があった様に、今でもその人気は続いているのか正午が近づくに連れて続々とお客さんがやって来て、結局我々が食事を終えて帰る頃は待ち客が数組居た。このお店に行く時はその辺りを考慮していた方が良いかも知れない・・・。
 
海鮮中華厨房 張家/シーザーサラダ
で、取り敢えず私のオススメのスープの他、定番の中華料理を中心に何品か注文!まず最初に運ばれて来たのがこちらの”シーザーサラダ”で、このサラダには別途小鉢に入った白いソースが付いていたのだが、最初は誰もそのソースに気が付かず味の薄いサラダだと言いながら食べたのだが、途中でその小鉢に気が付いてソースをかけて食べてみたのだけど、まあ普通のサラダだったかな。やっぱ個人的には、少し前に焼肉屋さんで食べた”生肉が入ったサラダ”の方が好きかも(バジリコ風味だった事も大きい気はするが・・・)。
 
海鮮中華厨房 張家/フカヒレスープコク醤油味海鮮中華厨房 張家/フカヒレスープコク醤油味
そしてこちらがぜひみなさんにも味わってもらいたいと思ってこのお店を選んだ最大の理由である”フカヒレスープコク醤油味”で、大きな器に入っていてこれだけで丁度4人分ぐらいの量がある。で、早速それを一人分ずつスープ用の小さなカップに入れて飲んだのだが、この日のスープはちょっと煮詰まった感じで醤油辛い・・・前回来た時に食べた味と全然違う・・・。お店が混んでいたから調理が雑になっていた訳では無いだろうが、ある意味この”フカヒレスープコク醤油味”を目当てに食べに来てたのでちょっとガッカリだったかな。
 
海鮮中華厨房 張家/海老のマヨネーズソース和え
それはさて置き続いて運ばれて来たのがこちらの”海老のマヨネーズソース和え”で、これまた最近このお店に来た時は良く食べる一品だが、たっぷりとかかった甘目のマヨネーズソースを絡めて食べると中々ウマい!偶に他のお店でもこの手の”海老マヨ”を食べる事があるが、個人的にはマイベスト3ぐらいに入るぐらい?の味かも・・・。
 
海鮮中華厨房 張家/北京閣伝統の酢豚
そしてその次に運ばれて来たのが、私がこのお店に来た時は必ず食べている様な気がする個人的にも大好きな”北京閣伝統の酢豚”で、こちらも何時も通りの味でメチャウマい!この”北京閣伝統の酢豚”はランチのメイン料理としても度々登場する様なので、今度はランチタイムに来て白ご飯と一緒に食べてみたい気がする・・・。
 
海鮮中華厨房 張家/玉子春巻き
続いて運ばれて来たのが、私が中華料理屋さんに来て自ら進んで頼む事は無いであろうこちらの”玉子春巻き”なのだが、パッと見た感じは極々普通の”春巻”に見えたのだが料理名が”玉子春巻き”となっている様に、周りの皮が少し前に大阪で食べた”一芳亭のしゅうまい”みたいな玉子焼きっぽい感じの皮で、これが中々ウマい!個人的には今まで食べた”春巻”の中では一番美味しかったかも・・・
 
海鮮中華厨房 張家/黒酢の酢豚
そしてこちらは先ほど食べた”北京閣伝統の酢豚”とは別の、以前からこのお店のメニューを見ては一度は食べてみたいと思っていた”黒酢の酢豚”で、”黒酢”と書いてあるので、何年も前にイーグレ姫路にあった『紅虎餃子坊』で食べた”黒酢の酢豚”の様な真っ黒な酢豚が出て来るのかと思いきや、ご覧の通りパッと見た感じは普通の酢豚とあまり変わらない・・・。が、その味がメッチャ酢の味・・・。最初誰かに味の感想を聞かれた時に思わず”酢!”と出てしまった様に、何か酢まみれの酢豚なのか、ほとんど酢の味しかしない・・・。何か味付け間違ってるよなあ・・・と思わずには居られない様な味だったかな・・・。
 
海鮮中華厨房 張家/手包み焼餃子
で、最近も相変わらず『餃子の王将』へ行っているし、ラーメン屋さんに行っても偶に”餃子”を食べるので、最初は頼むかどうか悩んだのだが、みんなで分けて食べると味見程度の量しか当たらない?と思って頼んだのがこちらの”手包み焼餃子”で、大きさも”王将の餃子”並の大きさがあり焼き具合もほぼ完璧で皮もパリパリ中身ジューシーで普通に旨い!これで値段も”王将の餃子”並であれば言う事は無いのだが・・・。
 
海鮮中華厨房 張家/豚肉とキャベツの甘味噌炒め
そしてこちらはもう一品ぐらいなら食べれるかな?と追加注文した”豚肉とキャベツの甘味噌炒め”で、こちらも『餃子の王将』のランチ等で偶に付いて出て来る定番の料理だが、何と無く似た様な甘目の味噌ダレで普通に旨い!私はこの時、生ビールを飲ませて貰ったのだが、白いご飯と一緒に食べても美味しいだろうなあ・・・と思うぐらいに中々美味しい一品だった。
 
海鮮中華厨房 張家/五目炒飯海鮮中華厨房 張家/五目炒飯
そしていよいよお腹も満腹になって来たので、みんなで分けて食べれば一口程度?なので食べれるのでは?と言う事で最後に頼んだ〆のご飯物がこちらの”五目炒飯”。で、前回は”牛肉とレタスのガーリック炒飯”を食べたのだが今回はオーソドックスに”五目炒飯”にしてみたのだが、何時もの様にご飯パラパラ&具沢山でこれまたウマい!炒飯と言えば火力が命と良く云われるが、このお店の厨房からは時々コンロのゴーッと言う火の音が聞こえて来るぐらいなので、流石に火の通り具合は完璧で中々美味しい五目炒飯”だったかな。
 
てな事で、この日お食事に行く事になったみなさんに美味しい”フカヒレスープ”を味わっていただこうと、またまた『海鮮中華厨房 張家』に行って来たのだが、全体的にはどの料理も美味しかったのだが肝心の”フカヒレスープ”が前回と打って変わって醤油辛く残念な味だった・・・。こんなに味にムラがあるとオススメし難いよなあ・・・。個人的には結構お気に入りのお店だっただけにちょっと残念だったかなあ・・・。それでもまた食べに行ってしまいそうな気はしているが・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。