義史のB型ワールド

2014年10月26日

加古川楽市2014で”沖縄トンテキ”と”宮崎炭火焼地鶏”を食べた!どちらもビールと良くあうメチャ美味しい豚肉と鶏肉だった!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:50 PM
 
代理人記録
 
先に書いた様に今年も加古川楽市に行って来たのだが、折角やって来たからには何も食べずしては帰れない!で、先ず最初に私が目を付けたのは、数年前に”B-1グランプリ in 姫路”で食べて以来、個人的にも大ファンになった”四日市とんてき”と似た様なネーミングの”沖縄トンテキ”!!!個人的には”四日市とんてき”の他にも”大阪トンテキ”、”東京トンテキ”(どちらも”四日市とんてき”をベースにした物だが・・・)を食べて来た私なのでご当地の冠が付いた”トンテキ”を見ずして食べずに通り過ぎる訳にはいかない!と言う事で、まずはその”沖縄トンテキ”を食べる事に決定!!!
 
加古川楽市沖縄トンテキ
こちらが今回の加古川楽市の会場に出店していた”沖縄トンテキ”のブースで、テントの上に書いてある会社名を見ると『ワールド・ワン(沖縄料理 金魚)』と書いてあったので帰って来てからネットで調べてみると、3年ぐらい前に管理人さんファミリーと一緒に神戸へ行った時に3軒目のお店で入った高架下にある『沖縄市場食堂 琉金』とか、あるいは今年の春頃に”神戸さんちか麺ロード”で食べた『麺屋肉八』と言うラーメン屋さんもこの会社がやっているらしい・・・。って事はこのお店の”沖縄トンテキ”はグループ店の中の一つである『脂屋肉八』の”ブーテキ”と同じ味?かも?それにしても意識した訳では無いが、私はこの会社が運営するお店とは縁がある様だ・・・。
 
加古川楽市沖縄トンテキ
で、早速この”沖縄トンテキ”を買おうとしたら、お店の兄ちゃん曰く”今、焼き始めたばかりで焼き上がるのに10分程かかる...”と言う事で、10分近く会場内をブラブラして再び戻って来て買ったのだった・・・ちなみに一緒に売られていた”沖縄粗挽きソーセージ”の方が人気が高かったのだが、今更であるが翌日にやる予定だったバーベキューの食材に生の状態の”沖縄粗挽きソーセージ”を買って行けば良かったかな・・・。
 
加古川楽市沖縄トンテキ
それはさて置きこちらが実際に買って食べた”沖縄トンテキ”(600円)と、沖縄と言えば”オリオンビール”の生ビール(500円)で、ご存じの通り”オリオンビール”と言えば沖縄では超有名なご当地ビール(昔は沖縄のビール市場の何割かを占めているとか言う話だったが・・・)で、当然の如く私も30年ぐらい前に沖縄に行った時に現地で飲んだし、最近でも数年前に管理人さん&お嬢様と一緒に東二見に出来た沖縄料理のお店に行った時にも飲んだお馴染みのビールでもある(あれ?以前行った神戸元町にあった『沖縄市場食堂 琉金』は”オリオンビール”では無かった様な・・・)。
 
加古川楽市沖縄トンテキ加古川楽市沖縄トンテキ
そしてこちらがメインの”沖縄トンテキ”で、ブツ切りカットされた様な豚肉に”門外不出の黄金比率の特製ソース”とやらをたっぴりと絡めて焼き上げた”トンテキ”で、超有名な”四日市とんてき”の様なニンニク風味は無く、どちらかと言うと醤油辛い濃い目の味だが、”オリオン生ビール”との相性も良く中々ウマい!そなるとこの会社がやっている三宮にある『脂屋肉八』の”ブーテキ”とかも一度食べてみたくなって来た。今度三宮に行く事があったら食べに行ってみようかな。
 
加古川楽市宮崎炭火焼地鶏
で、”沖縄トンテキ”を食べた後に会場内を散策したり池の畔で小休憩して時を過ごした後、もう一つぐらい何かを食べてから帰ろうと向かったのが、こちらの”宮崎炭火焼地鶏”で販売しているお店の名前を見ると『伊福商店』と書いてあったのだが、このお店って一体何屋さんなんだろう?そして何故このお店が”宮崎炭火焼地鶏”を販売しているのかも謎だ・・・。
 
加古川楽市宮崎炭火焼地鶏加古川楽市宮崎炭火焼地鶏
ちなみにこちらは”宮崎炭火焼地鶏”を焼いている様子で、翌日のバーベキュー大会と似た雰囲気がする炭火コンロの上で次々と宮崎地鶏を焼いているのだが、これがまた焼き上がる毎に次々と飛ぶように売れて行く・・・。ちなみに炭火の火力が弱くなった時は、鳥のホルモン?みたいな物を直接炭火の中に放り込んでいた。我々のバーベキューの時にもあの技を使えば・・・とおも思ったのだが・・・。
 
加古川楽市宮崎炭火焼地鶏
そしてこちらが実際に買って食べた”宮崎炭火焼地鶏”(500円)と、この店で売られていた100円のビールで、店内を見ると安い発泡酒かリキュール酒の缶が置いてあったので、1缶100円なら安いと思って思わず買ったのだが残念ながら1缶丸々では無く、ご覧の様な透明のコップに1杯だけだった・・・。何と無く少し前の姫路のれん街で飲んだ1円の乾杯ビールみたいな雰囲気・・・。とは言え先に飲んだオリオン生ビールが1杯500円だった事を考えると、この100円のビールを5杯飲んだ方がお得?だったかも・・・。
 
加古川楽市宮崎炭火焼地鶏加古川楽市宮崎炭火焼地鶏
それはさて置きこちらがメインの”宮崎炭火焼地鶏”で、最大の特徴は炭火で焼いた真っ黒な見た目をしている事。で、今年の春頃に荒井の駅前の串カツ屋さんで食べた”宮崎地鶏の炙り焼き”とか、あるいは何年か前に加古川駅前にある地鶏のお店『創味』で食べた”宮崎地鶏もも炭火焼き”もそれ程黒くは無かったが、今回のは割と本格的な感じでご覧の通りの黒さだ。これだけ黒い”宮崎炭火焼地鶏”を食べたのは、何時ぞや食べた”駅弁の宮崎地鶏丼”ぐらいだったかも・・・。
 
で、そのお味であるが若干の歯応えと炭の臭いはあったが、噛めば噛むほどに味わいがあってこちらも中々ウマい!更に脇に少し添えられていた柚子胡椒を浸けて食べると一味違う味わいが出て来てこれまたウマい!そう言えば遂最近にも姫路に行った時にこんな感じの”宮崎炭火焼地鶏”を食べるチャンスがあったのだが、残念ながらその時は別のお店に行ってしまったのだが、今思うと食べに入ったら良かったかな?と思う・・・。
 
そんなこんなで他にも未だ食べてみたいB級グルメもあるにはあったのだが、この日の夜に予定されていた”たかさご万灯祭”でも色々と食べる事になると思い、結局この2品を食べただけであった。そして予想通り”たかさご万灯祭”では穴子を使ったアイデア料理?を何品か食べる事になるのだが、その話はまた後で・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。