義史のB型ワールド

2014年10月24日

2年ぶりの長渕剛コンサートを見に久々に大阪へ!が、その前に大阪で超有名なソウルフードとも言える”一芳亭のしゅうまい”を食べた!10数年ぶりに食べたが懐かしさもあって中々旨い!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:52 PM
 
代理人記録
 
小田和正コンサートを見に行った2日後、今度は長渕剛のコンサート!が、今回は神戸での公演が無かったので見に行ったのは大阪市中央体育館と言う事で、早目に現地へ行ったので取り敢えず駐車場と会場をチェックした後、何処かで遅めの昼飯を食べる事にした。が、会場の周辺を見渡しても『吉野家』とか『ロイヤルホスト』ぐらいしか無い・・・。折角大阪までやって来てそれは余りにも寂し過ぎる・・・。で、直ぐ近くに地下鉄中央線朝潮橋の駅があったで本町まで行って、個人的に昔懐かしい”豚肉とえび、タマネギをこの薄焼卵の皮で包んだしゅうまい”で有名な『一芳亭』に行ってみる事にした。
 
一芳亭船場店船場センタービル2号館B2
こちらが今回行って来た船場センタービル2号館B2の一角にある『一芳亭/船場店』で、ご覧の通り昭和の香りが漂う昔長柄の地下街の一角にお店はある。ちなみに私自身は『船場店』に来たのは初めての事だが、大阪難波にある『一芳亭本店』は大阪に住んでいる人は知らない人が居ない?ぐらいに有名なお店で、個人的にも上司に連れて行って貰ったのがきっかけで、その後、大阪に下宿していた甥っ子も食べに連れて行った事がある様に、客が代々受け継いてお店を紹介する?大阪のソウルフード的なお店でもある。
 
ちなみにお店の公式サイトの紹介文に寄ると”一芳亭は昭和8年(1933)、なにわ難波で創業。しゅうまい・若鶏の唐揚げ等、華風料理で永年親しまれております。1日平均7~8千個を売り上げるしゅうまいは、40年前に持ち帰り販売も始め、ほぼ毎日完売します!!! ふんわり柔らかくジューシーな、大阪名物一芳亭本店のしゅうまいを是非ご賞味下さい”との事。何年か前に、私が頻繁に大阪まで出掛けて行っていた頃に、確かイーサン家に手土産で買って持って行った事があるはず・・・(覚えて無いだろうなあ・・・)。
 
一芳亭船場店ショーケースの見本
そしてこちらは『一芳亭/船場店』のお店の前に置いてあった料理の見本が入ったショーケースで、最近はこの手のショーケースを置いたお店には入って無い事もあり、何かちょっと懐かしい・・・。ちなみに『船場店』は場所的にビジネスマンや近くで働く女性のお客さんが多い事もあり、定食メニューが豊富だが『本店』にはこんなに多くの定食メニューは無かった気がする・・・。ま、『本店』にも何年も行って無いので今はどうなっているのかは定かでは無いが・・・。
 
一芳亭船場店定食のメニュー
そしてこちらが『一芳亭/船場店』の店内に掲げてあった定食のメニューで、最初は普通に”しゅうまい定食”を食べ様かと思ったのだが、何と無く”しゅうまい”ばかりではちょっと飽きそうな気がしたのと、全ての定食に”しゅうまい”が付いている事もあり、これまた大阪在住時代に時々食べていた懐かしい豚天”がセットになった、その名も”豚天定食”を食べる事に決定!!!
 
一芳亭船場店豚天定食一芳亭船場店豚天定食
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”豚天定食”で、ご覧の様に”しゅうまい”と”豚天”、それにスープとごはんと漬物が付いてお値段は900円也。表の見本の陳列と比べると前後が逆になっているが、手前真ん中の取り皿の中に好みでソース辛子醤油を入れて、それに浸けて食べるのがこのお店のスタイルだ。ちなみに入店時間が中途半端な事もあり、白ご飯が若干冷め気味だったは少し残念だったけど・・・。
 
一芳亭船場店豚天定食のしゅうまい
それはさて置きこちらが10数年ぶり?に食べる『一芳亭』名物の”しゅうまい”で、先にも書いた様にその最大の特徴が、ご覧の様に”黄色い皮”に包まれている事。公式サイトの商品説明に寄ると”小麦粉で作られた普通の皮で包むのではなく、手製の薄焼き卵で作った皮でひとつひとつ丁寧に包んでおります。戦後、小麦粉が手に入らず、薄焼き卵を代用したのが始まりで今でもその製法でしゅうまいを作っております。中の具は、豚ミンチ肉、エビ、タマネギのみじん切りを塩、コショウ、しゅうゆなどで味付けし、片栗粉でつないだもので、至ってシンプルです。ただ、こだわりとして、やわらかな甘みを出すために淡路島産のタマネギを使っています”との事。原価的に小麦粉と卵のどちらが安上がりなのかは定かでは無いが、昔のスタイルのままで作っている点がこのお店の最大の売りだと言え様・・・。
 
一芳亭船場店豚天定食のしゅうまい一芳亭船場店豚天定食のしゅうまい
それはさて置き”しゅうまい”を横から見るとこんな感じで、正に”薄焼き卵の皮”っぽくて、これに辛子醤油を浸けて食べると中々ウマい!今時なので格別に旨いか?と言われると、ちょっと微妙な気はするが、個人的には懐かしさもあって結構好きな味だ!この近辺・・・、と言うのか姫路にも『東来春』と言うシューマイが超有名なお店があるが、個人的にはやっぱこの”一芳亭のしゅうまい”の方が好きかな。”しゅうまい”好きの方は一度はお試しあれ!
 
一芳亭船場店豚天定食の豚天
そしてこちらが”豚天定食”のメイン?とも言える”豚天”で、こちらは『一芳亭』の名物と言う訳では無く、私が大阪に住んでいた頃に会社の近くにあったボロッちい中華料理屋さんの昼飯で時々食べていた、こちらも個人的にちょっと懐かしい一品だ!そんな事もあり、今でも食事をしに入ったお店のメニューの中に”豚天”があると思わず頼んでしまうぐらいなのだが、流石にこのお店の”豚天”は大阪本町にあると言う事もあってか、王道の見た目&内容の”豚天”の様だ。
 
一芳亭船場店豚天定食の豚天一芳亭船場店豚天定食の豚天
それはさて置き早速”豚天”を”しゅうまい”と同じく辛子醤油に浸けて食べると懐かしさもあってか中々旨い!天ぷらとは言え、所謂和食やさんで食べるカラっと揚がった衣では無く、ベタっとした感じだし中身も豚肉が入っているだけのメチャシンプルな内容なのだが、これがビールや白いご飯にマッチしてメチャウマいのだ!また何処かのお店で”豚天”を見つけたら食べてみる事にしよう・・・。
 
一芳亭船場店豚天定食のスープ一芳亭船場店豚天定食のスープ
ちなみにこちらは”豚天定食”に付いていたスープで、その中には”豚天”で使われている豚肉と似た様な感じの物も入っていてパッと見た感じは中々ウマそうなスープに見えたのだが、残念ながらスープの味自体は至って普通?だったかな。
 
てな事で、長渕剛のコンサートを観に久々に大阪に行ったのだが、会場周辺には目ぼしいお店が無かったので大阪本町まで出て昔懐かしい『一芳亭』(私は本店しか行った事が無いけど・・・)に行って10数年ぶりに名物の”しゅうまい”を食べたのだが、セット食べた”豚天”共々メチャ懐かしくて中々ウマかった!また機会があれば食べに来たいなあと思いつつ、再び大阪市中央体育館の方へ向かって行ったのであった!

祭りのお楽しみと言えば姫路駅名物まねきのえきそば!って事で、今年もご馳走になった!雰囲気もあってか実店舗で食べるより美味い様な気が・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
今年の祭り見物では思わず”クロワッサンたい焼き”に心を奪われてしまったが、ここ数年祭り見物のお楽しみの一つになっているのが、某町の練り子の休憩タイムに出て来る”姫路駅名物まねきの駅そば”!!!昨年は残念ながら食べる事が出来なかったのだが、今年は運良く食べる事が出来たのでご紹介!
 
姫路駅名物まねきの駅そば出張サービス姫路駅名物まねきの駅そば出張サービス
こちらが今年ご馳走になった”姫路駅名物まねきの駅そば”で、最近は各地の祭りの露店の中に”パチモンのえきそば”を売っているお店を見掛けるのだが、こちらはそう言ったパチモンでは無く本家本元の『まねき食品』が移動車を使った出張サービス?と言うのか今時で言うとケータリングに寄る本物の”まねきのえきそば”なのだ!で、この”えきそば”を食べるのは、本来であれば体の冷えた夜の時間帯の方が有難い?と言う意見もあるのだが、このケータリングサービスは播州秋祭りシーズン各地で大好評らしく、既に予約で埋まっていた為、昼間になったとか言う話・・・。
 
で、そのお味だが、個人的には今年始まった”黒田官兵衛西国紀行”に釣られて二ヵ月に一回ぐらい食べに行っているのだが、祭りの中でご馳走になったと言う雰囲気からなのか、あるいは久々に食べた王道の”天ぷら入りのえきそば”と言う事もあってか、実店舗で食べる”えきそば”よりも美味しい様な気が・・・。もしかすると大量にふってある七味も影響したのかも知れないので、また今度実店舗へ行った時に確認してみよう・・・。
 
姫路駅名物まねきの駅そば出張サービス
ちなみに今年も食べ放題!と言う事で、2杯の”えきそば”をご馳走になった・・・。流石に2杯食べるとちょっと飽きて来たので、どうせなら”天ぷら”以外のトッピングで食べたかったかも・・・。どちらにしても、来年もまたぜひ食べたい

祭り見物に行くとその先々で”クロワッサンたい焼き”とやらが売られていたので遂に誘惑に負けて食べてみた!想像通りの味ではあったが中々旨い!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:13 PM
 
代理人記録
 
祭り見物に行くと当然の如く、神社の境内とか周辺に沢山の露店が出店している。が、私がその手の露店や夜店で何かを買って食べる事は若かりし頃は兎も角として最近はほとんど無く、唯一残っている記憶と言えば何年か前に曽根の祭りで管理人さんファミリーと飲屋風の露店でビールを飲んだ時ぐらいしか無い。が、今年も祭り見物に出掛けるとその行く先々でちょっと興味の沸く”クロワッサンたい焼き”なる露店が出ていた。とは言え、基本的に甘い物は余り好きでは無いし、パンも滅多に食べない私なので最初は余り気にならなかったのだが、一度気にし出すと切りが無くなって他の町の祭り見物に行ってもそのお店を探す様になってしまった・・・。
 
クロワッサンたい焼き
こちらがその”クロワッサンたい焼き”の露店で、このお店は確か高砂神社境内に出ていたお店だが、別の日に他の町の祭り見物に出掛けると、これと同じお店が出ていたので多分同じお店が廻っているのだと思う・・・。
 
クロワッサンたい焼き
そしてちらは別の町の祭り見物に出掛けた時に出ていた”クロワッサンたい焼き”の露店で、ご覧の様にお店の暖簾のデザインが違うので、先に紹介したお店とは別の店だ。が、何か気になりだすと気になって仕方が無いので近寄って見てみると、”たい焼き”定番の餡子入りの他に、チョコレートやクリーム、それに抹茶?とか何か色んな味の”クロワッサンたい焼き”が売っていた。でもこの時も焼いている様子を見ただけなのだが、夜遅く祭り見物を終えて帰る時にちょっと小腹が空いていた事もあって、遂に買ってしまった
 
クロワッサンたい焼き
こちらが実際に買って食べた”クロワッサンたい焼き”で、中身は無難に餡子入りを選択!お値段は祭り露店価格と言う事もあって1個300円也・・・。”たい焼き”や”クロワッサン”だと思うとメチャ高い気がするが、そこは祭りの出店と言う事で仕方が無いのかな?で、そのお味であるが、残念ながら焼き立て熱々では無かったが文字通り、”クロワッサンの生地の中に餡子が詰まった”たい焼き”で普通に美味しい・・・。大体想像していた通りの味だったので、それ以上の驚きは無かったが祭り見物に食べるにはお手軽なおやつの様な気がする・・・。
 
ベーコンエッグたいやき
が、しかし!その”クロワッサンたい焼き”よりも更にちょっと気になったのがこちらの”ベーコンエッグたいやき”で、個人的には”クロワッサンたい焼き”よりもこちらの方が食べてみたかったのだが、お値段を聞くと1個500円との事・・・。流石に”たい焼き”如きに500円も払えない・・・と思いこちらはパスしたのだが、焼いている様子を見ていると、これまた想像通り”たい焼き”の中に玉子とベーコンを入れて焼いていた・・・。もしも300円で売っていたら買ってしまっていたかも・・・
 
たいやきパフェ
更に別の町の祭り見物に行くと、今度はちょっと怪しげな”たいやきパフェ”なるお店が・・・。先に紹介した”クロワッサンたい焼き”とか”ベーコンエッグたいやき”はネーミングを聞いただけで大体想像が付いた?のだが、流石に”たいやきパフェ”となると一体どんなものなのか、食べる気は無くともちょっと気になる・・・
 
たいやきパフェ
で、お店の前に置いてあった”たいやきパフェ”の見本を見るとこんな感じで、所謂””の形をした”たい焼き”が口を開けて上を向いていて、その口の中にアイスクリームやらフルーツ等を盛り付けた、要は器が”たい焼き”になったパフェの様だ・・・。如何にも女の子が喜びそうなスイーツであるが、熱々の”たい焼き”の中にクリームを入れても溶けてしまわないのだろうか・・・。謎だ・・・。
 
てな事で、最近は夜店や露天でほとんど買って食べる事の無い私であるが、この日食べた”クロワッサンたい焼き”は普通に美味しかった。何やらこの”クロワッサンたい焼き”は巷で流行っているそうなので、今度は祭り以外の場所で売られている?普通のお値段の”クロワッサンたい焼き”を食べてみたい気がする・・・。それにしても”ベーコンエッグたいやき”とか”たいやきパフェ”もちょっと気になるので、今度祭り見物に出掛けたら、また違う変り種?の”たい焼き”を探してみようと思うのであった!

WordPress.com Blog.