義史のB型ワールド

2014年10月16日

JR姫路駅前に出来た”ガンガングビグビ本舗”で、今度は”姫路中華そば”を食べた!雰囲気的には播州ラーメンをイメージしたかの様で中々楽しげだが、ちょっと醤油辛い気が・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:01 PM
 
代理人記録
 
またまたこの日は姫路にやって来たので、まずはランチ・・・と思い最初はちょっと食べに行きたいと思っていたお店に行ってみたのだが、そのお店は訳あって長蛇の行列!最近でこそは行列に並ぶ事も多々ある私であるが、元々は行列に並ぶ事が大嫌いな大阪人気質?そんな事もあし速攻で、その場を引き返したのだが、そうなると目指すお店が無い。で、ふと頭に浮かんだのが7月下旬頃に姫路駅前に誕生した”姫路のれん街”の中にある関東で超人気のラーメン屋『麺屋 宗』がプロデュースしたお店『ガンガングビグビ本舗』の事。個人的には既に3度も足を運んだ当ブログでもすっかりお馴染み?のお店であるが、未だ食べた事の無いラーメンがあったのでそれを食べに行ってみる事にした。
 
ガンガングビグビ本舗
こちらがまたまた行って来た”姫路のれん街”真ん中辺りにある『ガンガングビグビ本舗』で、この日の訪問時間はちょっと遅めのランチタイム・・・、と言うのか午後1時を大きく廻っていた事もあり先客はほとんどゼロに近い・・・。最近はラーメン屋さんが新しくオープンすると数か月の間は結構客が入って賑わっている物だが、車で行くにはちょっと不便な駅前?だからなのか、イマイチ流行って無い様な雰囲気がしないでも無い・・・。
 
ガンガングビグビ本舗姫路中華そばメニューガンガングビグビ本舗看板メニュー
それは兎も角としてこちらが『ガンガングビグビ本舗』のメニューで、私は既に”ガンガンらぁめん”と”グビグビらぁめん”、それに”2種類の餃子”は食べたので今回は初訪問から一度は食べてみようと思っていた”当店の名物!『手延中華麺』を使ったご当地色を出した醤油ラーメン”と言う”姫路中華そば”を食べてみる事にした。
 
ガンガングビグビ本舗姫路中華そば
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”姫路中華そば”で、お値段は税込価格950円也。”味玉”が2個分四つ目状態になっているのは、この日も以前に貰った”ガンガングビグビ本舗姫路駅前祝OPEN記念チケット!”を使って”味玉”の無料トッピングを頼んだら、平日は”味玉”が無料で入っていると言う事だったので、”チャーシュー”に変更して貰ったのだが何かの行き違いで四つ目状態になってしまったっぽい・・・。三つ目状態のラーメンつけ麺今までにも他のお店でお目にかかった事があったので当ブログでも紹介した事があるのだが、流石に四つ目の味玉が入ったラーメンは初めてかも・・・
 
話はそれたがこの”姫路中華そば”がどんなものかと言うと、お店の説明に寄ると”全国的に有名な『揖保乃糸』が作る『手延中華麺』を使用!姫路おでん風のシッカリ出汁をとった『生姜醤油風味のスープ』に合わせました”との事。確かに生姜風味のする醤油味のスープだが、何と無く甘辛い?と言うのか、どちらかと言うと醤油辛いぐらいに感じる・・・。個人的な好みで言うと、もう少し播州ラーメンの様な甘さとあっさりさ?が欲しかったかな。ちなみにスープの中に刻んだ淡路産らしい玉ねぎがたっぷりと入っていて中々ウマい。偶に他のお店のラーメン屋さんや、つけ麺のスープにこの様な刻み玉ねぎが入っている事があったが、個人的には結構好きかも・・・。
 
ガンガングビグビ本舗姫路中華そば
そしてこちらは”姫路中華そば”にトッピングされていた歯応えのしっかりとした鶏肉で、最初パッと見た時は以前に食べた事がある”岡山笠岡ラーメン”の”親鳥を使った鶏チャーシュー”かと思ったのだが、どうやらこのお店のメニューの中にある”播州名物ひねぽん”の様だ。”ひねぽん”と言えば少し前に『らーめん八角』で食べた”鶏白湯和え麺”にも入っていたが、こちらのお店の”ひねぽん”の方が私好みの濃い目の味が付いていて中々旨い!確かにラーメンのトッピングとしてでは無く、これをつまみに生ビールでも飲んでみたくなる中々旨い”ひねぽん”だったかな。
 
ガンガングビグビ本舗姫路中華そば
ちなみにこちらは”姫路中華そば”にトッピングされていた”味玉”で、先にも書いた様に平日サービスと”祝OPEN記念チケット”がごっちゃになったのか良く判らんが兎に角ご覧の様な四つ目状態。で、私はこのお店で”ガンガンらぁめん”と”グビグビらぁめん”を食べた事があるのだが、どちらにも”味玉”は入って無かったのでこのお店の”味玉”を食べるのは今回が初めてだが、ご覧の様にエエ感じの半熟度で中々ウマい!1度に2個分は要らんかった様な気はするが、次回ラーメンを食べに来た時もぜひ食べたいと思う様な”味玉”であった!
 
ガンガングビグビ本舗姫路中華そば
そしてこちらが”姫路中華そば”の特徴の一つでもある”揖保の糸中華麺”で、確かにその名のイメージ通り素麺っぽい見た目&食感をしている・・・。雰囲気的には、何と無くであるが高砂荒井にある『めんくい亭』が”絹の糸”と呼んでいる極細麺と似ている様な気もしたが、中々楽しげな麺だったかな。
 
ガンガングビグビ本舗姫路中華そば
で、”味玉”が無料サービスと言う事だったので”祝OPEN記念チケット”で”チャーシュー”を追加したはずなのに、何故か追加処か1枚も入って無い・・・。おかしいなあ・・・”チャーシュー”と”味玉”と間違えられて”味玉”が四つ目状態になってしまったのかなあ・・・、と思って食べていると底の方から”チャーシュー”が、それも2枚出て来た・・・。何時ぞや福山で食べた”うずみ飯”ではあるまいに、何で底から出て来たのか謎だが、その分しっかりとスープを吸ったからなのか、ちょっと味が濃い目な気がしたが中々ウマい!写真ではちょっと判り辛いが少し炙ってあり、その香ばしさもあって中々美味しい”チャーシュー”だった。
 
てな事で、またまた姫路駅前に最近出来た『ガンガングビグビ本舗』に行ってこの日は以前から一度は食べてみようと思っていた”姫路中華そば”を食べたのだが、雰囲気的には中々楽しげな内容ではあった物の、私的にはちょっと醤油辛かったかな・・・。結局の処、プロデュースしたと言う『麺屋 宗』の自慢の味に一番近い?”ガンガンらぁめん”が一番美味しい様な気がする。でも何度も食べに行っている間にその”ガンガンらぁめん”の味も忘れつつあるので、また近々食べに行ってみようかな?と思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。