義史のB型ワールド

2014年10月15日

またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで”チキンのクリーム煮”を食べた!クリームシチューの様なソースがかかっていて中々ウマかった!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:23 PM
 
代理人記録
 
20年ぐらい前に私が京都に住んでいた頃、連日の様に会社の近くにある喫茶店に行ってランチを食べていた時期があるのだが、連日とは言わないままも、最近は週に一回ぐらいは食べに行ってるかも?と言う気がする加古川プラザホテルの1Fにあるレストランなのだが、その最大の理由は”日替りランチ”の内容が、正に日替りでほとんど以前と被る料理が出て来無いのと、普段余り口にする事の無い料理が食べれるから。この日も”日替りランチ”のメイン料理をチェックすると、ちょっと美味しそうな”チキンのクリーム煮”だったので食べに寄ってみた。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、毎度の事ながら混んでいる日と空いている日の差が激しいのだが、この日は珍しくお店入って直ぐの横の席が全て予約で埋まっている・・・。実際、この後私が食事をしていると、その予約席には大勢のお客さんが入って来た。どうやらホテルの一室を借りて会議とか研修会とかやっていて、ランチを食べにこのレストランにやって来た様な感じ・・・ずーっと昔には私も似た様な事があったよなあ・・・、とちょっと感傷的な思いが沸いて来たが・・・。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』日替りランチのサラダとスープ
それはさて置き先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”日替りランチ”に付いている”サラダとスープ”で、最近は”オニオンスープ”が出て来る事が多かったのだが、この日は久々に”コーンクリームスープ”だった。味的には普通に美味しいのだが、やっぱ個人的には”オニオンスープ”の方が好きかも・・・。
 
リヴィエールチキンのクリーム煮
で、スープを飲み終えた頃に運ばれて来たのがこちらの”チキンのクリーム煮で、料理を注文する時にクリーム煮なのできっとクリームソース?と言いうのかクリームシチューっぽい物の様な気がしたので、ソースを最後まで残さず食べる為に久々にパンにしようか?と思ったのだが、個人的には米派な物でこの日もライスを選択・・・。でも実際に食べた後では、やっぱパンにした方が良かったかな?と言う気はしたが・・・。ちなみにお値段は何時ものの如くサラダとスープが付いて税込価格1080円なのは相変わらず・・・。
 
リヴィエールチキンのクリーム煮リヴィエールチキンのクリーム煮
そしてこちらがこの日のメイン料理である”チキンのクリーム煮”で、たっぷりのクリームソースがかかった煮込みチキンの上にアスパラとタマネギ等がトッピングされた大体イメージしていた通りの料理だ。で、そのお味であるが、予想通りクリームシチュー風のソースで鶏肉に絡めて食べると中々ウマい!鶏のクリーム煮と言うと何と無く『おうどん居酒屋 たかさご本家』で食べた”鶏クリームのおうどん”が頭にあったのだが、それとは全然違うソースで圧倒的にこちらの”チキンのクリーム煮”の方が旨い!
 
リヴィエールチキンのクリーム煮
ちなみに”チキンのクリーム煮”の鶏肉はこんな感じの1枚肉で、雰囲気的には以前にこのレストランで食べた”ローストチキン照焼きソース”とか”グリルチキン和風ソース”で使われていた物と同じ様な気がするが、肉自体は柔らかくてこちらも普通にウマい!少し前に牛丼チェーンの『松屋』で食べた”ガリチキ”とか”鉄皿グリルチキン”の鶏肉と比べてもしっかりとした鶏の味わいを感じる美味しい鶏肉だったかな。
 
てな事で、またまた加古川プラザホテルのレストランへ行ってこの日は”チキンのクリーム煮”を食べたのだが、中々美味しい鶏肉料理だった。で、この時はすっかり忘れていたのだが、この記事を書いていて何か以前にも似た様な鶏肉料理を食べた事がある様な気がしたので、当ブログの過去記事を検索すると、以前偶に行っていた加古川にあるカフェレストランで”若鶏のカレークリーム煮”を食べた事があったみたい。名前の如くカレー味だったので、この日食べた料理とは味は全然違うが、クリーム煮と言う点では似ている様な気もする。今度他のお店でもクリーム煮があれば食べてみようと思う・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。