義史のB型ワールド

2014年10月3日

姫路名物まねきのえきそばの”黒田官兵衛西国紀行第4弾”大分バージョン”で”からあげえきそば”を食べた!以前食べた”とり天えきそば”と限りなく似ていたが・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:35 PM
 
代理人記録
 
以前は”新在家ラーメンもんどの限定裏ラーメン”とか”パチンコマルハンの飯屋で講談社とコラボしたラーメンフェア”等のイベントに釣られて、どちらのお店にも良く食べに行っていたのだが、残念ながらどちらも終わってしまった。が、その代わりに昨年から”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ”が始まり、今年になってからは”姫路駅名物えきそばの黒田官兵衛西国紀行”が始まったので、”もんどの限定裏ラーメン”や”パチンコマルハンの飯屋のラーメンフェア”程の魅力は感じ無い物の、惰性で食べに行っている。その”えきそばの黒田官兵衛西国紀行”の第4弾が8月の上旬頃に発売開始されたので、早々に(今となっては1ヶ月半程前になってしまったが・・・)に食べに行ってみた。
 
麺処 木八/加古川店
こちらがまたまた行って来たJR加古川駅の一角にある”姫路名物駅えきそば”が食べれるお店『麺処 木八/加古川店』で、この日はちょっとした事情で夕方近くのちょっと中途半端な時間帯の訪問だったのだが、そこそこのお客さんが入っている・・・。ま、その昔、私がJR明石駅から山電明石駅で乗り換えしていた頃も、ちょうどこんな時間帯で、その時に立ち食いの”山陽そば”に寄って食べていたのと何と無く似た感じかな?でも当時の”山陽そば”程の賑わいは無さそうだったけど・・・。
 
麺処木八黒田官兵衛西国紀行第4弾大分バージョンからあげえきそば
それはさて置きこちらが”黒田官兵衛西国紀行 第4弾 大分バージョン”のポスターで、今回の内容はと言うと”からあげえきそば”との事。以前に当ブログで書いた私の予測では”大分の鶏天を使ったえきそば”では無いのか?と書いたのだが、残念ながら”鶏天”では無くメチャ普通に”大分からあげ”だった・・・。確かに”鶏天”だと、以前にも”とり天えきそば”ってのが発売されていたので、全然新鮮味が無いと言う事で、オーソドックスに”大分からあげ”にしたのかも知れないが、個人的には”鶏のから揚げ”は割と普通にあちらこちらで食べれるので、出来る事なら”鶏天”にして欲しかった気がする・・・。
 
麺処木八からあげえきそば(大分風)
で、早速食券を買い席で待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”からあげえきそば(大分風)3個入り”で、お値段は税込価格400円也。『まねき食品』の商品説明に寄ると”ご当地食材として鶏肉を使用し唐揚しました。大分県中津市は、唐揚激戦地で中津の唐揚として多くのマスコミにも紹介されています。この唐揚げは、醤油ベースの味付けにニンニク・生姜を効かせて香辛料で味を調えたタレに漬け込んでおります。えきそばと大分風唐揚のコラボをお楽しみ下さい”との事。先にも書いた様に、何と無くであるが以前食べた事がある”とり天えきそば”に似ている様な、そうでも無い様な・・・
 
麺処木八からあげえきそば(大分風)
ちなみに”黒田官兵衛西国紀行シリーズ”と言えば”朱漆塗合子形兜の形の椀”の器で出て来る物だと思いきや、ご覧の通り今回の鉢は”普通のえきそば”で使われている鉢と同じ!一瞬、店員のおばちゃんの手抜き?あるいは鉢を間違えた?これじゃあ”黒田官兵衛西国紀行シリーズ”を食べた気がしないやん!と、頭の中でブツブツ文句を言いながら食べたのだが、帰り際にポスターの写真を見ると”5個入り”の方は”朱漆塗合子形兜の形の椀”で、”3個入り”の方は通常の黒い鉢になっている・・・。うーむ、ポスター通りか・・・。でも公式サイトの写真はどちらも”朱漆塗合子形兜の形の椀”なんだけど・・・。何かちょっと複雑な心境・・・。これって私に”5個入り”を食べれと言う事なのかな・・・。
 
麺処木八からあげえきそば(大分風)
それはさて置きこちらが”からあげえきそば(大分風)”の最大の特徴であるトッピングの”大分風唐揚”なのだが、残念ながら揚げ立てでは無く揚げ置きの冷めた唐揚”だ。味的にも特にどうって事は無いし、そもそも最近はコンビニやスーパーで揚げ立て熱々でもっと美味しい大分中津からあげ”を食べる事が出来るので、そう思うと今回の”からあげえきそば(大分風)”は今一つパッとしない様な気が・・・。
 
麺処木八からあげえきそば(大分風)
ちなみに”からあげえきそば(大分風)”の麺はこんな感じの、もう特に何も書く事の無いすっかりお馴染みの何時もの中華麺で可も無く不可も無く・・・、と言うよりか最近はちょっと飽きが来た様な気がしないでも無いぐらいだが・・・。
 
てな事で、またまた”姫路駅名物えきそばの黒田官兵衛西国紀行”に釣られてこの日は”からあげえきそば(大分風)”を食べてみたのだけど、個人的には以前食べた”鰆の生姜旨煮えきそば”よりは食べ易かったけど逆にインパクトは無かった気はする・・・。それは兎も角として、いよいよ残るは”黒田官兵衛西国紀行 第5弾 博多バージョン”のみだが、博多と言えば”ごぼ天うどん”!って事で、私の予想では最終回は”ごぼ天えきそば”じゃあ無いの?と予想しているのだが、果たして結果は如何に・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.