義史のB型ワールド

2014年9月28日

今度はパチンコマルハンの隣にある”らぁめん工房御三家”で”ガチ盛りラーメン”を食べた!想像通り二郎系のドカ盛りラーメンで普通に美味しかったが、後一味何かが足り無い様な・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 6:30 PM
 
代理人記録
 
少し前に姫路野里に出来たパチンコマルハンの中にあるラーメン屋さんの事を紹介したが、今回は当ブログですっかりお馴染みのホームランスタジアム加古川店の中にあるパチンコマルハンと同じ敷地内にある『らぁめん工房 御三家』のお話・・・。
 
一昨年は”日本全国ご当地味めぐり”に釣られ、昨年は”TRY受賞店ラーメンフェア”と”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られ毎月一回、”つけ麺フェア”の時は週に一回ぐらいの割合で食べに行っていたパチンコマルハンの中にある飯屋さんであるが、フェアが無くなって以来ほとんど食べに行く事は無くなった・・・。が、時々何か変わった事は無いかな?と近くを通った時に様子を観に行っているのだが、7月の下旬頃だったかにホームランスタジアム加古川店に寄ってみると、パチンコマルハンの飯屋さんの方には特に変った様子は無かったのだが、隣にあるラーメン屋『らぁめん工房 御三家』の前を見ると期間限定のフェアメニューで”ガチ盛りラーメン”なるメニューが登場していたので、お盆の期間中に食べに行ってみた。
 
らぁめん工房御三家/加古川店
こちらが久々に行って来た『らぁめん工房 御三家/加古川店』で、このお店はホームランスタジアム加古川店が誕生した時は『希望軒ラーメン』のFC店だったのだが、『希望軒』が民事再生法適用後にFCから離脱し、その後は『らぁめん工房ホープ軒』として営業していたのだが、4年ぐらい前に今の『らぁめん工房 御三家』と名前が変り、更にメニュー内容も時々変わっているし、このお店でも偶に期間限定のフェアメニューが登場するのでそれに釣られて食べに行っているのだった。
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメンメニュー
そしてこちらがお店の前に飾ってあったい”ガチ盛りラーメン”の巨大な垂れ幕で以前見た時は通常のポスターサイズの物が飾られていただけだったのだが、人気が出たからなのか、このラーメンをお店の看板商品にしたいのか、この様な巨大な垂れ幕サイズになっていた。それはさて置きその内容はと言うとご覧の様に一時期流行った?あるいは今でも人気のある”二郎系ドカ盛りラーメン”をイメージした様なラーメンの様で、麺は200gか300gは選べてどちらも値段は同じで、更に野菜増しも無料との事。で、”二郎系ドカ盛りラーメン”の特徴の一つであるニンニク増しは、別途ニンニクの入れ物が付いて来るらしく、自分で好きな量に加減出来るらしい・・・。ちなみに背脂の量とか辛め等の指定は無かったが、何れにしても最近”二郎系ドカ盛りラーメン”にご無沙汰していたので、この”ガチ盛りラーメン”を野菜増しにして食べる事に決定!!!
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメン
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ガチ盛りラーメン”の野菜マシで、麺は200gのままでお値段は700円也。ご覧の様に野菜と言ってもその大半はモヤシでキャベツの姿は余り見え無いのと、他のお店ではトッピングされている鰹節も載って無いが、パッと見た感じは”二郎系ドカ盛りラーメン”のオーソドックスなスタイルで、スープも当然の如くこのお店の自慢である豚骨系のスープでは無く、背脂が浮いた醤油スープだ。で、注文時に確認した通り、ノーマルの状態ではニンニクは入って無いのだが、そのまま食べても『らぁめん工房 御三家』では余り味わえ無い背脂醤油スープで中々ウマい!雰囲気的には”二郎系ドカ盛りラーメン”の再現は出来ている?様な印象・・・。
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメン
ちなみにこの”ガチ盛りラーメン(野菜増し)”を斜め方向から見るとこんな感じで、私が偶に食べる他のお店の”二郎系ドカ盛りラーメン”の野菜増しと比べても大体同じ様な感じの量だ。度々書いているが”加古川大盛軒の元祖角ふじ麺”でもこれぐらいの野菜を盛って欲しかったなあ・・・。それはさて置き、個人的にもこれぐらいの野菜が入ったラーメンは結構な回数食べているので、この程度の量では全然歯応えが無い・・・。てか、キャベツがもっと多く入っているのであれば”野菜増し増し”ぐらいで食べたかった様な気もするが・・・。
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメン
そしてこちらが”ガチ盛りラーメン”の麺で、メニューには特に何とも書かれて無かったので、このお店で使われている普通の麺で出て来るのかと思いきや、ご覧の様に”二郎系ドカ盛りラーメン”の定番とも言える極太麺だ。流石に”もんどのもんジロウ”とか”加古川大勝軒の角ふじ麺”の様な麺を湯掻くのに10分程かかく程の超極太麺では無いが、中々しっかりとした食感のある麺で、個人的にも極太麺が大好きな事もあってか、中々ウマい!この極太麺を使った他のスープのラーメンも食べてみたい気がする・・・。
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメン
ちなみにこちらは”ガチ盛りラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧の様に何と無く豚の角煮に似た感じがする、ちょっと珍しい角切りタイプのチャーシューだ。”もんどの加古川ブラック”にもこれ程の大きさでは無いにしろ、似た様な感じのチャーシューは入っていたが、所謂”二郎系ドカ盛りラーメン”でも珍しいし、このお店でも初めて食べる気がする食べ応えのある角切りチャーシューだ。ま、味的にはそれ以上の物では無かったが、全体的には中々チャレンジャーな”ガチ盛りラーメン”だったかな。
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメンらぁめん工房御三家ガチ盛りラーメン
それはさて置き”二郎系ドカ盛りラーメン”には欠かせ無いニンニクは、他のお店では野菜や背脂と同じ様に最初に入れる量を指定する場合が多いのだが、このお店では何時でもニンニクが用意されているからなのか、別途この様な小さな器に入って付いて来た。と言う事で、自分の好きな量を入れて食べる事が出来るので、最初はニンニク無しで、その次はスプーン2杯分入れ、更にその味に慣れた頃は再度追加して食べたのだった。これだけたっぷり何度もニンニクを追加して食べたのは、10数年前に山電高砂駅の改札口を出て直ぐの処にあったラーメン屋『安味』(本店はJR曽根駅近くにあったのだが、今は両方とも無い・・・。でも一時期、車の屋台で走っていら様な・・・)で普通のラーメンを食べた時以来かも・・・。
 
らぁめん工房御三家ガチ盛りラーメン
で、最終的に約15分ほどかかったが何とか完食・・・。ニンニクの入れ過ぎでスープがちょっと強烈な味になって来たので少し残してしまったが、時間はちょっとかかったけど野菜増し程度の量では、全然大した事は無かったかな。もう一回ぐらい食べに行って、今度は野菜増し増しぐらいで食べてみようかな・・・
 
てな事で、最近はご無沙汰していた『らぁめん工房 御三家』に”二郎系ドカ盛りラーメン”をイメージしたかの様な”ガチ盛りラーメン”とやらが販売されていたので思わず食べてみたのだが、中々楽しいラーメンだった。そんな事もあってまた”二郎系ドカ盛りラーメン”が食べたいなあ・・・、と思っていたらこの後に長渕剛コンサートの帰り道で西宮にあるお店で”二郎系ドカ盛りラーメン”を食べたり、『博多金龍』でも何と無く似た感じの”肉玉野菜スペシャル野菜増し”とかを食べたのだが、その話はまた後日・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。