義史のB型ワールド

2014年9月21日

前々から気になっていた明石にあるカレー屋さんに行ってみた。お店のネーミングから欧風カレーをイメージしていたのだが印度カレー風のチキンカレーのお店だった。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
この日の前の週にご主人様と一緒に神戸西区にある金沢カレーのお店『カレーのチャンピオン』1周年記念で500円のカレーを食べに行ったのだが、その時の雑談の中で個人的に以前からちょっと気になっているJR明石駅近くあるカレー屋さんの話が出た。そのカレー屋さんは以前はJR明石駅近くにあったので、電車で明石に行った時にでも食べに行こうかと思っていたのだが、最近は電車で明石へ行く事はほとんど無かったので、全然行けずにいたら遂最近になって明石港近くに移転したので、そこなら車でも行けるかも?と言う事になり下調べしたら何と無く行けそうだったので、後日あらためて食べに行く事となった。
 
CURRYDININGオニオン’S
こちらが今回行って来た『Curry Dining オニオン’S』と言うお店で、場所は先にも書いた様に明石港近くの淡路ジェノバラインの船乗り場の直ぐ近く、個人的には何年か前に某将棋同好会の集まりで”たこしゃぶ”を食べに行った『明石屋』があった直ぐ目と鼻の先にある(『明石屋』は以前行った後、建物が古いとかで直ぐ近くのビルの方に移転した後、多分閉店したはず・・・)。で、このカレー屋さんは、後でも紹介する雑誌の紹介記事に寄ると”スパイス会社に長年勤めていた店主のカレー好きが高じ、オープンした専門店で、スパイス、淡路たまねぎ、チキンたちの共演するチキンカレー”がご自慢のお店らしい・・・。
 
CURRYDININGオニオン’S
そしてこちらが『Curry Dining オニオン’S』の店内で、ご覧の通りテーブル席が3卓か4卓、それにカウンター席が3席あるだけのこじんまりとしたお店で店主の方が一人だけで切盛りしていた。で、我々がお店に入ったのは丁度正午頃だったので、未だ店内は空いていたのだが、その後続々とお客さんが入って来てアッと言う間に店内の席が埋まってほぼ満席になってしまい、後の方でやって来たお客さんは諦めて帰って行ったぐらい・・・。偶々かも知れないが、ちょっと駅から遠い?割には結構流行っている様だ。
 
CURRYDININGオニオン’SのメニューCURRYDININGオニオン’Sのメニュー
それはさて置きこちらがこのお店の昼夜共通メニューで、先にも書いた様に基本的には”チキンカレー”をメインにしたカレーのセットが中心の様だが、その他にも期間限定?か数量限定?で”キーマカレー”があったり、あるいはランチタイム限定で”プレーンチキンカレー”の割引があったりする様だ。とは言え遥々と?食べにやって来た事だし、今度は何時来るかも判らないのでプレーンでは寂しかろうと、ちょっと豪華に骨付きチキンとフライドチキンがトッピングされた”フライドチキンカレーセット”を食べる事に決定!!!
 
CURRYDININGオニオン’Sの紹介記事CURRYDININGオニオン’Sの紹介記事
ちなみにこちらは店内に置いてあった、このお店が雑誌で紹介された時の記事の切り抜きで、それに寄るとこのお店のカレー膨大な種類から選び抜いた約30種類のスパイスを巧みに配合、強火で炒めて甘味と香ばしさを凝縮した淡路産玉ねぎ、国産鶏で仕込むコラーゲンたっぷりのスープを使い、数日間かかてカレーを完成”させるらしい・・・。毎度の事ながら、お店の紹介記事を読むととても美味しそうに聞こえる物だが・・・。
 
CURRYDININGオニオン’Sサラダ
それはさて置き、まず最初に運ばれて来たのがカレーセットに付いているこちらの”サラダ”で、此処最近他のお店で食べるサラダレタスやキャベツが主体の物が多かったのだが、このお店のサラダはご覧の通り水菜?とかミントの葉みたいなものがメインで、それにキュウリとかプチトマトが添えられた、ちょっと可愛らしいサラダだ。それに多分自家製?のドレッシングがかかっていて中々美味しい・・・。
 
CURRYDININGオニオン’Sピクルス
そしてこちらはサラダと一緒に運ばれて来た、これまたカレーセットに付いている”ピクルス”で、ご覧の通り”淡路産玉ねぎ、ニンジン、ダイコン”の3種の”ピクルス”だ。ニンジンやダイコンは偶に見掛ける様な気がするが、”淡路産玉ねぎのピクルス”はちょっと珍しいかも・・・。
 
CURRYDININGオニオン’Sフライドチキンカレー
で、そんなこんなしていると間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”フライドチキンカレーセット”の”フライドチキンカレー”で、先に紹介したサラダとピクルスが付いてお値段は850円也。店名が洋風な感じだったので、欧風カレーの様な物が出て来るのかと思いきや、メニューにチキンカレーと書いてあった様に印度カレーに多いサラサラタイプのルーのカレーだ。お店の商品説明に寄ると”当店こだわりのチキンカレーは豚や牛を一切使用せず、国産鳥のみを使用して作ったスープで仕上げております。スープはコラーゲンたっぷりで冷やすとゼラチン状になります。スパイス会社で培った経験を活かし、スパイスは独自の配合と分量で使用しています。もちろん玉ねぎは淡路産!を使用しじっくり炒めた後、特製スープと合わせてから★日寝かせて完成させます”との事。結構手間暇を掛けて作っているらしい・・・。
 
それは兎も角として肝心のお味であるが、先に書いた様にサラサラしていて食感的には少し前に”ココイチで食べた印度カレーライス チキン”とか”ヤマトヤシキのあるネパール・インド料理のお店のカレーライス”にも似た、文字通りインド風のチキンカレーに近い。で、沢山のスパイスを使っている事もあってか中々スパイシーと言うのか辛口タイプのルーだが、個人的には普通にウマい!が、この手のチキンカレー?と言うのかインドカレー?が余り好きでは無いご主人様には若干不評・・・。確かに私個人もどちらかと言うと欧風カレーの方が好きなので気持ちは判らなくも無いが、この手のチキンカレーとしては美味しい方だと思ったのだけど・・・。
 
CURRYDININGオニオン’Sフライドチキンカレー
そしてこちらは”フライドチキンカレー”にトッピングされていた”身がほろりとくずれる骨付きチキン”で、事前に大量に煮込んで置いてある為か、熱々では無かった物のお店の紹介文に”トッピングの骨付きチキンは骨からホロリとほぐれるくらいに 柔らかく煮込んでいます”と書いてある様にスプーンを軽く当てるぐらいで、肉がほぐれるぐらいにメチャ柔らかく中々ウマい!この骨付きチキンが2~3本あれば生ビール1杯は軽く飲み干せる様だったかな。
 
CURRYDININGオニオン’Sフライドチキンカレー
そしてもう一つ、ある意味”フライドチキンカレー”のメインとも言えるのが、こちらの”特製タレで作るジューシィなフライドチキン”で、こちらは当然の如く揚げ立て熱々だし鶏肉もジューシーでこれまたメチャウマい!唐揚げ系は揚げ立て熱々だけでもウマいので、他店と比べてどうなの?と言う思いはあったが、個人的に”フライドチキンが入ったカレー”を『ココイチ』で良く食べていた事もあり、中々ウマかったかな
 
CURRYDININGオニオン’Sフライドチキンカレー
ちなみにカレーのルーの中には、この様なチキンのほぐし肉たっぷりと入っていて、正にチキン尽くしのカレーだったかな。
 
てな事で、このカレー屋さんの事は2年ぐらい前?からずっと気になっていたのだが、今回漸く食べに行く事が出来たのだが、店名に”オニオン”と入っていたので、数日前に紹介した”淡路島カレー”みたいな感じのカレーが食べれるのかと思いきや、紹介した様にインド風のチキンカレーに近い様なカレーだった・・・。で、ふと頭に浮かんだのが、以前に食べに行った姫路市役所近くにある『phakchi(パクチー)』と言う名のカレー屋さんとか、姫路城近くにある『Ladhidh ラジーズ』と言うカレー屋さんはどちらも、スパイスを売りにしたお店だった・・・。スパイスを強調すると全部こんなカレー?になってしまうのかも知れない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.