義史のB型ワールド

2014年9月20日

以前、イオン明石のレストラン街で食べた”はま寿司”が明石魚住にも出来たので食べに行ってみた。この日食べた”濃厚魚介とんこつラーメン”は、そこそこウマい!

Filed under: — 代理人 @ 11:54 PM
 
代理人記録
 
今年の冬頃だったかにイオン明石のレストラン街に寄ったら、以前あった焼肉屋さんの跡地に『はま寿司』と言う回転寿司チェーンが出来ていて、その時のフェアメニューにあった”かにラーメン”が凄く美味しそうだったので、後日食べに行ったら既に”かにラーメン”は終わっていて代わりに”えび味噌ラーメン”を食べたのだが、何かちょっと残念な味だった・・・。それはさて置き、この『はま寿司』が今度は明石魚住?と言うのか、雰囲気的には土山じゃ無いの?と思う処にお店が出来たので様子見がてらに食べに寄ってみた。
 
はま寿司/明石魚住店
こちらが今回行って来た『はま寿司/明石魚住店』で、お店のある住所の関係もあってか『明石魚住店』となっているが、実際にある場所は第2神明道路明石西ICを降りて南へ下った国道2号線と交わった交差点の直ぐ東側、この『はま寿司』を展開しているゼンショーグループが率いる『すき家』の直ぐ隣にある。で、この時は少し早目の午前11時半過ぎの訪問だったので、すんなりと席に座る事は出来たのだが、私の後からも続々とお客さんが入って来て正午近くには満席となり、名前を書いて入口で待ってね状態になっていた。相変わらず回転寿司屋さんて人気があるのね・・・。
 
はま寿司夏の贅づくしフェアメニュー
それはさて置き、こちらがこの時のフェアメニューでタイトルは”夏の贅づくし”となっていて、ちょっと珍しい”蝦夷あわび”があったので、試しに食べて見ようかな?と思ったら残念ながら既に完売していた(でもこの後に始まったフェアメニューの中にも”あわび”があったので、その気になれば幾らでも用意出来たんじゃあ無いの?と思ってしまうのだが・・・)。ま、私が回転寿司屋に来たとしても、余り魚系の寿司を食べる事は無く、例に寄って何故かラーメンを食べる事が多いので、この日も期間限定の”濃厚魚介とんこつラーメン”の他、適当に何品かのお寿司を注文!!!
 
はま寿司濃厚魚介とんこつラーメンはま寿司濃厚魚介とんこつラーメン
で、回転寿司屋さんなので、レーンを廻って来る物とばかり思っていたら、確か店員さんが直々に運んで来たのがこちらの”濃厚魚介とんこつラーメン”で、お値段は税抜価格280円也。パッと見た感じは『くら寿司』で何度か食べた”7種の魚介とんこつ醤油らーめん”に似ている様な気がしたが、味玉が入って無い分値段も抑え目になっている。それはさて置き、そのお味であるが文字通りの”濃厚魚介とんこつスープ”で、何と無く魚の削り節で誤魔化されてる感も無いでは無いが、この手のちょっと甘目な魚介系スープが好きな事もあって、普通に美味しい・・・。以前食べてがっかりした”えび味噌ラーメン”は、今回の”濃厚魚介とんこつラーメン”の方が好きかも・・・。
 
はま寿司濃厚魚介とんこつラーメン
そしてこちらは”濃厚魚介とんこつラーメン”にトッピングされてえいたチャーシューで、大した内容では無いが一応はちゃんとしたチャーシュー普通に美味しい・・・。少なくとも”スガキヤラーメン”や”幸楽苑の中華そば”に入っているチャーシューよりは上等な気がしたのだが・・・
 
はま寿司濃厚魚介とんこつラーメン
ちなみに”濃厚魚介とんこつラーメン”の麺はこんな感じで、雰囲気的には以前食べた”えび味噌ラーメン”で使われていた麺と同じ様な感じで可も無く不可も無くな麺だったかな。
 
はま寿司生うに握り
で、流石にラーメンだけではちょっと物足りない気がしたので、フェアメニューの中からオーダーしたのがこちらの”生うに握り”で、お値段は贅沢一貫価格とかで少し高目の税抜価格150円也。”うに”は軍艦巻きで偶に食べる事があるが、こう言った”生うに握り”で食べるのはちょっと珍しいかも・・・。それは兎も角として、偶に安物の”うに”を食べると海臭いと言うのか磯臭いと言うのか、そんな時があるのだが、この”生うに”にはそんな癖は無く普通に食べれる。でも格別にウマい?と言う程でも無かったかな
 
はま寿司黒まぐろ中とろ
そしてその次に食べたのがこちらの”黒まぐろ中とろ”で、お値段はこれまた贅沢一貫価格で税抜価格150円也。1貫でこの値段なので、もっと”大とろ”に近い感じの”中とろ”が出て来るのかと思いきや、私的には”赤身”じゃあ無いの?と思う様なネタだ。実際に食べても”赤身”にしか感じ無かったなあ・・・。このネタで1貫150円はちょっと高いかも・・・。
 
はま寿司生本ずわいがに
で、この時のフェアの”夏の贅づくし”のメニューの中から2貫食べたのだが、他に特に食べたい物が無い・・・、と思っていると目の前を廻って来たので思わず手にしたのがこちらの”生本ずわいがに”で、こちらのお値段は通常平日税抜価格で90円也。個人的に蟹が好きって事もあって、他の回転寿司屋さんに行っても”蟹のにぎり”を見つけと直ぐに手を出してしまうのだが、まあ90円と思えば普通に美味しい生本ずわいがに”だったかな。
 
はま寿司大切り炙りうなぎ
そしてその次に目の前にあったタッチパネルで追加注文したのがこちらの”大切り炙りうなぎ”で、お値段はこれまた平日税抜価格90円也。今年はあまり美味しい鰻を食べて無かった事もあり、思わず注文してしまったのだが、これまた90円で食べれる”うなぎのにぎり”だと思えば中々美味しい方だった。
 
はま寿司 ローストビーフガーリックソース
で、”大切り炙りうなぎ”と同じく追加して食べたのが、最近食べる機会が多かった”ローストビーフ”を使ったそのまんまの”ローストビーフ ガーリックソース”で、お値段はこちらも平日税抜価格90円也。”ローストビーフ”の上には西洋ワサビと、写真で見るとジェル状に見えるのがガーリックソースで、このまま食べると何と無く洋風テイスト、あるいはプチ”ローストビーフ丼”風な味わいがあって中々ウマい!変な話?この日食べたお寿司の中では1番美味しかったかも・・・
 
はま寿司合鴨黒こしょう仕立て
そして最後に食べたのが、こちらの”合鴨黒こしょう仕立て”で、こちらも平日税抜価格の90円也。ネーミングは”黒こしょう仕立て”だが、ご覧の様にスライスした生の玉ねぎとマヨネーズがトッピングされていて、これまた洋風な感じでこれまたウマい!でも先ほど食べた”ローストビーフ ガーリックソース”程では無かったかな。
 
てな事で、『すき家』を展開しているゼンショーグループが最近あちらこちらに出店攻勢をかけている回転寿司チェーンはま寿司』が明石土山近くにも出来たので、食べに行ってみたのだが、この日食べた”濃厚魚介とんこつラーメン”と”ローストビーフ ガーリックソース”は中々美味しかったかな。でもフェアメニューだった”黒まぐろ中とろ”はイマイチだったけど・・・。何れにしても今年の初め頃に食べ逃した”かにラーメン”が登場する事にはまた食べに行ってみたいと思うのであった!

少し前になか卯に行ったら、唐あげ無料券を貰ったのでその券を使いに行ってこの日は新メニューの”豚生姜丼”を食べた!相変わらず味濃い目で何かイマイチ・・・。

Filed under: — 代理人 @ 5:48 PM
 
代理人記録
 
少し前に『なか卯』でも遂に販売が開始された”うな丼”のメニューの中の一つである”うなまぶし”を食べに行ったら久々に”唐あげ”とか”サラダ”の無料券をくれた。”サラダ”は兎も角として”唐あげ”は嫌いでは無いので折角なのでその無料券を使いにまたまた『なか卯』へ行って来た。
 
なか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た丼ぶりと京風うどんのお店『なか卯/加古川店』で、時々書いている様に元々は大阪発祥のうどんのお店で、未だ大阪に『吉野家』の店舗があまり無かった頃”吉野家のパチモンのお店”の如く、オレンジ色の看板の牛丼屋さんで、個人的にも良く食べに行っていたのだが、その後『すき家』と同じくゼンショーグループの傘下になった後、影は薄くなってこの『加古川店』も何時無くなるのだろう?と思いつつも、未だこうしてお店が続いている事を見ると、それなりに固定客が着いている?って事なのかな?
 
なか卯の豚生姜丼フェアメニュー
それはさて置き、最近何処のお店に行っても期間限定のフェアメニューを食べる事が多いのだが、この日も”うな丼”に代わって登場した”なか卯の豚生姜丼”なる期間限定の商品があった。『なか卯』の案内に寄ると”これまで、なか卯では、「親子丼」を始め、「牛とじ丼」や「衣笠丼」、「木の葉丼」等、なか卯のこだわり卵を使用して地域にゆかりある’卵とじ’をアレンジして提供して来たが、今回は豚肉を使用したなか卯こだわりの’卵とじ’”との事。古くから『なか卯』をこよなく愛して来た私だし、此処に書いてある丼ぶりも全て制覇して来た私なので、この”豚生姜丼”も食べない訳には行かない!って事で、この日はこの”豚生姜丼”を食べる事に決定!!!
 
なか卯唐あげ(2個)無料券
ちなみにこちらが前回”うなまぶし”を食べた時に貰った”唐あげ(2個)無料券”で、当然の如く、こちらも一緒に注文!!!参考までに、以前に無料券で食べた”唐あげ”の記事を検索して見ると、以前は”3個無料券”で、その時の値段は3個で180円だった・・・。その時と同じ値段で計算すると120円のサービス?と言う事になるのかな・・・。
 
なか卯の豚生姜丼となか卯唐あげ(2個)
それはさて置き、間も無くして手元のブザーが鳴ったので、受付カウンターまで取りに行ってセルフで運んで来たのが、こちらの”豚生姜丼”と”唐あげ(2個)”で、お値段は550円也。豚肉を使用しているとは言え、他の牛丼チェーンの”豚丼”系を比べてもちょっと高目の価格設定だ。きっと”豚肉”代と言うよりも”なか卯こだわりの卵”の原価が高いのだろう・・・、と信じておこう・・・
 
なか卯の豚生姜丼
そしてこちらが今回食べた”なか卯の豚生姜丼”で、ご覧の通り”豚肉”を使った”卵とじの丼ぶり”で、『なか卯』の商品説明に寄るとやわらかい豚のバラ肉と甘みのある玉ねぎ、彩りの鮮やかな青ネギを使用。少し甘めの特製生姜ダレに絡めた豚肉は、しっかりとした味つけで、ふわふわの卵が生姜の風味を引き立てる”との事。で、そのお味であるが、生姜ダレだからなのか、ちょっとタレが濃いと言うのか辛い・・・。はっきり言って私には辛過ぎる味で全く美味しく無い。以前にこれと似た様な”豚丼”を”姫路名物どろ焼”で有名なお店『喃風/別所店』で食べた事があるのだが、あちらは結構美味しくてぜひもう一度食べてみたいと思っているぐらいなのだが、それと比べると雲泥の差がある・・・。
 
なか卯の豚生姜丼
ちなみに”豚生姜丼”の豚肉はこんな感じで、ご覧の通りの薄切りの豚バラ肉だ。『吉野家』で偶に食べる”ねぎ塩ロース豚丼”とか”焼味豚丼・十勝仕立て”には割と分厚目でサイズも大きい豚肉が使われているのだが、それと比べても何か貧弱・・・。値段が高い割には・・・、と言う様な印象だったかな。
 
なか卯の唐あげ(2個)
そしてこちらが無料券を使って食べた”唐あげ(2個)”で、以前に同じく『なか卯』で”唐あげ”を食べた時は揚げ置きされた冷めた物だったが、この日は偶々なのか今は揚げ立てを出す様に変えたのか、熱々で鶏肉もそこそこジューシーで普通にウマい”唐あげ”だ。とは言え、他店で食べる美味しい”鶏の唐揚げ”と比べると・・・、『なか卯』っぽい気はしたけど・・・。
 
てな事で、前回訪問時に貰った”唐あげ(2個)無料券”を使いにまたまた『なか卯』に行って、今回は”豚生姜丼”を食べたのだが、特製の生姜ダレが私の口に合わなかったのか、あんまり美味しい豚丼では無かったと言う印象・・・。個人的には元は大阪が発祥のお店と言う事で『なか卯』を応援して来たのだが、やっぱゼンショーグループ傘下になってからはイマイチになってしまった様な気もする・・・。そろそろ私が『なか卯』を見限る時が来たのかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.