義史のB型ワールド

2014年9月15日

稲美町にオープン予定のカレー屋さんを楽しみにしていたら、その前に東加古川に淡路島カレーのお店が出来たので食べに行ってみた!期待通り中々美味しいカレーだった!

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:44 PM
 
代理人記録
 
昨日は更新出来なかったので、そのお詫びに?比較的最近のお話を一つ・・・。
 
以前に稲美町中一色交差点近くに今年の6月頃に出来た『讃岐うどん たもや』に行ったら、そこから少し東へ行った処に自家製カレーのお店が建築中だった・・・。それ以降、この近くを通る度に何時オープンするのだろうとチェックしていたら、8月末頃にオープン予定となっていたのでその頃に食べに行ったらオープン延期の張り紙がしてあった・・・。折角楽しみにしていたのに・・・、と思って県農高校の横を通ったら、以前『キッチンまなべ』があった店舗跡地に”淡路島カレー”のお店が出来ていた。
 
淡路島カレー”と言うと、最近”NPO法人淡路島活性化推進委員会”とやらが一押ししているご当地カレー?で、私も昨年に淡路島へ行った時に『うずの丘大鳴門橋記念館』にあるレストランで食べた”淡路島カレー”も確かそんな感じのカレーだったし、他にも神戸や大阪でも”淡路島カレー”を販売しているお店が増えている。当然、私もカレーは大好きなので後日その”淡路島カレー”のお店に行ってみた。
 
淡路島カレーLC東加古川店淡路島カレーLC東加古川店
こちらが今回行って来た”淡路島カレー”の専門店であるその名も『淡路島咖喱/LC東加古川店』と言うお店で、先にも書いた様に、今は別府の方に移転した『洋食のまなべ』が以前『キッチンまなべ』と言う名でやっていたお店の跡地に新しく出来た様だ。このお店の前は、一カ月程前に通った気がするのだが、その時は全然気が付かなかったのだが、何時の間にやらこの”淡路島カレー”のお店が出来ていたのだった。ちなみに店内はテーブル席が3卓ほどと、大きなカウンターテーブルがあるだけの、少しこじんまりとしたお店だ。『キッチンまなべ』の時と似ている様な、少し改装されている様な、何かそんな感じだったかな。
 
淡路島カレーLC東加古川店
ちなみにお店の入口入って直ぐの処にはご覧の様にKiss-FMBANBANラジオでお馴染みの”ターザン山下”から届いた開店祝いの御花が飾ってあった。最近、私が食べに行くお店には何故か”ターザン山下”の影がチラホラ・・・。ま、”神戸さんちか麺ロード”にあった『ターメン堂』は、それと知って食べに行ったんだけど・・・
 
淡路島カレー東加古川店
それはさて置き、お店の前にはこの様な”淡路島カレー”の特徴を書いたボードが置いてあり、それに寄ると”淡路島カレー”の最大の特徴は”淡路島産プレミアム玉ねぎ丸ごと1個入り”な事らしい・・・。そう言えば以前に、JR明石大久保駅近くにある『さぬきうどん八達』に行って”淡路島カレーうどん”を食べたのだが、どうやらベースのカレーは同じ会社?が淡路島にある工場で作った冷凍の”淡路島カレー”を使っているみたいな・・・。
 
淡路島カレー東加古川店メニュー
そしてこちらが店内に置いてあったこのお店のメニューで、今日現在全国に139店舗あると言う”淡路島カレー”のお店の一部を覗除いてほぼ全店で食べれるのが、この4品のカレーらしい・・・。で、今回はこのお店が初訪問なので王道の”淡路島プレーンカレー”を食べ様かと思ったのだが、メニューの中に”初めての方はまずこちらを!”と書いてあったので、素直にそれに従い”淡路島スタウトポークカレー”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
淡路島カレー東加古川店メニュー淡路島カレー東加古川店メニュー
淡路島カレー東加古川店メニュー淡路島カレー東加古川店メニュー
ちなみにその他にも”淡路島カレーLC東加古川店”のオリジナルメニューとして、定番の”カツカレー”や”牛すじカレー”とか、あるいは一度は食べてみたい気がする”野菜カレー”とか”唐揚げカレー”等のメニューがある。そして当然の如く?それらのトッピングを自分の好きな様に追加して食べる事も出来るらしい・・・。個人的に大好きな”唐揚げと野菜のカレー”とかにして食べてみたい気がする・・・。
 
淡路島カレー東加古川店メニュー
その他にもこのお店は早朝から開いているらしく、このようなモーニングセットも用意されている。普段はモーニングには縁の無い私ではあるが、今度早朝から映画を観に行く事があれば、試しに食べに寄る事があるかも知れない・・・。
 
淡路島カレーの味わい方とこだわりと美味しさの秘密淡路島カレーの味わい方とこだわりと美味しさの秘密
更にメニューの中にはこの様な”淡路島カレーの味わい方&味のこだわり”と”淡路島カレーの美味しさの秘密”と書かれたページも載っていた。要約すると表のボードに書いてあった”口当たりは甘く、やがてしっかりとしたコクへと変化し、最後にスパイシーな辛さが効いてくる3段階の味わいが楽しめるカレー”らしいのだが、この辺りは公式サイトにも詳しく載っているので、興味のある方はそちらをご参考に・・・。
 
淡路島カレースタウトポークカレー淡路島カレースタウトポークカレー
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”淡路島スタウトポークカレー”で、お値段は880円也。メニューの商品説明に寄ると”スタウトビールで煮込んだ トロトロのポークが2枚ものった1番人気のカレー”らしい・・・。その脇には”酸味を抑え、万人受けするまろやかな味!”と言うキャベツのピクルスも添えられている。が、私のイメージでは”淡路島産プレミアム玉ねぎ丸ごと1個入り”と書いてあったので、淡路SAのメニューの中にある”淡路玉葱 まるごとカレー”の様な、玉ねぎが丸ごと1個トッピングされているのかと思いきや、そうでは無く玉ねぎはルーの中に溶け込んでいるらしい・・・。
 
で、肝心のカレーの味であるが、これまたメニューに甘さ、コク、辛さの3段階に変化。淡路島の恵みをはじめ、良質な素材と配合が織り成す奥深い味わい”と書いてある様に、中々ウマい!最近食べたカレーの中では1、2を争うぐらいに私の好みにマッチした欧風カレーだ!昨年淡路島へ行った時に『うずの丘大鳴門橋記念館』のレストランで食べた”淡路島カレー”も、JR明石大久保駅近くにある『さぬきうどん八達』の”淡路島カレーうどん”も同じルーを使っているはずなのだが、この日食べたカレーが一番美味しかったかな
 
淡路島カレースタウトポークカレー
ちなみにこちらは”淡路島スタウトポークカレー”にトッピングされていた”フライドオニオン”で、これまた先ほど紹介した”味のこだわり”も寄ると”玉ねぎを手切りし、カリッと揚げた一品。香ばしい味のアクセントは淡路島カレーのコクと好相性”との事。昨年淡路島へ行った時に食べた”淡路島カレー”にも似た様な”フライドオニオン”がトッピングされていたが、こちらの方が少し大き目な印象・・・。とは言え味的には似た様な物で可も無く不可も無くな印象だったけど・・・。
 
淡路島カレースタウトポークカレー
そしてこちらが”淡路島スタウトポークカレー”の最大の特徴である”スタウトビールで煮込んだトロトロのポーク”と言うその名も”スタウトポーク”で、パッと見た感じはラーメンに入っている様なチャーシューの様にも見えたが、またまたメニューの説明に寄ると”スタウトビールで炊いたポークはスプーンで切れるほどの柔らかさで、一番人気のトッピング”らしい。確かにとっても柔らかで中々美味しい豚肉だ!これがカレーに合うのかどうかは、ちょっと微妙な気はしたがお店が自慢するだけの事はあったかな。
 
淡路島カレースタウトポークカレー
ちなみに”スタウトポーク”の下のライスにはカレーがかかって無い・・・。って事で”スタウトポーク”とカレーとライスを一緒に食べなかった事もありライスだけが何と無く中途半端に残ってしまった・・・。偶にライスだけが余った場合、カレールーをサービスで追加してくれるお店もあるが、メニューにはそんな事は書いて無かったし、お店の人に尋ねるのも邪魔臭かったのでこのまま残りのカレーを食べたのだが、個人的にはカレールーはもっと多めにかけておいて欲しかったかも・・・。
 
てな事で、東加古川に最近出来た”淡路島カレー”のお店に行ってみたのだが、期待通り中々美味しいカレーだった。今回は初めてだったのでじっくりと味わう事が出来なかった気もするので、また近い内に食べに行ってみようと思う・・・。でもその前に稲美町中一色交差点近くに出来た自家製カレーのお店に行ってみようと思うのであった!
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。