義史のB型ワールド

2014年9月13日

久々にパチンコマルハンの飯屋に行ってラーメンを食べた!でも昨年みたいなTRYとコラボした有名ラーメンフェアでは無く、姫路野里店に出来た”てんがららーめん”だ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:17 PM
 
代理人記録
 
一昨年は”日本全国ご当地味めぐり”に釣られ、昨年は”TRY受賞店ラーメンフェア”と”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られ毎月一回、”つけ麺フェア”の時は週に一回ぐらいの割合で食べに行っていたパチンコマルハンの中にある飯屋さんであるが、残念ながらその後は大きなイベントは開催される事が無くなり、極々普通の割引サービスだったり季節限定のメニューの登場等のイベントのみになってしまったので、それ以降全く食べに行く事が無くなってしまった・・・
 
が、今年の8月に姫路野里に誕生したパチンコマルハンの新しい店舗には、兼ねてより噂で耳にしていた、パチンコマルハンが経営するマルハンダイニング直営のラーメン店『てんがららーめん』も出来ると耳にしたので食べに行ってみた
 
パチンコマルハン/姫路野里店
こちらが今回行って来た『パチンコマルハン/姫路野里店』で、加古川志方方面から行くと北花田から市川を渡った、2本松交差点の直ぐ東側辺りの、以前は山陽と言う会社があった場所の一角に出来ていた。パチンコマルハンの店舗と言えば割と直ぐ近くの砥堀にもあるのだが、こんなに近くに同じ系列のお店を出して大丈夫なんかいな?と思ってしまうのだが・・・。
 
てんがららーめん&ごはんどき/姫路野里店
それはさて置き、私が目指すのは玉が良く出る台では無く・・・こちらの『てんがららーめん&ごはんどき/姫路野里店』で、お店自体はパチンコ屋の入口の直ぐ南側にあったのだが、店内から行けるのかと最初はパチンコ屋の中に入って行ったら、そちら側からは行けなかったので、再び外に出て来て改めてレストランの入口から入る事となった。パチンコ屋の店内から直接行けた方が客も沢山入る様な気がするのだが、何か事情でもあるのかな?
 
てんがららーめん&ごはんどき/姫路野里店
で、早速レストランの扉を開けて店内に入って行くとご覧の様に広々としたテーブル席&カウンター席が並んで居て、一番奥には『てんがららーめん』と、当ブログではすっかりお馴染みの『ごはんどき』が2軒仲良く並んでいる・・・。とは言え、私が”ラーメン&つけ麺フェア”に釣られて毎週の如く食べに行っていた『加古川店』のカウンターだけのお店とは違い、このお店は所謂セルフ形式のお店になっている・・・。ちなみに受付カウンターはそれぞれ別ではあるが、キッチンの中は両方とも繋がっていたが・・・。
 
てんがららーめん/姫路野里店のメニュー
そしてこちらが『てんがららーめん/姫路野里店』とらーめんのメニューで、お店の冠が付いた看板商品の”てんがららーめん”には”白てんがら黒てんがら赤てんがら”の3種類があり、その他にも”アゴ出汁の旨味の醤油らーめん”とか”つけ麺”等のメニューもある。この時は『ごはんどき』のメニューは全然チェックしなかったので、想像でしか無いが確か『ごはんどき』にも”ラーメン”のメニューがあるはずなので、この1店?だけで色んなスープのラーメンが食べれる?と言う事になる?・・・はず・・・。
 
てんがららーめん/姫路野里店ワンコインフェア
それはさて置き、この日は『てんがららーめん/姫路野里店』のグランドオープンを記念して、通常価格570円の”白てんがら”、通常価格620円の”黒てんがら”、通常価格670円の”赤てんがら”の3種類のメニューに限り、ワンコイン500円で食べれるとの事・・・。今回はこのラーメン屋さんは初訪問だし、例に寄って割引サービス大好きなので、この日は素直にこの3品の中のどれかを食べる事に決定!
 
てんがららーめん/姫路野里店自動券売機てんがららーめん/姫路野里店自動券売機
で、お店入口入って直ぐの処には、この様な食券の自動販売機が置いてあってどちらの機械でも『てんがららーめん』か『ごはんどき』の食券は買える様なのだが、ご覧の通りこの日はトップ画面にはフェアメニューの商品が並んでいる・・・。で、先ほど書いた様に、今回が初訪問だったので普通の”白てんがら”にしようかと思ったのだが、割引金額を考えると”赤てんがら”が一番お得!てか”白てんがら”は70円の割引しか無いので、その程度であれば何時食べても同じだと思い、今回は”赤てんがら”を食べてみる事にした。
 
てんがららーめん赤てんがら
で、間も無くして出来上がりましたと言う呼び出しの声がかかったので、カウンターまで取りに行ってセルフで運んで来たのがこちらの”赤てんがら”で、通常価格670円の処、この日は”てんがららーめんオープン記念フェア”でワンコインの500円也。パチンコマルハンがやっているとは言え、一応はラーメン専門店を謳っているお店と言う事もあってか、パッと見た感じは本格的で中々ウマそうなラーメンだ。
 
てんがららーめん赤てんがら
そしてこちらが気になるスープで、イメージは白濁した感じの豚骨系のラーメンを想像していたのだが、ご覧の様に若干の透明感のあるスープで表面には背脂っぽい感じの物が浮いている。そしてその一角には”赤てんがら”の特徴である”赤みそ”っぽいものがドバっと載っている・・・。で、早速そのスープを飲んでみると少し甘目で思った程のこってりさも無く中々ウマい!しかし”赤みそ”を溶かして行くと、当り前だがスープの旨味よりも辛さの方が強くなって来た・・・。私はある程度覚悟してスープを飲んでいたので、それ程でも無かったのだが、この時に近くで同じく”赤てんがら”を食べていた兄ちゃんは辛さで思わず咽ていた。割引値段に釣られて”赤てんがら”を食べてしまったのだが、雰囲気的には”白てんがら”を食べた方が良かった様な気がする・・・。
 
てんがららーめん赤てんがら
そしてこちらは”赤てんがら”にトッピングされていたチャーシューで、枚数的にはたったの1枚だけだったが、ご覧の通りの結構大き目だし厚みもあるし、昨年の”TRY受賞店ラーメンフェア”で食べた各有名店のチャーシューと比べても遜色の無いぐらい、中々美味しいチャーシューだった。
 
てんがららーめん赤てんがら
ちなみにその”チャーシュー”の厚みはこんな感じで、流石に”TRY受賞店ラーメンフェア”で食べた”中華蕎麦とみ田のラーメン”に入っていた極厚のチャーシュー比べるとそこまでの厚みは無いが、その辺のラーメン屋さんよりは分厚い気がするし、何より2年ぐらい前に”ごはんどきで食べた醤油ラーメン”のチャーシューよりも分厚かった気がする(でも本来であれば、同じチャーシューを使う気もするよなあ・・・)。
 
てんがららーめん赤てんがら
そしてこちらは”赤てんがら”の麺で、ご覧の様な極細に近いストレートな麺で、偶に書いている様に太麺好きな私には極々普通の麺だったかな・・・。
 
てな事で、久しく食べに行って無かったパチンコマルハンの中にある飯屋さんなのだが、今回はちょっと遠征して8月に誕生した『姫路野里店』に行ってこの日はキャンペーン価格に釣られて”赤てんがら”を食べたのだが、”赤みそ”は兎も角としてベースのスープは美味しい様な印象・・・。値段も手頃だし今度はオーソドックスに”白てんがら”か、あるいはちょっと食べてみたい気がする”アゴ出汁の旨味の醤油らーめん”とやらを食べに行ってみようと思うのであった!
広告

WordPress.com Blog.