義史のB型ワールド

2014年9月11日

稲美町と言うよりか個人的にはほとんど三木じゃ無いの?と思う場所に山賊ラーメンと言うお店が誕生したと耳にしたので食べに行ってみた。ラーメンよりカレーが食べてみたくなったのだが・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
一時期、毎月一回開催されていたお客様感謝デーの2割引に釣られて山陽自動車道にある三木SAに行ったり、あるいは時々開催されていた三木グルメサーカスに出店していた有名ラーメンを食べに行ったり、その他にも偶にカレーハウスとかケーキ屋さん等に行ったりしていた三木市方面だが、お客様感謝デーは終わってしまったし三木グルメサーカスもこの数年は他の都市での開催となったので、此処最近は三木市方面へ行く事は無くなった。が、その三木に限りなく近い場所に何やら怪しい『山賊ラーメン』と言うお店が出来たと耳にしたので、とある天気の良い日にドライブがてらに様子を見に行ってみる事にした
 
山賊ラーメンがりゅう山賊ラーメンがりゅう
こちらが今回行って来た『山賊ラーメン がりゅう』と言うお店で、お店がある場所は以前に三木にちょくちょく行っていた時に偶に国道175号線の小林交差点から稲美町の方へ抜けて帰って来る事があったのだが、その途中の正に一昔前なら山賊でも出て来そうな人里離れた場所にポツンとある様なお店だ。で、ご覧の通り誰がどう見ても到底ラーメン屋さんには見えない店構えだったので、後で調べてみると以前は『お食事処 古都』と言う和食のお店だったらしい・・・。確かにそんな風貌のお店だ・・・。
 
山賊ラーメンがりゅう
ちなみに『山賊ラーメン がりゅう』の店内はこんな感じで、真ん中には店の厨房に面したカウンター席があり、駐車場に面した窓側は4人掛けのテーブル席が3卓か4卓、お店の入口入って右手側には座敷席があったが、雰囲気的には以前にあったお店のまんまの様で、やはりラーメン屋さんと言う様な感じの店内では無い・・・。
 
山賊ラーメンがりゅうメニューのボード
それはさて置き、こちらはお店の入口の横に置いてあったオススメのメニューを書いたボードで、店名は『山賊ラーメン』だが、ラーメンの他に”週替わりカレー”とか”週替りの定食”等もあるらしい・・・。一瞬この中にある”夏野菜カレー”とか”かきあげカレーラーメン”なる物に関心が沸いたのだが、今回はこのお店の初訪問だし場所的に次は何時来るか?来れるか?判らないので素直にラーメンを食べる事にした。
 
山賊ラーメンがりゅうメニュー山賊ラーメンがりゅうメニュー
で、こちらが店内に置いてあったラーメンのメニューで、それに寄ると看板ラーメンは”山賊ラーメン”と”海鮮ラーメン”の2つで、その他にも”味噌ラーメン”か”かき揚げカレーラーメン”ってのもあって中々楽しげな印象・・・。その他にも表のボードに書いてあった”冷やし中華”とか”冷やし担々麺”ってのもあったが、初訪問で流石に冒険する気は無く、それらに心が惹かれる事は無かったかな
 
山賊ラーメンがりゅうランチメニュー山賊ラーメンがりゅうその他メニュー
それはさて置き、最初に書いた様にこの日がこのお店の初訪問なので、素直にお店の看板商品で店の冠が付いた山賊ラーメン”を食べる事に決めたのだが”ランチメニュー”を見ると”山賊ラーメン”を単品で頼むよりも、ライスが付いた”山賊ランチ”を頼んだ方が値段も安いので、ライスは要らんのになあと思いつつも小市民な私は”山賊ランチ”を頼んだのだった。ちなみに値段が安い分、通常の”山賊ラーメン”と内容が違うかも?と思ってお店のお兄ちゃんに確認したら、全く同じ内容との事。って事はやっぱランチタイムにはランチメニューを頼まんと損かも。
 
山賊ラーメンがりゅう紹介記事山賊ラーメンがりゅう紹介記事
ちなみにこちらは店内に置いてあった雑誌の紹介記事の切り抜きで、これに寄ると”洋食と和食の料理人が出会って生まれた、いわゆるラーメン屋さんとはちょっと違う”お店らしい・・・。ん?これと似た様な事が加古川尾上にある『大和地鶏 鶏塩らーめん麺魂』でも謳っていた様な気が・・・。それにしても”山賊ラーメン”と言うネーミングが”洋食と和食の料理人”のイメージとは少しずれている様な気もするのだが・・・。
 
山賊ラーメンがりゅう山賊ランチ1
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”山賊ランチ”で、ご覧の様に”山賊ラーメン”と”ライス”がセットになってお値段は750円也。他のラーメン屋さんでもランチタイムにライスが付いたお得な価格設定のお店は多いが、このお店に様にライスが付いてラーメンの単品価格よりも更に10円安いと言うお店は他に思い当たらない・・・。せいぜいあって、ライスが無料になるってのが関の山なので、そう考えるとこのお店のランチはライス食べ放題を別にしても、メチャ良心的な価格設定な気がする・・・。
 
山賊ラーメンがりゅう山賊ラーメン
そしてこちらがこのお店の屋号が付いたお店の看板商品である”山賊ラーメン”で、先ほど紹介した雑誌の切り抜き記事に寄ると”あっさり豚骨醤油味がベースで、明石のイチ麺食品の中太麺を使い、野菜がたっぷりで、ほぐした鶏もも肉、いろいろ野菜、ネギの三重奏がとってもヘルシー”との事。スープの表面のあちらこちらに浮いているのは”ごま油100%のネギ油”なんだとか。確かに日清の出前一丁に付いていあるゴマラー油っぽい風味がした様な気が・・・。
 
で、そのお味であるが”豚骨醤油スープ”と言われるとそんな様な気もするし、”野菜たっぷり”のあっさり系と言われるとそんな気もする言葉のボキャブラリーの少ない私には何とも表現しがたい印象の味・・・。単純にウマいのかそうで無いのか?と聞かれると私的には後者の方を選びたくなるが、確かにとほぐした鶏肉と野菜がたっぷりなので、もしかすると女性陣にはうける味なのかも知れない・・・。
 
山賊ラーメンがりゅう山賊ラーメン
ちなみにこの”山賊ラーメン”の最大の特徴とも言えるのが、こちらのほぐした鶏もも肉”で、個人的には偶にあちらこちらのお店で”鶏のチャーシュー”を使ったラーメンに出くわす事は多いが、こう言った”ほぐした鶏もも肉”がそのまま入っているラーメンは珍しいかも。ただ、味的にはそのまんま”ほぐした鶏もも肉”な感じで、例えば”岡山笠岡ラーメン”や”高知須崎鍋焼きラーメン”等の親鳥を使った歯応えガッチリの鶏肉とは違い、柔らかくて非常に食べ易かったがインパクトは薄いかな・・・。
 
山賊ラーメンがりゅう山賊ラーメン
そして”山賊ラーメン”の麺はこんな感じの若干柔らか目な印象の玉子麺で、先ほどの雑誌の切り抜きに書いてあった内容に寄ると”明石のイチ麺食品の中太麺”を使っているらしい・・・。そう言われても、全くピンと来なかったのだが麺的は滅多に味わえ無い感じで普通に美味しかったかな(ラーメンでは無いが、姫路駅前に最近出来たカレー屋さんの添え物のスパゲティに似た触感だった気がする・・・)。
 
山賊ラーメンがりゅう無料の漬物山賊ラーメンがりゅう無料の漬物
最後に・・・、どうでもエエがこちらはテーブルの上に常設されている”無料の漬物”で、タクアンキムチの2種類がありどちらもオーソドックスながら中々ウマい!今の私にはお茶碗一杯のご飯で十分だったけど、もう少し若くて元気があった頃であれば、このお漬物だけで軽くお茶碗一杯分のご飯が食べれた様な気がする・・・。
 
てな事で、三木に限りなく近い稲美町の山の中?ちょっと変わったラーメン屋さんが出来たと耳にしたので遥々と食べに行ってみたのだが、看板商品の”山賊ラーメン”を食べた印象としては期待した程では無かったかな。でも他に私の大好きなカレーも自慢の様だし、また近いうちに食べに行ってしまいそうな気がする・・・。
広告

WordPress.com Blog.