義史のB型ワールド

2014年9月4日

遂に2012年に開催された中島みゆきコンサート「縁会」がBlu-ray&DVDで発売される!ん?2010年のコンサートの映像はどうなったの・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 10:21 PM
 
代理人記録
 
少し前に2012年の冬から2013年の年初にかけて行われた中島みゆきコンサート「縁会」2012~3 のLIVE CDの発売されると発表があったのだが、そのCDの内容を見るとコンサートで演奏された全曲では無く、約半分ぐらいしか収録され無い中途半端な内容で、しかも演奏曲はカットする癖に何故か意味の無いカラオケ曲が2曲入っていると言う、何を血迷った事をしてるの?と思わず突っ込みたくなる様な内容だったのだが、昨日遂に、そのコンサートの模様を映像収録したBlu-rayとDVDが発売される事が発表された!
 
中島みゆき「縁会」2012~3 (Blu-ray、DVD)
こちらが今回発売される事が発表された”中島みゆきコンサート「縁会」2012~3 (Blu-ray、DVD)”のジャケット写真で、その内容はと言うと”2012年10月25日から2013年5月23日の大阪フェステバルホール’フェスティバルホールオープニングシリーズ’として開催された追加公演まで、全国13会場29公演行われた最新コンサートツアー「縁会」2012~3を商品化!「空と君のあいだに」、「地上の星/ヘッドライト・テールライト」、「最後の女神」、「化粧」、「泣きたい夜に」など中島みゆきの代表曲から、云わずと知れた名曲「時代」、極めつけは27年ぶりに歌われた「世情」など、まさにライヴベストとも云える充実した内容となっている”と言う代物。
 
で、その収録内容を見ると当然の如くコンサートで演奏された全曲収録・・・、かと思いきや、何故か2曲ほどカットされている。その内の1曲は唄の無いインストルメンタルなので気にはならないが、それに続くもう1曲の昔懐かしい曲”真直な線”が入って無いのはちょっと解せない。その癖、直前に発売されるLIVE CDの方にはその2曲共入っている・・・。もしかしたら、その2曲の時だけビデオカメラが不調でちゃんと映像として録画出来なかったとか・・・、そんな事は無いか・・・。
 
中島みゆき「縁会」2012~3 - LIVE SELECTION -
ちなみにこちらは”中島みゆき「縁会」2012~3 – LIVE SELECTION –”のジャケットで、こちらの内容はと言うと”2012年10月25日から、2013年5月23日の大阪フェスティバルホールのこけら落とし公演まで、全国13会場で29公演行われた中島みゆきの最新コンサートツアーを収録したLIVE CD!90年代のミリオンヒット曲「空と君のあいだに」、NEWS 23エンディングテーマ曲「最後の女神」、涙を誘う「化粧」、「泣きたい夜に」、「ヘッドライト・テールライト」などの数々の名曲を歌う中島みゆきの歌唱とプロフェッショナルな演奏を楽しめる1枚です。ボーナストラック2曲収録”と言う代物・・・。
 
で、このLIVE CDは先にも書いた様にコンサートでの演奏曲は11曲しか収録されて無い変わりに”泣きたい夜に”と”倒木の敗者復活戦”の2曲のカラオケが何故か入っているのだった。ちなみにBlu-ray&DVDに収録されて無い2曲は、こちらのLIVE CDには入っている・・・。って事はBlu-ray&DVDとLIVE CDの両方を買え!って事なのかな。そう言えば以前のコンサートDVD”歌旅”の時もそうだった様な・・・。
 
中島みゆき 「麦の唄」 Single, Maxi
更には少し前にニュースで話題になったが、秋から始まるNHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌に、中島みゆきの新曲「麦の唄」が採用されるとの事。しかもその新譜CDのカップリングには、中島みゆきがももいろクローバーZに楽曲を提供をした「泣いてもいいんだよ」(ももいろクローバーZ史上初めてオリコンチャート1位に輝く)のセルフカバーが収録されるらしい・・・。
 
 
で、その新曲「麦の唄」のPVのショートカットバージョンがアップされているで、こっそりとご紹介・・・。最後の方にはモモクロに提供した「泣いてもいいんだよ」のセルフカバーも少し入っている。流石にモモクロ版をカラオケで唄おうと思った事は無かったが、中島みゆきバージョンがあったら唄いたくなるかも知れないから、今からちょっと練習しておこう・・・。そりゃあっ!!!
 
中島みゆきオリジナル・ニューアルバム 「問題集」
そしてその他にも通算40枚目オリジナル・ニューアルバム 「問題集」も発売される。その中身はと言うと”9月29日の初回放送から2015年3月28日まで放送されるNHKの朝の連続ドラマ、NHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌「麦の唄」や中島美嘉に楽曲提供をした「愛詞(あいことば)」(コンサート会場にて2人でデュエットし話題となる)のセルフカヴァー。「夜会工場Vol.1」で歌われた新曲「産声」など話題の歌は勿論、タイトルナンバーの「問題集」や今年の夜会で歌われる予定の楽曲など様々な歌を収録。唯一無二のソングライティングと歌唱、音楽劇「夜会」の新作公演等バイタリティ溢れる活動など色あせることのない中島みゆきの今が表現された最新作”との事。残念ながらアルバムの方にはモモクロに提供した「泣いてもいいんだよ」は入って無いのね。何か売りの1曲が無い様な気もするが・・・。
 
中島みゆき 夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」
最後に・・・、今年は残念ながら中島みゆきコンサートの予定は無く東京でのみ、夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」が開催される(上演内容は現時点では全く不明・・・)。って事は、何時ものパターンで行くと来年は再演?で東京&大阪公演が開催されるのかも・・・。そうなるとコンサートは2年後まで開催され無いのかも知れない・・・可能性としては来年コンサートをやって、再来年が再演?なのかも知れないが・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。