義史のB型ワールド

2014年9月3日

ラーメン虎と龍の飾磨店跡地に出来た新しいラーメン屋で”牛テールラーメン”を食べた!豚骨とは違う脂分とこってり感があって中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
以前に姫路にあった『ラーメン虎と龍』の『姫路フォーラス前店』とか『姫路イオンタウン店』とか『飾磨店』が閉店していると書いた事があるが、その時に『飾磨店』を観に行った時はシャッターが下りたままの空き店舗風のままだった。が、後日再び『飾磨店』の前を通ると何か改装工事をやっていたので、もしかしたら別のお店でも出来るのかと思っていたら、6月頃にその店舗跡地にまたまたラーメン屋さんが誕生したと耳にしたので食べに行ってみた。
 
aji彩ラーメン
こちらが今回行って来た『aji 彩ラーメン』で、先にも書いた様に以前は『ラーメン虎と龍/飾磨店』だった店舗跡地なのだが、看板や壁等は新しく改装されている事もあり雰囲気は大分異なる。で、この時の入店時間はランチにはちょっと遅めの午後1時頃だったのだが、カウンター席もテーブル席も未だ先客が一杯!窓際の座敷席は空いていたのだが、そこは6人ぐらい座れそうな大きな座敷席が2つ並んでいたので、流石にそこに座る勇気は無く、思案していたら奥の4人掛けのテーブル席が1卓空いたので、そちらの方に座られて貰う事にした。
 
食の道場
ちなみにこの『aji 彩』と言うラーメン屋さんは、TV東京系の番組でお馴染みの”神の舌を持つ男”と噂されるラーメン評論家”石神秀幸”が塾長を務める”ラーメン職人養成塾「食の道場」の卒業生のお店らしい・・・。何かこんな訳のわからん学校が出来ていたのね。今年お亡くなりになった佐野実さんがTVでやっていた”ラーメンガチンコ道”が頭に浮かんでしまうのだが、こちらはちゃんとした学校なので、普通にラーメンの作り方を教えていたのかな・・・。
 
aji彩ラーメン
それはさて置き『aji 彩ラーメン』の店内はこんな感じで、以前あった『ラーメン虎と龍/飾磨店』の時のあっけら感とした店内とは違い、何と書く小洒落た感じの雰囲気がある。その分、奥に行く程薄暗くてブログ用の写真を撮るにはイマイチだったけど・・・。ちなみにこの写真の左手の窓際には外の光が差し込む座敷席があったのだが、6人掛けっぽかったので流石に遠慮したのであった。窓際の明るい場所にカウンター席を作って欲しかったなあ・・・。
 
aji彩ラーメンメニューaji彩ラーメン一品メニュー
そしてこちらがこのお店のメニューで、ご覧の様にラーメン屋専門店と言う割りには一品メニューが豊富で野菜いためとかレバニラいための他にアジフライや白身魚フライ、果てはソースやきそばなんかもある、ちょっと不思議なメニュー構成だ。で、肝心のラーメンはと言うと大きく分けると”みそベース”と”しょうゆベース”の2種類のスープがあるのだがお店的には”みそラーメン”の方が売りの様・・・。が、個人的にはあちらこちらのラーメン屋で”牛骨系のラーメン”を食べている事もあり、今回は”牛テールラーメン”を食べる事に決定!!!
 
aji彩ラーメン特製いか焼きメニュー
ちなみに他にも何故かこの様な”いか焼き”もメニューの中にあった・・・。で、私は大阪生活が長いせいもあってか”いか焼き”と言うと大阪梅田にある阪神百貨店の地下1Fで売られている粉もんのいか焼き”を思い浮かべてしまうのだが、写真を見る限りそうでは無く、所謂”いかの姿焼き”を食べ易くカットした様な感じの物だ・・・。これってラーメンに合うのかなあ・・・。
 
aji彩ラーメン牛テールラーメンaji彩ラーメン牛テールラーメン
それは兎も角として、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛テールラーメン”で、お値段は税込価格810円也。実物を目の当たりにするまではもう少し透明感のある上品な感じのスープのラーメンかと思いきや、白濁はして無いが何と無くコテコテと言うのかギトギトとした様なこってり感満載のスープに見える。メニューに書いてある説明に寄ると”じっくり煮込んだ牛テールで作ったスープ、コラーゲンたっぷりなラーメン!!”との事。
 
で、そのお味はと言うと大体見たイメージ通りに中々ワイルドなスープだが、私好みの甘目の出汁で中々ウマい!何と無く見た目は以前に姫路食博で食べた”牛テールスープらーめん”に近い様に思えたが、遥かにこちらの方が旨い!ちなみに以前に”神戸さんちか麺ロード”で食べた”神戸牛ラーメン”や、今年行った倉吉で食べた”鳥取牛骨ラーメン”は同じ牛骨系でも、こんなにギトギトして無かったので、女性陣にはあちらの方がオススメかも・・・。
 
aji彩ラーメン牛テールラーメン
そしてこちらは”牛テールラーメン”にトッピングされていた”骨付の牛テール”で、こちらも中々ワイルドだ。そう言えば姫路食博で食べた”牛テールスープらーめん”とか大阪にある『牛たん炭焼 利久』で食べた”テールスープ”の中にもこんな感じの”骨付の牛テール”が入っていたっけ。で、骨付きな事もありこのまましゃぶり付いて食べたのだが、出汁を取るために煮込んであるので肉の旨味は抜けているのかと思いきや、再びスープを吸い込んているのかしっかりと味があってこれまたウマい!食べれる部分が少ない&食べ難いと言う辺りがちょっと気にはなるが、中々美味しい”骨付の牛テール”であった。
 
aji彩ラーメン牛テールラーメン
ちなみにこちらは”牛テールラーメン”の麺で、ご覧の様な細目のストレート麺で、個人的に太麺大好きな私と言う事もあってか特に印象が残る様な麺では無く、味的にも可も無く不可も無くだったかな・・・。
 
aji彩ラーメン牛テールラーメン
その他にも”牛テールラーメン”の中にはこの様な”味玉”が半分だけ入っていたが、こちらも至って普通の”味玉”だったかな。
 
aji彩ラーメン牛テールラーメンaji彩ラーメン牛テールラーメンaji彩ラーメン牛テールラーメン
で、”牛テールラーメン”を食べていると、無料サービスで付いているとか言うキムチ茹で玉子が運ばれて来た。が、私が入店するまでは店内は大賑わいしていた様で、本来であればテーブル上に備えてある取り皿がこの時は見当たらない・・・。気の弱い私は仕方無く、茹で玉子の殻は茹で玉子が入っていた皿の上に入れ、そのままラーメンの中に投入!キムチは入れる小皿が無いので、レンゲの上に載せて食べたのだった・・・。忙しかったのは判るけど、それは後の客には関係の無い事だからねえ・・・。
 
てな事で、『ラーメン虎と龍/飾磨店』の跡地に誕生した『aji 彩ラーメン』と言うお店に行ってこの日は”牛テールラーメン”を食べたのだが、以前姫路や加古川にあった『ラーメンまこと屋』の”牛醤ラーメン”のスープとは全然違う、余りこの辺りには無い感じの”牛骨スープ”で中々ウマかった!そんな事もありまた近々、もう一つのお店の看板商品である”みそラーメン”も食べに行こうと思うのであった!でも定食系も食べてみたい気もするなあ・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。