義史のB型ワールド

2014年8月21日

ポイントがもう直ぐ満タンになる!と言う事で、またまた姫路バイパスの別所PAに行って”若鶏のから揚げ丼”を食べてみた。値段は手頃だが油林鶏ソースの味が・・・。

Filed under: — 代理人 @ 11:48 PM
 
代理人記録
 
2年ぐらい前の春頃にリニューアルされた際にお食事処やコンビニが出来て以来、偶に利用する様になった姫路バイパス上下線にある別所PAであるが、基本的に上下線とも同じメニューだし種類も多く無いのでリニューアルされた当初に何回か行ったら直ぐに飽きてしまった・・・。が、その後、偶に登場する期間限定のフェアメニュー2割引になるサービスデーに釣られて食べに行っていたら1年程前にポイントカードを貰った。10個ポイントを貯めると好きな一品が無料で食べれると言う内容で、ポイントを集めるのも比較的ハードルの低い事もあり時々、別所PAに食べに行っていたのだがその有効期限が迫って来た。後何回かの訪問でポイントが満タンになる事もあり、短期間の間に何度かこのお店に行かなければと思いまたまた行って来た。
 
姫路バイパス別所PA上りお食事処『IKI』姫路バイパス別所PA上りお食事処『IKI』
こちらがまたまた行って来た姫路バイパス別所PA上りお食事処『IKI』で、この日は土曜日のランチタイムど真ん中と言う事もあり店内はそこそこのお客さんで賑わっている。で、平日は長距離トラックのドライバーさんとか営業マン風のビジネスマンのお客さんが多いのだが、流石に土曜日と言う事もあってファミリーっぽいお客さんの姿もチラホラ・・・。でもやっぱ印象的にはドライバーの飯屋さんっぽい気がしないでは無いが・・・。
 
お食事処『IKI』若鶏のから揚げ丼メニュー
それはさて置き、このお店には毎月一回と言う程では無いが別所PAがリニューアルしてからの2年の間に偶に食べに来てた事もあり、通常メニューはちょっと飽きて来た・・・。てな事でこの日も少し前に加わった”新メニュー”の中から”若鶏から揚げに甘酸っぱい油林鶏ソース使用”したと言う”若鶏のから揚げ丼”とやらを食べてみる事にした。ちなみにこのメニューはこの訪問時点では”上り側のお店”の限定メニューで”下り側のお店”には無かったのでご注意を・・・。
 
お食事処『IKI』若鶏のから揚げ丼
で、間も無くして出来上がって来たのがこちらの”若鶏のから揚げ丼”で”味噌汁”と”漬物”が付いて、お値段は580円也。”味噌汁”のお椀の大きさと比べて貰うと判るのだが、このお店は客層を意識してか丼ぶり鉢の大きさは結構デカくてご飯もたっぷりと入っている。偶に定食を食べる時にはご飯を少な目にして貰う程だ。そう思うとこのボリュームでこのお値段は、確かにお手頃価格だ。
 
お食事処『IKI』若鶏のから揚げ丼
そしてこちらがメインの”若鶏のから揚げ丼”で、ご飯の上に千切りキャベツを敷き詰めその上に”甘酸っぱい油林鶏ソース”で味付られた”若鶏のから揚げ”が4個と、このお店では良く目にする水菜がトッピングされただけの割りとシンプルな感じの”から揚げ丼”だ。で、そのお味だが要となる”甘酸っぱい油林鶏ソース”と言うのが、何と言うのか余り私の好みでは無い味・・・。これなら何も味付けをせずに”鶏のから揚げ”だけをトッピングしてくれた方が美味しいのでは?と思う様な気がしないでも無い・・・。
 
お食事処『IKI』若鶏のから揚げ丼
ちなみに”若鶏のから揚げ丼”にトッピングされていた”鶏のから揚げ”はこんな感じで、それ自体は揚げ立て熱々だし鶏肉もそこそこジューシーで美味しかったのだが、如何せん”甘酸っぱい油林鶏ソース”の味がねえ・・・。しかもそのソースがご飯の上にもかかっていたので、ご飯も余り美味しく無い。それに加え先にも書いた様にご飯も大盛りだったので、最後の方は少し残してしまったのだった。
 
お食事処『IKI』若鶏のから揚げ丼お食事処『IKI』若鶏のから揚げ丼
そしてこちらは”若鶏のから揚げ丼”に付いていた”味噌汁”と”漬物”で、こちらはどちらもこのお店に来た時に何度も口にした事のあるお馴染みの内容と味可も無く不可も無くな印象だったかな。
 
てな事で、もうちょっとでポイントカードが満タンになるのでまたまた姫路バイパス別所PAにあるお食事処に行って、この日は”若鶏のから揚げ丼”を食べたのだが、上で書いた様にソースの味が私の好みにあって無かったなあ・・・。これならば普通に”から揚げ定食”を食べた方が良かったかも知れない・・・。それはさて置き、いよいよ後二つでポイントカードが満タンになるので、この後も続けて食べに行く事になるのだが、その話はまた後日・・・。

最強の餃子定食と言えば・・・、やっぱり”餃子の王将”に行って無料の餃子と280円のラーメンとライスを食べるのが一番かな?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:13 PM
 
代理人記録
 
此処最近、ラーメン屋さんに行くと何故か餃子定食を食べる事が多い・・・。その理由は様々なのだが、きっかけは姫路フォーラス前にあった『餃子屋七星』で食べた”ラーメンと餃子のセット”が中々美味しかったからで、その後は”ひとくち餃子”が安く食べれる券を貰ったりとか、500円のお食事券があったから贅沢しようと思ったとか、久々に山電高砂駅前のラーメン屋に行って”おやじセット”を頼んだから等、理由は様々・・・。が、しかし!”餃子”と言えば忘れてはいけないのが『餃子の王将』!相変わらず”餃子無料券”に釣られて毎月1~2回ぐらいは食べに行っているのだが、その中でも『加古川平野店』では平日&店舗限定の”ニッパチラーメン”が安い!って事で、久々に『加古川平野店』に行ってみた。
 
餃子の王将餃子無料券
ちなみにこちらが今回使用した『餃子の王将』で使える”餃子無料券”で、この券は確か新聞配達会社から貰ったクーポン券の束の中にあった券だと思うが、これ以外にも以前に『餃子の王将』に行った時に開催されていたイベントで貰った券や、あるいは管理人さんから貰った券など、沢山あるので最近は月に少なくとも二回以上は『餃子の王将』に行っているのだった。
 
餃子の王将/加古川平野店
そしてこちらがまたまた行って来た『餃子の王将/加古川平野店』で、この日は午後0時半頃の訪問と言う事もあって店内は超大賑わいで、テーブル席は当然の如く満席で、道路側にあるカウンター席も所々空いている席はあるが、その席ですら直ぐに埋まるぐらいに後からも続々とお客さんが入って来る・・・。みんながみんな”餃子無料券”を持っている訳では無さそうなのに、これだけ流行っているのはちょっと不思議なくらい・・・。
 
餃子の王将ニッパチラーメンと餃子とライス
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ニッパチラーメン”と”餃子”と”ライス”と、多分”ライス”に付いている”玉子スープ”も付いていて、お値段は”ニッパチラーメン”が280円、”餃子”が無料、ライスは税別価格140円で、更に”餃子倶楽部”の会員サービスで5%引きとなり合計金額は税込価格389円也。”ニッパチラーメン”の好き嫌いを考えず、”餃子”も基本的には何時も無料だと思うと何時でもこの値段で食べる事が出来る?と考えるとやはり”ラーメン&餃子定食”の中では最強では無かろうか。
 
餃子の王将ニッパチラーメン
そしてこちらが久々に食べる”ニッパチラーメン”で、単品税抜価格は280円なので”幸楽苑の290円のラーメン”や”博多金龍の390円のとんこつラーメン”よりも安い!しかも”王将のラーメン”と言えば、昔長柄のあっさりとした醤油ラーメンが定番だが、この”ニッパチラーメン”はご覧の通り、割と本格的な豚骨醤油スープで中々ウマい!具はチャーシューが1枚の他に、モヤシやメンマやネギだけだが値段を考えると十分な具でお得感もある
 
餃子の王将ニッパチラーメン
ちなみにこちらは”ニッパチラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、流石に値段が値段だけに1枚しか入って無いが、その代わりと言うのか何と言うのか『餃子の王将』で食べるラーメンとしては割としっかりとした本格的なチャーシューで普通にウマい!何度も書く様に値段を考えると内容的には十分なチャーシューだと思う・・・。
 
餃子の王将無料の餃子
そしてこちらはこの日も無料で食べた”餃子”で、この日の焼き加減は若干微妙だが味的には何時もの通りで普通にウマい!本来であれば、これに生ビールがあれば最高なのだがそう言った贅沢は許され無いので、白ご飯のお供として食べたのだが相性はバッチしで、これまたウマい!最近は体も馴染んで来たのか”餃子”に生ビールでは無く、白ご飯でも十分な気がして来た・・・。
 
餃子の王将玉子スープ
ちなみにこちらは自分で頼んだ訳では無く、多分白ご飯を頼むんだので付いて来たと思われる”玉子スープ”で、若かりし頃に『餃子の王将』で定食系を食べると”味噌汁”が出て来るお店もあったのだが、偶にこんな感じの”玉子スープ”が出て来るお店もあったので、何と無くちょっと懐かしい・・・。とは言え味的には今一つパッとしないし、そもそも”ニッパチラーメン”もあったので、個人的にはこのスープは不要だったかも・・・。
 
てな事で、何か最近あちらこちらのお店で”ラーメン&餃子のセット”を食べる事が多かったので、それならば最強のセットを・・・と思い久々に”ニッパチラーメン”と無料の”餃子”を食べに行って来たのだが、これで総額389円だったのでこれに勝るお得な”ラーメン&餃子のセット”はまず無いだろう・・・。ま、”餃子”代を払うと600円近くにはなるので何とも言えないが、まだまだ手元には”餃子の無料券”が沢山残っているので、基本この値段・・・と考えてもエエ様な気はするが・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.