義史のB型ワールド

2014年8月14日

前回訪問時に貰った”ひとくち餃子”が100円で食べれる券の有効期限が迫って来たので、またまた博多一風堂に行って”白丸元味”を食べた!どちらも久々に食べたので中々ウマかった!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
当ブログで”つけ麺を考案した人”として超有名な山岸一雄さんとか、あるいは今年お亡くなりになった佐野実さんとかと同じぐらい?にラーメン業界で有名な一人に河原成美さんと言う人がいる現在のご当地ラーメンブームのきっかけを作ったとも言えるおっさんで、この人のお店『博多一風堂』が”新横浜ラーメン博物館”に出店して博多ラーメンが全国的に有名&広まったと言っても過言では無い
 
そしてその勢いを買い、大阪池田の日清チキンラーメンの工場近くに、河原成美さんのプロデュース(もし、チキンラーメン考案者である安藤百福がインスタントラーメンではなく、ラーメンを作っていたらというコンセプト)による、百福の名を冠したラーメン屋『麺翁 百福亭』と言うお店が誕生した時(既に閉店、今は『博多一風堂』になっているはず・・・)に、私も大阪池田まで食べに行った事があるのだが、あのチキンラーメン近い味が生で楽しめるのか?と思って期待していたら全然違ったスープ&内容でちょっとがっかりした記憶がある・・・。
 
それはさて置き、そんな事もあり?偶に食べに行っている『博多一風堂/姫路店』であるが、前回訪問時に”1,000万食突破!感謝をこめて餃子100円券プレゼント”と言うイベントをやっていて、帰り際に”餃子100円券”を貰ったのだが、有効期限が長かったのでのんびりと構えていたら、例の如く期限が迫って来たのでまたまた慌てて食べに行ってみた。
 
博多一風堂/姫路店
こちらがまたまた行って来た『ラーメン博多一風堂/姫路店』で、この日は丁度正午頃の訪問と言う事もあって既に店内は大賑わいでテーブル席は全て埋まっている。カウンター席は未だ空いてる方が多かったが、私の後からも続々とお客さんが入って来てカウンター席の大半も直ぐに埋まってしまった相変わらずこのお店は人気が続いている様だ。
 
博多一風堂ひとくち餃子100円券
ちなみにこちらが前回訪問時に貰った”博多ひとくち餃子100円券”で、どんな内容かと言うと通常400円(5%税込)の博多ひとくち餃子(10個入り)”が100円で食べれるらしい・・・。とは言えこのお店のランチタイムには、ラーメン代にプラス100円すると餃子5個と白ご飯のセットが追加出来るので、それと比べると余りお得感がある様に思えない・・・。そんな事もありラーメンでは無く、”チャーハン”と”ひとくち餃子”のセットで注文したら、この券はラーメンを食べないと使えないとの事。仕方が無いので”ミニチャーハン”がセットになったランチに、この”ひとくち餃子”をプラスして食べ様かとも思ったのだが、何と無く食べ過ぎになる様な気がしたので、ラーメンはこのお店の看板メニューである”白丸元味”にして、後は”ひとくち餃子”だけを食べる事に決定!!!
 
博多一風堂白丸元味
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの『博多一風堂』の看板商品である”白丸元味”で、お値段は税込価格700円也。『博多一風堂』の商品説明に寄ると創業当時より受け継ぐ味に改良を重ねて辿りついたのは、豚骨ならではのまろやかな旨みが溶けこんだスープ。そのスープに絶妙に絡む、小麦本来の香りと歯ごたえを楽しめる極細麺。一風堂の原点ともいえるストレートな一杯は、豚骨が苦手な方や年配の方にも親しまれている”との事。で、そのお味であるが、久々に食べる”本格的な博多豚骨ラーメン”だが、確かに豚骨臭さは全く無く若干あっさり気味な感じもする、まろやかなスープで中々美味しい!個人的には『博多一風堂』が関西に初進出して来た15年ぐらい前から定期的に食べているお馴染みの味と言う事もあって、それ以上の感動も無かったけど安定した味わいがあった様な気がする・・・。
 
博多一風堂白丸元味
そしてこちらは”白丸元味”にトッピングされていたチャーシューで、これまた『博多一風堂』の商品説明に寄ると”自家製タレにじっくり漬け込んだチャーシュー”との事。以前にこのお店に来た時に食べた”味噌白丸”とか”博多ブラックCURRY”にトッピングされていた大きなチャーシューに比べると、一口サイズ?に近いのでインパクトは無いが、こちらもお店定番のチャーシューで普通に美味しい。
 
博多一風堂白丸元味
ちなみに”白丸元味”の麺は”博多ラーメンの原点ともいえる極細麺”で、またまた『博多一風堂』の商品説明に寄ると”オリジナルブレンド小麦「風」と福岡県産「ラー麦」を使用、小麦本来の香りと歯ごたえを楽しめる極細麺”との事。最近はこのお店に来るとフェアメニュー用の”中太平打ち麺”とか”全粒粉麺”を食べる事が多かった事もあり、久々の極細麺でこちらも中々美味しかったかな
 
博多一風堂ひとくち餃子
で、一足先に運ばれて来た”白丸元味”を食べていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”博多ひとくち餃子”で、先に書いた様に100円券利用でお値段はそのまま100円也。『博多一風堂』の商品説明に寄ると”博多の餃子はちょっと小ぶり。皮はパリッと中はジューシーな一口サイズ。皮も具も全て一風堂のオリジナル。外側はパリッと焼き上げ、頬張ると中からはジューシーな肉汁が溢れだす”との事。”ひとくち餃子”と言えば大阪で有名な『点天』(こちらも最近ご無沙汰だが・・・)があるが、それと比べると少し厚みがあって確かにジューシーで中々ウマい!少し前に食べた”餃子屋七星の餃子”も中々美味しかったが、こちらはひとくちサイズながらそれに負けないぐらいのウマさがあった。
 
博多一風堂白丸元味とひとくち餃子
ちなみに”ひとくち餃子”の大きさを判り易くする為に、先に運ばれて来た”白丸元味”ラーメンと比べるとこんな感じ。これとほとんど同じサイズの”ひとくち餃子”を何年か前に高砂の明姫幹線沿いにあった『屋台らーめん味一』で食べた事があるが、それとは全く比べものにならない程の美味しさだったかな。
 
てな事で、以前”鶏豚ソバ 鶏白湯”を食べに行った時に貰った”博多ひとくち餃子”の有効期限が迫って来たので、久々に”博多ひとくち餃子”を食べたのだが期待通りに中々美味しかった。てか、最近食べた餃子の中でも上位に入る美味しさだったかな。今度この”博多ひとくち餃子”が食べたくなった時はランチタイムに行ってランチのセットを食べる事にしよう・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。