義史のB型ワールド

2014年7月24日

ご主人様が西脇より更に北へ行った処の多可町まで行くと言うので、こんな機会は滅多に無い!と思い同行して”畑やんラーメン本店”に行って来た。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:22 PM
 
代理人記録
 
毎週の様にご主人様がやって来たある日の事、この日は別件でご主人様が多可町まで行くと言う・・・。多可町と言えば西脇よりも更に北に位置する町で、そこには以前から時々名前を耳にする播州ラーメンのお店『畑やんラーメン本店』がある。何年か前に西脇にある『畑やんラーメンしばざくら店』へ行った事があるのだが、その時はお店が閉まっていたので本店まで行こうか?とも思ったのだが、ちょっと遠いし本店も閉まっていたら無駄足になると思ったので諦めた事があったのだが、こんな機会は滅多に無いと思い、ご主人様に同行して多可町にある『畑やんラーメン本店』へ行ってみる事にした。
 
畑やんラーメン本店畑やんラーメン本店
こちらが今回行って来た多可町にあるお食事処『畑やんラーメン本店』で、お店がある場所は中町森本にある森本公民館横、杉原川のすぐ側で、噂では耳にしていたが老舗のお店と言う事もあり中々年季が入った建物だ。で、お店に到着したのは正午少し前と言う事もあってか先客は無く、我々が食事をしている間に2人程のお客さんが入って来た程度だった。雰囲気的には地元密着型のラーメン屋さんかな
 
畑やんラーメン本店播州ラーメン認定店之証
ちなみにお店入口の横にはこの様な”播州ラーメン認定店之証”と言うボードが掲げられていた。と言ってもこれは西脇一帯のみの”認定店之証”っぽいので、加古川の『翁介』とか小野の『らんめん』等は蚊帳の外の様な気がしないでも無いが・・・。
 
畑やんラーメン本店店内畑やんラーメン本店店内
それはさて置きこちらが『畑やんラーメン本店』の店内の様子で、入口入って直ぐの処はカウンター席があり、右手奥の方には宴会でも出来そうな広間になった座敷席があった。で、カウンターの中には”おでん”を煮込む鍋?があったが、ラーメン自体はカウンター奥の厨房で作っている様だった。
 
畑やんラーメン本店のメニュー
そしてこちらはカウンターの中の天井近くの壁に貼ってあったメニューで、播州ラーメンの看板を掲げるお店の割りには、”みそラーメン”や”ニンニクラーメン”、それに別の張り紙で”とんこつらーめん”や”塩らーめん”等多数のメニューがあり、私がイメージする一般的な播州ラーメンのお店とは少し違う様な・・・。
 
畑やんラーメン本店昼のサービス、ランチメニュー畑やんラーメン本店おでんのメニュー
それはさて置き、基本的には”播州ラーメン”が食べたかったので普通に”しょうゆラーメン”を頼むつもりではあったのだが、カウンターの上を見るとこの様な”昼のサービス、ランチ”と言うメニューがあったので、その中から”おでん(2ヶ)”とライスがセットになったAセットを食べる事に決定!!!
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチAのおでん
で、まず最初に運ばれて来たのは”昼のサービスランチA”のセットの”おでん”で、私が選んだのは”たまご”と”だいこん”の2品。ご覧の通り”おでん”の上には姫路おでん風・・・、と言うのか播州地方の”関東炊き(かんとだき”には欠かせ無い生姜醤油が最初からたっぷりとかかっている。そう言えば、その昔、祭りの夜店で”おでん”を買うと、所謂”チビ太のおでん”の様に3種類の具が串に刺してあって、それを生姜醤油が入った器にドブンと浸けて、こんな風に生姜醤油まみれにして食べてたよなあ・・・。最近はこの辺の夜店でも”チビ太のおでん”を売っているお店は余り見なくなった様な気が・・・(昨年、姫路で食べた”おでんの串カツ”は”チビ太のおでん”風だったけど・・・)。
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチAのおでん
ちなみにこちらはご主人様が選んだ”おでん”の2品で、ご主人様が選んだのは”あつあげ”と”ちくわ”の2品。もしも”おでん”が3品選べれるのであれば、3品目は”あつあげ”を食べ様と思っていたのだが・・・。てか、私は何処のラーメン屋さんに行っても”玉子と大根”、あるいは”玉子と大根と厚揚げ”しか食べて無い様な気がする・・・。
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチA
そんなこんなで先に運ばれて来た”おでん”を食べていると、間も無くして”しょうゆラーメン”が運ばれて来て”昼のサービスランチA”の全品が揃った。ご覧の様に”しょうゆラーメン”の他に”おでん”が2品、それにライス(小)とご飯のお供の小皿が付いて、お値段は800円也。”しょうゆラーメン”単品価格が600円なので、おでん2品とライスが200円と言う事になる。ま、雰囲気的にはお得な価格設定かな・・・。
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチのしょうゆラーメン
そしてこちらがこのお店の看板商品である播州ラーメンと言うのか”しょうゆラーメン”で、一口目は先に食べた”おでん”の生姜醤油に負けないぐらいの生姜風味ががしたが、直ぐさま生姜風味は消えその後に播州ラーメン定番の甘さがどっと押し寄せて来た。この甘さはスープ表面に浮いている脂分の旨味なのかどうかは定かでは無いが、大体イメージ通りの播州ラーメン風ではあるが、格別旨い!と言う程でも無い微妙な味だったかな。
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチのしょうゆラーメン
ちなみにこちらは”しょうゆラーメン”に入っていたチャーシューで、こちらも何と無くちょっとした懐かしさを感じるチャーシューだったかな。
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチのしょうゆラーメン
そしてこちらは”しょうゆラーメン”で、特に固さを指定した訳では無いが、これまた播州ラーメン定番の如くちょっと柔らか目な茹で加減だった気がする・・・。
 
畑やんラーメン本店昼のサービスランチの小鉢
ちなみに”昼のサービスランチ”はその他にこの様な小鉢が付いていて、その中身はと言うと漬物代わり?の昆布の佃煮の様な物で、白いご飯と一緒に食べると普通に美味しかったかな
 
てな事で、この日はご主人様が多可町まで行くと言うのでこんな機会は滅多に無い!って事で、私も同行して『畑やんラーメン本店』に行って来たのだが、確かにオーソドックスな播州ラーメンではあったが、今となっては・・・と思う様な味だった気もしないでも無い。それは兎も角として、折角帰り道に西脇を通る(てかそのルートを選択したのだが・・・)って事で、この後にもう一軒、超有名なあのお店に立ち寄るのだが、その話はまた後程・・・。

今年も”鰻丼”の季節がやって来ましたねえ・・・、って事でまずは”吉野家の鰻丼”を食べに行ってみた!ま、何時もの味かな?と思うだけだった・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:09 PM
 
代理人記録
 
土用の丑の日が近づいて来た事もあり、TVのニュースに鰻の話題が多く取り上がられる様になったし、スーパーに行っても鰻が沢山売られている・・・。当然私も年に一回は加古川別府にある、うなぎ料理の老舗『将棋屋』に食べに行くのが恒例になっているのだが、諸般の事情もあってか今年は未だ食べに行っていない。が、一足先に6月になると各牛丼チェーンから、これまた毎年恒例の”鰻丼”が発売されたので、取り敢えずその中から『吉野家』へ食べに行ってみた。
 
吉野家/加古川駅北口店
こちらがまたまた行って来た牛丼チェーンの『吉野家/加古川駅北口店』で、時々書いている様に、ゆったりと食事をしたい時はこのお店に来てカウンター席では無くテーブル席に座る事が多いのだが、この時はちょっと遅めの午後1時近くの訪問だったにも関わらず、まだまだ店内は混んでいて、テーブル席も大半の席が未だ埋まっていた・・・。以前はこのお店は比較的空いていたのだけど、最近は何故か客が良く入っている様な気がする・・・
 
吉野家鰻丼メニュー吉野家おすすめ鰻丼セットメニュー
それはさて置き、こちらが『吉野家』の今年の”鰻丼”のメニューで、『吉野家』で初めて”鰻丼”が発売された7年前は490円だったのだが、昨年は680円、そして今年は遂に730円になっていた。”吉牛”の並盛が300円で食べれると思うとちょっと勇気の要るお値段だが、これも年に一回の恒例行事!って事で、素直に”鰻丼”を食べる事に決定!
 
吉野家鰻丼並盛セット
で、毎度の事ながら”鰻丼”単品でエエと思いつつ、プラス60円払うと”みそ汁”と”お漬物”が付く!と言う事で頼んだのが、こちらの”おすすめ鰻丼セット”で、お値段は税込価格790円也。この月にJAFから送られて来た会報誌のチラシには”吉野家で使える50円の割引券”が付いていたのだが、残念ながらこの日はそのチラシが届く前だったので、全くの値引きは無し!そう思うとやっぱちょっと高い様な・・・。
 
吉野家鰻丼並盛
そしてこちらが”鰻丼”並盛にトッピングされていた鰻の蒲焼で、『吉野家』の書遺品説明に寄ると”白子(シラス)のころから中国大陸の南部にある池で一貫して育てた、こだわりの鰻を濃厚に熟成された秘伝のタレで、じっくりと丁寧に焼き上げた”との事。で、そのお味であるが、一応は一枚物の鰻の蒲焼だと思うのだが、箸を入れる前から3つに切れている様な感じでちょっと不思議。とは言え、鰻自体は柔らかく、甘目の蒲焼のタレもオーソドックスな味ながら普通に美味しい
 
吉野家鰻丼並盛
ちなみに鰻の肉厚はこんな感で、本部で加工されて送られて来た蒲焼にしてはふっくらとして、江戸焼風に蒸しているからなのかメチャ柔らかい中国産と言う事で賛否はあると思うが、個人的には毎年一回欠かさずに食べている?と言う事もあって、特に気になる点も無かったかな・・・。
 
吉野家鰻丼並盛セットのみそ汁吉野家鰻丼並盛セットのお漬物
そしてこちらは”鰻丼並盛セット”に付いていた”みそ汁”と”お漬物”で、”みそ汁”は相変わらず具がほとんど無い内容・・・。”お漬物”は、メニューの写真を見れば判る事だったのだが、思わず注文した時は”お新香”が付いているのだと勘違いしてしまった事もあり、ちょっと肩透しをくらった様な・・・。ま、差額60円で”みそ汁”も付いているのだから”お新香”が付いて来る訳は無いよね。とは言えこの”お漬物”は以前食べた”牛バラ野菜焼定食”に付いていた物と同じく、大根とか人参の細切れの様な感じの物だが味は普通に美味しかったかな
 
てな事で、今年も『吉野家』で”鰻丼”を食べたのだが、内容的には何時もと変わらず・・・、な感じだったかな。そしてこの後も『くら寿司』を筆頭にあちらこちらのお店で鰻を食べる事になるのだが、その話はまた後程・・・。

2014年7月23日

久々に加古川の老舗の喫茶店?カノコが経営するレストランで”かつめし”を食べてみた!あれ?カノコの”かつめし”って豚カツだったっけ?

Filed under: かつめし — 代理人 @ 8:33 PM
 
代理人記録
 
最近加古川へ行くと加古川プラザホテルの1Fにあるレストランへ行って”日替りランチ”を食べる事が多いのだが、この日のメニューを見ると魚系の料理でイマイチ気がのらない・・・。なので何処か他のお店に行こうと思ったのだが、特に食べに行きたいお店が浮かばなかったので、その昔は加古川に来た時に良く利用していた喫茶店だった、今や加古川を代表する会社の一つになった『カノコ』が経営するレストランに行って、久々に”かつめし”を食べてみる事にした。
 
創作オムライスとワッフルのお店
こちらが今回行って来たヤマトヤシキ加古川店の7Fのレストラン街の一角にある『創作オムライスとワッフルのお店 Kanoko』で、最近の『カノコ』と言えば姫路から明石にかけて『贔屓屋』(何時ぞやみなさんとハシゴした居酒屋さんだ)とか『月の庵』等の居酒屋や和食等のFC店を幅広く営業展開しているのだが、このお店は『カノコ』の冠が付いた、ある意味貴重なお店だ。ちなみに中学生や高校生の頃に加古川へ来た時は良く喫茶店を利用し、そしてニッケパークタウンが出来た頃は、その中にあったレストランみたいなお店を良く利用していたのだが、このヤマトヤシキの中のお店に来たのは、多分今回が初めての様な気がする・・・。
 
カノコかつめしメニュー
そしてこちらがこのお店の”加古川名物かつめし”のメニューで、先にも書いた様に私が『カノコ』の”かつめし”を食べたのはニッケパークタウンの中にあったレストランの様なお店で、米が不作だった年にタイ米を使った”かつめし”を食べたのが、最後の様な覚えがある。が、それとは別に何年か前に『月の庵/加古川店』で”かつめし”を食べた事があるのだが、先にも書いた様に『月の庵/加古川店』は『カノコ』がFC運営しているのでもしかすると同じ内容、同じ味かも知れないと思い、前々から一度食べてみたいと思っていたのであった。
 
カノコかつめし
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”かつめし”(単品)で、他に”みそ汁と漬物”が付いてお値段は税込価格950円也。”かつめし”の添え物と言えばボイルしたキャベツが定番なのだが、キャベツやサラダやトマト等の野菜にポテトサラダが付いていて中々豪華だ。私が高砂伊保にある『一平』に行った際に”かつめし”では無く”カツライス”を食べるのは、同じ様にボイルしたキャベツでは無く生野菜のサラダが付いてあるからなので、個人的にもこのサラダは有り難い!
 
カノコかつめし
そしてこちらがメインの”かつめし”で、ご覧の様にたっぷりのデミグラス風ソースがかかっていて、肝心のカツの姿がほとんど見えないのだが、残念ながらこのお店のカツは豚カツだった・・・。ん?以前にニッケパークタウンにあったお店で食べた”かつめし”って豚カツだったっけ?もうほとんど記憶は残って無いので何とも言えないのだが、牛肉だった様に思うのだが・・・。それはさて置き、たっぷりとかかったデミグラス風ソースにはタマネギやニンジン等も入っていて、ちょっとしたお得感はあるのだが味的には割と普通・・・。で、食べた印象としては以前食べた『月の庵/加古川店』の”かつめし”とは全然別物だったかな。
 
カノコかつめし
ちなみに”かつめし”にトッピングされていた豚カツの豚肉はこんな感じで、割りと平均的な豚肉だとは思うのだが、”かつやのロースかつ”に毒された私には”かつやのロースかつ”の方が圧倒的に好きかも・・・
 
カノコかつめし
そしてこちらは”かつめし”に付いていた”みそ汁”で、内容的にはほとんど具の無い、正に牛丼チェーンで出て来る様な”みそ汁”だったけど、味的には普通に美味しかったかな
 
てな事で、10数年ぶりに”カノコのかつめし”を食べてみたのだが、ご覧の様に”豚カツのかつめし”だったので、ちょっと残念だったかな・・・。生野菜のサラダや”みそ汁”が付いているとは言え950円もちょっと高い気がするし・・・。そう言えば『カノコ』がやっている『月の庵/加古川店』の”かつめし”が、以前食べた時よりも値下げされている様なので、今度は『月の庵/加古川店』に行って”かつめし”を食べてみる事にしよう・・・。

2014年7月22日

またまた姫路バイパスの別所PAで新メニューの”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”を食べた!どちらも極々普通の味だったけど、ランチで食べるには十分かも?

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
姫路バイパス別所PAが新しくなってから偶に食事をしに立ち寄る様になったのだが、昨年の夏頃にポイントカードを貰った。そのポイントカードの有効期限が迫って来た事もあり、またまた別所PAのお食事処に行ってランチを食べる事にした。
 
姫路バイパス別所PA上り側お食事処『IKI』姫路バイパス別所PA上り側お食事処『IKI』
こちらがまたまた行って来た姫路バイパス別所PAの上り側にあるお食事処『IKI』で、以前にも書いた事はあるが、このお店は反対側の別所PA下り側にあるお食事処『粋』と経営している会社が同じなのでお店の雰囲気とかメニュー内容は基本的に同じなのだが、偶にそれぞれのお店のオリジナルメニューが登場する事があり、以前にも”ステーキ定食”だったかが登場した事もあったのだが、残念ながら食べる前にメニューから消えてしまった
 
姫路バイパス別所PAお食事処『IKI』の新メニュー
それはさて置き、この日もお店入口の前を見ると、多分別所PA下り側のお店には無かったと思う、この様な新メニューのボードが置いてあった。で、その内容はと言うと”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”と”和風ハンバーグ定食”と”若鶏のから揚げ丼”の3種類の新メニューとの事。何故か普通の”ハンバーグ定食”とか”黒毛和牛メンチカツ定食”が無いのが不思議だ・・・。
 
お食事処『IKI』ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食メニュー
で、当ブログで偶に紹介している様に、個人的には何度もこのお店に来た事はあるのだが、”ハンバーグ”も”メンチカツ”も”若鶏のから揚げ”も食べた事が無いし、どうせ滅多に来るお店でも無いので今回は1度に2つの料理が味わえるハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”を食べてみる事に決定!!!
 
お食事処『IKI』ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食
間も無くして出来上がったと言うお呼びが掛かったので、セルフで運んで来たのがこちらの”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”で、味噌汁とライスとお漬物がセットになってお値段は税込価格780円也。場所的にお客さんの大半が長距離ドライバーや営業マンと言う事もあって、毎度の事ながらライスがテンコ盛りになっている・・・。今の私にはちょっとした有難迷惑な気がしないでも無いのだが・・・。
 
お食事処『IKI』ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食
そしてこちらが”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”のメインで、メニューに寄ると”130gハンバーグ”と”黒毛和牛のメンチカツ”がセットになっていて、”ハンバーグ”の上にたっぷりのデミグラスソースがかかっていたので、試しにソースだけ味見をしてみると、どうやら以前このお店で食べた別所ビーフかつめし”で使われていたデミグラスソースと同じ物の様だ。個人的にはこのソースの味は私の好みに合って無いのだが・・・。
 
お食事処『IKI』ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食
それは兎も角として、まずは130gあると言う”ハンバーグ”から食べてみると、高速道路のPAで食べる”ハンバーグ”にしては意外とジューシーで、箸で割ると中から肉汁が溢れ出て来てそれにデミグラスソースを絡めて食べると中々美味しい!後は上にかかっているデミグラスソースもっと美味しかったらなあ・・・、と言う様な気はしたが・・・。
 
お食事処『IKI』ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食
そしてこちらは”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”のもう一品である”黒毛和牛のメンチカツ”で、こちらにも少しデミグラスソースはかかっていたのだが、それだけでは物足りなかったのでテーブル備え付けのウスターソースをかけて食べるとこれまたそこそこジューシーで当然の如く揚げ立て熱々で中々ウマい!格別と言う程の味では無いにしろ、白いご飯との相性はバッチしで、何だかんだと思いつつも、テンコ盛のライスを完食したのであった!
 
お食事処『IKI』ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食
ちなみにこちらは”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”に付いていた”味噌汁”で、先にも書いた様に個人的には既に何度もこのお店に来て食べた事がある”味噌汁”で、特に印象に残る点は無かったかな・・・
 
てな事で、昨年の夏頃に貰ったポイントカードの有効期限が迫って来たので、またまた姫路バイパス別所PAにあるお食事処に寄って、この日は”ハンバーグ&黒毛和牛メンチカツ定食”を食べてみたのだが、ご覧の様に特筆する点はほとんど無い物の、ビジネスマンがランチで食べる定食としては十分満足出来る内容だったかな。次回は新メニューにあった”若鶏のから揚げ丼”を食べに・・・、と言うか既に食べに行って来たのだが、その話はまた後日・・・。

2014年7月21日

久々に神戸西区神出にある中華そば専門店に行ったら”鶏白湯ラーメン”があったので食べてみた!白湯と言う程は無い気もしたが、確かに濃厚で中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:18 PM
 
代理人記録
 
昨年の3月頃に神戸西区神出田井西交差点近くに誕生した『中華そば いせや』は、何と無く播州ラーメンの雰囲気が漂う鶏ガラベースの”中華そば”で、中々ウマかった!そんな事もあってぜひまた食べに行こうと思いつつ、意外と神出近辺へ行く事が無いし、わざわざ食べに行くのにもちょっと遠い・・・と思っていたらあっと言う間に1年以上が経ってしまった・・・。が、少し前の某日ちょっと時間があったのと、久々にその”中華そば”が食べたくなったので食べに行ってみた。
 
中華そばいせや
こちらが約1年ぶりに行って来た、神戸西区神出田井西交差点近くにある『中華そば いせや』で、直ぐ近くには国道175号線のバイパスが通っているのだが、お店がある場所はそのバイパスから少し西へ入った場所にある。が、先にも書いた様にこのお店は誕生して間も無く、”中華そばが美味しいお店”と口コミが広がりアッと言う間に人気店になった。この日もきっとお客さんで一杯だろうなあ、と思いちょっと早目の午前11時半頃にお店に行ってみたのだが、予想通りお店前の駐車場は既に満車
 
中華そばいせや専用駐車場
どうした物かと思案していると、直ぐそばに”中華そばいせや 専用駐車場”なる看板を発見!!!1年ちょっと前に来た時はお店前の駐車場に停めたので、その頃からこの駐車場があったのかどうかは定かでは無いが、こちらは未だ空いていたので取り敢えずこちらに車を停めて入店!当然の如く、店内はほぼ満席で、1人客や2人客は4人掛けのテーブル席に相席で案内されていた。私は運良くカウンター席が空いた処だったので、相席せずに済んだが混雑時はある程度覚悟をしてお店に行った方が良いかも・・・。ちなみにラーメンを食べ終えた後、帰り際にこの駐車場に戻って来ると、当然の如くこちらも満車で空き待ちの車が何台か並んでいた。思わず”限定裏ラーメンで賑わっていた頃の新在家ラーメンもんど”の事を思い浮かべてしまったのだが・・・。
 
中華そばいせやメニュー中華そばいせやお得なサービスセットメニュー
それはさて置き、こちらが『中華そば いせや』のメインメニューとお得なサービスセットのメニューで、一見すると1年前に食べに来た時と値段は変わって無い様に見えたのだが、昨年は全て税込価格だったのに対して現在は税別価格になっているので実質8%の値上がり?と言う事になる。これって便乗値上げ・・・?
 
中華そばいせや極濃鶏白湯ラーメンメニュー
それはさて置き、久々の訪問だったので定番の”中華そば”を食べ様と思って色々メニューを眺めていると・・・、別メニューにこの様な極濃 鶏白湯ラーメン”と言うボードを発見!最近もあちらこちらのお店で”鶏白湯ラーメン”を食べている事もあり、味比べをする意味も兼ねて今回はこの”極濃 鶏白湯ラーメン”を食べてみる事に決定!!!
 
中華そばいせや食べ放題のキムチ中華そばいせや食べ放題のキムチ
ちなみに、このお店にも”食べ放題のキムチ”が用意されていて、本来であれば白ご飯と一緒に食べるべきものだと思うのだが、前回訪問時に食べたら結構美味しかったので、この日も取り敢えず小皿に入れてスタンバイ。でも先に”キムチ”を食べると舌が馬鹿になって、折角のラーメンのスープの味が判らなくなる・・・、って事でラーメンが出て来るまでじっと我慢し、その後で食べたのだが期待通りに中々ウマい”キムチ”だった。
 
中華そばいせや極濃鶏白湯ラーメン
それは兎も角として先にも書いた様に店内は超大賑わいしていた事もあり、約15分少々待たされて漸く運ばれて来たのが、こちらの”極濃 鶏白湯ラーメン”で、お値段は税込価格810円也。スープに加える背脂は普通の”中華そば”と同じ様に”アッサリ、基本鶏油、半コテ、コッテリ背脂増し”が選べたので、取り敢えず”半コテ”を選択!そんな事もありスープの表面にた大量の脂分が浮いていて、パッと見た感じ”白湯スープ”には見えない様な・・・。
 
中華そばいせや極濃鶏白湯ラーメン
で、早速”極濃 鶏白湯ラーメン”のスープをレンゲですくって飲んでみると、”天一のこってり”程では無いにしろ、ちょっとトロミのあるこってりスープで、脂分の甘さも相まって中々ウマい!雰囲気的には前回訪問時に食べたノーマルの”中華そば”の方がシンプルで美味しい様な気もするが、豚骨系のこってりが苦手な人が、こってりスープのラーメンを食べたくなった時には持って来いのラーメンかも知れない。
 
中華そばいせや極濃鶏白湯ラーメン
ちなみに、ネギの下にはこの様な、これまたたっぷりのチャーシューがトッピングされていて、こちらもトロトロでメチャウマい!基本的には前回食べた”中華そば”にトッピングされていた物と内容的にも量的にも全く同じな感じだが、ボリュームもあるしこのお店が人気な理由の一つになっているのかも・・・。
 
中華そばいせや極濃鶏白湯ラーメン
そしてこちらは”極濃 鶏白湯ラーメン”の麺で、何と無く前回食べた”中華そば”の麺よりも細い様な気がしたが、味的には極々普通に美味しい麺だった。
 
てな事で、1年程前にこのお店が誕生して間もない頃10番さんと一緒に食べに行って以来、ぜひまた食べに行こうと思いつつ1年が過ぎてしまったのだが、久々に食べに行ったら期待通りウマかった!そんな事もあり、この数日後に近くに行った事もあり、今度はノーマルの”中華そば”を食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

またまた行って来た”かつや”で、この日はフェアメニューの”チキンカツ定食”を食べてみた。色んな”チキンカツ丼”を食べたけど偶には素のままで食べるのも良いかも・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 7:13 PM
 
代理人記録
 
既に感謝祭第4弾の”おろしチキンカツ定食”フェアが始まってしまったが、未だ先月のお話・・・。
 
毎月月末近くになると”100円の割引券”の有効期限が迫って来て慌てて食べに行っている、とんかつとかつ丼チェーンの『かつや』であるが、前回食べに行った時に貰った”100円の割引券”は月末までの有効期限は無く、月半ばぐらいまでの期間しか無かった。ま、その割引券を使わなくても、その内に割引券が使えない”感謝祭”があって、その時に新しい”100円の割引券”が貰えるだとう・・・、と思っていたら、丁度”チキンカツフェア”が始まったので折角なので食べに行ってみた。
 
かつや明石二見店
こちらがまたまた行って来た、とんかつとかつ丼のお店かつや/明石二見店』で、この日はちょっと早目の午後11時半頃の訪問だったのでお店到着時は未だ半分ぐらいの客の入りだったが、流石に日曜日と言う事もあってか、私の後からも続々とお客さんがやって来て雰囲気的には正午頃には満席になっていた様な・・・。
 
かつや明石二見店チキンカツ定食フェアメニュー
そしてこちらがこの時のフェアメニューで、最近のフェアメニューは”チキンカツ”を使った丼物の場合が多かったのだが、今回はシンプルに”チキンカツ定食”と”ダブルチキンカツ定食”の2品のみらしい・・・。ちなみにその2つの定食の差額を計算すると”チキンカツ”は1枚200円と言う事になる様だ・・・。安いのか高いのかちょっと微妙・・・。そんな事もありこの日は素直に値段の安い”チキンカツ定食”を注文!!!
 
かつや明石二見店チキンカツ定食
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”チキンカツ定食”で、メインの”チキンカツ”の他に”とん汁(小)”とライスが付いてお値段は税込価格529円也・・・、と思っていたら今回は”感謝祭”では無く通常のフェアメニュー扱いの様で何時もの”100円の割引券”が利用出来たので最終的に429円也。同じ値段の”かつやの看板メニューであるカツ丼(梅)”と比べると”チキンカツ”と”トンカツ”、”卵とじ”と”キャベツ”、”とん汁”が有るか無いか等の違いはあるが、この値段なら結構お得な気はしないでも無い
 
かつや明石二見店チキンカツ定食
そしてこちらが”チキンカツ定食”のメインである”チキンカツ”で、パッと見た感じは”ロースかつ定食”の”120gのロースかつ”並の大きさがある様な無い様な・・・、でも値段を考えると100g前後かな?で、フェアメニューの”チキンカツ丼”としてでは無く、普通のソースだけで食べるのは今回が初めてなのだが、当然の如く揚げ立て熱々で味的には普通に美味しい・・・。偶に”他のお店でもこの様なチキンカツ”を食べる事があるが値段を考えるとお得感はかなり高い。
 
かつや明石二見店チキンカツ定食
ちなみに”チキンカツ”の鶏肉はこんな感じで、格別旨い鶏肉と言う訳では無いが、毎月の如く『かつや』のフェアメニューで食べている、すっかりお馴染みの鶏肉可も無く不可も無くと言う印象だったかな・・・。
 
かつや明石二見店チキンカツ定食
そしてこちらは”チキンカツ定食”に付いていた”とん汁(小)”で、こちらも感謝祭やフェアメニューで時々食べる定食に付いているすっかりお馴染みの”とん汁”で、この日も割と具沢山で牛丼チェーンで出て来る”ほとんど具の無い味噌汁”と比べてるとお得感は高い!味的にはすっかりと体に馴染んでしまって感動は無くなってしまったが、中々美味しい”とん汁”だと思う・・・。
 
てな事で、この日は今までありそうで無かった、何のトッピングも無い”チキンカツ定食”を食べたのだが、味的にはどうって事は無い物の、値段を考えると結構お得な内容だったかも知れない。で、『かつや』では既に次の感謝祭で”おろしチキンカツ定食”が始まっているのだが、今度は感謝祭なので”100円の割引券”が使えないかも知れない・・・。そう思うとお得感は全然無い気がするのだが、それでもきっとまた食べに行ってしまう気がする・・・。

2014年7月20日

マックスバリュ宝殿店の直ぐ目の前にある手打ちうどんそばのお店に行って”焼穴子丼”を食べた!お得感は薄いが中々ウマい”焼穴子丼”だった!

Filed under: — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
この日はまたまた朝一からご主人様がやって来た。で、某所での打合せは直ぐに終わったので、何時もの如く?ランチをご一緒してから解散する事になった。で、最近はこれと言ってぜひ行ってみたいお店も無くなってしまったので、久々に穴子でも食べ様かと言う話になり(ご主人様はそれ程乗り気では無かったが・・・)、マックスバリュ宝殿店に隣接している手打ちうどんのお店に行ってみる事にした。
 
手打ちうどんそば松屋手打ちうどんそば松屋
こちらが今回行って来た手打ちうどんそばのお店松屋』で、このお店の2号店が20年ぐらい前にサンモール高砂の中にあった『スガキヤラーメン』か、あるいはその隣の明石焼きが超ウマかったやつふさ』があった辺りに出来、昼はうどん、夜は居酒屋っぽい感じで偶に利用していたのだが、本店に食べに来たのは今回が初めてだ。
 
手打ちうどんそば松屋あなご料理メニュー
そしてこちらが手打ちうどんそば松屋』の”あなご料理”のメニューで、ご覧の様に”穴子天ザルうどん”、”焼穴子丼”、”穴子天入りカレーうどん”、”いなり寿司の焼あなごのせ”等のメニューが並んでいて何を食べるかちょっと悩ましい・・・。とは言え、本店は初訪問なので取り敢えず基本のメニューを抑えて置こうと”焼穴子丼”を食べる事に決定!!!
 
手打ちうどんそば松屋丼メニュー
で、”焼穴子丼”を頼んだ後、あれこれと他のメニューを見ていると””のメニューの中にあった”焼穴子丼”は780円になっていたので、お店の人に確認すると今は値上がりして今現在は910円が正しい値段らしい。その代わりに穴子の量が増えているとの事・・・。もしもこの記事を見てこのお店に食べに行った時は、お値段の確認をしてから頼んでね。
 
手打ちうどんそば松屋セットメニュー
ちなみにご主人様は穴子以外が言いと言う事で、このメニューの中にあった”日替りセット”を注文!ちなみにこの日の日替りのメインを尋ねると”串カツ”だと言うので私も一瞬心が動いたのだが、もう一品が”鯖煮”だと言うので止めたのだった。他にもこのお店には”かつめし”や”カツ丼”等の揚げ物のメニューも沢山あったので、そちらでも良かったんだけど・・・。また今度”かつめし”を食べに行ってみる事にしよう・・・。
 
手打ちうどんそば松屋焼穴子丼
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”焼穴子丼”で、他に汁物と漬物が付いてお値段は910円也。偶に姫路へ行った時に”穴子丼”とか”虎巻玉子の穴子めし”とか”あなごめし”等を食べる事があるのだが、それらと比べて安いのか高いのかちょっと微妙・・・。ま、消費税も上がったばかりだし今現在は他のお店でも値上がりしているかも知れないが・・・。
 
手打ちうどんそば松屋焼穴子丼
そしてこちらがメインの”焼穴子丼”で、白いご飯の上に錦糸玉子を敷き詰め、その上に”焼穴子”をトッピングした様なシンプルな丼だ。で、このお店で焼いたかどうかは不明だが、”焼穴子”はほんのりと温かい。で、そのお味はと言うと割としっかりめのタレの味が付いていて中々ウマい!全体的なボリュームは少な目だったので、ちょっと物足りない感はあったが、中々美味しい焼穴子丼”だったかな。
 
手打ちうどんそば松屋焼穴子丼
ちなみに”焼穴子丼”の”焼穴子”はこんな感じで、割りと小さ目にカットされているので元の穴子の大きさが判らないが、雰囲気的にはそれ程大きい穴子では無い様な気もしたが、味自体は中々ウマかった。それにしても何処にも産地は書いて無かったのだけど、播州沖で獲れた穴子なんだろうか・・・、違うかな?
 
手打ちうどんそば松屋焼穴子丼の汁物手打ちうどんそば松屋焼穴子丼の漬物
そしてこちらは”焼穴子丼”に付いていた汁物とお漬物で、汁物は一見するとお吸い物の様な感じだったが、実際に飲んでみると何と無く、このお店の”うどんの出汁”の様で、これはこれで普通に美味しい。この中に少しでも”うどん”が入ってたら嬉しかったかも・・・。
 
手打ちうどんそば松屋日替りセット
ちなみにこちらはご主人様が食べた”日替りセット”で、先にも書いた様に日替りメニューの”串かつ”と”鯖煮”とサラダっぽい小鉢が3種類に、かけうどんとご飯がセットになってお値段は710円也。この日の一品が”鯖煮”で無かったらが私もこちらの”日替りセット”でも良かったのだけど・・・
 
てな事で、サンモール高砂にあった2号店には良く食べに行っていた手打ちうどんのお店松屋』の本店に行って、今回は高砂名物焼穴子丼”を食べたのだが、特にインパクトは無い物の普通に美味しい”焼穴子丼”だった。ちなみに後で思い出したが、このお店は関西風?と言うのかどうかは定かでは無いが、この近辺ではちょっと珍しい”細うどん”のお店でもある・・・。そう思うと久々に普通のうどんも食べてみたくなって来たので、また近々食べに行ってみる事にしよう・・・。

2014年7月19日

今年も”夏野菜たっぷりカレー”の季節がやって来ましたねえ・・・、って事で久々に”まいどおおきに食堂”へ行って来た!でも今年の”夏野菜”には”じゃがいも”は入って無かった・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:56 PM
 
代理人記録
 
以前にも何度か書いた気がするが、7年ちょっと前ぐらいに丸々一カ月間近く和歌山に出張していた時があった。そして毎日の様に、昼飯を食べに直ぐ近くにあった『まいどおおきに食堂』(多分『和歌山中食堂』だったと思う・・・)に行っていたのだが、その頃は『まいどおおきに食堂』のメニューの中に”カレーライス”は無かった・・・。そんな事もありカレーが食べたい時は、これまた近くにあった『CoCo壱』へ行って食べていたのだが、そんな我々同様の客が多かったからか、その数年後に”食堂のカレーライス”が発売になり、またその頃から毎年夏季限定で”夏野菜ゴロゴロの食堂のカレー”なる物が発売され始めたので、何と無く勢いで毎年食べに行っているのだが、今年もその季節がやって来たので、取り敢えず1度は食べておこうと思い、またまた『まいどおおきに食堂』へ行って来た。
 
まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂
こちらが久々に行って来た『まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂』で、この日はランチタイム後半の午後0時40分頃の訪問だったのだが、相変わらず店内は大盛況で、7~8割方の席は埋まっている。ま、普通のレストランと違ってそこそこ回転は早いので、混んでいてもそれ程気になる程の事は無いのだけど・・・。
 
まいどおおきに食堂夏のご馳走メニュー加古川北在家食堂食堂のカレーライスメニュー
そしてこちらが『まいどおおきに食堂』で6月から始まった”夏のご馳走”メニューで、ご覧の様にその一番上に毎年恒例の”夏野菜たっぷりカレー”(昨年は単に”夏野菜カレー”だったのだけど・・・)が載っている。ちなみに店内に貼ってあったポスターに寄ると今年の”夏野菜たっぷりカレー”のお値段は税別価格は650円だったのだが、このお店で通常販売されている”食堂のカレーライス”と比べると税別価格で270円ぐらいの差額がある・・・。この差額が夏野菜代と言う事になるのかな?
 
加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレー
それはさて置き、このお店はセルフ形式なのだが”夏野菜たっぷりカレー”は注文してから作り始めると言う事で、出来上がってから席まで運んで来てくれたのが、こちらの”夏野菜たっぷりカレー”で、お値段は税込価格702円也。ご覧の様に、茄子やオクラやカボチャやニンジン等の夏野菜がたっぷりと入ったカレーで、ルー自体は通常販売されている”食堂のカレーライス”と同じ様な味で普通に美味しいのだが、少し前に同じ『まいどおおきに食堂』チェーンの『高砂宝殿食堂』で食べた”店オリジナルの昔ながらのカレーライス”の方が、ちょっと和風な味わいがあって美味しい様な気がする・・・。
 
加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレー
ちなみにこの日食べた”夏野菜たっぷりカレー”に入っていた野菜はこんな感じで、何か物足りないなあと思ってよくよく見ると”じゃがいも”が無い。あらためてメニューの写真を見ると確かに”じゃがいも”の姿は無く”かぼちゃ”になっている様だ・・・。個人的には”じゃがいも”も”かぼちゃ”も好きなので、両方入れてくれた方がありがたいのだけど・・・
 
てな事で、今年も『まいどおおきに食堂』の夏の風物詩である”夏野菜たっぷりカレー”を食べに行ってみたのだが、”じゃがいも”が入って無かった分、ちょっとだけ物足りなさがあった様な・・・。それにしても毎年少しずつ見た目や内容が変わっている様なので、今後の参考の為に以前の”夏野菜たっぷりカレー”の記事のリンクを貼って置こう・・・。
 
1.”2013年 夏野菜カレー
2.”2012年 夏野菜たっぷりカレー
3.”2011年 夏野菜たっぷりカレー
4.”2009年 夏野菜がゴロゴロの食堂のカレー
 
ちなみに2010年が抜けているのは、当ブログの記録であればその年は夏季限定のカレーは”牛すじカレー”だったからの様だ。ま、”2009年の夏野菜がゴロゴロの食堂のカレー”も『明石二見食堂』にはあって『加古川北在家食堂』に無かったので、もしかすると直営店とFC店で若干メニューが違っていたのかも知れないが、今となっては定かでは無い・・・。

久々に行った松屋で”鉄皿グリルチキンセット”を食べた!値段はお手軽だが味もそれなり・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:21 PM
 
代理人記録
 
20年ぐらい前に、私が愛用している牛丼チェーンの『吉野家』のライバルとして『松屋』が関西に進出して来た頃は、未だこの近辺に『松屋』の支店は無かったが、その頃良く行っていた大阪天満の某事務所の直ぐ近くの天神橋商店街の中にお店があったので、時々食べに行っていた。その後、姫路には何店か支店が出来たのだが、漸く加古川に支店が出来たのが約2年ぐらい前の話(まあ、数年前に播磨町にラーメン屋さんの跡地に『播磨町店』は出来ていたが・・・)。とは言え”牛丼”は『吉野家』の方が好きだし、『松屋/播磨町店』は何時食べに行ってもご飯があまり温かく無いし・・・、と言う事で最近はあまり食べに行かなくなっていた。が、少し前に夕方近くに外出した時に、ちょっとお手軽に晩飯を食べるには便利かも・・・と思って久々に『松屋』に寄ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらが久々に行って来た『松屋/加古川平岡町店』で、この日は夕方の午後7時近くだったのだがテーブル席はほぼ満席。本来であればゆったりと食事がしたいのでテーブル席に座りたかったのだが、仕方が無いのでこの日はカウンター席へと鎮座。そう言う意味では店内が広々としている『播磨町店』の方が好きかも・・・。
 
松屋鉄皿グリルチキンセットメニュー
それはさて置き、この日は特に食べたい物がある訳では無かったので、最近あちらこちらのお店で鉄板の皿に載った料理を食べている事もあり、それと似た様な感じの”鉄皿グリルチキンセット”なる物を食べる事に決定!!!
 
松屋鉄皿グリルチキンセット
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”鉄皿グリルチキンセット”で、メインの”鉄皿グリルチキン”の他に、”松屋定番のみそ汁”とライスがセットになって、お値段は税込価格640円也。”牛めし”が290円で食べれる(しかも”みそ汁”付)を考えると、この値段を安いと思うか高いと思うかちょっと微妙だが、一般的な定食屋さんと比べるとお得な価格かも知れない・・・。
 
松屋鉄皿グリルチキンセット
そしてこちらがメインの”鉄皿グリルチキン”で、ご覧の通り”グリルチキン”の他にソーセージが1本、それに付け合せにジャガイモやブロッコリーやコーン等の野菜が添えられていて、想像していたよりはボリュームがある感じ。
 
松屋鉄皿グリルチキンセット
で、早速”鉄皿グリルチキンセット”のメインである”グリルチキン”を食べてみると、チキンの上にはおろしポン酢みたいな物がかかってかかっていたが、ちょっと薄味だったので直ぐにテーブル上に置いてあった各種ソース等をプラスしたら、まあ普通に美味しい。鶏肉ジューシーと言うよりも若干パサパサした感じがしないでも無かったが、値段を考えるとこんな物かな。
 
松屋鉄皿グリルチキンセット
ちなみにこちらは”鉄皿グリルチキンセット”のもう一つのメインとも言える”ソーセージ”で、ご覧の通り結構太目の”ソーセージ”で、そのまま被りつくとカリッと皮が弾けて中々美味しい。とは言え、そこは『松屋』で食べる味・・・と言う事で特別ウマいと言う程の物では無かったけど・・・
 
松屋鉄皿グリルチキンセット
そしてこちらは”鉄皿グリルチキンセット”に付いていた”みそ汁”で、こちらは『松屋』で何か食べると必ず付いて来るほとんど具の無い毎度お馴染みの”みそ汁”だ。ま、付いているだけでも有難いのかも知れないが、640円の定食に付いて来る”みそ汁”だと思うとちょっと寂しい内容かも・・・。
 
てな事で、久々に『松屋』に行ってこの日は”鉄皿グリルチキンセット”を食べてみたのだが、全体的には如何にも『松屋』・・・と言う味だったかな。そんな事もあって暫くの間は『松屋』に行く事は無いかも・・・と思って居たら数日前のニュースで”松屋の牛めし”が”プレミアム牛めし”に代わるらしいので、そうなるとまた1度は食べに行ってしまうかも知れない・・・。

2014年7月18日

少し前に”ながさわ”で開催されていた”四国フェア”で”鍋焼きラーメン”を頼んだら売切れだったのが悔しいから、またまた食べに行ってみた!当たり前?だが、ご当地博で食べた方が遥かにウマい!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:22 PM
 
代理人記録
 
少し前に『ながさわ/加古川店』に行ってその時に開催していた”四国フェア”のメニューの中にあった”高知須崎名物の鍋焼きラーメン”を食べ様と注文したら、その日だけ食材が切れていて出来ないと断られたので、仕方無しに”鯛飯定食”を食べたのだが、やはり一度は”鍋焼きラーメン”を食べてみないと気が収まらない!って事で、その数日後、もしもまた食材切れとか言われたら嫌だなと思い、今度は『ながさわ/高砂店』に行ってみた。
 
ながさわ高砂店
こちらが久々に行って来た『ながさわ/高砂店』で、昨年の秋頃にその頃開催されていた”東北六県うまいもんフェア”の中にあった”比内地鶏親子丼”を食べに来た時は、土曜日と言う事もあって正午前に既に大賑わいしていたが、この日も入店時はそこそこ空いていた物の、後から続々とお客さんがやって来て、相変わらず流行っている様だった。
 
ながさわ四国フェアメニュー
そしてこちらがこの時に開催されていた”四国フェア”のメニューで、もしもこの日もまた”鍋焼きラーメン”が出来ないと言われたら、この中にある”四万十ポーク陶板焼き定食”か”阿波尾鶏陶板焼き定食”でも食べ様と思って居たのだが、この日は特に食材が切れてる事も無く普通にオーダーが通った・・・。ちなみに”釜揚げちりめん丼”がセットになった”鍋焼きラーメンセット”もあったのだが、”釜揚げちりめん”は少し前に『加古川店』で食べた”鯛飯定食”に付いていたので、今回は”鍋焼きラーメン”単品で注文したのだった。
 
ながさわ高砂店鍋焼きラーメンながさわ高砂店鍋焼きラーメン
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”鍋焼きラーメン”で、お値段は税込価格756円也。今年の初め頃に『和食のさと』でも”和風だしの鍋焼きラーメン”と言うのを食べた事があるのだが、それは見た目的に”高知須崎名物の鍋焼きラーメン”とは若干イメージが違っていたが、今回のは少し前に”高砂ご当地博で食べた鍋焼きラーメン”とか、あるいは今年の初め頃に太子町にある”鍋焼きラーメン専門店で食べた物”とも限りなく似ている。メニューの説明に寄ると親鶏の肉・ねぎ・生玉子・ちくわ(すきま)が必ず入った鶏スープで煮込んだラーメン”との事。一応”鍋焼きラーメン7つの定義”に従っているっぽい・・・。
 
で、そのお味であるが、大体イメージ通りの鶏ガラベースのあっさりしたスープなのだが、個人的にはちょっと醤油辛い様な印象・・・。当然の如く、少し前に高砂ご当地博で食べたりB-1グランプリの会場で食べた、”本物?の鍋焼きラーメン”の方が遥かにウマい!そう言えば”太子町の専門店で食べた鍋焼きラーメン”は、同じ様にちょっと醤油辛かったので、もしかするとフェアに出す際に参考にしたお店の味がこんな感じだったのかも知れない・・・。
 
ながさわ高砂店鍋焼きラーメン
ちなみに蓋を取った時には良く見えなかったが、スープの中には”鍋焼きラーメン”には欠かせ無い生卵もしっかりと入っていた。鶏肉も親鳥って事で、ちょっと歯応えはあったが濃い目の出汁を吸って噛めば噛むほどに味わいが出て来て鶏肉自体は中々美味しかったかな
 
ながさわ高砂店鍋焼きラーメン
ちなみに”鍋焼きラーメン”の麺はこんな感じの、やや黄色い色をしたストレートな細麺で、こちらも”鍋焼きラーメン7つの定義”に書いてある麺を再現しているかの様だった。
 
てな事で、少し前に『加古川店』で食べ様としたら食材切れで食べれ無かったので、今度は『高砂店』に行って”鍋焼きラーメン”を食べてみたのだが、雰囲気は本物の”高知須崎名物の鍋焼きラーメン”に似ている物の、味的にはちょっと醤油辛かったかな。何かそうなると、昨年の年末近くに太子町に出来た”鍋焼きラーメン専門店”にまた行ってみたくなって来たが、先日いただいたコメントの雰囲気からすると、もしかするとそのお店が『ラーメン虎と龍』になってしまったのでは?と言う気がするのだが・・・。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com Blog.