義史のB型ワールド

2014年7月29日

またまた神戸三宮に行ったので、以前からちょっと気になっていた”ローストビーフ丼”を食べてみた!想像していた程のボリュームは無かったが、確かにメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
折角の肉の日なので、肉の話題も一つ・・・。
 
最近、大阪方面や神戸方面へ行く機会が減ったのだが、この日はちょっとした用事で久々に神戸三宮へとやって来た。となるとまずは何処かでランチを食べるのが恒例・・・。で、三宮に来ても相変わらずラーメンを食べる事が多いのだが、流石に昼間はちょっと暑かったのと、以前から時々TVとか雑誌で話題になっている”ローストビーフ丼”が有名なお店に行ってみる事にした。
 
レッドロック/東店レッドロック/東店
こちらが今回行って来た”ローストビーフ丼”が美味しいと評判の『レッドロック/東店』と言うお店で、場所はJR三宮駅から少し東へ行ったバスターミナルの直ぐ近く、以前チラッと紹介した『脂屋肉八』とか『神戸ラーメン第一旭 三宮本店』の直ぐ近くにある。で、この写真ではちょっと判り辛いが1Fが居酒屋が入っているビルの2Fにある。
 
ちなみに、店名を見れば何と無く想像が付くと思うが、本店はJRの高架下にありしかも既に三宮周辺に3店舗ほどのお店もあるらしいのだが、このお店はその中の一つだ。で、入店時間は午前11時45分頃だったのだが、6~7割の席が埋まっていて、後からも続々とお客さんがやって来て正午頃には満席になってしまい、私が食事を終えて帰る事には階段に行列が出来ていた・・・。噂通りの人気店の様だ・・・。
 
レッドロック/東店ランチメニューレッドロック/東店ディナーコースメニュー
それはさて置き、こちらが『レッドロック/東店』の店内に置いてあったメニューで、その中のランチメニューを見ると人気の”ローストビーフ丼”の他にも”ステーキ丼”とか”牛ヘレ丼”とか、”レッドロックカレー”や”ローストビーフ定食”何かもあって何を食べるべきか、ちょっと悩ましい感じ。とは言え、このお店は今回が初訪問だし、一番人気はローストビーフ丼”らしいので素直に”ローストビーフ丼”を食べる事に決定!!!
 
レッドロックローストビーフ丼
で、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ローストビーフ丼”で、お値段は税込価格750円也。ご覧の様に、ご飯の上に120g分の”ローストビーフ”を敷き詰め、真ん中に卵黄を乗せ、脇にはレタスやカイワレ等の野菜を添えた中々ウマそうな丼だ。ちなみに卵黄の横の白い物は”ヨーグルトとマヨネーズを合せた特製ソース”らしい。それにしても最初はもっとドカ盛りの”ローストビーフ丼”が出て来るのかと思っていたのだが、女性に人気があると言う事もあってか想像していた程の量では無い。実際、食べ終えた後は200円程高い大盛りでも良かったかな?と思ったぐらいだった。
 
レッドロックローストビーフ丼
そしてこちらが”ローストビーフ丼”の命である”ローストビーフ”で、お店の説明に寄ると”オーストラリア産の柔らかな牛モモ肉の中でも厳選された赤身を長時間かけてローストし仕込み”、最後に”ニンニク・玉ねぎなどが入ったしょう油ベースの薄口タレ”をかけたらしい・・・。で、そのお味であるが”ローストビーフ”自体が薄切りと言う事もあってか、肉質的にも柔らかく味的にもメチャウマい行列が出来る程人気があると言うの十分うなづける美味しさだったかな。
 
レッドロックローストビーフ丼
ちなみに”ローストビーフ”の下のご飯を見ると、先ほどのタレとは若干異なる”少し甘目の特製タレ”がかかっていて、これに卵黄を混ぜて食べると、これまたウマい!更に”ローストビーフ”も一緒に食べると、正に三位一体の味となってメチャウマい!先にも書いた様に、最近は少食になった私でも思わず大盛りにすれば良かったかな?と少々後悔したぐらいであった!
 
レッドロックローストビーフ丼と牛スープ
で、最初は”ローストビーフ丼”だけでいいやと思いつつ食べ始めたのだが、何と無く汁物が欲しくなったのでメニューを見ると80円の”牛スープ”と言うのがあったので、後から”牛スープ”を追加で頼んでみた
 
レッドロック牛スープ
こちらがその”牛スープ”で、お値段は先ほど書いた様に税込価格80円也。値段から大体想像が付く様に全く具の無いシンプルなスープで、味もかなりあっさり・・・。値段が値段なので比較するのも烏滸がましいが、この冬に鳥取へ行った時に食べた”鳥取牛骨ラーメンのスープ”とか、あるいは偶に”牛タン専門店へ行くと定食に付いて出て来るテールスープ”の方が遥かに美味しいかも・・・。
 
てな事で、以前にも三宮に来た時に”神戸ビーフの牛丼”とか”神戸牛のおぼ丼”を食べたのだが、それらと比べると”神戸ビーフの牛丼”には負けるけど、”神戸牛のおぼ丼”よりは今回食べた”ローストビーフ丼”の方が何倍もウマかったかなぜひもう一度このお店に来て、今度は”ステーキ丼”を食べてみたいと思うのであった。それは兎も角として、この日の数日後に今度は明石でメチャぶ厚くて美味しいローストビーフ”を食べる事になるのだが、その話はまた後日・・・。

加古川米田にあるお魚料理がご自慢のお店で”うなぎ丼”を食べてみた。

Filed under: — 代理人 @ 8:15 PM
 
代理人記録
 
今日は肉の日だから肉の話・・・、と思ったら土用の丑の日の方が優先順位が高いみたいなので、の話・・・。
 
昨年の夏頃に『ステーキけん/加古川米田店』の跡地に出来た『播磨水産/加古川平津店』はその名の通り、魚料理がご自慢のお店と言う事もあり、私には余り縁が無さそうなお店で一度だけ様子見でランチタイムに”ジャンボあなご天丼”を食べに行った切り全然行く事は無かった。が、しかし今年も土用の丑の日が近づいて来て各牛丼チェーンも鰻丼の販売を開始した事もあり何か鰻丼が食べたくなって来た。きっとあのお店も魚料理がメインだからを扱ってるだろうし、もしかすると美味しい鰻丼が食べれるかも知れないと思い食べに行ってみる事にした。
 
播磨水産/加古川平津店
こちらが久々に行って来た『播磨水産/加古川平津店』で、この日はランチタイムが始まったばかりの午後0時15分頃の訪問だった事もあり、既に店内は大盛況で更には既に食事を終えてお店を出て来るお客さんも居る程・・・。1年経ってこれだけお客さんが入っていると言う事はそこそこ集客力が出来た?って事なのかな?
 
播磨水産お昼の献立播磨水産人気の麺料理メニュー
ちなみにこちらが『播磨水産』の店内に置いてあったメニューで、”お昼の献立”の方は1年ぐらい前に来た時と変わって無いが、何時の間にやら”人気の麺料理”なるメニューも追加されていた。と言っても”ざるそば”や”天ぷらうどん”がメインで、それ程食べてみたいと思うような内容では無かったが・・・
 
播磨水産うなぎ丼フェアメニュー
そしてこちらが『播磨水産』の夏季限定?の”うなぎ丼”のメニューで、ご覧の通り”愛知県産の鰻”を使用しているらしい。でも写真を見ると1枚物の鰻の蒲焼じゃあ無いのと、値段がちょっと高目なのが気になったが、この日はこれを目当てに来たので早速この”うなぎ丼”を注文!!!
 
播磨水産うなぎ丼
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”うなぎ丼”で、メニューにも書いてあった様に他に”赤だし”と”小皿”が付いてお値段は税込価格1706円也。”赤だし”の器が大きいと言うのか、”うなぎ丼”の器が小さいと言うのか、何か微妙な印象・・・。
 
播磨水産うなぎ丼
そしてこちらが”うなぎ丼”のメインである”鰻の蒲焼”で、ご覧の様に1枚物では無く”短冊切り”?状態の鰻が5~6切れほど載っているだけで、添え物の”はじかみ”?の大きさと比べて貰うと判るのだが、量も余り多くは無い。で、そのお味であるがオーソドックスな蒲焼のタレで普通に美味しいのだが、やっぱ何か何時も食べている”うな丼”とか”うな重”と比べると、ちょっと食べた気がしない?様な内容だったかな・・・。
 
播磨水産うなぎ丼の赤だし播磨水産うなぎ丼の赤だし
そしてこちらは”うなぎ丼”に付いていた”赤だし”で、ご覧の様に魚の切身が沢山入った、魚好きな人には喜ばしい程の具沢山な”赤だし”で、値段の半分ぐらいはこちらの”赤だし”代なのかも?と思うぐらいの内容だ。とは言え個人的には魚は余り好きでは無いし、この魚も一体何の魚なのか判らんし、ちょっと好みでは無い・・・。てか、やっぱ”うなぎ丼”の汁物と言えば『将棋屋』で出て来る”鰻の肝吸い”の様な物を付けて欲しかったかな・・・。
 
播磨水産うなぎ丼の漬物
ちなみにこちらは”うなぎ丼”に付いていた小鉢の”昆布の佃煮タクアン”で、これまた値段の割りには何かショボイ内容の漬物と言う印象。これまた個人的な思いで言うと『将棋屋』で出て来る”香の物”みたいな美味しい漬物を提供して欲しかったかも・・・
 
てな事で、もしかしたら美味しい”うなぎ丼”が食べれるかも?と思って久々に『播磨水産』に行ってみたのだが、若干期待した内容と違っていたかな・・・。てか、牛丼チェーンの鰻丼でも半分サイズぐらいの蒲焼が載っているのだから、魚料理専門店もそれに負けんばかりの蒲焼を使って欲しかった気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.