義史のB型ワールド

2014年7月25日

折角多可町までやって来た・・・、って事でその帰り道に播州ラーメンの老舗のお店”西脇大橋ラーメン”に寄ってみた!先に食べたお店より美味しかったかな。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:21 PM
 
代理人記録
 
先に紹介した様に、ご主人様が多可町まで行くと言うので私も同行(てか連れて行ってもらった?)して『畑やんラーメン本店』と言うお店で播州ラーメンを食べたのだが、その帰り道、折角此処まで来たのだからもう一軒食べに行こうか?と相談した結果、播州ラーメンのお店としては一番有名かも知れない西脇大橋ラーメン』へ寄ってみる事にした。
 
西脇大橋ラーメン
こちらが久々に行って来た播州ラーメンのお店『西脇大橋ラーメン』で、私がこのお店に来るのは10数年ぶりだが、以前来た時は既に2代目の店主?とかに代わっていて、先代の店主曰く”味が変わってしまった・・・”後だった・・・。で、丁度その10数前位に来た頃に、先代の店主が今度は滝野町の方に元祖播州ラーメンのお店として『紫川ラーメン』をオープンをしたので、もっぱらそちらの方へ食べに行く様になってしまったので、最近はこちらの『西脇大橋ラーメン』には全然来て無かったのだった。
 
ちなみに個人的な思いであるが、観光客や一見さんのお客さん雑誌とか観光案内に良く紹介されているこの『西脇大橋ラーメン』に来て、地元のお客さんとか昔長柄の播州ラーメンファンは『紫川ラーメン』の方に行くのでは・・・と言う気がしている。ま、滝野にはこれまた超人気の『滝野大橋ラーメン』があるので、その辺りは好みの問題かも知れないが・・・。
 
西脇大橋ラーメン播州ラーメン認定店之証
それはさて置き早速お店に入ろうとすると、『西脇大橋ラーメン』の入口の処にも先に食べに行った畑やんラーメン本店』と同様に”播州ラーメン認定店之証”が飾ってあった。てか、このお店は一応播州ラーメンの元祖として名が通っているので当り前と言えば当り前だんだろうけど・・・。でもきっと『紫川ラーメン』は滝野町だからこの”認定店之証”は飾って無いのだろうなあ・・・。
 
西脇大橋ラーメンの店内
そしてこちらが『西脇大橋ラーメン』の店内の様子で、この時の訪問時間は平日の午後2時半頃の訪問だったのだが、入店した時はカップル客が2組程居た・・・。きっと土日であればこの時間でも満席に近いぐらいに賑わっているのだろう・・・。
 
西脇大橋ラーメンサイン色紙
ちなみに店内の壁にはこの様な”芸能人のサイン色紙”や”記念写真”等が多数飾られていた。流石に有名店だけの事はある?のかな?
 
西脇大橋ラーメン特製メニュー
そしてこちらが壁に飾ってあった”西脇大橋ラーメン特製メニュー”で、ご覧の様に先ほど食べに行った多可町の『畑やんラーメン本店』とは違って至って、ラーメンメニューは2つしか無いシンプルな内容だ。私が大阪在住の頃に良く食べに行っていた『金龍ラーメン』もそうであった様に、ラーメンのみのメニューだけでこれだけ客を集められると言うのは中々立派な気がする・・・。
 
西脇大橋ラーメン特製ラーメン
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”特製ラーメン”で、お値段は680円也。具は定番のチャーシューの他にモヤシと海苔、それに刻みネギと至ってオーソドックスな播州ラーメンな感じだ。で、そのお味であるが一口スープを飲んでみると思っていた通りのちょっと甘目のスープだが、先程食べた『畑やんラーメン本店』よりは上品な感じで個人的にはこちらのお店の方が美味しい。西脇市のグルメを紹介する”西脇うまいもん特産館”の情報に寄ると”甘さの秘密は、タマネギなど野菜から出るダシなど、様々な要素。野菜のほか、豚骨、鶏ガラ、魚のダシもブレンドされているのでスープはとても豊かな味わい。 醤油ベースで後味はさっぱりとしている”との事。この辺りは他の播州ラーメンの有名店と似ている様な気はするが・・・。
 
西脇大橋ラーメン特製ラーメン
そしてこちらは”特製ラーメン”に入っていたチャーシューで、実際に食べた時は特に意識する事無く食べたのだが”西脇うまいもん特産館”の紹介案内に寄ると”具はアバラとモモのチャーシューが1枚ずつ”との事。確か『来来亭』でも以前はチャーシューの部位が選べた様な気がするが、そう言われてみると確かに微妙にチャーシューの種類が違う様な同じ様な・・・。次回訪問時はその辺りを気にしながら食べてみる事にしよう・・・。
 
西脇大橋ラーメン特製ラーメン
ちなみに麺はこんな感じで、先に紹介したサイトの情報に寄ると”中太のちぢれ麺で、基本的にはゆで具合は固め”との事。これまた2杯目のラーメンと言う事もあって特に意識して食べた訳では無いが、普通に美味しい麺だったかな。でも他のお店の自家製麺と比べると・・・、と言う気はしたが・・・。
 
てな事で、この日は多可町と西脇にある播州ラーメンのお店2軒をハシゴしたのだが、この後も西脇にある『内橋ラーメン』とか『畑やんラーメン/しばざくら店』の前を通り、更には帰り道にある滝野に寄り道して『滝野大橋ラーメン』のお店も見に行ったのだけど、流石に3杯目のラーメンを食べる元気は残って無かったのでお店の前を素通りしただけであった・・・。それは兎も角として、今回はちょっと遠出したけど加古川にも播州ラーメンとして有名なお店が何軒もあるので、今度はそちらのお店に食べに行ってみようと思うのであった!

遥々とやって来た多可町で播州ラーメンを食べた後、未だ時間があったので”なか・やちよの森公園”とやらを散策してみた。何と無く権現湖に近い印象を受けたが、のどかで雰囲気は良かったかな。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 8:37 PM
 
代理人記録
 
ご主人様に同行して遥々と多可町までやって来て『畑やんラーメン本店』と言うお店で播州ラーメンを食べた後、ご主人様の客先訪問まで未だたっぷりと時間がある・・・。そこでこの多可町へ来る手前にあったセントラルサーキットとやらを見学に行ったのだが、何と見学するだけでも入場料が必要との事。お金を払ってまで観る必要も無いはと思い、その場を直ぐに引き上げ今度は直ぐ近くにある”なか・やちよの森公園”とやらに行ってみた。
 
なか・やちよの森公園
こちらが”なか・やちよの森公園”に到着後、まず目にしたのがこちらの”翠明湖”で写真は撮らなかったがこの湖は”糀屋ダム”の貯水用?の湖っぽい・・・。で、私が此処を訪れたのは生まれて初めてなのだが、何と無く平荘湖とか権現湖っぽい感じで初めて来たとは思えない様な風景が広がった喉かな湖だ。
 
なか・やちよの森公園
ちなみに直ぐそばにあった”なか・やちよの森公園”の案内図に寄ると、ご覧の様に湖だけでは無く、その後ろに広がる山々もちょっとしたハイキングコースになっている様で結構広い森林公園の様だ。公式サイトの案内に寄ると”兵庫県の観光百選のひとつに数えられる竹谷川沿いの森林や翠明湖、北播磨の山並みが一望できる景観豊かな尾根筋など、四季を通じて豊かな自然を楽しめる里山”なんだとか。
 
なか・やちよの森公園なか・やちよの森公園
そしてこちらが”なか・やちよの森公園”の散策の中心と言うのか出発点となる湖畔の広場で、この先をずっと入って行くと展望台や展望デッキに辿り着くらしい・・・。が、流石にそんな散策をしている時間は無いので取り敢えずこの広場にある管理棟の様な施設にだけ行ってみる事に・・・。
 
なか・やちよの森公園
こちらが湖畔の広場の中にあった活動拠点の施設で、実は此処を訪問した最大の理由は二人共がトイレに行きたかった・・・為なんだけど・・・。
 
なか・やちよの森公園
ちなみにこの施設の中にはこの様な木を使って工作した様な物がお土産品として沢山売っていた・・・。そしてこの奥では公園を管理している人達?の事務所もあったけど・・・、そんな話はどうでもエエか・・・。
 
なか・やちよの森公園なか・やちよの森公園
そんなこんなでトイレ休憩をして湖畔の広場を散策していると、そろそろエエ時間になって来たのでご主人様が訪問予定の多可町内へと再び向かう事に。その道順にあったのが”翠明湖”の真ん中辺りにあったがこちらの”翠大橋”とそのたもとにあった”翠公園”の様子で、周遊道路的にはこの後も湖の畔をぐるっと廻る事も可能だったのだが、流石にそこまでの時間は無いのでこの橋を渡って再び多可町内へと向かう事に決定!
 
なか・やちよの森公園
ちなみにこちらは”翠大橋”の上から見た”糀屋ダム”の様子で、一番上で紹介した写真に写っていたのはこの”翠大橋”なのだった。多分二度とこの公園&湖に来る事は無いと思うが、もしも次に来る事があれうばこの”翠明湖”を一周してみたいと思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.