義史のB型ワールド

2014年7月8日

久々にスシローに行くと”魔法の国産生本鮪づくし”ってのがあったので食べてみた!値段は高いが大とろは1貫だけじゃん!でも人気があったのか、また販売されている・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:40 PM
 
代理人記録
 
この日の少し前に”極上ふぐフェア”に釣られて久々に『くら寿司』へ行ったのだが、それとは全然関係は無く今度は何気なく『スシロー』に行ってみると”魔法の国産生本鮪づくし”ってのが、3日間でしかも関西にあるお店限定で販売されていたので食べてみる事にした。
 
スシロー高砂店
こちらが久々に行って来た回転寿司チェーンの『スシロー/高砂店』で、この日はお店が開店してから未だそれ程に時間は経って無い頃だったのだが、既に何組もお客さんが居るし、私と同じタイミングとか、あるいはその後からも続々とお客さんが入って来た。平日にも関わらず、相変わらずの大人気の様だ。
 
スシロー魔法の国産生本鮪づくしメニュー
そしてこちらが3日間で、しかも1日100限定で販売されていた”魔法の国産生本鮪づくし(6貫盛り)”のフェアメニューで、この週の月曜日の夜に放送された”魔法のレストラン”と言う番組の中で紹介されたらしい。私はその放送は見て無かったので、放送内容がどんなだったかは全く知らないのだが、この”魔法の国産生本鮪づくし”の内容はと言うと”大とろ・中とろ・赤身の盛り合せ”との事。
 
これと似た感じの”まぐろづくし”のお寿司は、過去にも”山陽百貨店のまぐろづくし”とか”阪急百貨店の津軽海峡まぐろづくし”とか、あるいは回転寿司チェーンでは”函館市場のまぐろづくしセット”等を食べた事があり、どのお店で食べた時もそれなりに好印象だったので、それらと内容を比較する意味も兼ねて食べてみる事にしたのだった。
 
ちなみに、今回”魔法のレストラン”と言う番組で紹介された限定メニューを食べるのは久々であるが、以前結構な割合で神戸とか大阪へ行っていた頃は、番組で紹介された”大人もうれしいお子様ランチ”とか”春らんまん ビーフシチューと仲間たち”とか”魔法のステーキ&カレーランチ”等を良く食べに行っていた物だ(そう言えば『ラーメン来来亭』でもそんな事があった様な・・・)。最近はほとんど大阪へ出向く事が無くなったので、そう言った機会は無くなっていたのだが、こうやって近くにあるお店で限定商品が登場すると、ちょっと嬉しい様な・・・。
 
スシロー魔法の国産生本鮪づくし(6貫盛り)
それはさて置き、6貫盛りと言う事でお皿が大きくらしく、流石に回転寿司のレーンに載せて廻して来る訳には行か無いのか、スタッフのオネエサンが直々に運んで来てくれたのが、こちらの”魔法の国産生本鮪づくし(6貫盛り)”で、お値段は税込価格948円也。パッと見た感じは先に紹介した”山陽百貨店のまぐろづくし”と内容的には似ているのだが、流石に値段は半分以下とあってネタの大きさは、かなり小さい気がする・・・。
 
スシロー魔法の国産生本鮪づくし(6貫盛り)
そしてこちらが”生本鮪の握り寿司の6貫盛り”の様子で、メニューの写真を見た時から何のためらいも無く”大とろ・中とろ・赤身”が、それぞれ2貫ずつ盛り合せてあるのだと思いきや、何と何と!私の大好物の”大とろ”は1貫のみで、”中とろ”が3貫、”赤身”が2貫と言う内訳になっている・・・。えええーーー、これじゃあ全然税別価格900円の値打ちが無いやん・・・。”赤身”何て2貫で100円やし、”大とろ”や”中とろ”もフェアの時は100円で売ってるやん・・・。そう思って計算すると税別価格で500円の価値?しか無い様な気がして来た・・・。ま、今回は”生本鮪”と言う事で、ネタ自体が高いってのは判るが、それでも”生本鮪”だったとしても1.5倍ぐらいの値しかしないんじゃ無いのかなあ・・・。
 
スシロー魔法の国産生本鮪づくしの大とろ
そしてこちらが”魔法の国産生本鮪づくし”の中に入っていた唯一の”大とろ”で、写真で見た色合は余り良く無いが、実際にはもうちょっと鮮やかな”大とろ”で、脂のノリもそこそこあり、口の中に入れると蕩ける感も出て普通に美味しい大とろ”だった・・・。個人的には、全部この”大とろ”でもエエんとちゃうんかいな?と言う気はしたが・・・。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油ラーメン
で、”魔法の国産生本鮪づくし”だけではちょっと物足りなさそうな気がしたので、またまた頼んでしまったのがこちらの”出汁入り鶏がら醤油ラーメン”で、お値段は税別価格280円也。味的には前回同様に、あっさりとした文字通りの鶏がらスープで普通に美味しい。個人的にも『スシロー』に来ても”とろ”の他に食べたいネタが無い事もあり、今度来た時にもまた食べてしまうかも知れない・・・。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油ラーメン
ちなみにこの日の”出汁入り鶏がら醤油ラーメン”にトッピングされていたチャーシューはこんな感じで、前回食べた時はこの2枚をくっつけた様なぐらいの大きさのチャーシューが1枚だけ入っていたのだが、偶々こんなチャーシューしか無かったからなのか、あるいは食べ易い様に最初から2つにカットしたのか定かでは無いが、ご覧の様にかなり薄切りチャーシューで、何か豚バラ肉をそのまま食べている?様な印象ではあったけど・・・。
 
スシロー十勝豚丼風にぎり
で、取り敢えず”魔法の国産生本鮪づくし”と”出汁入り鶏がら醤油ラーメン”を食べただけで、お腹は十分に満たされたのだが、メニューの中にちょっと変わった”十勝豚丼風にぎり”ってのがあったので、思わず追加オーダーしてしまったのが、こちらの”十勝豚丼風にぎり”で、お値段は税込価格108円也。まさか『くら寿司』で販売している”イベリコ豚丼”を意識した訳では無いだろうが、ネーミングで想像が付く様に、個人的にあちらこちらのお店で食べる”北海道帯広十勝名物豚丼”をイメージした豚肉がトッピングされた握り寿司だ。ま、味的にはそれなりだったけど、値段を考えると十分な内容だった様な気はする・・・。
 
スシロー道産ベーコンエッグつつみ
そしてもう一品、同様に追加オーダーしたのが、こちらの”道産ベーコンエッグつつみ”で、こちらも税込価格108円也。商品名に”つつみ”と書いてあるが、これは下に敷いてある菜っ葉?みたいな物で包んで食べるらしく、決してベーコンエッグでご飯を包んでいる訳では無い・・・。で、そのお味であるが、ご覧の通り、玉子自体は気持ち程度の大きさ(ん?まさかウズラって事は無いよな?)で、ベーコンエッグイメージとは程遠かったが、こちらも値段を考えると十分楽しめたかな・・・。
 
スシロー国産生本鮪づくし(6貫盛り)フェアメニュー
てな事で、3日間限定!と言う謳い文句に釣られて”魔法の国産生本鮪づくし”を食べたのだが、何と何と6月25日からは”国産生本鮪づくし”と名を変えて期間限定で全店で販売されているらしい・・・。以前にも、4日間限定に釣られて”倍とろ”を食べたのだが、その時も後日1ヶ月間程販売されていたし・・・、何か期間限定に釣られて食べると、その後また販売されていて、全然期間限定とちゃうやん!みたいな事ばかり繰り返している様な・・・。てか、そもそもこう言った期間限定の話は、もうちょっと早くブログにアップせにゃあ、価値が無いなあ…、と少し前の”偽ふなっしー”の記事の時から感じて来ては居るのだが・・・。

WordPress.com Blog.