義史のB型ワールド

2014年6月7日

先週の土日に開催された”高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博”の様子をざっとご紹介・・・。

Filed under: 祭り — 代理人 @ 7:19 PM
 
代理人記録
 
先週の土日に高砂市総合運動公園で開催された”高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博”の様子を簡単にご紹介・・・。何時もであれば、当ブログはのんびりとした更新なのでもうちょっと先での紹介が定番だったのだが、当日現れた”ふなっしー”と言うのか後で偽物と判明した”偽ふなっしー”の話は、当日で無いと意味が無い?価値が無い?様な気がしたので、当日の夜に一生懸命記事にしたのだが、予想通りと言うよりそれ以上の反響があって、中々大変?だった・・・。
 
今日から何回かに渡って紹介する”高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博”の記事には、そんな話題性のある話は一切無いので、その点ご了承を・・・。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
まずは”高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博”のメイン会場である”ご当地・絆ガーデン”の陸上競技場での様子を観覧スタンドが見るとこんな感じ。何と無く雰囲気は姫路大手前公園で偶に開催されている”姫路食博”とかそんな感じのイベントと規模や雰囲気が似ている様な感じだが、私の最大のお目当てであるご当地グルメのブースは外側の一部で、真ん中にはご当地ゆるキャラの各個別のブース、そして一番手前にはご当地アイドル専用のブース等があり、飲食スペースは真ん中の一部しか無かったのがちょっと残念。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
そしてこちらはスタンドの反対側から見た”ご当地・絆ガーデン”の会場の様子で、遠くに見えるのは日本三奇の一つである石の宝殿が見える・・・。ちなみにこの会場内にもそれらを紹介する日本三奇館なるコーナーもあったのだが、その話は後で少し・・・。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
そしてこちらが”ご当地・絆ガーデン”のメインの”絆ステージ”の様子で、全国のご当地キャラが入れ替わり立ち代わりステージ上に登場して、様々なパフォーマンス?を披露していた。ちなみに上の写真は”ぼっくりん”以外は全然馴染の無いキャラクターばかりで、雰囲気的には昨年の”たかさご万灯祭”の日の昼間に開催された”ぼっくりんランド”と余り変わらない様な印象・・・。ま、今年一番の話題の”姫路のかんべえくん”と”加古川のてるひめちゃん”が登場した時は、それなりに盛り上がっていた?けど・・・。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
そしてこちらは”絆ステージ”と反対側の西側にあった”夢ステージ”で、こちらはご当地アイドルのステージや、その合間にご当地ゆるキャラが登場していた。ちなみに上の写真に写っているアイドル達とは、私が体育館内のトイレに行って出て来た時にステージ終了後に戻って来た時に遭遇したのだが、その中の一人が何やら熱中症っぽい感じで体調不良を訴えていた・・・。そら、あんな糞暑い炎天下の中で30分も唄って踊ってたら、誰でも倒れまっせ・・・、みたいな。確かに暑かったもんなあ・・・。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
ちなみ野球場の前の”みんなのステージ”では、この様に年配の方々が踊りを披露していた・・・。私が何度かこの前を通った時は、何時も閑散としていたが、午前中には高砂高校のジャズバンドとか高砂南高校の吹奏楽部も出てたみたいなので、その時はもうちょっと盛り上がっていたのかも知れない・・・。ま、ジャズバンドは”たかさご万灯祭”の日にあちこちで目にするので、あらためて見たいとは思わなかったのだが・・・。
 
で、昼間は2時間程居ただけなのだが、夜に食事に出掛けた帰り道、確か夜は”60’sナイト”が開催予定・・・、と言う事でちょっと寄り道して会場の様子を見に行ってみた。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
こちらがその時の様子で、昼間は全国のご当地ゆるキャラが大集合と言う事もあり、お子様や子連れのファミリーで賑わっていたが、ご覧の通り日も暮れた午後6時からは大人の時間・・・と言う事もあり、昼間とは打って変わって今度は若干年配の方々でステージ前の席が埋め尽くされている。しかもその横では、オールデイズの曲に合わせて踊られている方々の姿も・・・。フォーク世代の私にはそこまでノリノリな気分には成らなかったが、それでも何と無く懐かしい曲が演奏されていて中々楽しいひと時だった。何よりこの時のメインボーカルの、若干草臥れた感はあるもののポニーテール姿で艶っぽい衣装のオネエチャン(ザ・クラッシャーズ&マコ)の方が、昼間のご当地アイドルよりも良かったかも・・・。自動車を運転して来て無かったら、ここでお酒でも飲んで帰りたい気分だった!
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
ちなみに30分ほどステージを見た後、帰ろうとすると競技場の南側には巨大なスクリーンが設置されていて、そこには”高砂市の60周年の歩み”みたいな物(”高砂メモリーズ~万灯祭の夏~”かも?)が上映されていた。ちなみに上の写真に写っている”高砂みなと堀川まつり”とは、今や高砂の名物となった毎年開催されている”たかさご万灯祭”のきっかけともなった街中キャンドルを初めてやった時のイベントで、この後、その時の様子や当然”たかさご万灯祭”の様子も上映されていた。もっとじっくり見たかった気もしたが、何故か客席の用意も無かったので、立ち止まって見てると疲れて来たので、後ろ髪をひかれる様な気分でこの場を立ち去ったのだった。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
そしてこちらは2日目、管理人さん一家と別れた後で、帰りのシャトルバスに乗る前に最後に1杯だけ生ビールを飲んで帰ろうと思い、生ビールを買ってメインステージの方の椅子に座って一服していると、ご当地ゆるキャラでは無く、何やら楽しげなバンドが出て来たので、生ビールを片手に観覧!写真ではちょっと判り辛いがアニメソングを演奏するバンドの様で、ルパン三世のテーマ曲やキューティーハニー、マジンガーZ等の定番曲で、個人的には楽しめたのだが、若干ボーカルの兄ちゃんのキーが低めだったのが何か物足りない・・・。代わりに私に唄わせてくれ・・・、みたいな気がしたのだが・・・(酔っ払ってるせい?)。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
ちなみにラストの曲で盛り上がろう!と、ステージ上のボーカルの怪人20面相風の兄ちゃんの掛け声に誘われ、その辺りに居たご当地キャラも集まって来て、そこそこ盛り上がっていたのだが、最後の曲が私には全く馴染の無い”聖闘士星矢”のテーマ曲だったのが、ちょっと残念・・・。やっぱ最後にマジンガーZを持って来ないとねえ・・・、みたいな。
 
高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博
で、この後、もう少しご当地グルメを食べ歩いた後、いよいよ帰る事に・・・。最後にステージの上を見ると・・・、またまた”ぼっくりん”を中心としたマイナーゆるキャラの集まりだった・・・。まさに”たかさご万灯祭”で見た”ぼっくりんランド”の再現の様だった・・・。
 
てな事で、”高砂市政60周年記念事業 IN ご当地博”の様子を簡単に紹介したが、当ブログの肝心のご当地グルメのお話はまた後程・・・。その前にその他のイベントも紹介した後に少しずつ書いて行く事にしよう・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。