義史のB型ワールド

2014年5月23日

高砂文化会館の2Fにあるレストランがまたまた入れ替わっていたので、試しに日替り定食の”豚スタミナいため”を食べてみた!リーズナブルな値段な割に中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
相変わらず一カ月ぐらい前の話を未だずらずらと綴っている毎日であるが、偶には最新の話・・・。と言っても既に2週間ぐらい前の話なのだが、この日の少し前に高砂市文化会館の前を通ると”カフェごはん”と言う案内看板が置かれていた。あれ?高砂市文化会館の2Fと言えば、サンモール高砂の中にある鮮魚のお店がやっていた『お食事処つりた』があったのでは?と思って見てみると、何時の間にやら閉店して、新しいお店に変わっている様だった。てな事で、物珍しさもあって後日そのお店に行ってみる事にした。
 
カフェごはんのーちゃんカフェごはんのーちゃん
こちらが今回行って来た高砂市文化会館の2Fに、最近誕生した『カフェごはん のーちゃん』と言うお店で、この日は土曜日の正午前の訪問だったのだが、私同様に物珍しさで食べに来るお客さんが多いのか既に窓際の席は埋まっている。しかも私の後からも続々とお客さんが入って来て正午を廻った頃には、ほぼ満席になってしまった・・・。この賑わいがずっと続けば良いのにね・・・
 
カフェごはんのーちゃん日替り定食のメニュー
それはさて置き、こちらがお店入口の処に置いてあった”日替り定食”のメニューで、実はこの日の数日前にも一度このお店に来たのだが、その時は”日替り定食”は2種類しか無く、しかもどちらも魚がメインの内容だったので、もしもそのまま店内に入った時に”日替り定食”以外のメニューが無かった場合、食べる物が無くなるのでお店に入らず引き返した事があったのだが、この日は3種類あり、しかも一番下には”豚スタミナいため”ってのがあったので、その”豚スタミナいため”を食べる事にして入店したのだった。
 
カフェごはんのーちゃん定食のメニューカフェごはんのーちゃん麺類のメニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあった”定食”と”うどん・そば”と”ご飯もの”のメニューで、個人的には”うどん・そば”と”ご飯もの”のメニューには全く関心は無かったのだが”定食”のメニューの中には”かつめし”や”カレー”等の私の大好きなメニューが並んでいる。とは言え”かつめし”は値段から考えると、多分”豚カツを使ったかつめし”な気がするので、それなら同じ値段の”とんかつ定食”の方が良いかな・・・、と思いつつ次回訪問時?に食べる料理の算段をしたのだった。
 
カフェごはんのーちゃん豚スタミナいため
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらのこの日の”日替り定食”で、メインの”豚スタミナいため”の他に味噌汁と白いご飯、それに小鉢とお漬物が付いてお値段は650円也。”豚スタミナいため”の脇には千切りキャベツやコーン、それにポテトサラダ等も盛られていて、値段の割りにボリューム満点!ご飯は若干ベチャっとしていたが、炊き立て熱々で中々ウマかった!ちなみにご飯は大盛りで50円、お替りは150円らしい・・・。
 
カフェごはんのーちゃん豚スタミナいため
そしてこちらがメインの”豚スタミナいため”で、パッと見た感じは以前にこの場所にあった『レストラン花車』と言うお店で食べた”豚の焼肉風”に似ている様な気もしたが、何と言うのか焼肉のタレで炒めた様な若干味の濃い、外食慣れした私好みの味で中々ウマい!先にも書いた様に炊き立て熱々のご飯との相性も良くて、ご飯が進む進む。これなら50円プラスしてご飯を大盛りにしても良かったかな?と思う様な味だった。
 
カフェごはんのーちゃん日替り定食の卯の花
そしてこちらはこの日の”日替り定食”に付いていた小鉢で、その内容は”卯の花(おから)”の様だ。最近はこんな機会でも無い限り、自ら好んで”おから”を食べる事も無いので、ちょっと美味しかったかな
 
カフェごはんのーちゃん日替り定食の味噌汁カフェごはんのーちゃん日替り定食の味噌汁
ちなみにこちらは”日替り定食”に付いていた”味噌汁”で、パッと見た感じは他のお店でも良くあるワカメとネギだけの愛想の無い内容の”味噌汁”かと思いきや、玉ねぎやチクワや人参等の結構具沢山な内容で、お出汁自体も家庭的な優しいお味で中々ウマい!出来るのかどうかは定かでは無いが、久々にお替りがしたいと思った味噌汁”だった。
 
カフェごはんのーちゃん日替り定食の香の物
そしてもう一つ、この様なキュウリの酢漬け?の様な物も付いていて、これまた炊き立て熱々ご飯との相性も良くメチャウマい!漬物好きの私には、このキュウリだけでお茶碗一杯の白ご飯が食べれた様な気がする。
 
てな事で、何時の間にやら『お食事処つりた』が閉店し、その後に誕生した『カフェごはん のーちゃん』に行ってみたのだが、メニュー的には以前の『お食事処つりた』方が楽しげだった気はするが、味的には悪くは無かったので、また昼飯に困った時には行ってみたいと思うのであった!

2014年5月22日

スシローの前を通るとラーメンの幟が立っていたので食べてみた!オーソドックスな鶏がら醤油味のスープで普通に美味しいラーメンだった。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
最近は100円の寿司だけでは儲からないのか、あるいは客寄せの為か、ラーメンを販売し始めたくら寿司』や『はま寿司』であるが、それに負け時と今回は『スシロー』もラーメンの販売を始めたらしく、4月の初め頃にお店の前を通るとラーメンの幟が沢山立っていたので、またまた『スシロー』に行ってみた。
 
スシロー高砂店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーンの『スシロー/高砂店』で、実はこの2、3日前にも一度来たのだが、その時は午後12時半頃のランチタイムど真ん中で、かつ子供達が春休み期間中と言う事もあってか、昼間から超大賑わい!お店入口付近には待ち客が溢れまくっていたので、その時は速攻に諦めて帰ったのだが、そんな事もありこの日は少し早目の午後11時半頃の訪問だったにも関わらず、既に店内は大賑わい!何時もであればこの時間なら未だ空いているカウンター席も、ほぼ満席!何とか先客が帰った後の空いた席に案内されたのだが、両隣に客が座るちょっと狭苦しい中での食事となった。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油味ラーメンのメニュー
そしてこちらが『スシロー』が新しく販売を開始したラーメンのメニューで、それに寄ると”出汁入り鶏がら醤油味のラーメン”らしい・・・。しかも後から販売を開始した事や、具がシンプルな事もあってか、先行販売して人気だと言う『くら寿司』の”7種の魚介醤油らーめん”より価格は低く設定されている。何れにしても今回の訪問の目的はこのラーメンを食べる事だったので、早速このラーメンを注文!!!
 
スシロー倍とろフェアメニュー
ちなみに以前に紹介した3月の中旬頃に期間限定で販売されていた”スシローの倍とろ!”は、平日限定ながら4月1日から25日までの間、提供されるとの事・・・。前回は期間限定の言葉に釣られて食べたのだが、そんな度々販売するのでは全然有難味が無いやん!と思いつつも、ラーメン以外にこれと言って食べたい物が無かったので、併せてこの”スシローの倍とろ!”も注文!、その他にも以前から食べてみたいと思っていたちょっと値段の高い”黒毛和牛ローストビーフ”も頼んでみた。
 
スシロー黒毛和牛ローストビーフ
で、まず最初に運ばれて来たのは”100円の回転寿司”の『スシロー』で数年前から始まったちょっと値段の高い”吟味ネタシリーズ”の”黒毛和牛ローストビーフ”で、”吟味ネタシリーズ”の商品は通常価格よりも少し高く税込価格194円也。値段が高いから美味しい”黒毛和牛ローストビーフ”が食べれるのかと思ってオーダーしたのだが、ちょっと噛み応えのあるお肉で、期待した程では無かった・・・。
 
スシロー倍とろ
続いて運ばれて来たのは、折角フェアをやっていると言う事でオーダーした、以前にも食べた事がある”スシローの倍とろ!”で、こちらは税込価格108円也。で、前回の紹介の時に”通常の2倍!”の割りには余り大きく無いなあ・・・、と書いたのだが今回のフェアメニューのポスターを見ると”厚さ2倍!”と書いてある・・・。2倍とは大きさでは無く厚さの事だったのか・・・。とは言え、私的には限りなく赤身に近い”中とろ”な感じだったけど・・・。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油味ラーメン
そんなこんなしていると漸く運ばれて来たのが、こちらの”出汁入り鶏がら醤油味のスシローのラーメン”で、お値段は税込価格302円也。ご覧の通り限りなく透明に近い、見るからにあっさりとした鶏がら醤油味のスープであるが、思いの他普通にウマい!捉え方に寄っては”スシローのうどん”の出汁に近い様な、和風な感じのあっさり出汁にも思えなくも無いが、これはこれでありかも知れない・・・、と思う様な味だった。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油味ラーメン
ちなみにこちらは”スシローのラーメン”に入っていたチャーシューで、ご覧の通りメチャ薄切りのチャーシューで、雰囲気的には豚バラ肉をそのままスライスしてトッピングしたのでは?と言う気がしないでも無い。確かにラーメンの値段は税別で280円と安いので仕方が無いのだろうけど、ボリュームや内容を考えると似た様な価格の”幸楽苑の290円の中華そば”の方がお得な気はしないでも無いが・・・。
 
スシロー倍とろ
それはさて置き、取り敢えず新発売された”スシローのラーメン”を食べたので目的は果たしたのだが、何かそれだけでは物足りない・・・、と思った時に目の前に廻って来たので思わず手に取ったのがこちらの”スシローの倍とろ!”で、お値段は108円也。手にする前は先ほど食べた”スシローの倍とろ!”よりも美味しそうに思えたのだが、味的にはやっぱり限りなく赤身に近いマグロだったかな。
 
スシロー炙りたこチーズバジル
で、他に何か目ぼしい物は無いかとタッチパネルを手当たり次第にタッチしているとちょっと食べてみたくなったので、思わず注文したのが、こちらの”炙りたこチーズバジル”で、お値段は108円也。ご覧の通り、普通”茹でダコを使った握り寿司”の上にチーズとバジルソースをトッピングしてバーナーで炙っただけの様な寿司だが、今まで食べた事が無い味わいで、まあまあ美味しかった。
 
スシロー炙り上穴子
同様にタッチパネルでも最後にもう一品と思って追加オーダーしたのが、こちらの”炙り上穴子”で、こちらも”吟味ネタシリーズ”の商品と言う事で税込価格194円也。炙ってあるとは言いつつも、ベースは焼き穴子では無く、蒸し穴子の様で確かに柔らかくて普通に美味しいのだが、穴子と言えば下村の焼穴子!で育った高砂市民としては、何かちょっとイメージと違った炙り上穴子”だった。
 
てな事で、”スシローのラーメン”と言う幟に釣られて、またまた『スシロー』に行ってラーメンを食べてみたのだが、あっさりながら普通に美味しいラーメンだった。個性的と言う点では『くら寿司』や『はま寿司』等で販売しているラーメンの方が上の様な気もするが、偶に食べるには良いかも知れない・・・。また『スシロー』に行ったら食べてみる事にしよう!

2014年5月21日

またまたCoCo壱に行くと”貝柱と春の彩りカレー”とやらが販売されていたので食べてみた。カレー自体は何時ものポークカレーなので味的には特に印象には残らなかったかな・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:06 PM
 
代理人記録
 
20数年前、私が京都に住んでいた頃に毎週一回は食べに行っていたカレーハウス CoCo壱番屋』だが、その頃は期間限定のフェアメニューが登場する事は無く、何時ものレギュラーメニューの他には偶に”カレードリア”とか”カレーきしめん”等が販売される事がある程度だった・・・。が、最近は当ブログでも度々紹介している様に定期的に期間限定のフェアメニュー店舗限定のメニューが発売されていて、私もつい最近も”グランド・マザー・カレー”を食べたり”ココイチの金沢カレー”を食べたりしたのだが、消費税がアップしたばかりの4月の上旬に『CoCo壱』へ行くと、今度はちょっと春らしい”貝柱と春の彩りカレー”が販売されていたので食べてみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらが久々に行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、この日はちょっと遅めの午後1時近くの訪問だったのだが、未だ店内は半分ぐらいの席が埋まっていた。少し前に正午過ぎにお店の前を通った時は駐車場も満車に近いぐらいに賑わっていたから、やはり安定した人気があるのだろう・・・。
 
CoCo壱番屋貝柱と春の彩りカレーのメニュー
そしてこちらがこの春に販売が始まった期間限定のフェアメニューである”貝柱と春の彩りカレー”のメニューで、商品説明を読むと”菜の花、たけのこ、小エビ、貝柱。彩りも鮮やかに春のおいしさたっぷり”なカレーらしい・・・。ちなみに以前はこの手の期間限定のメニューを”月刊ココイチ”シリーズと呼んでいたのだが、今はそう言った文言も一切無くなってしまった。そう言えば夜限定で販売されていた”夜ココシリーズの鉄板カレー”も長い間登場して無い・・・。今なら”吉野家の牛すき鍋膳”みたいにコンロに載せて”鉄板カレー”を出したら受けると思うのだけどなあ・・・。
 
CoCo壱番屋貝柱と春の彩りカレー
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”貝柱と春の彩りカレー”で、4月からの消費税アップの為、何か中途半端な値段となり税込価格で802円也。ご覧の通り、”ココイチ定番のポークカレー”に”菜の花、たけのこ、小エビ、貝柱”等がトッピングされた、私にとっては久々に肉色の一切無いヘルシー?なカレーだ。で、味的には今書いた様に”ココイチ定番のポークカレー”そのままなので、全く持って不満は無い。
 
CoCo壱番屋貝柱と春の彩りカレー
そしてこちらが”貝柱と春の彩りカレー”の具の”菜の花”と”小エビ”なのだがご覧の通り”小エビ”と言えどもレギュラーメニューにある”エビにこみ”の様な海老の身では無く、所謂”干しエビ”だ。季節的に他の飲食店で”桜えび”を食べる事は多いのだが、それに似ている様な似て無い様な・・・、そんな印象がしないでも無いが、やっぱカレーの具としてはちょっと寂しい小エビ”だ。値段的にも以前食べた”エビとあったか野菜カレー~ホワイトソース仕立て~”と値段があまり変わらない事を考えると、コストパフォーマンス的にはイマイチな気がする・・・。
 
CoCo壱番屋貝柱と春の彩りカレー
そしてこちらは”貝柱と春の彩りカレー”のもう一つの具である”たけのこ”と”貝柱”で、パッと見た時は”たけのこ”は”ジャガイモ”かな?と思ったのだが、メチャ普通に”たけのこ”だった。”貝柱”もそれなりに美味しいのだけど、やっぱ何かカレーの具としては物足りない気がした・・・。”貝柱”はやっぱ掻揚げとかに入れる方が美味しい様な気がする・・・。
 
てな事で、消費税アップ後初めて行った『CoCo壱』で、春限定の”貝柱と春の彩りカレー”を食べてみたのだが、見た目は美しい?物の、味的にはどうって事の無い内容だったかなあ・・・。とは言え、今の処定期的に期間限定のフェアメニューが登場するので、それに釣られてまた食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

2014年5月20日

ヤマトヤシキ加古川店で開催されていた春の大北海道展の会場で”弟子屈豚丼”を食べた!その場で焼いた熱々の豚肉で中々ウマかった!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 10:01 PM
 
代理人記録
 
この日の数日前にヤマトヤシキ加古川店で開催されていた大北海道展に行って”肉敷きステーキ弁当”を買って帰って食べたのだが、その時からちょっと気になっていたのが、北海道のご当地グルメの”豚丼”の弁当!当ブログで度々紹介している様に北海道の”豚丼”と言えば、十勝帯広のご当地グルメなのだが、何故か今回の大北海道展にあったお店は弟子屈にあるお店だった。でもパッと見た感じ中々ウマそうだったので、北海道展の最終日にふとその”豚丼”を買いに寄ってみた。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
こちらが今回の北海道名物の”豚丼”を買いに行った『弟子屈 豚丼 くまうし』と言うお店で、上でも書いた様に北海道の”豚丼”と言えば十勝地方帯広のご当地グルメなのだが、何故かこのお店は弟子屈町にあるお店らしい。更に”豚丼”のお店なのに店名が”くまうし(熊牛)”なのもちょっと謎だ。で、この時は”豚丼”の専門店だとばかり思っていたのだが、後日このお店が”豚丼と田舎そば”のお店である事を知るのだが、その話はまた何れ・・・。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
で、お店の売場を見るとこの様な”豚丼ロース”とか”豚丼バラ”、それに両方のお肉がミックスされた、その名も”豚丼MIX”の3種類の弁当が並んでいて、更に”豚丼バラ”は大中小のサイズがあるらしい・・・。そんな中から私が選んだのは、どうせ滅多に買う機会が無いだろうと思い、ロースとバラの両方が乗った”豚丼MIX弁当”を買う事に決定!!!
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
ちなみにこちらはチラシに載っていた『弟子屈 豚丼 くまうし』の”豚丼MIX弁当”の宣伝画像で、それに寄ると特産阿寒ポーク使した、バラ・ロース肉がたっぷりの逸品”との事。以前に”十勝花畑牧場 ホエー豚を使った豚丼”を食べた事があるが、このお店は”阿寒ポーク”を使っているらしい・・・。”阿寒ポーク”ってのは今回初めて食べる様な気が・・・。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
そしてこちらが実際に買って食べた”豚丼MIX弁当”で、てっきり店頭に用意されていた作り置きの弁当を手渡されるのかと思いきや、注文後にお店の後ろで豚肉を焼き始めた。そんな訳で商品を手渡されるまでに若干時間がかかったのだが、その代わりに焼立て熱々の”豚丼”だったので、持って帰っている間に冷ましてしまうのも勿体無いと思い、近くに用意されていたイートインコーナーで食べてみる事に決定!!!ちなみに”豚丼”の上の方に添えられているのは”山わさび”と”生姜”だ。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
で、まずは”豚丼MIX弁当”の一番上にトッピングされている”豚バラ”から食べてみると、商品説明に”阿寒産ポークに特製甘辛醤油たれがかかった”と書いてある様に、お肉の上に沢山のタレがかかっていてその味は割と良くある甘辛いタレだが中々ウマい!”豚バラ”肉も焼立て熱々で、更に下の白ご飯もこの手の会場で売っている割には炊きたて熱々に近くて、これまたウマい
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
そしてこちらは”豚丼MIX弁当”のもう一つの”豚ロース”で、厚さは先の”豚バラ”の方があった様な気がしたが、こちらはご覧の通りの大き目サイズの”豚ロース”で、これまたウマい!基本的にはタレの味でウマいかどうかが分かれてしまいそうではあるが、最近食べた”豚丼”の中では一番美味しかった様な気がする・・・
 
てな事で、少し前にヤマトヤシキ加古川店で開催されていた大北海道展の最終日に再び行って、この日は北海道名物の”豚丼”の弁当を買って食べたのだが、上で紹介した通り中々ウマかった!やっぱ”吉野家食べる豚丼”とか”くら寿司のイベリコ豚丼”とは一味違うなあと、あらためて感心したのであった。それはさて置き、このまた数日後、今度は姫路山陽百貨店で開催されていた北海道物産展に行くと、そこには『くまうし』の特設茶屋があったので、再び”豚丼”と”田舎そば”を食べてしまうのだが、その話はもうちょっと先で・・・。

2014年5月19日

姫路名物まねきのえきそばの”黒田官兵衛西国紀行第2弾 鳥取バージョン”で”境港産 鰆の生姜旨煮えきそば”を食べた!魚嫌いの私でも普通に食べれる鰆であった!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:38 PM
 
代理人記録
 
今年から始まった姫路名物”まねきのえきそば”の”黒田官兵衛西国紀行”だが、それに釣られ私も”えきそば まっ黒田!”と”牛肉と姫路蓮根のシャキシャキえきそば”を食べたのだが、その”黒田官兵衛西国紀行第2弾 鳥取バージョン”は、何と私の嫌いな魚が乗った”境港産 鰆の生姜旨煮えきそば”との事。魚嫌いの私なので、最初はちょっと戸惑ったのだが””は食べれ無くも無い数少ない魚だし、その昔に北海道の江差へ行った際には”にしんそば”しかメニューに無いお店に行って好きでも無い”にしんそば”を食べた事があるし、何より”黒田官兵衛西国紀行”のフェアメニューは全て制覇しようと思っていたいた事もあり、第2弾で挫折?する訳にはいかない!って事で、取り敢えず食べに行ってみる事にした。
 
麺処 木八/加古川店
こちらがまたまた行って来た『麺処 木八/加古川店』で、この日はランチタイムのど真ん中と言う事もあって店内は結構賑わっている。このお店は駅の外からも入れてそちらの方がテーブル席等もあって座席エリアは広いのだが、改札の中から食べに来るお客さんも結構居て、向い側?のカウンター席は常時満席に近いぐらいに賑わっていた。”まねきのえきそば”と言えば姫路名物として世間に通っている?が、加古川でも結構人気がある様な気がする・・・。
 
麺処木八境港産鰆の生姜旨煮えきそば
そしてこちらが今回食べた”境港産 鰆の生姜旨煮えきそば”で、お値段は450円也。ご覧の通り、私が良く食べる”えきそば 天ぷら”の”天ぷら”の変わりに”鰆の生姜旨煮”がトッピングされただけの、商品名通りの”えきそば”だ。発売元の『まねき食品』の商品説明に寄ると”鳥取バージョンはご当地食材として鰆を使用、鰆はサゴシ→ナギ→サワラと呼び名が変わる出世魚で、黒田官兵衛が軍師として数々の武功を収め名を馳せて行く様に合わせている”との事。少し前に鳥取へ行って現地のご当地グルメを見たばかりの私としては、”牛骨スープのえきそば”とか”フカヒレ入りのえきそば”とかにして欲しかったかも・・・。
 
麺処木八境港産鰆の生姜旨煮えきそば
ちなみに“黒田官兵衛西国紀行”シリーズのみで使用されている”朱漆塗合子形兜(しゅうるしぬりごうすなりかぶと)の形の椀”も健在!最近になって、何と無くであるがこの椀が欲しくなって来たのだが・・・。
 
麺処木八境港産鰆の生姜旨煮えきそば
それはさて置き、こちらが”境港産 鰆の生姜旨煮えきそば”の最大の特徴である”鰆の生姜旨煮”で、再び『まねき食品』の商品説明に寄ると”日本でも有数の漁獲量を誇る境港で水揚げされたものだけを使用し、特別な調味液に漬けてから焼き、その上甘辛く生姜風味に煮ている”らしい・・・。で、確かに味漬けされて煮込まれている事もあって私の苦手な魚臭さは無いが、”天ぷら”とか”おあげさん”の様に出汁が浸み込んでいる訳でも無く、やっぱ”鰆は鰆・・・”みたいな印象。魚好きの方なら印象は違うと思うが、個人的にはこの”えきそば”は失敗だったんでは?と思ってしまうのだが・・・。
 
麺処木八境港産鰆の生姜旨煮えきそば
ちなみに”境港産 鰆の生姜旨煮えきそば”の麺はご覧の通り、”えきそば”定番の中華麺で可も無く不可も無くで、お出汁も何時もの味だった・・・。やっぱ個人的には普通の”えきそば 天ぷら”の方が好きかな。
 
てな事で、またまた『麺処 木八』に行って”黒田官兵衛西国紀行第2弾 鳥取バージョン”の”境港産 鰆の生姜旨煮えきそば”を食べたのだが、やっぱ個人的には”魚が乗ったえきそば”は口に合わんかった気がする・・・。あるいは以前に福山鞆の浦に行った時に食べた”鯛ラーメン”淡路に行った時に食べた”鯛塩ラーメン”の様な”鯛の身”だったらもうちょっと美味しく食べれたかも知れない(でもそれはあ、鳥取とは関係無くなるから駄目なのか・・・)。それは兎も角として、今日現在既に”黒田官兵衛西国紀行第3弾 岡山バージョン”の”桃太郎とまとの冷やしえきそば”の販売が始まっていて、私も既に食べたのだがその話は後日・・・、なるべく早く・・・。

ロッテリアに行くと土日祝限定のキャンペーンをやっていて、エビカツが5段の”エビツリーバーガー”が500円で販売されていたので買ってみた!エビカツ5枚は流石にちょっと飽きたかな・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:29 PM
 
代理人記録
 
3月下旬頃の日曜日に『ロッテリア』へ行くど土日祝限定のキャンペーンとかをやっていて、”エビカツ”が5段になったその名も”エビツリーバーガー”が特別価格の500円で販売されていたので買ってみた。
 
ロッテリアエビツリーバーガーメニュー
ちなみにこちらがお店の前に掲げられていたキャンペーン告知のポスターで、それに寄ると前日は以前に何度か食べた事がある”絶品タワーチーズバーガー”が500円で販売されていたのだが、この日は”エビツリーバーガー”が500円で販売との事。”絶品タワーチーズバーガー”は1,360円相当が500円で販売されていたので結構なお得感があったのだが、この日の”エビツリーバーガー”は770円相当が500円で販売と言う事で、お得感はかなり薄い・・・
 
ロッテリアエビツリーバーガーロッテリアエビツリーバーガー
それはさて置き、こちらが実際に買って来た”エビツリーバーガー”で、同じ5段積みでも”絶品タワーチーズバーガー”の時はビーフパティが上から押さえられていた事もあってか、やや高さが低くなっていたが、”エビツリーバーガー”は”エビカツ”を上から押さえると潰れてしまうからか、全く圧縮されておらずご覧の通り、文字通りの”ツリーバーガー”になっている。
 
ロッテリアエビツリーバーガー
とは言え、以前に”絶品タワーチーズバーガー”を食べた時もそうだったが、5段積みの”エビツリーバーガー”を1度に食べる程の元気は無いので、”エビカツ”を3枚間引いて後で食べる事にして、取り敢えず”2枚級エビバーガー”にして食べる事に・・・。
 
ロッテリアエビツリーバーガー
で、その”2枚級エビバーガー”のお味であるが、私が”ロッテリアのエビカツ”を食べたのは、以前に”2枚級ミックスバーガー”を食べて以来の事だが、小さいながらプリプリとした海老の身が入っていて普通に美味しい・・・。でも4月からは、この”エビバーガー”は改良されてさらに美味しくなった・・・、と言う事なので、この日私が食べた”エビツリーバーガー”は、美味しくなる前の”エビバーガー”と言う事になるのだが・・・。
 
ロッテリアエビツリーバーガー
ちなみに残った”エビカツ”は、その後で”エビカツカレー”にして食べたのであった。でもちょっと”エビカツ”に飽きて来たので、あまり美味しいとも思わなかったが・・・。
 
てな事で、またまた『ロッテリア』へ行くと”エビツリーバーガー”が500円で販売されていたので、思わず買ってしまったのだが、個人的には”絶品タワーチーズバーガー”の方が好きだし、何よりお得感もそれほど高く無いし、今度”エビツリーバーガー”が500円で売られていても買うのは止めておこう・・・。

2014年5月18日

以前”1周年記念プレゼントキャンペーン”に行った際に貰った”らぁ~めん無料券”の有効期限が迫って来たので”らぁ~めん京”に行って”京都出町の玉子かけごはん”を食べた!ご飯が温かかったらなあ・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:40 PM
 
代理人記録
 
2月の中旬頃にイオンタウン姫路別所の一角にある『京都熟成細麺らぁ~めん京』に行ったら、お店誕生一周年記念キャンペーンをやっていたので、食べに入ったら”らぁ~めん無料券”を貰った。で、その有効期限は3月末まであったのだが、ボーっとしていたらその有効期限が迫って来たので、こりゃ勿体無い!と思い慌てて食べに行って来た。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京/イオンタウン姫路別所店
こちらがまたまた行って来た『京都熟成細麺らぁ~めん京/イオンタウン姫路別所店』で、特別お気に入りのラーメン屋さんと言う訳でも無いのだが、今年だけでも既に3回目の訪問だ。で、この『イオンタウン姫路別所店』が誕生してから既に1年経った訳だが、元々はこの場所には『ラーメンまこと屋』があったのだが、その後あれこれと変遷・・・。その詳細は既に何度も書いて来たので興味のある方は”こちらの記事”をご覧あれ・・・。
 
おかげさまで一周年感謝のらぁ~めん無料券
ちなみにこちらが以前行った時に貰った”おかげさまで一周年感謝のらぁ~めん無料券”で、説明書きを読むとこの券で無料で食べれるのは”京らぁ~めん”、”小らぁ~めん”、”鶏しおらぁ~めん”、”中華そば”の4種類との事。私の一番のお気に入りは”鶏しおらぁ~めん”なのだが、一カ月程前に食べに来た時にも食べたばかりだし、どうしようかな?と思案したのだが、やっぱ値段が一番高いラーメンを食べるのがお得だし、個人的にも一番好きな事もあり、この日も”鶏しおらぁ~めん”を食べる事にした。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京/イオンタウン姫路別所店セットメニュー
で、毎度の事ながらラーメン単品で良いと思いつつも、この『京都熟成細麺らぁ~めん京』の前身である『熟成細麺 宝屋』が、JR姫路駅構内の一角に誕生した時から、ちょっと気になっていた京都出町の玉子かけごはん”も合せて食べてみる事にした。この”京都出町の玉子かけごはん”は『熟成細麺 宝屋』の時は380円もしたので食べた事が無かったのだが、『京都熟成細麺らぁ~めん京』では300円に値下げされ、更にご覧の通りセットメニューだと180円で食べれるので、以前に一度頼んだらこのセットメニューは午後3時から・・・、と言われたので、今回は態々夕方の時間帯に食べに来たのだった。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京京都出町の玉子かけごはんセットメニュー
ちなみにこちらが”京都出町の玉子かけごはん”の通常のメニューで、それに寄ると”新鮮な玉子と塩昆布を合わせて食べる京都スタイルの玉子かけごはん”との事。私は3年間程、京都に住んでいた事があるが、こんな”京都スタイルの玉子かけごはん”は食べた事は無かったけどなあ・・・。果たして本当に京都ではメジャーな食べ方なんだろうか・・・。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めんと京都出町の玉子かけごはんんセット
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏しおらぁ~めん”と”京都出町の玉子かけごはん”のセットで、先に紹介した通り、この日は以前貰った”らぁ~めん無料券”を利用したので、”京都出町の玉子かけごはん”の代金のみとなり支払金額は180円也。やはり”らぁ~めん無料券”があるとお得だ!来年の2周年の時にもキャンペーンはあるのかなあ・・・(あるいは他の支店でも?)。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めん
そしてこちらが、最近このお店に来るとこればっかり食べている様な気がしないでも無い”鶏しおらぁ~めん”で、その事があらわしている通り、このお店のラーメンの中で個人的に一番好きなラーメンだ!で、写真ではちょっと黄色く写っているのでカレーラーメンにも見えてしまいそうだが、所謂、鶏白湯系のスープで普通に旨い!1年半ぐらい前に『姫路飾磨店』で食べた時はもっと美味しいと思ったのだが、流石に食べ飽きて来たのか以前程では無いにしろ、取り敢えず満足出来た”鶏しおらぁ~めん”であった!
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めん
ちなみにこちらが”鶏しおらぁ~めん”の特徴の一つである”鶏ちゃあしゅう”で、最近は加古川近辺にも”鶏白湯系のラーメン屋さん”が増えて来たが、この様な”鶏ちゃあしゅう”を使っているお店はあまり無い・・・。更に、以前に”岡山笠岡まで食べに行った笠岡ラーメン”にトッピングされていた”鶏チャーシュー”の様な限り無く鶏肉のまんまな”鶏チャーシュー”でも無く、無意識に食べると一般的な”豚チャーシュー”と思って食べてしまいそうだが、この”鶏ちゃあしゅう”も中々ウマい!私がこのお店の”鶏しおらぁ~めん”が好きな理由の一つにこの”鶏ちゃあしゅう”が大きく影響している様な気がする・・・。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京鶏しおらぁ~めん
そしてもう一つ、こちらが”鶏しおらぁ~めん”で使われていた麺で、当然の如く?このお店ご自慢の”もちもち感の中にも滑らかさを感じる低温熟成細麺”で、確かに中々美味しい麺ではあるが、最近は店内で手打ちしているお店も数多くあるので、それらの自家製手打ち麺と比べると、割と普通の様な気もする・・・。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京京都出町の玉子かけごはんセット
そしてこちらが、以前から一度食べてみたいと思っていた”京都出町の玉子かけごはん”で、ラーメンを頼んだ場合のセット価格は180円也。先にも書いた様にこの”玉子かけごはん”は”塩昆布だけで食べるのが正式な食べ方なのだが、お店の方は別途”玉子かけご飯専用の醤油”も用意してくれた。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京京都出町の玉子かけごはんセット
で、実際にはこの様に”塩昆布”をトッピングした後、グチャグチャに掻き混ぜて食べたのだが、確かに”塩昆布”の味があって普通に美味しい・・・。しかしやはりそれだけでは何と無く物足りなさを感じたので、途中から”玉子かけご飯専用の醤油”も入れて食べたのだが、個人的にはやっぱ醤油を入れた方が好きかも・・・。何れにしても、入店した時間の関係もあって白ご飯が炊き立て熱々では無かったのが、ちょっと残念だったかな・・・。
 
てな事で、少し前に行われていた1周年キャンペーンに行った時に貰った”らぁ~めん無料券”を使いに、またまた『京都熟成細麺らぁ~めん京/イオンタウン姫路別所店』に行ってこの日も””と、他に”京都出町の玉子かけごはん”を食べたのだが、どちらも普通に美味しかった。とは言え、ちょっと飽きて来た様な気がしないでも無いので、次は『山電姫路駅店』の1周年キャンペーン(あるのかな?)の日まで行く事は無いかも知れない・・・(と書いたのだが、実はこの後・・・)。

最近、偶に行く様になったバーガーキングでキングズドッグとやらを食べた!確かに我が人生で食べた中では一番巨大なソーセージで中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:42 PM
 
代理人記録
 
昨年の丁度今頃に姫路駅前の地下街がリニューアルした時に、『バーガーキング』と言うハンバーガーチェーンの店が姫路にも誕生した!個人的にはそれ以前にも神戸三宮へ行った際に『バーガーキング』を利用した事はあったのだが、姫路店が出来て以来は三宮店に行く事は無くなった(てか、そもそも最近は三宮へ行く事自体が少ないのだが・・・)。で、偶に姫路へ行くと何故かこの『バーガーキング』の前を通る事が多く?この日もお店の前を通っていると、何やら楽しげな”キングズドッグ(KING’S DOG)”と言う超巨大なソーセージを使ったホットドッグが売られていたので、食べに寄ってみた。
 
バーガーキング/グランフェスタ姫路店
こちらがまたまた行って来た姫路駅前の地下街の一角にある『バーガーキング/グランフェスタ姫路店』で、このお店に行くのは偶然にも土曜日のランチタイム頃が多いのだが、日に寄ってお店の混雑度が全然違い、前回訪問時は店内満席の超大賑わいしていたので、テイクアウトで買って近くのベンチ?で食べたのだが、この日は空席がチラホラとあったので取り敢えず店内で食べる事にした。
 
バーガーキングキングズドッグメニューバーガーキングキングズドッグメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあったメニューの看板と公式サイトに載っていた”キングズドッグ(KING’S DOG)”メニューで、ご覧の通り通常販売されている”ホットドッグ”に使われているソーセージの400%の大きさ、重さにして5倍、太さにして3倍もある超極太のソーセージを使った”ホットドッグ”らしい・・・。そもそも今のお子様達には”ハンバーガー”が大人気であるが、我々が幼い頃は、未だ”ハンバーガー”は珍しく、どちらかと言うと”ホットドッグ”の方が主流で高砂市民プールの前とか、あるいは高砂向島公園で、軽トラを使った移動販売車で良く”ホットドッグ”を買って食べた物だった。そんな懐かしさもあり、この巨大ソーセージを使った”ホットドッグ”が食べたくなったのであった!
 
バーガーキングキングズドッグドリンクMコンビ
で、間も無くして手元のブザーがなったので、セルフカウンターへ行って運んで来たのがこちらの”キングズドッグ(KING’S DOG)ドリンクMコンビで、お値段は590円也。要は”ホットドッグ”と”ホットコーヒー”の2つだけのセットで、フライドポテトもフライドオニオンも付いて無いにも関わらず、結構なお値段の商品だ!ちなみに”キングズドッグ(KING’S DOG)”単品でも490円なので、”ホットコーヒー”が100円だと思えば安い事には違い無いのだが・・・。
 
バーガーキングキングズドッグ
そしてこちらが”キングズドッグ(KING’S DOG)”で、ご覧の通り挟んであるパンよりもソーセージの方が圧倒的に存在感がある。以前に『マクド』で食べた”マックホットドッグ・メガソーセージ”よりも遥かにデカイ!で、『バーガーキング』の商品説明に寄ると”ソーセージの重量を400%OVERの約5倍の約170g、太さを約2.5倍の直径約4cmにした。そこに爽やかな酸味が特徴の刻んだピクルスをたっぷりとかけ、ケチャップ、マスタードで味付をした。王道のホットドッグのおいしさをキングサイズで楽しめる”との事。確かに味付けはオーソドックスなホットドッグだが中々美味しい
 
バーガーキングキングズドッグバーガーキングキングズドッグ
ちなみに注目の”極太のソーセージ”はこんな感じで、ご覧の通りの本場ドイツのソーセージ並か、それ以上の太さがありそうな”超極太のソーセージ”で、そこそこジューシーさもあってソーセージ自体もメチャウマいのだ!今更ながらこのソーセージか、あるいはホットドッグと一緒に生ビールを飲んでみたかった気がする・・・(流石にハンバーガーチェーンにビールは置いて無いかな?)。
 
てな事で、またまた『バーガーキング』で、この日は”キングズドッグ(KING’S DOG)”を食べたのだが、味自体はオーソドックスではあったがインパクトのある”超極太のソーセージ”で中々楽しいホットドッグだった。私が時々利用している『ロッテリア』に登場するフェアメニューは、ちょっと亜流な感じの商品が多いのだが、このお店では以前食べた”ガーリック ミート モンスター”みたいな、ボリューム満点の商品が登場する場合が多い気がする・・・。きっとまたそれに釣られて食べに来てしまうのだろうなあ・・・。

2014年5月17日

稲美町にある焼肉屋さんで”ビーフかつめし”を食べた!お肉は兎も角として”かつめし”のタレが老若男女誰もが好む味で中々ウマい!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:33 PM
 
代理人記録
 
阪神大震災が起こった年の後半、ちょっと時間があったので先輩達が定期的にやっていたテニスに参加する為、時々稲美町に行っていた時がある。で、それがきっかけとなり、テニスに参加しなくなってからも稲美町役場近くにあった『らーめん来縁』とか、その跡地に出来たインド・ネパール料理のお店『ビレッジ』、更にその直ぐ近くのショッピングセンターの一角にあった、以前に”鉄板とんかつ”を食べに来た事がある『NAGASAWAかつ亭』等にも行ったりしていた。が、その『NAGASAWAかつ亭』も何時の間にやら閉店し、その跡地に焼肉屋さんがオープンしていて、遂先日その前を通ったらランチをやっていたので試しに食べに入ってみた。
 
焼肉ダイニング 良 ~RYO~
こちらが今回行って来た稲美町役場直ぐ近くのホームセンターダイキやコープ等があるショッピングセンターの一角にある『焼肉ダイニング 良 ~RYO~』で、先にも書いた様にこの場所には以前『NAGASAWAかつ亭』があり、私も一度だけ食べに来た事があったのだが、何時の間にやら閉店していた様だ・・・。そう言えば、明姫幹線沿い播磨町にあった『ナガサワ』も無くなったし・・・、『ナガサワ』自体が縮小方向にある様な気がする・・・。
 
焼肉ダイニング良平日ランチメニュー焼肉ダイニング良土日祝ランチメニュー
それはさて置き、こちらが店内に置いてあった”平日ランチ”と”土日祝ランチ”のメニューで、このお店のメインが焼肉屋さんと言う事もあり、焼肉を中心としたメニューなのだが、その中には”すき焼き定食”とか”からあげ定食”、それに”ビーフかつめし”とか”ポークかつめし”等もあったので、今回は取り敢えず”ビーフかつめし”を食べてみる事にした。ちなみに”土日祝ランチ”の方には国産牛とか国産豚と書いてあるが、”平日ランチ”の方には書いて無い・・・。平日と土日祝で肉が違う?って事なのだろうか?多分そんな事は無いと思うのだが・・・。
 
焼肉ダイニング良ビーフかつめし
そしてこちらが実際に食べた”ビーフかつめし”で、スープとサラダとしば漬け、それに平日は食後にコーヒーも付いて、お値段は税込価格924円也。ご覧の様に”かつめし”定番のボイルしたキャベツでは無く、サラダになっているのと、スープが付いているので何と無くお得感はある?かな?
 
焼肉ダイニング良ビーフかつめし
そしてこちらがメインの”ビーフかつめし”で、ご覧の通り見た目はオーソドックスな感じの”かつめし”だ。で、そのお味であるが要となるタレは老若男女誰もが好みそうな、ちょっと甘目のタレで”ビーフかつ”も揚げ立て熱々で全体的には中々美味しい!此処最近は”かつめし”は人気店以外のお店で食べる事が多かった為、余計美味しく感じたのかも知れないが、この味であればまた食べに来てみたいと思う。
 
焼肉ダイニング良ビーフかつめし
ちなみに”ビーフかつめし”のビフカツのお肉はこんな感じで、このお店が焼肉屋&精肉店直営なので美味しいお肉を期待していたが、普通に柔らかいのだが、肉質的には期待した程では無かったかな。今度食べると期待感が薄れているので、もしかしたら美味しく感じるのかも知れないが・・・。
 
焼肉ダイニング良ビーフかつめしのスープ焼肉ダイニング良ビーフかつめしのサラダ
そしてこちらは”ビーフかつめし”に付いていた”スープ”と”サラダ”で、”スープ”の方はワカメとタマネギが入ったあっさり味ながら若干のスパイシーさと表面を覆う脂分の旨味?もあってか中々ウマい”スープ”だ。”サラダ”の方は見たマンマの千切りキャベツとキュウリだけのシンプルな内容で、ドレッシングの味も割と普通だったが、ボイルしたキャベツよりはこちらの方が好きかも・・・。
 
焼肉ダイニング良食後のコーヒー
で、このお店の平日のランチタイムには”食後のコーヒー”の無料サービスがあると言う事で、最後に運ばれて来たのがこちらの”ホットコーヒー”で、味的には極々普通の内容ではあったが、こう言ったコーヒーがサービスで付いているだけでも、お得感はあったかな。
 
てな事で、最近は余り行く事が無かった稲美町周辺を走っていたら、以前『NAGASAWAかつ亭』があった場所に焼肉屋さんが出来ていて、更にランチをやっていたので試しに”ビーフかつめし”を食べたら中々美味しかった。そんな事もあり、つい最近もこのお店に行ってランチメニューの中にあった”すき焼き定食”を食べてしまうのだが、その話はまた後日・・・。

ヤマトヤシキ加古川店で開催されていた春の大北海道展の会場で”肉敷きステーキ弁当”を買って帰って食べた!ヒレステーキと焼肉の両方が味わえて中々ウマい!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 8:20 PM
 
代理人記録
 
そもそも私が大のラーメン好きになったのは、幼い頃に父に連れられて良く行っていた姫路の百貨店で行われた北海道展で札幌ラーメンを食べたのが始まり・・・。そんな事もあって、今でも北海道展は大好きなのだが、残念ながらヤマトヤシキ加古川店で偶に開催されている大北海道展では、ラーメンが食べれる特設茶屋が開設される時と無い時がある(てか無い方が多いのだが・・・)。が、しかし!折角、ヤマトヤシキ加古川店で開かれている北海道展なので何か一つぐらいは食べて置こうと、弁当を買いに寄ってみた。
 
やきにくれすとらん沙蘭やきにくれすとらん沙蘭肉敷きステーキ弁当ポップ
で、こちらは3月の下旬頃にヤマトヤシキ加古川店の”春の大北海道展”で出店していた『やきにくれすとらん沙蘭』で、何か何処かで耳にした事がある名前だなあ・・・、とあれこれと記憶を辿ってみると、何年か前の北海道展でも弁当を買った事があるお店だった。で、ご覧の通り、この日の一番の売り?は1日限定50食の”肉敷きステーキ弁当”との事・・・。
 
やきにくれすとらん沙蘭売場
ちなみに店頭ではその他に、この様な色んな種類の弁当が販売されていて、その内容を見ると”サーロインステーキ重”、”イチボステーキ重”、”肉敷きステーキ弁当”と、中々ウマそうな私の大好きな牛肉を使った弁当が並んでいる・・・。でもやっぱり広告に載っている1日限定50食の”肉敷きステーキ弁当”が一番お得?だろうと思い、その”肉敷きステーキ弁当”を買って帰る事に決定!!!
 
やきにくれすとらん沙蘭肉敷きステーキ弁当やきにくれすとらん沙蘭肉敷きステーキ弁当
こちらが実際に買って来た『やきにくれすとらん沙蘭』の”肉敷きステーキ弁当”で、お値段は1680円也。チラシに載っていた宣伝文に寄ると”道産牛ヒレステーキの下に焼肉をしきつめたボリューム満点弁当”との事。一つの弁当で2種類のお肉が味わえると言う点が、この弁当の最大の売りらしい・・・。
 
やきにくれすとらん沙蘭肉敷きステーキ弁当
そしてこちらが”肉敷きステーキ弁当”の一番上にトッピングされていた”道産牛ヒレステーキ”で、作り置きだし持って帰ってから食べたし、何よりチラシの写真を比べると、焼き具合がかなりレアな感じで美味しそうに見えるかどうか、ちょっと微妙な感じ。それはさて置き、早速脇に添えられている山葵を浸けて食べてみると、若干の噛み応えはある物の中々美味しいヒレステーキ”だ。一応はレンジでチンして食べたのだが、やっぱり焼立ての熱々の状態で食べたかったかな・・・、と言う気はしたが・・・。
 
やきにくれすとらん沙蘭肉敷きステーキ弁当
そしてこちらは、その”ヒレステーキ”の下に敷き詰められていた”焼肉”で、どちらかと言うと”すき焼き”にでも使えそうな割りと大き目カットのロース肉が、ご飯の上に処狭しと並べられていた。で、味付け的にもちょっと甘目な感じでお肉もとっても柔らかくて中々ウマい!値段的には”ヒレステーキ”の方が高いのでは?と言う気はするが、個人的にはこちらの”焼肉”の方が美味しかったかな
 
てな事で、3月の下旬頃にヤマトヤシキ加古川で開催されていた北海道展に行って、今回は”肉敷きステーキ弁当”とやらを買って食べたのだが、全体的に中々美味しい弁当だったかな。ま、北海道展で”かに弁当”や”海鮮弁当”では無く”ステーキ弁当”を食べるのもどうかと思うが、後日これまたこの会場に来て、今度は”豚丼”を食べるのだが、その話はまた後日・・・。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.