義史のB型ワールド

2014年5月28日

久々に行った神戸空港のレストラン街で”石焼牛すじ つけ焼きそば”を食べた!すき焼き風の食べ方をする焼きそばで、卵もウマいし麺もウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
この日はちょっとした用事で久々に神戸ポートアイランドへとやって来た。で、未だランチを食べて無かったので神戸空港の中にあるレストラン街に行って何か食べる事にした。個人的には神戸空港が開港した直後に見学して以来、何度も来ているのだが実際に食事をしたのは、何年か前に長渕剛の年末ライブで神戸ワールド記念ホールへ来た時神戸空港の屋上にある『明石活魚 浦鮨』に食べに来たのと、数年前に神戸ポートアイランドにある某事務所に作業をしに来ていた時に、3Fにある『てんぷら・そば・釜炊おにぎり 門左衛門』と言うお店に昼飯を食べに来て以来の訪問だ。『明石活魚 浦鮨』は未だお店はあるが、『門左衛門』と言うお店があった場所は、何時の間にやら空港利用客の休憩コーナーみたいになっていた・・・。そう言えば屋上にあった中華料理店も何年か前に閉店したし・・・、飲食店はあまり流行ら無いって事なのかな・・・。
 
神戸ぼっかけ専門店 壱成
それはさて置き、こちらが今回行って来た神戸空港の3Fのレストラン街の一角に、何時の間にやら出来ていた『神戸ぼっかけ専門店 壱成/神戸空港店』で、お店の紹介文を読むと”神戸で創業60年余、神戸牛と国産和牛、産地限定のじゃがいも、玉ねぎを使い3日間煮込んでは、ねかせを繰り返し手間暇かけた、一度食べるとやみつきになる神戸名物とろとろの牛すじ”が自慢のお店らしい・・・。取り敢えずこのお店には来た事が無いし、先の例?の様にお店が何時まであるか判らないので、試しにこのお店に入ってみる事にしたのだった。ちなみにこのお店は神戸空港店以外にも何店かお店があるみたいだが・・・。
 
神戸ぼっかけ専門店 壱成
ちなみにお店の一番奥の窓際の席に座わって、窓の外を見ると直ぐ目の前に滑走路が見え、当然の如く飛行機の離発着の様子を間近で見る事が出来る・・・。神戸空港へ来た際には必ず一度は屋上デッキに上がって飛行機の離発着の様子を見るのだが、この様にお店の中からじっくりと見たのは今回が初めてかも・・・(以前食べに入った『明石活魚 浦鮨』はカウンター席が西側を向いていたので、滑走路は見えず、視線の先には淡路島があった・・・、はず・・・)。
 
神戸ぼっかけ専門店壱成のメニュー
それはさて置きこちらが『神戸ぼっかけ専門店 壱成』のメニューで、お店の看板商品である”牛すじ”を使ったメニューを見ると、”こだわり卵の石焼牛すじ つけ焼きそば”、”神戸長田名物石焼牛すじそばめし”、”石焼牛すじカレー焼そば”、”石焼牛すじ炊込みごはん”等、どれもちょっと食べてみたくなる楽しげな料理が並んでいる。他にも”牛すじの出し巻きセット”や”神戸牛すじコロッケセット”等もあり、何を食べようかと悩んでしまう・・・
 
壱成こだわり卵の石焼ぼっかけつけ焼きそばのメニュー壱成こだわり卵の石焼ぼっかけつけ焼きそばのメニュー
そんな中から、何処かにこのお店の一番人気とか書いてあった?”オリジナルの平麺を九州地鶏のこだわり卵につけてすき焼き風にして食べる”と言う”こだわり卵の石焼牛すじ つけ焼きそば”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
壱成こだわり卵の石焼牛すじつけ焼きそば壱成こだわり卵の石焼牛すじつけ焼きそば
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”こだわり卵の石焼牛すじ つけ焼きそば”で、ご覧の様にメインの”石焼牛すじ焼きそば”の他に、”九州地鶏のこだわり卵”と白いご飯とお漬物が付いて、お値段は950円也。”石焼牛すじ焼きそば”には既にたっぷりとソースはかかっていたのだが、もしもソースが足り無いと思った時はお使い下さいと2種類のソースも一緒に運ばれて来た。赤い方は当然の如く神戸名物?の激辛ソースで、後で試しに少し入れてみたが、想像通りメチャ辛くなった・・・。
 
壱成こだわり卵の石焼牛すじつけ焼きそば
そしてこちらがメインの”石焼牛すじ焼きそば”で、お店の商品説明に寄ると”オリジナル平めんを高温度の鉄板んで絶妙に火を通し壱成特製の焼きそば用にブレンドしたソースを絡め熱々の石焼き鍋に盛りつけ、その上に神戸牛の筋肉をトロトロになるまで煮込んだ’ぼっかけ’をトッピング”したとの事。で、本来の食べ方は先にも書いた様に”卵につけてすき焼き風”にして食べるのだが、そのままでも美味しそうだったので、そのまま食べてみるとこれが中々ウマい!私好みの濃い目のソース味かつ平打ち太麺で、焼きそば単体としても中々の物。”ぼっかけ”は大体イメージしていた通りの味であるが、確かに柔らかくてこれまたウマい!石焼きである必要があるのかどうかはちょっと疑問だが、全体的には中々美味しい”石焼牛すじ焼きそば”だった。
 
壱成こだわり卵の石焼牛すじつけ焼きそば壱成こだわり卵の石焼牛すじつけ焼きそば
とは言え、商品名が”こだわり卵の石焼牛すじ つけ焼きそば”となっているので説明書きにあった様に”九州地鶏のこだわり卵につけてすき焼き風”にして食べると、濃い目のソース味が玉子でまろやかな感じになり、これまたウマい!麺自体も私好みの”オリジナル平めん”でこれまたウマい!当然”絶妙な火加減で、時間をかけて煮込んだとろとろの牛すじ”は”九州地鶏のこだわり卵”との相性も良く、こちらも凄く美味しかった!
 
てな事で、久々に神戸空港へ行った序でにレストラン街の中に昨年の夏頃に出来たらしい『神戸ぼっかけ専門店 壱成』と言うお店に行って”こだわり卵の石焼牛すじ つけ焼きそば”を食べたのだが、”すき焼き風”の食べ方は兎も角として中々美味しい”石焼牛すじ焼きそば”だった。もしかすると今後、以前偶に行っていた神戸ポートアイランドにある某事務所に行くかも知れないので、その時にまたこのお店に寄って他の料理を食べてみたいと思うのであった!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。