義史のB型ワールド

2014年5月24日

吉野家で少し前に食べた”牛バラ野菜焼定食”が何時の間にやら”鍋焼き牛カルビ野菜定食”に変わっていたので食べてみた!野菜の汁のせいか、ちょっと薄味だったかな。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:31 PM
 
代理人記録
 
昨日に続いてもう一つ比較的最近のお話・・・。4月の消費税アップと共に『吉野家』の”牛丼”も300円に値上がりしたのだが、その代わり?に味がちょっと美味しくなったらしい(『吉野家』曰くの話だが・・・)。30数年前、未だ高砂にも加古川にも『吉野家』が無かった頃、ご主人様とバイクに二人乗りして姫路まで食べに行った事もある、個人的に大好きな『吉野家』なので、美味しくなったと耳にしたからには、その味を確かめずには居られない!って事で久々に『吉野家』へ行ってみる事に・・・。
 
吉野家/加古川駅北口店
で、こちらがまたまた行って来たJR加古川駅の北側にある『吉野家/加古川駅北口店』で、このお店が誕生した頃は未だ認知度は低かったから、比較的空いていたのだが、最近は何時行ってもこのお店は結構賑わっていて、この日も午前11時半頃の訪問だったのだが、既に半数の席は埋まっていた。で、先にも書いた様に美味しくなったと言う”吉牛”を食べ様と思っていたのだが、お店の前を見ると今迄見た事が無い”鍋焼き牛カルビ野菜定食”ってのを発見!!!
 
吉野家鍋焼き牛カルビ野菜定食ポスター
こちらはお店の入口の横に大きく飾られていた”鍋焼き牛カルビ野菜定食”のポスターで、パッと見た感じは以前から販売されていた”牛バラ野菜焼定食”に見えたのだが、よくよくみると”鍋焼き牛カルビ野菜定食”との事。気持ち的には美味しくなった吉牛”が食べたかったのだが、最近何かと話題の『吉野家』の”牛すき鍋膳”の後継商品?と言う事もあり、急遽この”鍋焼き牛カルビ野菜定食”を食べてみる事に決定!!!
 
吉野家定食メニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあった定食のメニューで、それに寄ると”鍋焼き牛カルビ野菜定食”とちょっと似た”牛カルビ定食”は550円で販売されている・・・。内容の違いは兎も角として、以前販売されていた”牛バラ野菜焼定食”を止めたのは”牛カルビ”と食材を共通にしてコストダウンを計りたかったのかな?と言う気がする・・・。
 
吉野家鍋焼き牛カルビ野菜定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”鍋焼き牛カルビ野菜定食”で、ご飯と味噌汁が付いてお値段は税込価格590円也!何と無くであるが、以前食べた”牛バラ野菜焼定食”に比べて何か足りないと言う気がしたので後で当ブログに載せた写真と見比べると”お漬物”の小鉢が付いて無い・・・。あの”お漬物”は結構美味しかったので、それが無いとすると何と無くちょっと損した気分になる・・・。
 
吉野家鍋焼き牛カルビ野菜定食
ちなみに今回食べた”鍋焼き牛カルビ野菜定食”もヒット商品の”牛すき鍋膳”と同じく、携帯固形燃料を使ったコンロに載った鉄鍋での供給だ!メニューが増えすぎて逆に調理の手間の足枷になってしまった『すき家』や『松屋』とは逆に、『吉野家』ならではのメニューとして独自性が確立されつつある?と言っても過言では無い・・・。
 
吉野家鍋焼き牛カルビ野菜定食
そしてこちらがメインの”鍋焼き牛カルビ野菜”で、雰囲気的には以前食べた”牛バラ野菜焼定食”と何が違うのか良く判らんが、商品名から想像すると”牛バラ肉”が”牛カルビ肉”に変わったって事なんだろう・・・。焼肉屋さんお肉のランクで言うと、それってお肉が良くなった?って事なのかな?で、そのお味であるが、これまた何と無く”牛バラ野菜焼定食”に似た様な味だが個人的な印象で言うと味がちょっと薄い・・・。てか、私の好みで言うと以前食べた”牛バラ野菜焼定食”の方が美味しかった気がする・・・。
 
吉野家鍋焼き牛カルビ野菜定食
ちなみにこちらは”鍋焼き牛カルビ野菜定食”の”牛カルビ肉”の下に敷き詰められていた野菜で、これまた前回食べた”牛バラ野菜焼定食”と同様にキャベツや玉葱やピーマンや人参と野菜の種類的には盛り沢山!通常メニューにある”牛カルビ定食”は千切りキャベツのみと言う事を考えると、値段は多少高いがこちらの方がお得感がある様な、そうでも無い様な・・・。
 
吉野家鍋焼き牛カルビ野菜定食
そしてこちらは”鍋焼き牛カルビ野菜定食”に付いていた”味噌汁”で、流石にこちらは普段から提供されている”味噌汁サーバー”を使った”味噌汁”の様で、具はネギとワカメのみ、出汁も如何にも牛丼チェーン店の味がする”味噌汁”だったかな。
 
てな事で、4月から更に美味しくなったと言う”吉牛”を食べに行ったら、またまた鉄鍋を使った新メニューの”鍋焼き牛カルビ野菜定食”とやらが発売されていたので、思わず食べてしまったのだが、上で書いた様に個人的な印象では以前食べた”牛バラ野菜焼定食”の方が内容的にも味的にも良かった様な気がする・・・。でも”牛バラ肉”と”牛カルビ肉”の違いはあるのかも知れないが、基本的には全く一緒じゃ無いの?と言う気もしないでも無い。後は値段が500円以内だったら、また食べてみたい気がするのだが・・・。

姫路砥堀にあるラーメン屋さんに行ったら閉店していたので、仕方が無いのでもう少し北へ上がった処に古くからある尾道ラーメンのお店に行ってみた!でもやっぱ尾道ラーメンとは少し違う様な・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:17 PM
 
代理人記録
 
最近あんまり”豚骨ラーメン”を食べて無い気がしたので、久々に”豚骨ラーメン”でも食べに行ってみる事にした。で、ふと頭に浮かんだのが、昨年の夏頃に姫路砥堀に誕生した『らぁめん まさむね』と言うお店の事。私もお店が誕生して未だ間も無い頃に食べに行った事があるのだが、その時はあっさりした方が良いと”黄金の塩らぁめん”を食べたのだが、そのお店にはもう一つ看板商品である”とんこつらぁめん”を食べようと思い行ってみた。が、何とお店が閉まっている・・・。定休日と言うより、どう見ても閉店した感じ・・・。仕方が無いので、そのまま国道312号線を北上し、以前は良く食べに行っていた『本家かもめ屋』を超えてから今度は市川を渡って少し北へ行った処にある古くからある『尾道ラーメン』のお店に行ってみる事にした。
 
ちなみに姫路野里二本松交差点から国道312号線沿いに真っ直ぐ北へ上がる通りには、ラーメン屋さんが出来ては潰れるを繰り返すちょっとしたラーメン激戦区になっている。ま、その中には古くからやっている『栄太呂ラーメン/砥堀店』や、今ではすっかり人気が定着した『ずんどう屋/姫路北店』等があるのだが、潰れたお店を適当に頭に浮かべると『ラーメン大統領』、『らーめん幕末白虎』、『ラーメン関白』、『好きやめん』、『ラーメン藤』等、短期間で閉店した店から結構長くやっていた店まで色々・・・。個人的には京都在住時代によく食べた『ラーメン横綱』のパチモンだった『ラーメン大統領』は結構好きだったんだけどなあ・・・。
 
尾道ラーメン
それはさて置き、こちらが今回行って来た姫路砥堀にある『尾道ラーメン』のお店で、私がこのお店を訪れるのは未だ訪問記録を付ける前の事なので十数年ぶりの訪問だ。これだけ長い間来て無いのは、十数年前に食べに行ったら私がイメージする”尾道ラーメン”とは全然違ったので、一度食べに来ただけでその後は全然来なかったのだった。それにしても看板に『尾道ラーメン』と書いてあるだけで、本当の店名?は定かでは無い・・・。やっぱ『尾道ラーメン』ってのが店名なのかなあ・・・。
 
ちなみに姫路で”尾道ラーメン”と言えば、『希望軒1号店』や『ずんどう屋本店』の直ぐ近くに『つるちゃん』と言うお店があったのだが、広い道に面して無かった事もあり短期間で閉店、あるいは姫路広畑にあった”姫路城下らーめん宿場町”の施設内に『尾道らーめん 柿岡』(こちらはチェーン店で、一時期JR明石駅の高架下にもお店があったのだが・・・)もあったのだが、こちらも数年で撤退・・・。姫路には”豚骨ラーメン”のお店は多いが”尾道ラーメン”はあまり人気が無いのかも知れない・・・。
 
尾道ラーメンのメニュー
そしてこちらが『尾道ラーメン』のメニューで、ちょっと見え難いが”ワカメラーメン”や”みそラーメン”、それに写真には写って無いが”カレーラーメン”や”カレーライス”もあったりと、これまた雰囲気的にも”尾道ラーメン”っぽく無い。で、ノーマルの”尾道ラーメン”の他に”尾道濃口ラーメン”ってのがあったので、今回はその”尾道濃口ラーメン”を食べてみる事に決定!!!
 
尾道ラーメン尾道濃口ラーメン
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”尾道濃口ラーメン”で、お値段は600円也。ご覧の通りチャーシュー麺か?と思うぐらいの枚数のチャーシューの上に、味玉が1個分、それにメンマにモヤシにネギ、その上に胡麻と値段の割りには中々豪華な内容。でもこれが”尾道ラーメン”かと考えると、何年か前にご主人様と一緒に2回も本場尾道まで食べに行ったり、あるいは高砂にある『尾道ラーメン 宝竜』、あるいは大阪に行った時に偶に食べに行っていた『尾道ラーメン 十六番』の”王道の尾道ラーメン”と比べると何か全然違う様な・・・。
 
で、そのお味であるが、私が”濃口”を選んだのは”尾道ラーメン”の特徴である背脂がたっぷり入っていると期待したのだが、多少の背脂が浮いている様な、そうでも無い様な感じでちょっとイメージが違う。また高砂にある”宝竜の尾道ラーメン”の様に醤油辛いのかと言うとそうでも無い・・・。何か印象的には一昔前の”豚骨醤油スープ”みたいな感じで可も無く不可も無く・・・。具沢山でお得感はあるが、”尾道ラーメン”と言う点で行くと、未だ”博多金龍の尾道ラーメン”の方が美味しかった気がする・・・。。
 
尾道ラーメン尾道濃口ラーメン
ちなみに今回食べた”尾道濃口ラーメン”の麺はこんな感じで、”尾道ラーメン”の特徴の一つに”平打ち麺”があるのだがこのお店は相変わらず、普通の中細麺でこれまた”尾道ラーメン”っぽく無い・・・。この辺りは十数年前に食べに来た時と全く変わって無い気はしたのだが・・・。
 
てな事で、姫路砥堀にあった?『らぁめん まさむね』に行ってみたら閉店していたので、そのまま北上して久々に『尾道ラーメン』に行ってみたのだが、相変わらず”本場の尾道ラーメン”とは全然違うラーメンだったなあ・・・。もしかしてこのお店は”尾道ラーメン”のお店では無く『尾道』と言う屋号・店名のラーメン屋さんなのかも知れない・・・(でも看板には一応”本場”の文字があるのだが・・・)。最後に・・・、既に閉店していた『らぁめん まさむね』の店舗跡地には何とあの『らーめん八角/姫路砥堀店』が出来るらしい・・・。『らーめん八角』も今年で20周年記念と言う事もあり何か力が入っているなあ・・・。何か同じチェーンのお店ばかりが増えるのはちょっと寂しいけど・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.