義史のB型ワールド

2014年5月22日

スシローの前を通るとラーメンの幟が立っていたので食べてみた!オーソドックスな鶏がら醤油味のスープで普通に美味しいラーメンだった。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
最近は100円の寿司だけでは儲からないのか、あるいは客寄せの為か、ラーメンを販売し始めたくら寿司』や『はま寿司』であるが、それに負け時と今回は『スシロー』もラーメンの販売を始めたらしく、4月の初め頃にお店の前を通るとラーメンの幟が沢山立っていたので、またまた『スシロー』に行ってみた。
 
スシロー高砂店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーンの『スシロー/高砂店』で、実はこの2、3日前にも一度来たのだが、その時は午後12時半頃のランチタイムど真ん中で、かつ子供達が春休み期間中と言う事もあってか、昼間から超大賑わい!お店入口付近には待ち客が溢れまくっていたので、その時は速攻に諦めて帰ったのだが、そんな事もありこの日は少し早目の午後11時半頃の訪問だったにも関わらず、既に店内は大賑わい!何時もであればこの時間なら未だ空いているカウンター席も、ほぼ満席!何とか先客が帰った後の空いた席に案内されたのだが、両隣に客が座るちょっと狭苦しい中での食事となった。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油味ラーメンのメニュー
そしてこちらが『スシロー』が新しく販売を開始したラーメンのメニューで、それに寄ると”出汁入り鶏がら醤油味のラーメン”らしい・・・。しかも後から販売を開始した事や、具がシンプルな事もあってか、先行販売して人気だと言う『くら寿司』の”7種の魚介醤油らーめん”より価格は低く設定されている。何れにしても今回の訪問の目的はこのラーメンを食べる事だったので、早速このラーメンを注文!!!
 
スシロー倍とろフェアメニュー
ちなみに以前に紹介した3月の中旬頃に期間限定で販売されていた”スシローの倍とろ!”は、平日限定ながら4月1日から25日までの間、提供されるとの事・・・。前回は期間限定の言葉に釣られて食べたのだが、そんな度々販売するのでは全然有難味が無いやん!と思いつつも、ラーメン以外にこれと言って食べたい物が無かったので、併せてこの”スシローの倍とろ!”も注文!、その他にも以前から食べてみたいと思っていたちょっと値段の高い”黒毛和牛ローストビーフ”も頼んでみた。
 
スシロー黒毛和牛ローストビーフ
で、まず最初に運ばれて来たのは”100円の回転寿司”の『スシロー』で数年前から始まったちょっと値段の高い”吟味ネタシリーズ”の”黒毛和牛ローストビーフ”で、”吟味ネタシリーズ”の商品は通常価格よりも少し高く税込価格194円也。値段が高いから美味しい”黒毛和牛ローストビーフ”が食べれるのかと思ってオーダーしたのだが、ちょっと噛み応えのあるお肉で、期待した程では無かった・・・。
 
スシロー倍とろ
続いて運ばれて来たのは、折角フェアをやっていると言う事でオーダーした、以前にも食べた事がある”スシローの倍とろ!”で、こちらは税込価格108円也。で、前回の紹介の時に”通常の2倍!”の割りには余り大きく無いなあ・・・、と書いたのだが今回のフェアメニューのポスターを見ると”厚さ2倍!”と書いてある・・・。2倍とは大きさでは無く厚さの事だったのか・・・。とは言え、私的には限りなく赤身に近い”中とろ”な感じだったけど・・・。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油味ラーメン
そんなこんなしていると漸く運ばれて来たのが、こちらの”出汁入り鶏がら醤油味のスシローのラーメン”で、お値段は税込価格302円也。ご覧の通り限りなく透明に近い、見るからにあっさりとした鶏がら醤油味のスープであるが、思いの他普通にウマい!捉え方に寄っては”スシローのうどん”の出汁に近い様な、和風な感じのあっさり出汁にも思えなくも無いが、これはこれでありかも知れない・・・、と思う様な味だった。
 
スシロー出汁入り鶏がら醤油味ラーメン
ちなみにこちらは”スシローのラーメン”に入っていたチャーシューで、ご覧の通りメチャ薄切りのチャーシューで、雰囲気的には豚バラ肉をそのままスライスしてトッピングしたのでは?と言う気がしないでも無い。確かにラーメンの値段は税別で280円と安いので仕方が無いのだろうけど、ボリュームや内容を考えると似た様な価格の”幸楽苑の290円の中華そば”の方がお得な気はしないでも無いが・・・。
 
スシロー倍とろ
それはさて置き、取り敢えず新発売された”スシローのラーメン”を食べたので目的は果たしたのだが、何かそれだけでは物足りない・・・、と思った時に目の前に廻って来たので思わず手に取ったのがこちらの”スシローの倍とろ!”で、お値段は108円也。手にする前は先ほど食べた”スシローの倍とろ!”よりも美味しそうに思えたのだが、味的にはやっぱり限りなく赤身に近いマグロだったかな。
 
スシロー炙りたこチーズバジル
で、他に何か目ぼしい物は無いかとタッチパネルを手当たり次第にタッチしているとちょっと食べてみたくなったので、思わず注文したのが、こちらの”炙りたこチーズバジル”で、お値段は108円也。ご覧の通り、普通”茹でダコを使った握り寿司”の上にチーズとバジルソースをトッピングしてバーナーで炙っただけの様な寿司だが、今まで食べた事が無い味わいで、まあまあ美味しかった。
 
スシロー炙り上穴子
同様にタッチパネルでも最後にもう一品と思って追加オーダーしたのが、こちらの”炙り上穴子”で、こちらも”吟味ネタシリーズ”の商品と言う事で税込価格194円也。炙ってあるとは言いつつも、ベースは焼き穴子では無く、蒸し穴子の様で確かに柔らかくて普通に美味しいのだが、穴子と言えば下村の焼穴子!で育った高砂市民としては、何かちょっとイメージと違った炙り上穴子”だった。
 
てな事で、”スシローのラーメン”と言う幟に釣られて、またまた『スシロー』に行ってラーメンを食べてみたのだが、あっさりながら普通に美味しいラーメンだった。個性的と言う点では『くら寿司』や『はま寿司』等で販売しているラーメンの方が上の様な気もするが、偶に食べるには良いかも知れない・・・。また『スシロー』に行ったら食べてみる事にしよう!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。