義史のB型ワールド

2014年5月20日

ヤマトヤシキ加古川店で開催されていた春の大北海道展の会場で”弟子屈豚丼”を食べた!その場で焼いた熱々の豚肉で中々ウマかった!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 10:01 PM
 
代理人記録
 
この日の数日前にヤマトヤシキ加古川店で開催されていた大北海道展に行って”肉敷きステーキ弁当”を買って帰って食べたのだが、その時からちょっと気になっていたのが、北海道のご当地グルメの”豚丼”の弁当!当ブログで度々紹介している様に北海道の”豚丼”と言えば、十勝帯広のご当地グルメなのだが、何故か今回の大北海道展にあったお店は弟子屈にあるお店だった。でもパッと見た感じ中々ウマそうだったので、北海道展の最終日にふとその”豚丼”を買いに寄ってみた。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
こちらが今回の北海道名物の”豚丼”を買いに行った『弟子屈 豚丼 くまうし』と言うお店で、上でも書いた様に北海道の”豚丼”と言えば十勝地方帯広のご当地グルメなのだが、何故かこのお店は弟子屈町にあるお店らしい。更に”豚丼”のお店なのに店名が”くまうし(熊牛)”なのもちょっと謎だ。で、この時は”豚丼”の専門店だとばかり思っていたのだが、後日このお店が”豚丼と田舎そば”のお店である事を知るのだが、その話はまた何れ・・・。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
で、お店の売場を見るとこの様な”豚丼ロース”とか”豚丼バラ”、それに両方のお肉がミックスされた、その名も”豚丼MIX”の3種類の弁当が並んでいて、更に”豚丼バラ”は大中小のサイズがあるらしい・・・。そんな中から私が選んだのは、どうせ滅多に買う機会が無いだろうと思い、ロースとバラの両方が乗った”豚丼MIX弁当”を買う事に決定!!!
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
ちなみにこちらはチラシに載っていた『弟子屈 豚丼 くまうし』の”豚丼MIX弁当”の宣伝画像で、それに寄ると特産阿寒ポーク使した、バラ・ロース肉がたっぷりの逸品”との事。以前に”十勝花畑牧場 ホエー豚を使った豚丼”を食べた事があるが、このお店は”阿寒ポーク”を使っているらしい・・・。”阿寒ポーク”ってのは今回初めて食べる様な気が・・・。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
そしてこちらが実際に買って食べた”豚丼MIX弁当”で、てっきり店頭に用意されていた作り置きの弁当を手渡されるのかと思いきや、注文後にお店の後ろで豚肉を焼き始めた。そんな訳で商品を手渡されるまでに若干時間がかかったのだが、その代わりに焼立て熱々の”豚丼”だったので、持って帰っている間に冷ましてしまうのも勿体無いと思い、近くに用意されていたイートインコーナーで食べてみる事に決定!!!ちなみに”豚丼”の上の方に添えられているのは”山わさび”と”生姜”だ。
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
で、まずは”豚丼MIX弁当”の一番上にトッピングされている”豚バラ”から食べてみると、商品説明に”阿寒産ポークに特製甘辛醤油たれがかかった”と書いてある様に、お肉の上に沢山のタレがかかっていてその味は割と良くある甘辛いタレだが中々ウマい!”豚バラ”肉も焼立て熱々で、更に下の白ご飯もこの手の会場で売っている割には炊きたて熱々に近くて、これまたウマい
 
弟子屈豚丼くまうし豚丼MIX弁当
そしてこちらは”豚丼MIX弁当”のもう一つの”豚ロース”で、厚さは先の”豚バラ”の方があった様な気がしたが、こちらはご覧の通りの大き目サイズの”豚ロース”で、これまたウマい!基本的にはタレの味でウマいかどうかが分かれてしまいそうではあるが、最近食べた”豚丼”の中では一番美味しかった様な気がする・・・
 
てな事で、少し前にヤマトヤシキ加古川店で開催されていた大北海道展の最終日に再び行って、この日は北海道名物の”豚丼”の弁当を買って食べたのだが、上で紹介した通り中々ウマかった!やっぱ”吉野家食べる豚丼”とか”くら寿司のイベリコ豚丼”とは一味違うなあと、あらためて感心したのであった。それはさて置き、このまた数日後、今度は姫路山陽百貨店で開催されていた北海道物産展に行くと、そこには『くまうし』の特設茶屋があったので、再び”豚丼”と”田舎そば”を食べてしまうのだが、その話はもうちょっと先で・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.