義史のB型ワールド

2014年5月12日

”なか卯”の前を通ると”春の生活応援セール!!”とかで、今年から発売された”牛すき丼”が300円だったので食べて見た!確かに”すき焼き風”ではあったが、味は普通かな?

Filed under: — 代理人 @ 8:30 PM
 
代理人記録
 
学生時代、私が通っていた大学の周辺では『牛丼の吉野家』よりも『なか卯』の店舗数の方が圧倒的に多かった!また大阪を代表する大阪日本橋の電器屋街にも未だ『吉野家』の店舗は無く、電器屋街の北の外れに『なか卯』があった。そして何より、大阪キタの梅田地下センターの一角には、『なか卯』の元々の看板商品である”京風うどん”すら置いて無い完全な牛丼専門の『なか卯』があった。
 
そんな事もあり、当時は『吉野家』よりも『なか卯』へ行く事の方が圧倒的に多かったのだが、時は移り『なか卯』が『すき家』と同じゼンショーグループの傘下になって以来、”牛丼”の販売を終了し、それに似た感じの”和風牛丼”のお店に変わったのだが、今年の2月頃にはその”和風牛丼”の販売も止め、新たに”牛すき丼”の販売が始まった。先にも書いた様に元々は『吉野家』よりも『なか卯』の方が大好きだった事もあり、新発売された”牛すき丼”も食べに行ってみとうと思っていたのだが、そのまま時が過ぎていた。
 
が、遂先日、お店の前を通ると”春の生活応援セール!!”とかをやっていて、その”牛すき丼”が通常価格350円の処、税込価格300円で食べれると宣伝されていたので食べに入ってみた。
 
なか卯/加古川店
こちらが久々に行って来た、丼ぶりと京風うどんの『なか卯/加古川店』で、未だ牛丼チェーンがそれ程にメジャーで無かった頃・・・、と言うのか『牛丼の吉野家』がブームになる前は、『なか卯』も”オレンジ色の憎いやつ”な店構えで完全に『吉野家』のパチモンの様なお店だったのだが、10年ぐらい前からはパチモン色から今の新店舗カラーの店構えになって来たのだった。何処かに『吉野家』のパチモンだった頃の店構えのお店って残って無いのかなあ・・・。ぜひ見てみたい気がするのだが・・・。
 
なか卯新なか卯の牛すき丼メニュー
それはさて置き、こちらが今年の2月頃から『なか卯』の看板商品となった”牛すき丼”のメニュー画像で、ご覧の通り”すき焼きの具”をそのままご飯の上にトッピングしたかの様な丼だ。でも何と無くであるが、以前から販売されている”和風牛丼”に”焼き豆腐や白ネギ”等を追加しただけ?と思えなくも無いのだが・・・。
 
なか卯新なか卯の牛すき丼の特徴
ちなみにこちらは店内に貼ってあった”牛すき丼”の特徴で、その内容は読んで字の如くであるが、何か判った様な判らん様な商品説明の様な気がする・・・。
 
なか卯牛すき丼(春の生活応援セール!!)
そしてこちらが”牛すき丼”で、先にも書いた様にこの日は”春の生活応援セール!!”だったので税込価格300円也。『なか卯』の商品説明に寄ると”従来の「和風牛丼」で使われていたものよりも厚めに切られた牛肉で、やや脂身が多いのは豪州産牛肉から、脂身の多い米国産牛肉に変わったから”らしい。更に”やや甘めの濃いタレですき焼き風に煮込まれた、焼き豆腐、白ネギ、白滝、エリンギといった具材”がトッピングされていて、”牛すき丼”と言う名に相応しい内容になっている。
 
で、そのお味であるが、確かに”すき焼き風”の味で、全体的には普通に美味しいのだが、それ以上の物でもそれ以下の物でも無い様なお味・・・。私の大好きな”吉牛”と比べると、具は確かにこちらの方が多いのでお得感は有りそうな気はするが、やっぱ私的には”吉牛”のタレの方が好きかも知れない・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。