義史のB型ワールド

2014年5月1日

くら寿司で新メニューの”イベリコ豚丼”を食べてみた!イベリコ豚を味わうと言うよりも、タレの味ばかりだったかな。

Filed under: , — 代理人 @ 9:22 PM
 
代理人記録
 
この日は夕方から某所で打合せの会議があった。で、終わってみれば何と時間は既に午後9時を廻っている・・・。って事で、何処かで晩飯でも食べてから帰る事にしたのだが、特に予定もして無かったので行くあても無い・・・。で、ふと少し前に回転寿司チェーンの『くら寿司』に新メニューとして”イベリコ豚丼”とやらの販売が始まった事を思い出したので『くら寿司』に行ってみる事にした。
 
無添くら寿司/アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た回転寿司チェーンの『無添くら寿司/アイモール高砂店』で、上でも書いた様に午後9時半近くになっていたのだが、テーブル席はほぼ満席状態!土日とか、あるいは昼間は何時も賑わっているのは知っていたが、平日の午後9時過ぎでもこれだけ流行っているとはちょっと驚きだ道理で回転寿司屋が儲かっている訳だ・・・。それはさて置き、取り敢えずカウンター席は空いていたので、そちらに座る事となった。
 
無添くら寿司極上まぐろフェア
ちなみにこちらがこの時に開催されていたフェアメニューで、その内容はと言うとまたまた”極上まぐろフェア”との事。とは言え私の大好きな”大とろ”は前半のみで、後半は”中とろ”に変わるらしい・・・。で、先にも書いた様にこの日の最大の目的は新メニューに登場した”イベリコ豚丼”を食べる事にあったのだが、折角なのでまず最初に”極旨まぐろ大とろ極上一貫”と”極旨まぐろとろ手巻き極上一貫”を食べてみる事に・・・。
 
くら寿司極旨まぐろ大とろ極上一貫
で、まず最初に運ばれて来たのが、こちらの”極旨まぐろ大とろ極上一貫”で、お値段は1貫210円也。少し前に『スシロー』で”通常の2倍サイズの中とろが載った倍とろ”とやらを食べたが、大きさ的にはその”倍とろ”と大して変わらないぐらいの大きさがある。更にこちらは”大とろ”ので、脂のノリもしっかりとあり中々ウマい!しかも少し前に”神戸三宮にある居酒屋で食べた大とろ”の様な魚臭さも無かったし、今回の”大とろ”は当りだったかも・・・。
 
くら寿司極旨まぐろとろ手巻き極上一貫くら寿司極旨まぐろとろ手巻き極上一貫
そしてその次に運ばれて来たのが、個人的には滅多に食べる事の無い極旨まぐろとろ手巻き極上一貫”で、こちらもお値段は210円也。商品名に”極旨まぐろとろ”としか書かれて無かったので”大とろ”なのか”中とろ”なのか定かでは無かったのだが、パッと見た感じは中々色艶の良さそうな”大とろ”が入っている。しかも先に食べた”極旨まぐろ大とろ極上一貫”のネタよりも分厚い感じで、これまたウマい!入店した時間は遅かったけど、この日食べた”大とろ”系はどちらも中々ウマかった・・・。
 
くら寿司イベリコ豚丼メニュー
で、まずは私の大好きな”大とろ”を食べた後は、この日の最大の目的である”イベリコ豚丼”を注文する事に・・・。ちなみにメニューに寄ると”スペイン産イベリコ豚”の中でも”最高ランクのベジョータのみを使用”しているらしい・・・。更にその”イベリコ豚”を使ったメニューとして”イベリコ豚の大とろ”と言う握り寿司や”イベリコとんこつラーメン”等もあって、思わずそちらも頼もうかと思ったのだが、そうすると”イベリコ豚”だらけになって何を食べてるのやら判らん様になる気がしたので、今回はパスしたのであった!
 
くら寿司イベリコ豚丼
それはさて置きこちらが実際に食べた”イベリコ豚丼”で、お値段は420円也。ご覧の通り”ご飯の上に甘辛のタレを付けて焼いた肉と半熟卵とネギをトッピング”した、大体騒動通りのシンプルな”豚丼”で、所謂”北海道帯広名物の豚丼”とか、あるいは”吉野家で販売していた豚丼”等とは少し違う。ちなみにトッピングの”半熟卵”がちょっと冷たくて、そのせいで卵をご飯に絡めると、ご飯まで冷めてしまうのだが、ちょっと残念だったかな。
 
くら寿司イベリコ豚丼
そしてこちらが”イベリコ豚丼”の命とも言える”スペイン政府が認定した最上級種「ベジョータ」と呼ばれるイベリコ豚”なのだが、ご覧の様にタレがたっぷりと絡まっていて、”イベリコ豚”を味わう以前にタレの味しかしない様な雰囲気タレ自体は甘辛で普通に美味しいのだが、”イベリコ豚”はそもそも薄切りだし、何か今一つ”豚丼”を食べたと言う様な印象は残らなかったなあ・・・。
 
くら寿司土佐ゆず牛カルビ
で、”イベリコ豚丼”を食べた事でこの日の目的は果たしたのだが、何か未だ食べ足りない・・・。かと言って”イベリコとんこつラーメン”を食べる程の元気も残って無いし・・・、と思案していたら目の前にちょっと旨そうな”土佐ゆず牛カルビ”が廻って来たので、思わず手に取ってしまった・・・。何と無く先のメニュー写真に載っていた”イベリコ豚の大とろ”の様だが、お肉は”牛カルビ”で、お値段は105円也。こちらもちょっと甘辛いタレで、先に食べた”イベリコ豚丼”のタレが濃い味だったので、ちょっとその味に負けてしまった感はあったが、普通に美味しい”土佐ゆず牛カルビ”だったかな。
 
てな事で、この日はまたまた『くら寿司』に行って”イベリコ豚丼”を食べてみたのだが、無添加無化調を謳う割にはタレの味が濃厚で豚肉の味自体は良く判らんかったなあ・・・。しかしそれにもめげず、この数日後に”イベリコ豚の大とろ”と”イベリコとんこつラーメン”を食べにまたまた『くら寿司』に寄ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。