義史のB型ワールド

2014年4月25日

またまた”神戸さんちか麺ロード”に行って新しく出来た”脂屋肉八の名物肉そば”を食べた!ニンニク風味は控え目だが、そこそこ美味しいラーメンだ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
少し前に唐突の打合せで神戸摩耶埠頭にやって来たばかりなのだが、この日はそれとは全然関係の無いちょっとした事情でまたまた神戸三宮へとやって来た。で、毎度の如くまず最初に向かうのはランチを食べるお店・・・。三宮には色々と言ってみたいお店が沢山あるのだが、やはり一番気になるのは2月の後半に全ての店舗が入れ替わった神戸さんちか麺ロード”!その内のどれか1店は半年後に退店してしまうので、その前に1度は食べておかないと・・・、と言う事でまたまた”神戸さんちか麺ロード”に行ってみる事にした。
 
神戸さんちか麺ロード
こちらがまたまた行って来た”神戸さんちか麺ロード”で、以前にも書いた様に今年の2月にそれまであったラーメン屋4店が、全て入れ替わり全く別のラーメン屋4店に変わったばかりだ。その新しいお店を簡単に紹介すると、三宮の人気「鶏料理」専門店が、得意の地鶏スープをベースに完成させた“白湯”スープで挑戦する『汁そば処 ちょぼいち』、神戸を中心に多くの店舗を運営する飲食大手が初めて手がけるラーメン店『麺屋肉八』、醤油をコンセプトにする徹底的に“醤油ラーメン”にこだわった『さんげん』、関西では珍しい“味噌ラーメン”の専門店『味噌じゃん』の4店舗との事。
 
とは言え『さんげん』と言う店名の響きと提供されるラーメンの内容から想像すると、この場所を運営する北海グループのラーメン屋さんっぽいし(実際『さん源醤』と言う似た様なお店を展開しているし・・・)、最後の『味噌じゃん』ってのも何と無く北海ラーメングループのお店臭い・・・。そんな事もあり、この2店に関しては若干関心は薄い・・・。
 
神戸さんちか麺ロード/麺屋肉八
それはさて置き、その中から最初は鶏料理専門店がやっている”白湯スープのラーメン”を食べ様かと思っていたのだが、暖簾に”名物肉そば”と書いてあったので、最近あちらこちらで”肉そば”と言う名のラーメンや蕎麦等を食べる事が多いので食べ比べをしてみたくなったのと、このラーメン屋のグループ店が前々からちょっと気になっていた事もあり、今回はこちらの『麺屋肉八』で食べてみる事にした。
 
麺屋肉八名物肉そばメニュー麺屋肉八名物肉そばメニュー
で、こちらが『麺屋肉八』のメニューで、看板商品の”名物肉そば”の他にも”極醤そば”や”熟白そば”等のラーメンメニューがあり、そちらも少し気になったのだが、今回が初訪問って事で素直に”名物肉そば”を食べる事にした。が、その”名物肉そば”にはトッピングの肉の量で、ライト級、ミドル級、ヘビー級の3種類あるらしく、ブログのネタ的にはヘビー級を食べてみたい気もしたが、そんな無理が出来る歳でも無いし・・・、と言う事で、素直にライト級を食べる事に決定!!!
 
麺屋肉八名物肉そば無料生玉子麺屋肉八名物肉そばニラキムチとあげ玉むすめ
ちなみにカウンター席の上には、看板商品の”名物肉そば”を頼むと”1個無料になる生玉子”とか、あるいは”ニラキムチ”や”あげ玉むすめ”と名付けられた”天かす”等が置いてあって、1杯のラーメンで色んな味の変化を楽しめる様になっているらしい・・・。
 
麺屋肉八名物肉そば(ライト級)
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”名物肉そば(ライト級)”で、お値段は680円也。ご覧の通り、沢山の豚肉がトッピングされた、正に”肉そば”!って感じのラーメンだ!で、そのビジュアルから何と無く以前大阪で食べた”伝説のすた丼”の様なニンニク風味満載のスープかと思いきや、ニンニク風味は全く無く、こってり度も思った程では無い。お店の商品説明に寄ると”豚骨ベースで食べやすくやや甘めに仕上げている”らしい・・・。確かに少し甘目で味的には悪くは無い
 
麺屋肉八名物肉そば(ライト級)
そしてこちらが”名物肉そば”の命とも言えるトッピングの”秘伝のタレで仕込んだ豚バラ肉”で、先にも書いた様に雰囲気的には”伝説のすた丼”の具に似ているのだが、ニンニク風味が無いのでちょっとインパクトは薄い!とは言え、秘伝のタレの味付けは濃い目だし玉ねぎ等野菜も入っていて、中々ウマい!最近あちらこちらで食べた”肉そば”にトッピングされている”豚バラ肉の煮込み”の中では美味しい部類では無いかな。ちなみに今回食べたライト級で肉の量は180g、ミドル級には300gで、ヘビー級になると380gのお肉が入るらしい・・・。
 
麺屋肉八名物肉そば(ライト級)
それはさて置き、先にも書いた様に”名物肉そば”には”生玉子”が1個無料と書いてあったので、折角なのでトッピングしてみた。気持ち的には卵黄だけにしたかったのだが、”生玉子”を割った後の殻や白身を入れて置く様な容器が用意されて無かったので、白身も含めて全部スープの中に入れたのだった。で、”生玉子”を入れると、当然の如くスープがまろやかになって食べ易く?なったのだが、個人的には、最初のままでも好きな味だったので、”生玉子”は無くても良かったかも・・・。ま、そこは無料と言う言葉に弱い小市民なもので・・・。
 
麺屋肉八名物肉そば(ライト級)
更にその後、折角なのでテーブルの上に用意されていた”ニラキムチ”と”あげ玉むすめ”も投入!1杯のラーメンで色んな味が楽しめて、中々美味しいラーメンだったかな。
 
麺屋肉八名物肉そば(ライト級)
ちなみに”名物肉そば”の麺はこんな感じの中細麺で、太麺好きの私には特に何も感じる事の無い、極々普通の麺で可も無く不可も無く・・・な麺であった。
 
脂屋肉八
最後に・・・、先にも書いた様に、今回行った『麺屋肉八』は、同じく三宮にある『脂屋肉八』と言うお店のグループ店で、実はこのお店も以前からちょっと気になっていて、一度は食べに行ってみようと思いつつ、その度に他のお店に入ってしまい未だ訪問は実現していないのだった。
 
脂屋肉八メニュー
ちなみに『脂屋肉八』のランチメニューで、”ブーテキ定食”や”ブッチャー丼”等の、これまたライト級、ミドル級、ヘビー級等の大盛りメニューになっている・・・。想像であるが、この日食べた”名物肉そば”は”ブッチャー丼”にトッピングされている豚バラ肉と同じでは無いのかな?
 
てな事で、4店とも全てが入れ替わった”神戸さんちか麺ロード”に行って、今回は『麺屋肉八』に行って”名物肉そば”を食べたのだが、ご覧の通り豚バラ肉たっぷりとトッピングされた中々楽しいラーメンだった。次回は『汁そば処 ちょぼいち』に行って”鶏白湯ラーメン”を食べてみようと思うのであった!
広告

WordPress.com Blog.