義史のB型ワールド

2014年4月13日

偶に利用していた加古川米田にあるカラオケ屋さんの隣が、何時の間にやら台湾料理のお店になっていたので行ってみた。ボリュームは満点だが、味的には他のお店の方が好みかも・・・。

Filed under: ラーメン,中華料理 — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
少し前に国道2号線の加古川米田近辺を車で走っていると、偶に我々が利用した事があるカラオケ屋さんの隣に”台湾料理”の看板を発見!その時は、あれ?こんな処に”台湾料理”のお店なんてあったっけ?と思いつつ、その前を通り過ぎたのだが、後日少し気になったので、そのお店に行ってみた
 
台湾料理金香彤
こちらが今回行って来た『台湾料理 金香彤(金香どう)』と言うちょっと難しい漢字の名前が付いたお店で、先にも書いた様に、時々利用した事があるカラオケ屋さんの隣の、以前は確か焼肉屋さん?だった店舗跡地に、何時の間にやらオープンしていたみたいだ。
 
台湾料理金香どう日替りランチメニュー台湾料理金香どう日替りランチメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあった”日替りランチ”と”ラーメンセット”のメニューで、それに寄ると普通のラーメンもあるが、看板商品である”台湾ラーメン”も”台塩ラーメン”とか”豚骨台湾ラーメン”等のバリエーションがある。更に”日替りランチ”の一品も”エビと野菜炒め”、”麻婆豆腐”、”キクラゲと豚肉炒め”の中から選べて、お値段も680円と最近、加古川や大塩等に出来た”台湾料理のお店”と合せたかの様な、リーズナブルな価格設定になっている。
 
台湾料理金香どう定食メニュー台湾料理金香どう日替りランチメニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあった”定食メニュー”と”日替りランチ&ラーメンセットのメニュー”で、ご覧の様に選ぶのに迷うぐらいの”定食メニュー”がある。当然”台湾料理”の1品メニューも数多くあったのだが、それはまた別の機会に紹介するとして、今回は初訪問と言う事もあり、無難に”日替りランチ”を食べる事に決定!
 
台湾料理金香どう日替りランチ
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”日替りランチ”で、先にも書いた様にラーメンも日替りの一品も何種の中から選べるのだが、今回は素直に看板商品である”台湾ラーメン”と、海老が入った料理が一番お得な気がしたので選んだ”エビと野菜炒め”、それに小皿の一品とサラダとライスがセットになって、お値段は680円也。ライスは少な目だが、これだけのボリュームでこのお値段は中々お得な気がする・・・。
 
台湾料理金香どう日替りランチの台湾ラーメン
そしてこちらが”日替りランチ”のメインの”台湾ラーメン”で、パッと見た感じは最近あちらこちらで食べる”台湾ラーメン”と良く似たビジュアルで、トッピングの唐辛子入りのミンチ肉をスープに混ぜながら一気に食べると、これまた思わず咽る程度に辛い・・・。でもベースの醤油スープが、若干私の好みの味とは違うので、美味しい・・・とまでは思わなかった・・・。この味であれば加古川志方にある『台湾料理 豊源』の”台湾ラーメン”の方が美味しいかな?と言う気がする・・・。
 
台湾料理金香どう日替りランチのエビと野菜炒め
そしてこちらが、今回私が選んだ”日替りランチ”の一品の”エビと野菜炒め”で、ご覧の通り雰囲気的には”八宝菜”みたいな感じの物だ。ネーミングが”エビと野菜炒め”となっていたのは”八宝菜”定番の具である、イカとか豚肉等が入って無いから?なのかも知れない・・・。それはさて置き、味的にはそのまんま”八宝菜”・・・、と言うのか”中華のあん”っぽい感じで、若干あっさり目の味付けであるが、こちらは普通に美味しい”エビと野菜炒め”だった。
 
台湾料理金香どう日替りランチのエビと野菜炒め
ちなみにこの”エビと野菜炒め”には、この様な割と大き目のエビがゴロゴロと入っていた。多分これも最近良く耳にするバナナエビなのかな?と思うけど、身もプリッとしていて私的には普通に美味しかった
 
台湾料理金香どう日替りランチの一品
その他にも”日替りランチ”にはこの様な小皿の一品も付いていて、その内容は何と無くオムレツ・・・、と言うのか玉子を焼いた様な感じの料理だ。もしかすると台湾ではポピュラーな料理なのかも知れないが、特に味が付いている訳でも無く、こちらは可も無く不可も無くな感じだったかな。
 
台湾料理金香どう日替りランチのサラダ
それともう一つ”日替りランチ”には”サラダ”も付いていたが、内容は千切りキャベツが主体ドレッシングも割とありふれた感じの味の物だったかな。
 
ちなみに食後にはセルフでコーヒーを飲めたらしいのだが、私には入店してから食べ終えた後まで全く説明が無かったので、会計を済ませてお店を出る直前まで気が付かなかった・・・。そう言えば、食べてる途中にテーブル席とか座敷席にはコーヒー如何?とか聞いて廻っていたので、てっきり食後のコーヒーを売り歩いているのかと思っていたが、無料サービスのコーヒーの事だった様だ・・・。
 
てな事で、この日は時々利用するカラオケ屋の隣に何時の間にやら出来た”台湾料理”のお店に行ってみたのだが、この日食べた”台湾ラーメン”の味は兎も角として、お手軽なランチのお店としては利用価値はありそうなので、また食べに行ってみたいと思う・・・。それにしても、最近、加古川周辺にも沢山の”台湾料理”のお店が出来たなあ・・・。何でだろう♪何でだろう♪・・・。
広告

久々に行った”宮本むなし”で”鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食”を食べた!ボリュームはあるが味はそれなりだったかな・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:28 PM
 
代理人記録
 
6年前の丁度今頃に、JR加古川駅の北側に誕生した『めしや宮本むなし』は、大阪でちょっと有名な”ブルーノのカレー”が食べれるお店と言う事で、誕生直後には割りと良く食べに行っていたのだが、『JR加古川駅前店』が誕生して間も無く結構な値上がりをして全然お得感が無くなった事や、味もそれなりだし、ちょっとした出来事もあって最近は全然食べに行かなくなった。
 
が、相変わらず隣にある『牛丼の吉野家』には偶に行くので、時々このお店のメニューを見ていたら、最近”あちこちのラーメン屋で食べる鶏塩スープ”を使った”鶏塩ちゃんこ鍋”、それに今シーズンはほとんど食べて無い”カキフライ”がセットになった定食メニューがあったので、ちょっと興味が出たので食べに入ってみた
 
めしや宮本むなし/JR加古川駅前店
こちらが久々に行って来た『めしや宮本むなし/JR加古川駅前店』で、このお店は曜日と時間帯に寄ってはメチャ流行っている時もあるのだが、この日は休日のランチタイムだと言うのに、割と店内は空いていた様な気がする・・・。ま、此処最近は余り来て無かったので、普段がどんな様子なのかは定かでは無いが・・・。
 
めしや宮本むなし鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食
そしてこちらがこの日食べた”鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食”で、お値段は820円也。商品名の通りメインの”鶏塩ちゃんこ鍋”の他に”カキフライ”がセットになった定食で、ご飯はセルフコーナーでお替り自由。実際、この日も食べる量は少な目にしておこうと思いつつも、例の如くセルフコーナーに置いてあるジャーの中のご飯の方が温かいので、この日もご飯のお替りをしてしまった・・・。てか、最初に入れて来るご飯をもっと温かい状態で運んで来てくれたらそれで済む話なんだけど・・・。
 
めしや宮本むなし鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食
そしてこちらがメインの”鶏塩ちゃんこ鍋”で、ご覧の通り、鶏塩ベースのスープが入った鉄鍋の中に白菜やモヤシやネギ等の野菜が入った、大体想像していた通りの”ちゃんこ鍋”だ。で、パッと見た感じでは、野菜以外の具が全然無い様に見えるのだが、この中に鶏肉と鶏のつくね、それに嵩上げの為?の”うどん”や”豆腐”等も入っていた。で、そのお味であるが、その名の如くあっさりしたスープで特筆すべき点は特に見当たらないが、普通に美味しい。ま、『めしや宮本むなし』で食べる”ちゃんこ鍋”だと思うと、こんなもんでしょう・・・、みたいな。
 
めしや宮本むなし鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食
ちなみにこちらは”鶏塩ちゃんこ鍋”に入っていた”鶏肉と鶏のつくね”で、これまた両方とも得に印象に残るような物では無い極々普通の具だったかな。やっぱ昨年の12月頃に大阪で食べた”博多華味鳥の水たき”に入っていた”鶏肉や鶏のつくね”と雲泥の差がある。確かあのお店でもランチタイムは1人鍋の定食があったはずなので、ぜひもう一度食べに行ってみよう・・・。
 
めしや宮本むなし鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食
そしてこちらは”鶏塩ちゃんこ鍋”の中に入っていた”うどん”で、多分1玉分ぐたいは入っていてさながら”鶏塩うどん”を食べている様でもあった・・・。”うどん”で嵩を上げるのは、スーパーで売っているアルミ鍋に入った鍋ぐらいにして欲しいもんだ・・・。
 
めしや宮本むなし鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食
それともう一つ、こちらは”鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食”の”カキフライ”で、割りと良くある大きさの牡蠣の身だが、当然の如く揚げ立て熱々で、これまたそれなりに美味しい・・・。個人的な思いで言うと、”ちゃんこ鍋”をもう少し少な目にして”カキフライ”の数を4~5個ぐらい欲しかったかも・・・。
 
めしや宮本むなし鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食
ちなみにこちらは”鶏塩ちゃんこ鍋とカキフライの定食”に付いていたお漬物の”きゅうりのキューちゃん”で、思えば『めしや宮本むなし/JR加古川駅前店』が誕生した時は、この”きゅうりのキューちゃん”は食べ放題だったのだが、今ではこの小皿に載って提供される分だけしか無い・・・。ま、個人的にはそんなに”きゅうりのキューちゃん”が大好物と言う訳では無いので、これで十分なんだけど、何かけち臭くなった・・・、と言う印象だけが残っている・・・。
 
てな事で、メニューの中に”鶏塩ちゃんこ鍋”と言うのがあったので、思わずそれに釣られて久々に『めしや宮本むなし』に入ってみたのだが、一言で言うと”宮本むなしの味”ではあったかな。そう言えば”塩ちゃんこらーめん”ってのが、最近時々食べに行っている鶏塩らーめんのお店”の中にあった事を思い出したので、この後それを食べに行くのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.