義史のB型ワールド

2014年4月6日

今年もヤマトヤシキの長崎物産展で”佐世保バーガー”を食べた!でも今年は定番の”ログキット”では”ベルビーチ”と言うお店だった事もあり、ちょっと思っていた味とは違ったかな・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:33 PM
 
代理人記録
 
先に紹介した様に、此処数年、年に一度のお楽しみ?になって来た”鯨カツ弁当”を買いにヤマトヤシキ加古川店で開催されていた”長崎県の物産と観光展”に行って来たのだが、長崎物産展の目玉?と言うのか、私も良く買って食べていたのが巨大バーガーとしても有名な”佐世保バーガー”!が、例年はメジャーな『ログキット』と言うお店が出店していたのだが、今回は初めて店名を耳にしたお店だったので、特に食べたいとは思わなかった・・・。が、数日後、またまたJR加古川駅前へ行った際に、特に食べたい物が無かったので、再び長崎物産展に行って、その”佐世保バーガー”を食べてみる事にした。
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガー
で、こちらが今回の長崎物産展で出店していた”佐世保バーガー”のお店『ベルビーチ』で、このヤマトヤシキの長崎物産展では過去に定番の『ログキット』の他に『ベースストリート』と言うお店の”佐世保バーガー”も買って食べた事があるのだが、この『ベルビーチ』と言う店名を耳にしたのは今回が初めてだ
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガー
ちなみにこちらは『ベルビーチ』の出店ブースに貼ってあった”佐世保バーガー”の美味しさの秘密で、それに寄るとこのお店の”佐世保バーガー”は、パンもソースもマヨネーズも全てに工夫がされた、こだわりが詰まった手作りのハンバーガーらしい・・・。ま、この辺りは他のハンバーガー屋さんでも良く書いてある説明とも言えるのだけど・・・。
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガー
そしてこちらが『ベルビーチ』のブースの売場で、ご覧の様に超巨大な”佐世保バーガー”の飾りが置いてあり、その横には”佐世保ビッグバーガー”と”佐世保スペシャルバーガー”の2種類のバーガーの見本が置いてあり、更に他にもサンドウィッチも売られていた。で、気持ち的にはノーマルサイズ?の”佐世保スペシャルバーガー”で良いかな?と思いつつも、”佐世保バーガー”と言えば巨大バーガーの代名詞?なので、中途半端な大きさのを食べるのもちょっと・・・、と思い”佐世保ビッグバーガー”の方を食べる事に決定!
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガーベルビーチ佐世保ビッグバーガー
で、こちらが実際に買った”佐世保ビッグバーガー”945円と、ドリンクは売って無いの?と売場のオバサンに尋ねると、直ぐ向こうでコーヒーを売っているよ、と言われて一緒に買った『長崎自家焙煎松尾コーヒー』の”出島阿蘭陀ブレンドコーヒー”280円で、合計金額は1225円也・・・・・・。毎月一回は行っているマクドで、JAFのコーヒー無料券を使ってハンバーガーを食べる時の値段を考えると、3~4回分ぐらのお値段になってしまった・・・。そこまでしてハンバーガーを食べるか・・・、と言う気がしないでも無いのだが・・・。
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガー
そしてこちらが”ベルビーチの佐世保ビッグバーガー”で、お値段は945円也。写真ではちょっと判り辛いが直径が20cm以上はある、今まで食べて来た”ログキットの佐世保バーガー”とか”ベースストリートの佐世保バーガー”と比べても何ら遜色の無い大きさだ。
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガー
ちなみにその”佐世保ビッグバーガー”のバンズをめくってみるとこんな感じなのだが、これまたマヨネーズたっぷりで、肝心の具材の様子がちょっと判り辛い様な・・・。で、食べる時は上から押さえてちょっと平たくして食べてね、と言う事で、この後包み紙の上から少し抑え込んで食べたのだが、それでも口よりも遥かに大きい幅があった事もあり、口の廻りがベタベタになって、相変わらずの食べ難さも健在だったが・・・。
 
ベルビーチ佐世保ビッグバーガー
で、そのお味であるが、ベースのビーフパティもご覧の通りの肉厚で食べ応え満点!その他にもベーコンや目玉焼き、それにチーズとかレタスやオニオン等の野菜もたっぷりで、中々ウマいのだが、味の要となるソースの味の好みの問題と、今まで何度も食べて慣れ親しんでいた事もあってか、やっぱ”ログキットの佐世保バーガー”の方が美味しいかな?と言う気がしたかな・・・。
 
長崎龍馬珈琲の松尾コーヒー
ちなみにこちらは”佐世保ビッグバーガー”を食べる時にドリンクが無いのも寂しかろうと、直ぐその近くで”出島阿蘭陀ブレンドコーヒー”を買った『長崎龍馬珈琲 松尾コーヒー』の出店ブースで、物産展と言う会場と言う事もあってか、此処でコーヒーを飲んでいる客は少ない様だが、コーヒー好きの方が豆?を買っているのか、それなりに繁盛していた。
 
長崎龍馬珈琲の松尾コーヒー長崎龍馬珈琲の松尾コーヒービーンズしょくらあと
で、その直ぐそばの飲食コーナーで”佐世保ビッグバーガー”を食べ終えて、残ったコーヒーを飲みつつ余韻に浸っていると、コーヒーを買ったお店の兄ちゃんがやって来て、この様なコーヒー豆を使った”ビーンズしょくらあと”と言うチョコレートを無料でサービスしてくれた。コーヒーを飲みながらコーヒー味?のチョコレートを食べるのも何か変な感じだが、確かに中々美味しい豆チョコだ。
 
長崎龍馬珈琲の松尾コーヒービーンズしょくらあと
ちなみにお店の前に貼ってあった”ビーンズしょくらあと”の説明書きを読むと”焼きたてのコーヒー豆をチョコレートでコーティング”したものらしい・・・。で、他にもこの写真にも写っているホワイトチョコレートバージョンもあるらしい・・・。
 
長崎龍馬珈琲の松尾コーヒービーンズしょくらあと
参考までに”ビーンズしょくらあと”の中身を紹介するとこんな感じで、真ん中が空洞に見えなくも無いが、これは豆だった・・・はず・・・。
 
てな事で、長崎物産展の華と言えばやっぱり”佐世保バーガー”かな・・・、と思って今回も食べてみたのだが、先にも書いた様にやっぱ例年出店している『ログキット』の方が私は好きかな。ま、毎年同じ店が出るより違うお店の方が楽しいと言う気もするし、中々難しい問題だ・・・。後、最近は”長崎ちゃんぽん”が食べれる特設茶屋って全然無いのよね。個人的にはその場で食べれる特設茶屋のコーナーも作って欲しいのだけど・・・。

加古川尾上にある飯屋さんの前を通ると”カツカレー定食”が500円だったので食べてみた。カレーは家庭的でそれなりにウマいが豚カツはメチャ小さい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 7:38 PM
 
代理人記録
 
10年ぐらい前に加古川備後交差点近くにあった”カツめし”が美味しい?と評判だった『廣家/本店』が無くなって以来、『廣家』とは遠ざかっていたのだが、昨年の夏頃だったかに、何気に『廣家/尾上店』に行って”カツめし”を食べたら、すっかり以前の味の記憶が消えていた事もあってか中々ウマかった。そんな事もあり一度値段の高い”特撰牛カツめし”を食べ様かと偶にお店に行く様になってしまったのだが、その度にお得な500円のサービスランチを食べてしまっているのだが、この日もお店の前を通ると未だ食べた事が無い”カツカレー定食”が500円だったので、食べに寄ってみた。
 
神戸HIROYA廣家/尾上店
こちらがまたまた行って来た『神戸HIROYA廣家/尾上店』で、ご覧の通り見た目はあまりパッとしない一膳めし屋風のお店なので、入っている客の大半はビジネスマン&ワークマンか、若い兄ちゃんなのだが、この日は近所のお婆ちゃんが何か持ち帰りで頼んでいた・・・。そう言えば持ち帰りの客からなのか、電話も時々掛かって来てた様な・・・。そう言った意味では結構ニーズのあるお店なのかも知れない・・・。
 
神戸HIROYA廣家定食メニュー神戸HIROYA廣家一品メニュー
ちなみに以前にも紹介した事がある”廣家定食メニュー”には、冬季限定だと思われる”カキフライ定食”が書き加えられていた。他にも以前に来た時は目にした事が無かった様な気がする”4時からの一品メニュー”もあって、これを見ると小さなお店な割には結構数多くの料理が出来る様だ・・・。また機会があればディナータイムにも食べに来てみたいと思う・・・。
 
廣家カツカレー定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのが、この週のサービスランチの”カツカレー定食”で、カツカレーの他にサラダがセットになってお値段は通常価格700円の処、今週のサービスランチ価格で500円也。サービスランチで提供されるカツカレーと、通常メニューにあるカツカレー同じ内容なのかどうかは定かでは無いが、サラダも付いている事を思えば安い事には違い無い・・・。
 
廣家カツカレー定食
そしてこちらがメインの”カツカレー”で、パッと見た印象はトッピングされている豚カツが小っちゃい・・・。以前食べた”カツとじ”の豚カツの大きさと比べると、半分か1/3程度の大きさしか無い様な・・・。で、その肝心のカレーのお味だが、何と無くカレー粉を炒めて作った様な昔ながらの懐かしい味がして普通にウマい!本格的な欧風カレーとか、あるいは最近巷に溢れつつあるインドカレーとは全然違う味ではあるが、最近はこの手の家庭の味に飢えている?事もあって、カレーの味自体は悪くは無かったかな。
 
廣家カツカレー定食廣家カツカレー定食
が、しかし”カツカレー”にトッピングされていた”豚カツ”のお肉はこんな感じで、ご覧の様にメチャ薄っぺらい豚肉だ。私が愛用しているカツ丼ととんかつチェーンの『かつや』のロースカツの厚さと比べると、半分の以下・・・、と言うよりも1/10程度の肉厚しか無い様な・・・。これって”カツめし”の肉よりも薄いし、完全に豚バラ肉っぽいよなあ・・・。値段は安いが流石にこれはちょっとねえ・・・
 
廣家カツカレー定食のサラダ
ちなみにこちらは”カツカレー定食”に付いていた”サラダ”で、その内容はご覧の通り、割とオーソドックスなポテトサラダと千切りキャベツの2種類で、こちらは味的にも可も無く不可も無くだったかな・・・。
 
てな事で、今度こそ”特撰牛カツめし”を食べてみようと思いつつ、何時も500円のサービスランチに負けてそちらを食べてしまうのだが、この日食べた”カツカレー定食”は、豚カツの豚肉がショボかった事もあり、何と無くではあるが500円の価値は無かった様な気がする・・・。そんな事もあって次回こそは”特撰牛カツめし”を食べ様!と思いつつ、また500円のサービスランチを食べてしまうのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.