義史のB型ワールド

2014年4月5日

今年もヤマトヤシキの長崎物産展で”ながさき鯨カツ弁当”を食べた!此処最近は年に一度のお楽しみになって来た様な・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:05 PM
 
代理人記録
 
数日前に調査捕鯨禁止のニュースが流れたので、鯨の話を一つ・・・。少し前にヤマトヤシキ加古川店では毎年恒例の”長崎県の物産と観光展”が開催されていたので、これまた例に寄って私のお気に入りの食べ物の一つである”鯨カツ”&”鯨の竜田揚げ”を求めて物産展の会場に寄ってみた。
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
こちらが今年の2月の初旬ごろにヤマトヤシキ加古川店の6Fの催し物会場で開催されていた”第13回 長崎県の物産と観光展”の一角にある『鯨専門店くらさき』の出店ブースで、何年か前から時々ここで”鯨カツ”や”鯨の竜田揚げ”、それに”ながさき鯨カツ弁当”を買って食べたりしている、当ブログでもすっかりお馴染みのお店だ。で、ネタ的にも目新しい事が無いので、一旦は没になりかけたのだが、調査捕鯨禁止の話題が持ち上がったので、それに合わせて軽く紹介して置こう・・・、みたいな。
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
ちなみにこちらが店先で売られていた”ながさき鯨カツ弁当”と、”鯨カツ”や”鯨の竜田揚げ”は以前にも買ったのだが、その横には食べた事が無い”鯨煮込み”ってもの売られていた。とは言え単品で買うと結構高く付くのと、今回は何処にも手土産を持って行く予定も無かったので、買って帰って家で食べ様と”ながさき鯨カツ弁当”だけを買う事にした。
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
こちらが実際に買って来た”ながさき鯨カツ弁当”で、お値段は1050円也。商品説明に寄ると”白ご飯の上に、鯨のそぼろをふりかけ、その上に鯨カツと竜田揚げが乗った駅弁”との事。催事場で売られている弁当とは少し違う様な気もするが、そこは気にしないでおう・・・。で、この鯨カツ冷めたままでも美味しいので、レンジでチンせずに食べて頂戴と言われたので、そのまま食べる事に。
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
で、こちらがメインの”鯨カツ”で、割と大き目サイズの”鯨カツ”を食べ易い様に何等分かにされている。で、鯨の肉自体にしっかりと下味が付いている?ので、ソースを掛けずにこのまま食べたのだが、期待通り中々ウマい!以前、叔父や叔母に手土産に買って持って行ったら、何と不評だったのだが、個人的には結構好きな味なんだけど・・・。
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
ちなみに”鯨カツ”の鯨肉を見るとこんな感じで、これだけ見るとあまり美味しそうに見えない気もするが、”マグロのカツ”の様な魚臭さは無く(そもそも鯨は哺乳類だから、魚臭さは無いのか?)、しっかりとした味があって結構旨いと思うのだけどなあ・・・。
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
そしてこちらは、これまた私の大好きな”鯨の竜田揚げ”で、我々世代は小学校の給食で、”鯨の竜田揚げ”に人参や玉葱?とかの野菜を加えてケチャップ味のソース?で味付けしたおかずが偶に出ていて、それが私の好物の一つになっていた事もあり、今でもこの”鯨の竜田揚げ”が大好きなのだ。で、この弁当には2個しか入って無いのがちょっと寂しいのだが、これまた期待通りの味で、中々美味しかった
 
鯨専門店くらさきながさき鯨カツ弁当
ちなみにこちらは弁当の片隅に散りばめられていた”鯨のそぼろ”(しぐれ煮っぽいが・・・)で、これまた全然癖も無く、白いご飯との相性も抜群で中々美味しい一品だった。以前、回転寿司屋で”鯨の握り寿司”を食べた事があるが、鯨は火を入れて調理した方が美味しい様な気がする・・・。
 
てな事で、昨年に続いて今年も”ながさき鯨カツ弁当”を買って食べたのだが、個人的には結構美味しかった!どうせ年に一回?の事なので、来年も買って食べ様かな?と思ったりもする・・・。と書いてふと頭に浮かんだのだが、そう言えば加古川尾上に”鯨カツめし”が食べれるお店があるので、久々にその”鯨カツめし”でも食べに行ってみようかなあ・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。